家庭聖殿拡大 大分聖殿

阿南信義

Archive2016年10月 1/2

  • イチロク、1610双(1978年9月約婚祝福式)の使命と家庭教会摂理について述べたいと思います。1610双の祝福があったのは1978年9月22日でした。私もその時に参加しました。真のお父様が1960年から始まった、三次にわたる21年の世界路程を短縮されて勝利されました。アメリカでの世界的な大会であるマジソン大会、ヤンキー大会、ワシントン大会を勝利されて、1976年10月4日に天勝日を宣布されました。その天...

  • 2016年10月29日 3

    私は18歳の時、原理を聞きました。今でもその感動は忘れることができません。そして、一番に何を思ったかというと、この原理を語る講師は月給を100万円以上はもらっているんではないかと思わされたことでした。ちなみにその当時、私は就職していて月給は5万8千円でした。とにかくその原理講義の素晴らしさと語る講師の姿に憧れた記憶が今も強く残っています。以前、中部エリアで末端組織の責任者をやっているとき、中部で3...

  • 昨日、私の家内がアメリカの亨進様のもとで行われる式典参加のため出発しました。参加するようになったのは一ヶ月前に4300双で祝福した御夫妻が40日聖別を終えて、三日行事となり、その最後の日は熾烈なサタンとの闘いとなりました。その夜、家内は徹夜で心配しながら祈る深刻な時間を過ごしたといいます。その時に、霊的に本人が感じたことがありました。それは自分の霊人体が未熟児のような姿であると気がついたと言うので...

  • 私は以前、統一教会の地方の教会長をやっていました。今はサンクチュアリ大分の教会長です。今回はその立場がどのように違うかを個人的見解として述べてみたいと思います。・まず給与について私はサンクチュアリ協会から給料は貰っていません。細々と山奥で農業をやりながら、時にはバイトをしながら生計を立てています。またアメリカのサンクチュアリ協会本部に行ったときとかは全部自費です。家庭連合では、教会長、公職者は給料...

  • 家庭連合でなぜ、氏族的メシヤができないのか。考えてみたいと思います。今まで、お父様のみことばを知れば知るほど、家庭教会、氏族メシヤの重要性がありことがわかりますが、なぜ今まで家庭連合は氏族メシヤを勝利することができないでいるのでしょうか。真のお父様のみことば家庭教会は私の天国 1981.1.1レバレンド・ムーンが世界的蕩減を終えたとき、あなた方にはホーム・チャーチ圏しか認められないのです。ホーム・チャーチに...

  • 今日は農作業の一日。久方ぶりの秋晴れでした。野菜を収穫したり、草取りをしたりと自然の中に溶け込んでいました。一時、ブログを休んでいましたが再度、始める時に、動機としたことは家庭連合に対する論戦は多くの方が書いておられますので、そこはお任せして、私はサンクチュアリの基盤を拡大する過程での思想や実践内容をできるだけ、書いてみたいと思って出発しました。ところが名指しで反対されたりすることになると、そうも...

  • 今日は日曜礼拝を教会で捧げました。先週亨進様が語られた説教を拝聴しながら、真のお父様の心情を受けること出来た貴い時間となりました。愛知のシック数名の方々から電話やメールいただきました。分派活動に対するお知らせがメールで届いたそうです。第8地区内における最近の分派活動について(抜粋)昨今、非原理的主張を拡散する分派による家庭連合の信徒への勧誘活動が活発化しております。日本サンクチュアリ大分教会の中心...

  • 今日は午後から、二軒の家庭を訪問しました。それぞれ3時間ぐらい話し、交流をして自宅に帰り着いたのは午後10時でした。二軒とも天の願いの大きな家庭です。次の段階に至ることができたことは感謝でした。大分の誇りはキリスタン大名の大友宗麟公(1530~1587)です。先日、津久見市にある大友宗麟公のお墓にお参りしてきました。そこで個人的に思ったことは真のお父様が聖誕される400年前の誕生されておられるということは...

  • 今日も、午後から祝福式を家庭教会で行いました。既にお父様の権威に戻る祝福を受けておられる婦人が実のお母さんを祝福へと導かれました。式服を着られて、待っておられました。亨進様御夫妻主礼の祝福式に感謝の気持ちで臨まれ、感想は「こんなに嬉しいことはない」と言われていたことが印象的でした。午前中、野菜を直売所に運んで、昼、時間があったのでsanc大分教会でブログを確認していましたら、下記の記事のブログに出会い...

  • 2016年10月20日 0

    今日は朝、ナスの収穫をして午前中に出荷の準備をしました。天聖経(黒)のみことばのCDを聞きながら、その作業です。午後2時から、以前御夫婦で祝福を受けられたお母さんの祝福式を家庭教会で行いました。先に受けられた御夫婦の積極的な協力の中で、スムーズに挙行されました。とても終始穏やかにニコニコされて、特に亨進様の祝祷の時には頭を垂れて、感謝の姿を現されていました。家族で喜びの中、新しい出発となりました。真...