もう一度、家庭連合の良識ある幹部、シックのみなさまへ

140601_201611100004340c8.jpg


家庭連合の良識ある幹部(牧会者、婦人部長、公職者)、シックのみなさま

今回の大統領選の結果を見ても、
明らかに真のお父様は亨進様とともにおられます。

亨進様を2008年4月18日に立てられた時の真のお父様のみことばと祝祷を確認していただきたいと思います。なぜなら、自分の生涯はあっという間に終わります。

一瞬で終わる人生の中で、メシヤと出会えることができたことは奇跡です。その貴重な人生を今、誤ろうとしています。また、他のシックを巻き込んでもいます。

ですので、徳野さんや本部の言っていることに騙されることなく、自分の心霊で確かめて欲しいと思います。
次のみことばを何回でも、いや10回以上読んで、確認してください。

でなければ、韓お母様が亡くなられた後、必ず後継者問題となりますが、その時に亨進様のところに帰ってくることを、自分が否定するようになります。そして、完全にお父様への道が閉ざされてしまいます。
だから、今しかありません。

2008年4月18日 文亨進様世界会長就任式のみことばと祝祷

それで、この息子と娘を代わりに立て、わたしが与えたいと思うものは、み言であると同時に、実体です。それと同時に、これから残るべき天上世界に行って、第二次的な幸福者になり、解放釈放の王者になるためには、第四次アダム心情の世界を知らず、実現できなかったので、その世界まで相続しうる息子の位置、代身者であり、相続者にならなければならないのです。相続者の世界があることを知っている皆さんにならなければなりません。

 この世の中は一瞬です。過ぎていくのです。その過ぎていく世界と関係を結ぶべきものが、何かありますか? ここで結んだ、世の中の因縁を中心とする師や王権というあらゆるものは、すべてなくなるのです。

この世界で躊躇せずに、神様が対される最後の峠を越え、勝者の代身者になり、勝者の相続者として、四次心情の根の核の位置を相続し、天をお迎えすることのできる第三解放の心情世界に、皆さんは行かなければなりません。真の父母もその道を行きますが、皆さんも蕩減して、心情世界に準備した二次的なカイン・アベルの境界線を、力強く越えていくべき道が残っていることを知らなければなりません。分かりますか?

 ですから、この場でみ言の内容を与えますが、父母様が行った実体を、行動することのできる実体圏を渡してあげるのがこの場です。もちろん、み言も貴く、父母様の事実も貴いのですが、神様の事実の心情圏を越えて余りある代身者、王子王女になる、相続者になるという信念を持つことをお願いします。分かりますか? (「はい」)
 そのような意味で、これを伝授するのです。

 ですから、この息子、娘たちがこのみ言と一つになった実体圏なので、協助してあげなければなりません。(「はい。温かい拍手で……」)。 すべてのものをすべて……。
 来てください。
 ここに手を載せなさい。手を載せるのです。お母様の手……。
 さあ、代身者の権威と相続者の権威を代表する三時代の天地が、この場に参席して祝福してくれることを理解することを願いながら……。

 〈祝祷〉
 天のお父様。
 静かな夜の時代を迎えました。
 万物が眠り、万物が休むことのできる夜の時代が訪れてきます。夕暮れが過ぎ、十二時が訪れてくるとき、明日の輝く希望と所望の王権の相続者の権限を持って訪ねてこられる真の父母、真の師、真の王がいるという事実を知りませんでした。
お父様。
 過ぎし日のすべての事実は、流れていきます。今からわたしたちが生きるべきは、神様と真の父母様を中心として、エデンにおいて一つの家庭の基盤を持つことができなかったので、それをわたしたちの家庭で受け継ぎ、おささげしてさしあげなければなりません。それは、神様の責任でもなく、真の父母様の責任でもなく、わたしたちの責任として残っていることを知っております。

 蕩減条件を立てることができるすべてのものは……。真の父母様は、それで代身者を立て、相続権限を与えるために死力を尽くし、大韓民国が、個人が置かれた幼子の祖国となるに恥ずかしくなく、長子の祝福を受けた家庭の主人となるに恥ずかしくなく、国を治める師の立場の主人となるに恥ずかしくない、真の父母の勝利的祭壇を相続したことを知って、父から腹中の赤ん坊に堕落の影が入っていったその瞬間から、腹中の胎教時代、神様を父母のいるわたしたちよりももっと精誠を尽くして侍る地上基盤の上で育ち、祈り、保護し、育ててあげる父母の時代を迎え、再び世界を抱いて解産の苦労をしなければならない、真の父母の解放釈放の相続権を受け継ごうと、忠孝の道を受け継ぐことのできる息子、娘となるよう、許諾してください。

 ここに文亨進、李妍雅、ふたりの息子、娘が夫婦となり、きょう父母様の前に立って交代するこの転換式において、真の父母に侍ったように、その侍った位置にすべてのものを代身して迎えることができ、代身者、相続者の権限を受け継ぐこの場となるので、エデンにおいて堕落していない息子、娘を祝福してあげ、感じることのできなかった心情圏を再び受け継ぎ、第四次アダム圏の理想天国の時代として、解放釈放を自分の主張どおりにすることができ、神様を中心として万事を治めることのできる時代へ進入することのできる時代まで連結してくださることを、お父様、懇切にお願い申し上げます。

 ふたりの息子、娘が真の父母の代身として相続する権限を教えてあげることが、簡単ではないことを知っている真の父母です。

残された長くない生涯の最後において、彼らがあらゆる精誠を尽くし、万国の万民の前に、行くべき道はこうであるということを教示できる一つの代身ポイントとなり、代身相続のポイントはああでなければならないということを各自、各家庭が悟り、幼児の時代から億万時代を越えても変わらない一心一体の代身者となり、勝利の王権、勝利の神様の自主権天国を受け継ぎ、解放、贖罪の天国の息子、娘として誇ることができ、息子、娘として自ら抱いて愛することができる、この亨進家庭となるよう、許諾してくださることをお願い申し上げます。

 三代で、信俊という子女を中心として、父母様も、父母も、統一家が一つの心で因縁が結ばれ、関係が結ばれるすべてが、この子女たちから新時代、四次息子の心情圏の峠を越え、父母たちの責任、国の責任、世界、神様の責任まで加重したその峠を越えていくにおいて、父母として保護し、囲いになってあげ、自由環境で代わりに相続権限を引き継ぐようにしてあげられる、自由平和の解放的還元の園となるよう、許諾してくださることを懇切にお願い申し上げます。

 そうすることによって、霊界は今、カインとアベルに分かれたものを、今まで弟、興進が父母様と共に相対的世界を備えてきましたが、今、孝進が逝くことによって、先祖世界の未知の環境にいる彼らを、興進君が治められなかったものを、兄の立場で、深天開放苑忠孝開門主の名をもって真の父母様の内外のすべてのものを備えて天上世界に行き 、治められなかった興進君の立場が、兄と一つになって一体圏を成し、地上再臨を促進化させうる祖国光復の時代に向かって展開するこの全体の上に、霊肉界が一致して和動し、統一と解放と愛の綱をもってこの峠を越えることができるよう、許諾してください。

 そうしてこそ、神様が彼らと共に訪ねてきて、この地上でご自分の主張どおりにできる真の父母の栄光を現し、真の子女たちの未来の栄光を十分に現し、主人となられ、王の中の王となって治めることができますので、全体、全般、全権の主人の王として君臨できるように準備し、日時を短縮し、早めてくださることを、真の父母は、懇切に、懇切に、懇切に願い、望みながらご報告申し上げ、このふたりの息子、娘が行く未来を、お父様が受け持ち、指導してください。アージュ、アージュ、アージュ。
 

 これは開放時代です。三十歳です。イエス様の三十代……。先生が平壌に行き、三十代を中心として宗教界を掌握しようと闘っていたその時であるというのです。そのときは、家庭を連れていくことができませんでした。

家庭があったら、どれほど大変であったか分かりません。そこから家庭が一つにならないことによって、家庭は、父母と故郷を離れるようになり、愛する妻と共に暮らすことのできる環境を放棄し、これを再び築くための受難の道が、八十八歳まで、八十九歳まで越えてきました。そして、このような第三段階の八数を踏み越えていくことのできるこの朝が連結されたという事実を思うとき、幸福な時代を消化することのできる皆さんとなり、どうか、その消化することのできる福を相続して余りある代身の代役者となってください。

 そのような心で一つになるという人は、両手を挙げ、支えて抱く心で天の前に誓わなければなりません。(拍手)
 万国に天の祝福があることを、懇切に神様の前にお願い申し上げます。アージュ



真のお父様のみことばと祝祷は深く、簡単には理解することができないようになっています。ですので何回も読まなければ心情的に理解することはできません。

自分と周りのシックの永遠の命がかかっていますので、それに挑戦して欲しいと思います。

真のお父様は亨進様が30歳の時、代身者、相続者として権限を与えられ、転換されました。
それはイエス様が本来30歳で王の位置につくべき立場であり、真のお父様もまたその使命をもたれておられましたが、そうすることのできなかった心情を語られ、神様を慰めておられます。

真のお父様の心情から判断し、行動しなければ、取り返しのつかない失敗をしてしまいます。

IMG_5519.jpg



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

代身者相続者はいない

>2008年4月18日 文亨進様世界会長就任式のみことばと祝祷

このみ言の一年後に語られたお父様のみ言です。

包むことのできる風呂敷を作れず、風呂敷の中に入れるものを積み上げたら、その積み上げたものを誰にわたすのですか?代身者がいますか?誰にわたしますか?息子娘がいれば、息子娘にわたせばいいのですが、息子娘の中の誰にわたしますか?

資料:み言選集 611巻249ページ 2009.05.15 <代身者相続者>

..................................................................

千年万年続けば、根はどこにあり、茎はどこにあり、枝はどこにあり、葉はどこにあって、花はどこにあるのか?実を結ぶことのできる第2の収穫の倉庫はどこにありますか?その倉庫に役立つ貴重品が入っていれば、その倉庫の片隅にでも私が捕まえて、そこに出入りできる主人の代身の鍵を持つことのできると者となったのか?そのような代身者となれず、相続者となれなかったというのです。それは深刻な問題です。

資料:み言選集 611巻250ページ 2009.05.15 <代身者相続者>

http://blog.livedoor.jp/kimyongsong/archives/1058461971.html

結局、亨進様はチャンスは与えられたけれどもその立場にふさわしい勝利基準を立てきれなかったという証ではないですか?真のお父様の心情から判断し、行動しなければ、取り返しのつかない失敗をしてしまいます。

ヤマ様

コメント、またご意見ありがとうございます。
当方実名で書いています。
ヤマ様の実名を教えてください。
そして、亨進様が代身者として勝利できなかったというみことばがあれば教えてください。
よろしくお願いします。
プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR