阿南信義

大分聖殿2022年4月24日日曜礼拝

お父様狭山2


お父様のみことば  1983年3月13日


我々の基本姿勢  

我々の基本姿勢とは、自分を愛するにしても、それは神様と人類のため、他人を愛するにしても、神様と人類のために愛する、というように、常に天宙的な観点に立って、愛することです。本来、人間が堕落しなかったならば、そのようなことは何も努力しなくてもできることだったのですが、堕落してしまったために、それが非常に難しくなってしまったのです。

しかし、その困難な障壁を乗り越えて、本然の理想を実現するためには、我々は蕩減の道を歩まなければなりません。我々の道においては、神様と人類のために最も多く苦労する人が称賛されます。そこにおいては年齢、性別、人種の違いは問題ではありません。そのような人間が集まった社会が地上天国になるのです。わかりますか。この考えに反対の人はいますか。いたら手を挙げなさい。

 天国は戦争によって建設するものではなく、真理を伝播することによって建設するものです。それを実現するまでに長い時間をかけた方が良いと思いますか、短い時間で実現した方が良いと思いますか。(短い時間です)。それならば、皆さんはもっともっと一生懸命に働かなければなりません。皆さんは先生に従って行く覚悟がありますか。(はい)。

今まで先生が話した基本姿勢の内容をはっきり知ってそれを実践し、その伝統を代々の子孫に伝えていかなければなりません。世間からいかに誤解され、迫害されるとしても、我々には最善のものがあります。我々の前進を止めることができるものは何もありません。釈迦や孔子やモーセやイエスといえども、すべての真理を知ることはできませんでした。しかし、我々は今日、彼らが知っていたよりも更に偉大な真理を知り、更に大いなる時に生きているのです。この真理を知って歩む皆さんは、過去のいかなる聖人に対しても恥じることなく、むしろ、大いに自分を誇ることができます。

 その意味において、皆さんは彼らの兄さんや姉さんの立場にあるのです。皆さんが霊界に行って彼らに出会った時に、皆さんは堂々と胸を張って、「我々は地上に天国の愛の定着地を築いてきました」と宣言すれば、彼らは「アーメン」と答えるでしょう。そして全霊界が「ハレルヤ!」と皆さんを讃えることでしょう。

この道を歩むことは先生と皆さんの宿命なのです。皆さんがこの世の人々を見るときに、彼らはディスコダンスやゲームなどあらゆる種類の享楽にふけり、人生を楽しんでいるように見えますが、そのような人々は先生とは何の関係もありません。彼らの目から見れば皆さんは最もみじめな存在です。しかし、必ずや、皆さんは自分が最も賢明な生き方をした人間であることを知る時が来るでしょう。皆さんはこの世と妥協してはなりません。きょう、先生が話した「我々の基本姿勢」という公式に従って、最後まで歩むことを決意する者は手を挙げなさい。どうもありがとう。








下をクリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
スポンサーサイト



阿南信義
Posted by阿南信義

Comments 0

There are no comments yet.