聖殿氏族メシヤ連絡会 大分聖殿

阿南信義

Archive2019年07月04日 1/1

  •  ―大分聖殿、フランシスコ大友宗麟公の命日墓参― 戦国時代、宣教師フランシスコ・ザビエルが伝えたイエス・キリストの福音に接し、長い禅宗修行を経てキリシタン(クリスチャン)になった九州の守護大名・大友宗麟公(1530~1587)は、信仰世界においても日本を代表する人物であった。受洗(1578年)以後、薩摩国・島津氏との十年余に及ぶ激闘の末、国は敗れ、権威も失うが、キリストに対する絶対信仰を変えることはなかった。そ...