阿南信義

再創造の歴史に参加する

真のお父様のみことば  御旨と世界 496p

必ず、犠牲になることによって人のために与えるということは何かといえば、再創造するのに神様自体を消耗させる、そのような立場と一致するのである。

私を投入するということは、第二の自分をつくるためのものであり、神様が自分を投入して再創造したと同じように、再創造の歴史が復帰路程において蕩減されるのである。蕩減は再創造の力を投入するところにおいてのみ、始まる。
再創造の歴史が始まるには、やむを得ないという結論である。結論は理論的に出る。先生自身もそうなのである。


152818 (2)


万物を愛することにおいて、水をやり、肥料を散布し、枝を整理し、草を抜いたりしながら、汗を流します。それは消耗ですし、疲れることになりますが、その苦労を神様の創造の心情と重ねるときに無限の喜びを感じます。
神様の創造はご自分を完全に投入され、消耗して始まりました。それが真理であり、それを実践することに集中せねばと思います。

人を愛することにおいても再創造の復帰摂理を神様が通過された心情路程を辿ることができることを思えば、感謝でしかありません。復帰摂理を導かれるためにどれだけの善なる人々が犠牲になったこられたかを知るときに、神様の再創造の苦痛を知ることができます。

しかし、今更ながら今まで、何をしてきたのかと反省するこの頃です。
ささやかな農業をしながら、人を愛する摂理を担当しながら、神様の創造の偉大さを痛感すると同時に、たえず神様を主体として、心情の相続を徹底しなければならないと思わされています。

協会本部1


よろしければクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



阿南信義
Posted by阿南信義

Comments 0

There are no comments yet.