阿南信義

神様の心とひとつとなればサタンは去っていく

もくれん
ハクモクレンの花言葉は高潔な心です


神様の心とひとつとなればサタンは去っていく


真のお父様のみことば  1971年8月28日



私達は、天使長級の心の基準と相対基準を結んでいます。それ故に、上がろうとしても上がることができません。けれども、私達は心の別の主体を持っているので、心がそれ以上に上がろうとして闘っているのです。

 心の別の主体は神様です。心は、高い位置にある神様の相対的立場で一つになれるので、人間は天使長級の相対基準で作用していた心の立場を離れ、より高い次元に上がることができるのです。ですから、心の作用がより強くなければなりません。そのようになって主体的作用ができるときに、再創造の役事が展開されるようになるのです。

 完全な主体が生じれば、完全な対象が生じるのは天地の道理です。完全な主体形である心の基準が決定すれば、不完全なものは除去されるようになります。完全なものが入ってくれば、不完全なものは退いていくのです。光が入ってくれば、暗闇は退くようなものです。

 皆さんが聖霊を受けたり、神様の恵みを受けると、体についていた悪が、「退け」と言わなくても退くのです。このような作用をするようになります。体の本能は長成期完成級に相対的基準を置いているので、それより高く強い心の主体を作って、その基準が今までより高くなれば、再創造の能力が発生して、体の本能を無視してしまい、心の位置に入って行きます。従って、サタンが去って行くのです。恵みを受ければ、サタンが去って行くのです。




 昨日は一人の男性の方がこちらの聖殿に入会されました。私と同世代の方で、若いころ大学で先輩から統一原理の悪い噂を聞いていて、こちらに対して良いイメージをもっておられませんでした。

創造原理と堕落論の簡略的な講義をしたところ、そのイメージを払拭したようで原罪の意味がわかったと言われて聖酒を飲まれました。原理講義は真のお父様を紹介するためであり、心の基準を天使長の基準から神様の心の位置に引き上げることができます。

そのことによってサタンが去り、再創造の役事の中で神様のもとにかえってくることが出来ました。
あらためて、統一原理の講義の重要性を実感したしだいです。




下をクリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
スポンサーサイト



阿南信義
Posted by阿南信義

Comments 0

There are no comments yet.