家庭聖殿拡大 大分聖殿

阿南信義

Archive2018年05月 1/3

  • 2018年05月30日 0

    日本の蕩減キリスト教2000年の目的はイエス様の新婦圏を世界的に確立するためでした。そのために2000年の間、キリシタンの歴史は悲惨な想像絶する迫害の中でも、イエス様の新婦の立場を求めて、世界的に拡大してきました。1945年の連合軍の勝利は英米仏のキリスト教連合の世界的勝利を完全なる形として、再臨の主の前に、世界的な新婦圏を確立して、神様の摂理に応えていました。そのときから、7年を経過した1952...

  • 2018年05月29日 0

    本妻と妾の関係日本の摂理の勝利を考えたときに、神様の摂理において展開されてこられた、天の秘密の摂理を理解しなければならないと思います。1992年からエバの時代を迎えて、その奥義を日本女性たちに語ってくださいました。そのことを今一度原理的、摂理的に理解することを通して、その使命を蕩減し、勝利する道が開かれることを感じます。真のお父様のみことば  1993年2月14日 成約時代と私 そのような一時を復...

  • 今日の礼拝、天国の鍵は家庭教会そしてその組織のあり方2018年5月27日、日曜礼拝を捧げました。またそれをネットでつないで、他の場所にいる食口とも共有しました。真のお父様のみことば 1981年1月1日 イエス様が来るまで天国はありませんでした。イエス様は、天国の鍵をペテロに与えましたが、イエス様はどこへ行ったのでしょうか。彼は十字架へ行かれましたか。それとも真っ直ぐ天国に行きましたか。十字架へと...

  • 松本教会長のコメントにお応えします日本サンクチュアリ協会有明教会の松本教会長から当ブログに丁寧なコメントをいただきました。この件で、私の意見を公にするかどうか迷いましたが、具体的なコメントをいただきましたので、あえて、述べさせていただきます。<引用>指摘されたとおり教会長が自己の位置を守って善の天使長の立場で協助するときは、対立関係になることはなく、何の問題も生じません。自己の位置を守るとは何か。...

  • 成約時代の教会長と新約以前の教会長とのちがい成約時代において、教会長(責任者)はアベルではなく、天使長です。この天使長というのは、天使長の使命分担を意味しています。実体の天使長ではありません。天使長は神の使いとして創造され、僕、仕える霊、神様に頌栄を捧げる立場、みことばを伝える、讃美者としての使命を持っています。1976年の天勝日以降、家庭教会を出発して、家庭教会定着時代(1983年年頭標語)をむかえてお...

  • 現家庭連合が家庭教会氏族的メシヤ摂理をつぶしてきた理由現家庭連合がどのようにして家庭教会摂理をつぶしてきたのかを考えるときに、真のお父様のみことばを利用してきている点があります。原理講論 創造原理第二節(三)(4)四位基台の存在様相今日の科学は、物質の最低単位を素粒子と見なしているが、素粒子はエネルギーからなっている。ここにおいて、物質世界を構成している各段階の個性真理体の存在目的を、次元的に観察...

  • なぜ世界基督教統一神霊協会から世界平和統一家庭連合に名称を変更したのか21年前の1997年真のお父様は世界基督教統一神霊協会をやめて、世界平和統一家庭連合に改称するように指示をされました。1954年に世界基督教統一神霊協会を創立して43周年のときです。それまで、教会を主体として展開してきた統一教会の体制を根本から転換して、家庭を主体とした家庭連合を出発させました。中央集権の教会主導の現偽家庭連合の体制は、本来...

  • 家庭連合とサンクチュアリの根本的に違うところ・組織について家庭連合では「中心性と一体化」という名の下に、上下関係を明確にしています。教会員に対して、本部(協会長)教会(教会長)や責任者は真の父母の代身であるとし、神様に近い存在として、従うことを当然とする中央集権の体制をつくっています。また、ことばでは氏族メシヤ、家庭教会と言いますが、あくまで教会が主体(主人)の体制です。ですから、たとえば、11条献...

  • 今日の礼拝・先祖解怨祝福の背景とその根本本日、5月20日、日曜礼拝をサンクチュアリ大分で行いました。とくに来月の16日に先祖解怨祝福式が二代王様によって、準備されているときですので、そのことに対しての礼拝内容としました。私たちは家庭盟誓において一、天一国主人私たちの家庭は真の愛を中心として、本郷の地を求め、本然の創造理想である地上天国と天上天国を創建することをお誓い致します。と毎回誓っていますが、その...

  • 霊界先祖解怨祝福の背景と氏族メシヤ6月16日に行われる先祖解怨祝福の恩恵を拡大する使命が氏族メシヤにあることを自覚せねばと思います。時代的恩恵の中で、先祖の解怨祝福ができるというとてつもない恩恵が今日の我々に与えれています。その背景に真のお父様の熾烈な闘いがなされて、その勝利の結果がそれであることを忘れてしまいがちです。みことばを探すことをとおして、その意義と価値を理解することができ、みことばとひと...