阿南信義

文在寅と文喜相はなぜ


従北、親中、反米、反日の文在寅が大統領になった背景、また日本の天皇陛下に謝罪要求をする左派の文喜相国会議長がまた、なぜ文氏であるのかという理由を真のお父様のみことばから新たに理解しました。


 真のお父様のみことば 1971年12月27日 ワシントン
先生が北韓を離れた時は、1950年の冬でした。そして、1951年に南海岸にある釜山まで下ってきました。その時から、先生が勝利した1960年までの10年間、激しい迫害を受けました。1960年以降も、私たちは迫害を受けてきましたが、私たちの摂理は徐々に成長することができたのです。

 復帰摂理は、カインとアベルの間の闘いです。そのため、摂理ではいつも文氏がカイン側で現れます。いつも先生を迫害する人は文氏です。家庭的レベルにおいても、国家的レベルにおいても、文氏が反対しました。統一教会を政府に登録しようとした時、文教部が登録を取り扱っていたのですが、当時文教部長官であった文氏が、私たちの申請を拒否したのです。

 私たちはこれと闘わなければなりませんでしたが、一週間後にはその結果が覆されました。拒否された申請が覆されるまでのその一週間は70年、700年、さらには7000年に該当するのです。
 その時、登録されていなかったら、私たちはいかなる宗教的運動もできなかったでしょう。統一教会は1963年5月31日、政府に登録されたのです。


統一教会の具体的な宗教的活動の出発は文氏の反対、迫害を克服してから始まりました。
そして、49年後の2012年、真のお父様に対する家庭連合の不信と堕落によって、本来神様の祖国となるべき国がサタンに主管された両文氏によって、統治される結果となり、選民離脱国家滅亡の方向となっています。

ところが、
天の摂理の趨勢はアメリカにあり、真のアベルカインを勝利されておられる文亨進二代王様と文国進様によって、真の父母様、三代王権を中心とする天の摂理は着実に天一国創建へと前進しています。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



阿南信義
Posted by阿南信義

Comments 1

There are no comments yet.

キムフジオ

大韓民国は跡形もなく消え失せてしまうことでしょう

文鮮明先生御言葉選集より

●한반도는 세계의 축소체
韓半島は世界の縮小体
The Korean peninsula is an encapsulation of the world

한반도에서 대한민국은 공산주의와 싸워서 이겨야 할 숙명적인 위치에 놓여 있습니다.
韓半島において大韓民国は共産主義と闘って勝利しなければならない宿命的な立場におかれています。
On the Korean peninsula, the Republic of Korea is destined to battle and triumph over communism.

공산주의와 싸워 승리할 때 대한민국은 세계에 웅비할 것이요,
共産主義と闘って勝利すれば、大韓民国は世界に雄飛するでしょうし、
When it does, the Republic of Korea will play an active role in the world.

공산주의에 패할 때 대한민국은 자취도 없이 사라질 것입니다.
However, if it is defeated by communism, the Republic of Korea will disappear without a trace.
共産主義に敗れた場合は、大韓民国は跡形もなく消え失せてしまうことでしょう。

패망의 비참한 운명은 월남의 예가 잘 보여 주고 있습니다.
敗亡の悲惨な運命はベトナムの例がよく見せてくれています。
The Vietnam War is a prime example of the tragic fate that awaits you after defeat.

(말씀選集129巻-331쪽, 1983年12月14日)

2019/11/13 (Wed) 04:24