阿南信義

家庭連合の失敗を蕩減復帰するには

TMother.jpg


先日、ビデオを一人で作成しました。「日本の蕩減と氏族的メシヤ」という題名です。

以前、日曜礼拝で語った内容でもありましたが、再度統一教会家庭連合の失敗はどこに原因があったのか、そしてそれを蕩減復帰するためにどうすればいいのかを思案していましたので、まとめることにしました。

ユダヤ教の失敗をキリスト教は蕩減復帰する使命がありました。キリスト教の失敗を統一教会家庭連合は蕩減復帰する使命でした。そして家庭連合の失敗を蕩減復帰する使命がサンクチュアリにあると思います。





みことば  1994.2.16 氏族的メシヤと伝道

第二次世界大戦後、英・米・仏が再臨主を迎えて、メシヤを中心とした世界を建設しなければならなかったのです。しかし、キリスト教が失敗してしまいました。そのため、先生が四〇年間で失敗したものを蕩減復帰して、家庭、氏族、民族、国家の勝利の基台のうえで宣言したのが、「真の父母と成約時代」でした。
 一九九三年、先生が世界的アダムとして受け入れられる時が来ました。それで一九九二年までに勝利的基盤をつくらなければならなかったのです。

 一九九三年から二〇〇〇年までの七年間で世界を復帰しなければなりません。特にこの七年間は、アダムの文化が復帰されなければならないのです。アダムの文化を「女性連合」が、キリスト教に代わって復帰していかなければならないのです。








にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



阿南信義
Posted by阿南信義

Comments 0

There are no comments yet.