阿南信義

天地父母天宙安息圏宣布の祈祷文1997年天暦7月7日


メシヤが地上に来られたときに、地上に自分の命があること自体が奇跡的なことであると思います。真のお父様が地上でどのような勝利圏を打ち立てられ、救いの摂理を成されたのかを明確に知ることがとても重要なことであると言えます。


人間の堕落によって、この地上世界はサタンが支配することとなりました。サタン世界を解放するのがメシヤの使命です。私たちは真のお父様が勝利されたその路程を歩みながら、サタンによって支配されている氏族圏を解放する使命を与えられています。そのことによってしか天一国は創建できないというのがみことばです。


それゆえ、メシヤの勝利されてこられた摂理の内容を理解することが、自分の勝利の道につながることとなります。お父様が勝利された摂理の内容を心情から理解することがとても大事なこととなります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真のお父様のみことば


天地父母天宙安息圏宣布の祈祷文

祈祷文(宣布の祈祷・祝祷)
1997年8月9日(陰暦7月7日)
韓国・九里市水澤洞・中央修練院



Created By ondoku3.com


宣布の祈祷

 愛するお父様。きょう、一九九七年(陰暦)七月七日七時七分七秒を中心として、三百六十万双家庭祝福を中心としたこの日、「真のご父母様を誇り、愛することは、三百六十万双祝福の完遂」という今年の標語のすべてのことを成就いたしました。

 どれほど苦労され、どれほど恨みの心情を抱いてこられましたでしょうか? ここに立っている真の父母の名を持った子と子供たちが……。つらい歴史の時代のあなたの心情を知らずに指示してきたものを、真の父母をこの地にお送りになって、あなたの心情を吐露することができ、内的事情を教育できるようになりました。

 青少年時代にアダムとエバを失うことによって、家庭が破綻しましたし、神様の血族を受け継ぐべきアダムの血族が、十六歳以後にサタンの体を通してサタンの血族に連結された悲しい歴史を残したことを、私たちは知るものでございます。
 そうして、今まで天使長圏の血統を残し、サタンの血統を残したものを、歴史を立てるために、あなたの天の国の新しい天使長の立場に立っている宗教圏を立てたことを考えますときに、今まで個人救援摂理を標準にしてきたのは、天使長圏の長子を捜すための歴史であることを私たちは知るものでございます。

 旧約時代、新約時代、成約時代を経て、選民圏の上に世界的な救道の中心である再臨時代を迎えさせてくださって、アダムによって誤った青少年の倫理と家庭破綻を、世界的途上で整備すべき、とてつもない時代を迎え得る時をもたせてくださったことに感謝いたします。

 これは、第二次世界大戦後である一九四五年を中心として、連合国を中心として新婦の道理を受け継いだキリスト教が、来られる再臨主の前に新婦の責任を果たせなかったことによって、また再び、エデンで失った家庭的悲しみよりももっと大きな悲しみが始まったことを知るものでございます。

 アダム家庭で失ったものをエバ国家、アベル国家、世界的国家とサタン世界の枢軸国を中心として、心と体が分かれたイエス様の恨みを一体化させるための闘いをして、キリスト教文化圏を中心とした統一世界を備え、世界的摂理途上で勝利の覇権を有し、再臨主を中心とした真の父母の血族をこの地上に着陸させ、万民解放のための祝福の時代を迎え得る世界史的な合同結婚式を迎えていたならば、そのとき、八億近いキリスト教徒を中心として、このことが実践躬行されていたならば、一九五二年まで七年期間にこの地上に地上・天上天国を完結すべきことがあなたの願いであったことを知るものでございます。

 これが、新婦の道理を受け継いだキリスト教文化圏が反対することによって、アダム家庭のゼロの基準において堕落の世界という悲しい環境をサタンの前に譲り渡してあげたことと同様に、世界的勝利の版図として築いたキリスト教が、新婦的エバ国家が責任を果たせないことによって、再び地上に落ちた悲しみを抱くようになられました。さらに、来られる真のお父様は、この地上で独り荒野の道を行かなければならなかった、その悔しく悲しい歴史を考えますときに、その時間というものは、天地の悲痛な歴史的な恨みを残しかねず、そのことによってもたらされた天の悲しみは、世界的な歴史全体を蕩減するための世界家庭理想を中心として、万民解放を一時に成すことができたはずのものを失うことによって、家庭的基準で堕落したアダム家庭も問題にならず、イエス様を中心として勝利の土台の上に家庭を築き、民族糾合を成せなかったことよりも、さらに一層大きかったということを知るものでございます。

 サタンの血族圏を完全に清算し、神様が自由天地で安息なさることのできる安息の家に訪ねていかれたいという、お父様のみ意を知ったものでございます。
 七千年歴史の千年世界を待ち焦がれたお父様、これを連結させるために、キリスト教において安息日を立て、七日基準を中心として安息していた、その基準を引き継ぐためのお父様の苦労の歴史がどれほど大きかったかということを知っております。
 このようなすべてのことを成就できなかったことによって、神様は天の玉座に独りでお座りになって、囹圄(れいご:牢獄)の身になられたように、サタン権限の耐えがたい歴史を経てきたことを知っております。

 忘れることのできないお父様の心情を持ちつつ忘れるべき環境的与件、投入できない事情を持ちつつ再創造しなければならないお父様の心情、愛することのできない群れを愛すべき心情を、どこのだれも知り得ないことを、この子は知りましたがゆえに、悲しみを覚悟し、死を覚悟し、四十年の峠を越えるための受難の道を経てまいりました。
 天の心情を慰労することのできる道があるとするなら、いかなる道でも、いかなる死の道でも越えていこうと決意した決心を中心としてやってまいりました。

 お父様、東洋と西洋の文化全体を失い、南北の統一世界を中心として、万国の中心国家であるべき祖国の山河を失い、祝福を成したあなたの一族が、天の一族になるべき血族の子女たちが全部二分されなければならない立場に立ちましたがゆえに、また再び、共産と民主を中心として、二分された闘いを経て、四十年期間という復帰の道を再び歩まざるを得なかったという歴史的な事実を、統一の群れは知っております。

 この四十年期間は、摂理史の四千年に変わる期間であるがゆえに、キリスト教とキリスト教信仰国、あるいは宗教と宗教を中心としたすべての人たちに加えたサタン世界の主権国家の行使は、今日、世界舞台を抱いたあなたのみ旨の前に、反対する全世界が合わさって、来られる真の父母を攻撃した四十年間であり、そのような歴史を迎えるお父様の悲しみをだれも知りませんでした。

 独り、独り、独りでこの道を開拓なさったお父様の指導の前に、個人的なあなたの安息所を準備するための闘い、夫婦的な安息所を準備するための闘い、家庭的な安息所を準備するための闘い、氏族的な安息所を準備するための闘い、国家的であり、世界的であり、天宙的な安息所を準備するための闘いをなし、あなたが自由自在に住まわれることのできる、そのような創造理想的自由環境を開発するための受難の四十年歴史がもはや皆、峠を越えました。

 そのことによって、きょう、真の父母を中心として天宙安息圏を宣布することのできる驚くべき時間を迎えました。
 二十代、三十代に向かっていた青年時代に願った望みを失った、あなたの息子たるこの文某という人物が、この地上で限りなく悲しい堆肥の山に立って、歩んできた屈辱のすべてのもの悲しい歴史というものは、歴史上のいかなる人間も成し得ない困難に遭遇しながら、天が耐え忍ばれた心情を見詰め、その伝統を受け継ごうといいながら歩んだ歴史であり、そうやって、四十年の峠をすべに越えてまいりました。

 それによって、三百六十万双の家庭を中心として、アダム家庭で失ったものを世界万民を一つの標準的基準で、アダム家庭の変わりに世界圏の一家庭の立場で祝福することによって、万国万民の解放圏を備え、安息の世界に受け継ぎ、地上・天上天国世界に越えていけるようになったことを感謝申し上げます。

 この道を行くためには、長子権を復帰しなければならないし、父母権を復帰しなければならないし、王権を復帰しなければなりませんが、その限界圏である三百六十万双を越えさせてくださった天のお父様、感謝いたします。
 今は、家庭的長子権がこの地上に存続するようになりましたし、国家的家庭圏がこの地上に存続するようになりましたし、天宙的家庭圏がこの地上に存続することによって、家庭を中心とした王圏時代が私たちを迎え得る時代になったがゆえに、家庭で安息するのであって、神様に侍って安息させてさしあげることのできる解放圏を宣布できるこの日を迎えさせてくださったことを本当に感謝いたします。

 きょう、この日は、あなたの息子たるこの文某の年が七十七歳を迎えたのであり、一九九七年(陰暦)七月七日七時七分七秒を中心として、七数を八回連結させることのできる焦点を合わせて、七、八数を越えて立つことのできる安息年と再出発の数を連結させることのできる時代が来ました。そのために、統一家のすべての群れたちは今、天の権威と天の愛の伝統を受け継いだ家庭を中心として、天に侍り、国家を中心として天を安息させ、世界を中心として天を安息させ、天宙を中心として天を安息させてさしあげることによって、神様と真のご父母様が自由に行動されることのできる安息的基盤が家庭から天宙にまでつながるようになりました。そうして神様と一体をなすことのできる一つの地上天国の王圏と天上天国の王圏が一時に樹立し得る限界線を越える時を迎えさせてくださることによって、このことを成就いたしました。

 このことのために、エバ国家を代身し、代表することのできるお母様がこの地上に来られて、天使長国家アメリカと天使長国家を中心とした国連の舞台を中心として、南北に分かれたものをアメリカを中心として統一的な運勢を備えて韓国に植えるようになりました。そして、解放基準において民族的解放を代表し得る韓国になるべきことを心配してきたあらゆることをあなたが保護してくださって、三次にわたってお母様を中心としてこの地上に送り、み言を伝えることによって、お母様として今回、十六カ所における講演を通じて十六数を越え、新しく門を開けて、この地上の高位層の者たちを解放させることのできる祝福を許諾なさることによって今、祝福家庭が神聖であることが挙国的に知られるようになりました。

 そこに南北の女性たちを中心として、世界の南北を代身することのできる女性を代表した大会で歓迎を受けることによって、もはや、きょう、十六数と十八カ所における大会を中心として、このような日を宣布するようになりましたし、明日の八月十日を中心としては、この国のあらゆる中枢的な群れ、世界のあらゆる主権と国家を代表することのできる核心たちを中心として、天の勝利圏を宣布できる家庭的王圏時代に入っていくようになります。このような祝福がこの地上に成され、統一教会が家庭祝福において、先頭を走ることのできる祝福圏をお立てになったのも、お父様のご苦労によって成されました。

 韓国に立つ所がなかったものを、お母様とあなたが協力することによって、このような基盤を持つようになったことを、本当に感謝申し上げます。
 このような基盤の上に、きょう、このような真の父母を中心とした「天地父母天宙安息圏宣布」を成すことができるように許諾してくださったことに対しましても、お父様の前に千回、千回、千回、感謝を申し上げます。
 あなたの願いである家庭的王圏時代、国家的王圏時代、世界的王圏時代と天宙的王圏時代の安息の基盤が、この地上に成されることによって、囹圄の身であられる神様が解怨成就してさしあげ、開放的な立場で愛の天宙を抱くことのできる時代を迎えるようになってことを喜ばしくお考えください。

 この息子が来たこの道を涙とともに保護し、助けることのできないお父様の悲しみが、どれほど大きかったかということを知っておりますので、今からあなたの願っておられた全体、全般、全権、全部の権限を持って、万国をあなたが主管なさって、解放天国に進展できるように祝福してくださいますことを、お父様、懇切に懇切にお願い申し上げます。

 もはや、真のご父母様が行く所には、悲しみの涙を流していたその涙の跡が消える時代になりました。あなたの解放の権限をもって、ご父母様の家庭から万国まで巡行なされるうえで、何の妨げもなく行って帰ってくることのできるご巡行となり、そして、創造理想の特権的な最高の頂上の位置の立たれて、ご自由に愛する子女たちと愛する国と愛する世界と愛する天宙を巡行なさることができるように、真の父母の名とともにそのようなあなたの解放と全幅的な解放を宣布いたしますので、お受けくださいますように懇切にお願い申し上げます。

 そうして、「天地父母天宙安息圏宣布」を成す時間を喜んでお受けください。天からこれを宣布なさって、天上世界と地上世界の統一圏の勝利の旗を高くお揚げください。
 真の父母のみ名によってこの日を宣布申し上げます。アーメン。アーメン。アーメン。
 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Created By ondoku3.com


祝祷

 愛するお父様。きょう、このような「天地父母天宙安息圏」解放日を、解放の時代を、解放の世界を宣布できる、摂理史のただ一度存在し得るこの日を迎えさせてくださった恩賜を感謝いたします。

 きょうのこの基準を立てるためには、世界的家庭を中心として、サタン世界を凌駕しうる三百六十万双の超国家的祝福の勝利の時を迎えることによって、このような日を設定するようになった恩賜をお父様の前に感謝申し上げ、だれも想像できなかった緊迫した心情の焦燥感を感じた三百六十万双責任完成が、どれほど私たちにとって真摯であったかを知っております。

 どのような力でも解決できないこのことを、天が中心となられて真の父母の体を通して宣言させることによって、、短い期間にこのような歴史的な奇蹟を創出するようになったという事実を、身をかがめてあなたの前に感謝せざるを得ません。

 神様を中心とした霊界全体が地上に君臨されて、このことを成就させるために、いかなる時代的摂理路程でも決意、団結なさって、地上協助体制を強化するように協助されたことによりまして、私たちに解放の時間を持たせてくださったお父様の前に感謝申し上げ、天上世界のすべての数千万の聖徒、聖賢、賢哲たちの前に感謝申し上げます。

そして、キリスト教まで復帰してくるために、天使長圏の血縁的因縁を持っているわが先祖たちが共に協助することによって、アダム圏地上家庭圏理想の解放を成して、世界を越えることのできる、分水嶺を越えることのできる三百六十万双を超えさせてくださった恩賜に感謝いたします。

 今から三千六百万双、三億六千万双をするとき、登った分水嶺から下りていくことのできる時代を迎えて、家庭的な平等時代をこの地上に真の父母の名前とともに宣言できる時代になることによって、アダム家庭において父母自身が自分の直系の子女たちを中心として真の愛を拡大させ、天上・地上天国を迎える時代に差しかかったのでございます。

 このようなことを考えますとき、この地上で生きる人は眠りから覚めることができずに、知ることができませんでしたが、統一家に終結されたあなたの子女たちは、切ない心を抱いて四方を眺めながら、人々が豊かに暮らす時代に迫害を受けながら、孤独な歩みで路地にあえいでいた時代を経て、今は都市を超え、国家を超え、世界、国家の首都圏を行き巡ることができ、彼らを集めて、場所を超越して祝福の代を継ぐことのできる解放時代を迎えたということは、神様がこの地上で家庭を出発されて、世界どこでも自由に、エデンの園のアダム家庭の祝福と同じ恵沢を分け与えることのできる時代圏に臨ませてくださったことを、より一層感謝せざるを得ません。

 このすべてのものが協力して、今、三千六百万双、三億六千万双は私たちの決意によって、天の全権、全能の時代、全般、全体の時代が、真の家庭、真の愛を中心として祝福の恩賜圏を家庭を中心として連結いたしましたので、これが核となって動けば動くほど、氷が氷の焦点を中心として結合するように、この世界の家庭は統一の世界へと、一つの家庭連結体として連結されることを考えますとき、自信満々に、今、天の権威を持って押し出すことのできる、特権的な勝利したアダムとエバに代わる家庭となるように許諾してください。

 サタン世界の血縁的痕跡をこの地上で根絶することのできる百八十度の家庭環境全体の堕落した世俗的な家庭を引っ繰り返して余りある、天の出動命令とともに権勢を振るい、実績を天の前に栄光として収穫できるように許諾してくださいますことを懇切にお願い申し上げます。

 切ない忠孝の道理の心情を持ちつつ行く歩みには、神様の心情の群れである天上世界にいる霊たちと天使たちが協助することを知っておりますので、強く、雄々しく、この祝福圏を一体化させ、一方通行で、終わりまですべてのものを押し切ることのできる胆力と勇気を下さるように懇切にお願い申し上げます。

 韓民族が誇ることのできる孝女・沈清(シムチョン)を知っております。烈女・春香(チュニャン)を知っております。忠臣・李舜臣(イスンシン)を知っております。歴史上のどこの国にもない、天の伝統を代身することのできる長子権の宗孫(そうそん=本家の一番上の孫)たちを中心として、絶対的に侍り奉った歴史的伝統をこの国に残してくださいましたし、女性たちは貞操を重要視することのできる歴史的過程を経て、アジアを超え、世界の一つの標準的殿堂となるべきはずでしたが、それらが四十年期間にすべて崩れてしまいました。

 これを再び立てなければなりません。沈清のような孝子・孝女、春香のような烈女、忠臣の道理を果たした李舜臣のように、一切すべてを私たち統一家の家庭においてその伝統を立てて、孝子、忠臣、聖人、聖子の道理の標準的な家庭になろうと決意することによって、一族全体をその懐に抱き、天の前に奉献することのできる国家体制、世界体制、地上天国体制、神様解放圏を見詰めながら、涙とともに勝利の実績を奉献することのできる特権的な群れとなるように許諾してくださいますことを懇切にお願い申し上げます。

 お父様、韓国の民謡には、「月よ、月よ、明るい月よ……両親に侍って千年も万年も生きよう」という両親に侍る伝統がございますし、青い空に帆柱もない船が西の方に行く、この宇宙人工衛星の時代を表象し、万国を代表した真の父母に侍り奉ることのできる伝統を持ったこの国であることを、お父様の前に感謝いたします。

 歌い重ねたすべての童謡と、見て感じた孝行の心情の道理を、私たちの家庭を代表して、天宙世界で活動することができ、活躍することのできる解放的孝子、忠臣、烈女たちとなるよう許諾してくださいまして、真の父母の誇りと真の父母の勝利圏をすべての万国、天上世界にまで伝統を残すことのできる甲斐のある民族性を築いて、万国がその伝統を受け継ぐことをためらわず、躊躇せず、自由に万歳を叫びながら、受け入れることのできる勝利の祖国領土となるように許諾してくださいますことを、お父様、懇切にお願い申し上げます。

 その日を願われながら、どれほど待ちわびられたかを知りますがゆえに、このような標準を中心として、残してくださった祝福の責任を、万国どこであっても、一家庭も残さずにすべてまとめて天の血縁へと転向させて、あなたに自由に侍ることのできる自由天地に前進、前進、前進することをお祈り申し上げます。
 真の父母のみ名によって祝願申し上げました。アーメン。アーメン! アーメン!!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



阿南信義
Posted by阿南信義

Comments 0

There are no comments yet.