阿南信義

Archive2016年10月 2/2

  • 今日はsanc大分教会で10時半から世話人会(班長会)を行いました。参加したのは6名でした。4300双祝福をどのようにして勝利するかの検討会です。今まで、祝福した方の状況、これから祝福する方の方向性を熱く語り合いながら、具体的に話を進めていくのですが、私はほとんど聞き役です。というか口を挟む余地がないほど、みんな大きな声で発言します。うるさいほどに。その場で電話をして連絡をとったり、途中から対象者に会いに...

  • 今日(18日)は午後5時から一人のご主人(男性)の祝福式を教会で行いました。奥様も近々こられそうな雰囲気です。男性が先に来られることは、本当に希望で、私は式典の最中から体が熱くなってきました。真のお父様が近くにおられることを実感しました。6か月前、熊本地震があり、ここも大きく揺れて、夜中になんども家を飛び出しました。10日前には阿蘇山が爆発的噴火となり、ここ大分の私の田舎も火山灰が降り注ぎました。畑...

  • 今日は午前中と午後の2回、祝福式を行いました。朝、ナスを収穫してから、8時に家を出て、車で2時間かけて家庭教会に到着しました。御夫妻で待っておられ、迅速に祝福式の式典を挙行しました。祝福を願われるご婦人の切なる訴えに最後にはご主人のお顔が明るくなる姿を見させていただき、喜んでおられる背後の心情を実感しました。午後2時半から教会での祝福式です。霊の親が参加された方のために毎日、必死な祈りを捧げてこら...

  • 今日は教会で礼拝をしたあと、12時から祝福式を挙行しました。ちょうど、礼拝で江利川会長の摂理史と先祖解怨祝福式のビデオを見たあとだったこともあって受けられたご本人はとても喜んでいました。そして3時からは家庭教会に行っての祝福式でした。御夫婦で参加され、その意義を理解されて、今までの家庭連合に対する不信を払拭されて新しい出発をされました。この家庭が導かれる背景には善悪交差のスレスレの戦いがありました...

  • お父様のみことばキリスト教では絶対的神さえ信じれば何でもできると言います。ですから独裁国家が出てきたし、血を流したのです。愛という論理を見いだせません。神のみが第一だとする前提のもとでは、どんなに行っても愛の神のお尻について回らなくてはならないのではありませんか。愛というものは対等な概念から始まるものですが、そのような概念では水平にならずしては垂直を探すことはできません。独裁の歴史が現れて流血の歴...

  • 真のお父様のみことば 「私」という人は解放というのを本当に好む人です。また、統一ということを好みます。どれほど好きでしょうか。生きられないほど、死ぬほどに好きです。統一の門、解放の門はこの文という人にあるのではありません。よく知ってみると、万有の大主宰であられる神様にあるということが分かりました。ですから「神様が好まれるものと言ってもたくさんあるでしょうが、最も好まれるものは何でしょうか」と言うと...