真の後継者は亨進様です

お父様のみことば

先生は何度も思ったことがあります。「私はまだ死ぬことができない」と。残念ながら自分が第一線をあとにする時、使命を託すべき後継者がまだいないということです。「この者に、自分の使命を残して行くことができる、死ぬことができる」という確信を先生に与えてくれる者はまだ一人もいないのです。

「誰が、私が神を愛したほどに神を愛してくれるだろうか、私が死んだのちに誰が私の神を見てくれるだろうか。親孝行してくれるだろうか」とそれだけが心配なのです。誰か「私が神様を見ますから、先生は後ろに立って見ていてください」と言う人がいるとすれば、その人こそは歴史においても私たちの教会においても主流的人物となり、永遠に滅びることなく、その子孫はアブラハムの子孫のごとく栄えることでしょう。 1977.5.1

亨進様笑顔 

お父様の心情は絶えず、神様の慰労です。如何なる苦労と犠牲があろうとも、生涯、神様のことを先に心配されて、過ごされました。

このみことばは84年のダンベリー刑務所の時に、お父様が神山元会長と選別されて、「み旨と世界」の中に編さんされました。

当時から、その内容に感動していましたが、お父様のその心情に立つことができる人物がいるのだろうか、自分もそうなりたいけど、あまりにもハードルが高すぎると思っていました。

しかし、今その心情の基準に到達されているお方がおられます。間違いなく、亨進様です。

お父様が代身者、相続者として任命された背景に、その基準に立つ者をどれだけ探し、待たれたことでしょうか。メシヤが任命されたことは、神様が承認されておられます。

私たちはそのお方を信じ、ひとつとなることがお父様の願いであり、天の摂理です。決して、間違わないようにしなければなりません。

IMG_5849.jpg 

同感の方はクリックを にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

ブログの立ち上げおめでとうございます。

素晴らしいブログの立ち上げを歓迎します。
お父様がイエス様について語られたみ言葉により、お父様がイエス様の使命を引き継ぎ、成し遂げようとされる再臨主であることがよくわかります。
韓氏オモニはキリスト教2000年の歴史は自分をメシヤとして誕生させる為あったと言われていながら、イエス様についてのことは一言も話しておられません。いや、話す内容をお持ちでないと思われます。これでは自分でメシヤを名乗られながらも、お父様の比ではではありません。
まだ気づかない大勢の人達を目覚めさせるブログがまた一つ登場したことを心強く思います。

ariake様

コメントありがとうございます。
ブログ初心者ですのでご指導をよろしくお願いします。
今、イエス様と亨進様の心情がダブっていることを痛感しています。
九州より真の心情の革命を起こしましょう。
今後共よろしくお願いします。
プロフィール

sanctuaryooita

Author:sanctuaryooita
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

       sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR