阿南信義

Archive2018年08月 2/2

  • 中国の膨張政策をどう考え、どう行動するべきか今日の中国の軍備拡張、とくに南シナ海や東シナ海における中国海軍の動きには目を見張るものがあります。その動向は日本にとって脅威となっています。そして、アメリカとの貿易戦争の本格的闘いが開始されてきており、今後さらに米中の対立は深まることになると思います。真のお父様のみことば   済州島研修院で日本女性に 日本がエバ国家になった場合には、韓国と日本の国境はす...

  • 神の摂理は第三イスラエルから再び第二イスラエルへ神様の摂理は家庭連合の韓国幹部と韓氏オモニの真のお父様への不信による失敗によって、韓国を中心とした第三イスラエル摂理は終わり、その選民圏は再びキリスト教徒、第二イスラエルへと移行しています。今、真のお父様と二代王様はアメリカのキリスト教徒の救いによる神様の摂理完成に向けて完全投入されておられます。そして、日本においても1587年の豊臣秀吉によるバテレン追...

  • 来年の10月14日生命の書祝福式と氏族的メシヤの任務来年の10月14日における生命の書祝福式の意義と私の使命という観点からあくまで、個人的見解ですが想う事を述べてみます。その日の40日前に二代王様の40歳の誕生日をお迎えします。真のお父様の代身であられる二代王様の使命は、それを相続され、成就することであると思うとその日は人類歴史上、極めて重要な日となります。イエス様は33歳で十字架にいかれることなく、本来は40歳...

  • 伝道用のチラシをつくりました伝道の戦略を考えるとき、チラシが必要であり、みことば(原理)につながる冊子が必要であると考え、準備しました。今まで家庭連合のときには献金の問題や中央集権体制の中で、思い切って伝道することはできませんでしたが、こちらではなんの障害がありません。問題は自分の心情主管をどのようにするかです。上が表で下のが裏です。家庭聖殿連絡会としましたのは氏族メシヤの拠点は家庭聖殿であるから...

  • サタンの罠にはまったのはー?久方ぶりに更新した私の7月31日の「サタンの罠にはまった家庭連合」の記事に対して貴重なコメントをいただきました。最近のサンクチュアリ協会のことで、私自身も色々と考えておりましたが、ご指摘がありましたので掘り下げてみようかと思います。Miyaさんからのコメント「サタンの罠にはまったのはー?」ご紹介の御言によると、サタン侵入事件は「日本で」のことだった。「教会を離れた者が、サタン...

  • 集中し焦点を当てるべき2019年10月14日二代王様によって、2019年10月14日に生命の書入籍祝福式の開催が発表されています。そのことに対する神様の摂理を重要性を感じてなりません。2019年9月4日(陰暦8月6日)に亨進二代王様は40歳となられます。その日から40日で10月14日を迎えるというのも神様の役事だと思います。真のお父様のみことば 2004年10月14日 第二次世界大戦後に、枢軸国と連合国が闘い、勝利した基盤の上に先生が上...