阿南信義

Archive2017年12月 1/2

  • 2017年を振り返り2018年にむかういよいよ2017年も最後の一日となりました。こちらのサンクチュアリ大分で今年、新しく伝道され祝福された家庭は58家庭でした。神様と約束した数字に程遠く、果たしていないことに対して、反省し悔い改める者です。今年になってひとつだった支部(拠点)を2箇所にしました。10分の1を本部にあげて、10分の9で運営する体制ですので、拡大するほど運営が楽になります。最初は20...

  • 群馬での原理本体論セミナーで神様が私に教えてくれたこと私が原理本体論のセミナーに参加しようと思った動機は、真のお父様が10年間日本の総会長として任命し、2008年から始まった原理本体論講義の講師として選ばれた劉正玉先生でしたので、その先生が日本のサンクチュアリで講義することをすることの意味を知りたいと思ったことでした。講義の内容というよりも、真のお父様はどのような目的があって、劉正玉先生を送ってく...

  • すべてはキリストの愛から出発しています入院して9日目をむかえました。順調に回復しており、問題ありません。今まで病院に縁がなかったのですが、今回このことを通して、多くのことを教えられています。救急でこの病院に来て、3時間ほど検査がつづきました。ベッドに横になったまま、検査室に運ばれていきます。私のために尽くしてくださる医師や看護士の姿に感謝しているとふと気がつかされました。ここの病院の名前には外国の...

  • 家庭教会プログラムのスライド版をさし上げます12月18日の当ブログで家庭教会プログラムのスライドを作成したと紹介しました。希望される方には、そのスライド52枚pdf版をメールで添付し送付させていただきます。無料です。このスライドは私個人の責任において、家庭教会摂理に対する真のお父様のみことばを整理したもので、完璧な内容ではありません。どうしたら、家庭教会、氏族メシヤの摂理が早く展開することができる...

  • 天宙天地人真の父母様天一国生命の書入籍祝福式を迎えるために我々は何をすべきか真のお父様は2001年1月13日、神様王権即位式を樹立されました。迫害と拷問から出発された真のお父様は、世界的長子権、父母権、王権のすべてを歴史上はじめて、地上において勝利をなされました。そして最終的な目的である、神様を解放される神様王権即位式を地上において勝利、宣布しました。その勝利の基台を条件として、12年路程をもって...

  • 家庭連合では永遠に氏族メシヤ摂理は勝利できませんその理由は1.言うまでもなく、韓氏オモニの堕落によって、真のお父様の血統が塞がれてしまいました。氏族メシヤの目的は真のお父様の路程を歩みながら、世界的長子権を勝利された特権を相続することです。また、イエス様を解放することを通して、氏族が神様の前に帰ることができるのが原理です。そのことがまったくできなくなってしまっていますので、どんなに努力しようともサ...

  • イチロクと二代王様と家庭教会プログラムイチロクとは日本でお父様がマッチングされた祝福で1978年9月に埼玉県神川で行われた祝福のことです。1610双であったことから、イチロクと呼ぶようになりました。1976年10月の天勝日宣布をとおして、世界的長子権を勝利された真のお父様の前に、はじめて攻撃をしてきたのが、アメリカのフレーザー委員会という議会の委員会です。フレーザー議員が自分の名声を高めんがため、...

  • 天一国王宮入宮式をふりかえって思うこと2017年1月1日、アメリカのペンシルベニアにおいて、歴史的な天一国王宮入宮式が開催されました。あれからもうすぐ、一年となります。私はその歴史的式典に参加をさせていただきました。今思うことは誰かの代理ではなく、日本のサンクチュアリの方々全員を代理して参加したのだという心情です。その天一国王宮はどういう意味があるのかです。天一国の中心点が決定したということです。...

  • 苦痛の中で生きて働いてくださる天のお父様私は今、病院にいます。今月になって、体調を崩していました。寝ていれば治るだろうと考えていましたが、毎日、悪寒と発熱を繰りかえす中で、いよいよと思い、近くの病院に行きました。そこで一応検査してみたものの、ここでは難しいということで有名な大きな病院を紹介されました。夕方から3時間の検査、そして入院ということになりました。21日の深夜のことです。翌日には、簡単な手...

  • 神様はなぜ家庭教会・氏族メシヤ摂理の展開を急いでおられるのか1960年から1980年までの21年路程は真のお父様がヤコブ路程と同じように、世界的な苦役路程を通過されて、その勝利を完全になされた期間でした。それは神様からみたならば、歴史上はじめて神様の息子が世界の長子の位置に立たれたという、6000年待たれづづけた最高のときを迎えました。勝利することができたがゆえに、そのすべてを弟子である子女たちに...