家庭聖殿拡大 大分聖殿

阿南信義

Archive2016年11月 1/3

  • 昨夜は奇跡的な出会いでした。そして今日、昨夜サンクチュアリに入会された二人の婦人が、祝福を受けられました。ビジネスホテルでの祝福式です。泊り客以外の方は入室できないという規則があり、まさに盗人のように入りながら、祝福を受けられました。二人共、本心の叫びを聞きながら、呻吟する思いで、この時を待ち望んでいたようでした。主礼をされる亨進様御夫妻の姿を見られて、その謙虚な姿、笑顔で祝福する姿に感動されてい...

  • 一昨日、伝道に行かなければならない、中部地方に行かなければならないという衝動にかられました。それで九州大分から夜行バスに乗って中部地方にやってきました。以前、既に祝福を受けていた方と会って、交流をして、新しい家庭を訪問して話をしていました。その話が終わろうとしていた時に携帯がなり、取ると懐かしい声が聞こえてきました。そこからは電車で2時間ぐらいかかるところにいる方からの電話で、私の名前をネットで見...

  • 先日、県外の霊の子を訪ねて、往復400kmの伝道ドライブを夫婦でしてきました。ファミリーレストランで懐かしく3時間ぐらい語り合いました。その後、彼からの質問とその返事のやり取りをメールでしました。それを紹介したいと思います。以前、牧会者をやっていたこともあって、核心的な質問です。青字は霊の子の質問や意見です。今日は夜勤です。貧乏暇なし、3人の子供を養う為には働かなければ食っていけません。これが現実...

  • 自由を束縛している家庭連合自由の原理的意義を私たちは知っています。まず、原理を離れた自由はないということです。自由とは自由意思と自由行動が一体となって完全な自由が成立します。自由意思はあくまで心の発露です。心は生心と肉心の相対関係で成り立っています。その主体は生心です。生心は神が臨在されるところです。生心の要求するものが何であるかを教えてくれるのが真理(原理)です。ゆえに、人間が真理で生心が要求す...

  • 韓オモニが聖和された場合どうなる?いずれにせよ、誰もが霊界にいかざるを得ない立場です。家庭連合の皆様は韓オモニが霊界にいかれた場合のことを考えないのでしょうか。その次はどうなるのかを。誰かを立てるでしょう。亨進様ではない誰かを。既に真のお父様が決められた代身者、相続者はどうなるのでしょうか。今、家庭連合の幹部は亨進様を否定し、攻撃しています。しかし、亨進様はお父様が代身者相続者として決定されておら...

  • 2016年11月25日 0

    私は以前、勝共を担当していました。1974年栃木で勝共の事務局長をしていた時に実際、体験した話です。ある方から北朝鮮に帰る日本人の妻がいるとの情報を得ました。当時は北に帰る北送事業というのが公に歓迎される時代でしたので、国や県もそれを応援したい頃です。それで、私はなんとか行かないように説得しようと思い、その方の家を直接訪問して、北がどのようになっているのかを説明しました。「独裁体制で自由がなく、地...

  • 「父母様は一体である」と信じている家庭連合のシックのみなさま夫と、妻が心情的に一体となり、その位置を尊重しあうことで夫婦一体となります。その段階を経て、父、母となり、父母が一体となるということになります。ところが、妻がその位置を否定し、離れる時に夫婦が一体であるということにはなりません。従って、父母は一体ではないということになります。文亨進様のみことば私と会話した時(お母様と)、「自分は誰だと思う...

  • 2016年11月23日 0

    だまされている家庭連合父母は一体であると信じている家庭連合のみなさま。まずは真のお父様のみことばにかえって、判断をすることが必要であると思います。私たちは原理を通して2000年キリスト教の歴史は再臨のイエスを求めてきた復帰歴史であると理解し、信じて、そのために命をかけて歩んできました。それは真のアダムを立てて、エバを復帰するという摂理でした。お父様のみことばキリスト教を通して二千年の間再臨主が来る...

  •             家庭連合から解放されなければならない真のお父様の生涯路程は神様解放の路程でした。そのためにどれほどのご苦労の道のりを歩まれたかわかりません。お父様のみことば 利他的なものでなければなりません。神様が利他的な創造理想を中心として投入、投入、投入して真の愛を繁殖するようになっているのです。こうすることによって天下をカバーして本郷の地へと帰らなければならないのです。帰る時には怨讐...

  • サンクチュアリは「自由と責任」で歩んでいます。自由と責任で真のお父様の摂理を推し進め、天一国を創建する闘いをはじめています。真のお父様の願いは家庭教会(氏族メシヤ)です。家庭教会の摂理を真のお父様は私たちに与えるために、多くの苦労をなされました。家庭教会を通してしか完成することはできず、天国に入ることができないというのが天の摂理です。真のお父様のみことばそれでは「家庭教会」とは何でしょうか。ホーム...