阿南信義

氏族的メシヤの目的はイエス様の恨の解放



真のお父様のみことば  1971年8月28日

何故イエスは死ななければならなかったのでしょうか。マリアとヨセフが過ったからです。ヨセフが夜も昼も、「これは誰の息子なのか」、と言いながらマリアと喧嘩をしたために、その噂は広がったことでしょう。イエスが私生児として追い込まれた動機は、ヨセフとマリアが過ちを犯したためです。ヨセフが秘密を守って、村でも「この子は私の息子だ」と言って、目をつぶって暮らしていたならば、イエスは村の中でもお兄さんとして、弟として愛されたことでしょう。けれども、そうすることができなかったために、私生児として追い込まれるようになったのです。

氏族の中でもイエスを受け入れることができない立場に立ったために、悲惨な運命の道に立って、外地に出て定着して、外から再蕩減をして、氏族を復帰し、民族を復帰しなければならなかったことが、イエスが十字架で亡くなった動機となったのです。

 他の人の血を受けて生まれた私生児と、誰が一つになろうとするでしょうか。万が一、ヨセフとマリアが良くしたならば身内、親戚と姻戚の八寸までも、七〇人門徒、一二〇人門徒を立てることができたでしょう。そのようになれば、一族はすべて神側に立てられたために、イエスは何もしないで静かにいて家庭をなして子供さえ生めばいいのです。母子協助をしたので、父子協助をすることのできる基盤さえできれば、御旨は自然になされるのです。

 今日、私達が七十二家庭を立てたために、先祖達を中心とした基盤が、この地上に立てられたのです。

 イエスがユダヤ教的な基準を成し遂げることができなかった恨みがあるために、それを代身した一二〇家庭が、イエスの恨みを晴らしてあげる祝福家庭であるというのです。それ故に、一二〇家庭は先頭に立って犠牲にならなければなりません。
 この前、出動教育を受けた地域長達は、すべてが一二〇家庭だと思います。一二〇家庭は犠牲にならなければならないのです。一二〇家庭はイエス時代の一二〇人の門徒の立場であり、世界的な支派編成をなすための世界百二十国家を代表した国家的な基台なのです。国家的な基台が十二支派とすれば、その国家的基準を中心として、世界に出て行くことのできる、世界的な出発基準になるのが一二〇人門徒であるというのです。

 一二〇人門徒が死んでいった原因は何でしょうか。一二〇人門徒のような一二〇名の女性がいなかったためです。それで御旨をなすことができませんでした。イエスを中心として一二〇名の女性が一つになって、生死を共にすることができたならば、イエスが砂漠に入ったとしても、御旨が成し遂げられるのです。

 このような伝統的な歴史を中心として、わが統一時代においては、一二〇人門徒を代身することのできる基準を、内外を中心として、世界的に分けて、立てておかなければならないということです。それ故に、世界が百二十か国以上になって、その百二十か国を代表して、世界的四十か国を中心とした聖地を定めたのです。

 今、第二次七年路程を行く統一教会、第二次七年路程を行く皆さんの時代に来て、千二百名の婦人を動員したのは、イエスの時代よりも一段階上がって、一二〇の十倍として、世界的基盤を整えるためなのです。一二〇〇門徒が現れる前に、一二〇〇人のエバが現れて、皆さんがそのエバを中心として絶対的に一つになった立場を編成して、民族の運勢と世界の運勢を越えて行こうとするのです。今、大韓民国の運勢と世界の運勢を越えるか、越えられないかという立場に来ているのです。

 それで、これが、一九七二年までいくでしょう? 何故かといえば、世界的なイエスの恨みを蕩減して晴らし、それと共に、先生は世界的な新しい出発の布陣を整えておく時が、一九七二年度までなのです。

 そうすることによって、この家庭は先生と直接に内的因縁を結ぶことができるために、ここから入籍問題が起こるのです。すべて原理的なのです。大まかな計算ではありません。このようにすることによって、今の時代に女性の歴史が蕩減することができるのです。女性達はいつ蕩減しましたか。お母さんが七年間役事したことは何かといえば、そのようなことをしたのです。女性として難しいことはすべてやるのです。夫から不信されるような立場まで入っても絶対に信じろ、と言ったのです。

 アダムとエバは怨讐です。互いの命を死亡に置き換えた怨讐なのです。そのような怨讐の立場にいても、恩人として迎える立場に立てるために、七年間闘いをしながら蕩減路程を歩んできたのです。皆さんが、その基準を中心として、横的に勝利の基盤を受け継ぐためには、皆さんの家庭も女性を中心として勝利的な基盤をつくらなければなりません。皆さんが先生と関係を結んで、勝利の基盤をつくることによって、先生と皆さんの妻達が一致すれば、皆さんも自動的に勝利することのできる立場に入るのです。このようにして、歴史的な蕩減を成し遂げるのです。カイン・アベルの蕩減をすべて成し遂げ、アダム、エバ、天使長の蕩減もすべて終わるのです。





よろしければクリックをお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



阿南信義
Posted by阿南信義

Comments 0

There are no comments yet.