FC2ブログ

ある方への手紙

IMG_5930.jpg



今後のサンクチュアリのあり方を検討するということでメールをいただきました。それで、どうあることが天の願いであるのかを、自分が今までUCのときから悩み、考えてきたことをある方にメールしました。
個人の意見であり、それがどうなろうとみこころだと思いますが、一応、その方に送った内容をここにのせることにしました。



ある方への手紙



N様

おはようございます。

あたらしく本部の体制や全体の方向性をどうするかを苦慮され、努力されておられることに感謝申し上げます。

今後のサンクチュアリの方向性について参考になればと、私が考え今まで行動してきたことの真意を伝えたいと思いました。

私は1999年の神の日、南米のウルグアイでの式典の中にいました。そこで、歴史的なことがおこり、そのことが私の信仰生活の中で、一番の影響を持つ内容のものとなりました。

それはどういうことだったかというと、1999年の3億6千万双祝福を日本で行わなければならなかった神様の摂理を失敗したことです。日本の事情によって、真のお父様をお迎えですることができず、天宙的祝福式をエバ国でおこなう、それをお断りしたという事件です。それで真のお父様のお怒りは、極めて激しく、「日本の摂理は失敗した」と数時間にわたって叱責されたことがありました。
そのときの責任者であり、日本UCの会長がE会長でした。

私はUCの失敗の根源は、摂理を担当する人間がみことばを自分の考えで消化し、実践したがゆえに、本来のみ旨を達成することが、できなかったと捉えています。
1999年までの日本女性を中心とする神様の摂理の中心は何であったのかは「氏族的メシヤの摂理」でした。
その内容は以前、私が貴方様に贈呈した「氏族的メシヤの任務」のみことばを読んでいただければ理解を鮮明にすることができます。

それで、1992年からの7年間はお父様は日本女性にそのことをつたえ、神の国を出発するための基盤を、神様王権即位のための基盤を日本において、つくることが必要でした。お父様は日本に70万の基盤をつくれば、日本をキリスト教化して、神の国が始まるとはっきりと語られています。

今までの日本のUCの中心責任者はその氏族的メシヤ摂理をはっきりと理解しておらず、表面的なみことばを自分で考え、それを全体化してきています。
なぜ、そういうのかというと、その摂理がいまだ、定着することができずにいるからです。

お父様から任命された責任者が、自分の判断で摂理を考え、間違ってきました。私はUCで地方の責任者を多く体験してきましたが、その姿を直接みてきました。古田さんをはじめとする直接お父様から愛されてきた人たちです。
その周りの人々はお父様から任命されている人だからといって、信じ、人間的に侍って、結局摂理とは逆の方向となって、お父様を裏切ることとなっているのは現実の結果の姿です。

私は地方の責任者を担当しているときに、いつも任命されている方を信じているのではなく、任命した方(神様、お父様)を信じることを中心として、歩んできました。任命された方を不信するわけではありません。任命された方の立場で、考え行動するという姿勢です。それが任命した神様を信じ、任命された方を守ることだと信じて実践してきたことです。

私はサンクチュアリはUCの失敗してきたことを蕩減することが必要だと考えています。お父様の日本に対する恨を解放することが残されていると思って、行動しようと考えて今まで来ました。それは何かというと「氏族的メシヤ摂理」です。
それで、お父様のみことばを著作権問題で訴えられることを覚悟して「家庭教会のみことば」や「氏族的メシヤの任務」を整理して発行してきました。

自分のことを誇りたいとか認められたいという思いはありません。
2017年2月に全国会議が群馬で開かれました。そのとき大分のサンクチュアリは90家庭となっていました。2016年の初めは20家庭でしたので、4倍を越えていました。
そのときに、サンクチュアリの方針が発表され、救国委員会、祝福委員会などがそのときから、出発しました。

不思議に思ったのは、大分の証しはそのときは、行われませんでした。私は個人的に証しをしたいと思ったわけではありませんが、全国のサンクチュアリの責任者が集まり、一泊しての会議であるならば、当然今までの総括をおこない、証しなどを共有をするのが普通だからです。

Mさんをはじめ、現東京のスタッフは私のことを評価していない方が多いと思います。
それはE会長を否定していると思っているからです。たとえば私の「教会長は天使長」という発言です。それはE会長が天使長と言うことにつながり、会長を中心とする体制を認めないことにつながるという考えからきていると思います。

その点が、サンクチュアリの組織論の中で、中核の問題だと思います。
天一国主人家庭を中心とした思想を持って組織を考えるのか、それとも以前のUCの思想である、任命された方を中心とした体制とするのかということです。

家庭教会、氏族的メシヤの摂理を展開するにおいて、なぜ、UCは失敗してきたかと言うと、本部や教会の下にそれを入れてきたからです。
天一国は明らかに「政府は天使長」と言っておられるように、天一国国民が主人となる体制です。それを守るのが政府であり、役人でありますので、
その天一国をめざすサンクチュアリの体制もそうすべきですが、その体制を理解するためにはみことばが中核メンバーに不足しています。

私はE会長を否定しているわけでもなく、批判しているわけではありません。
日本の蕩減として残されているお父様の恨を解いて、二代王様をおささえする最も貴重な責任者だと思っています。
E会長の責任が何であるのかを、平面的捉えているのではなく、1999年の出来事の観点から考えているので、他の方には理解できないかもしれません。

これからのサンクチュアリがどうなるのかの分岐点でもあるかと思いますので、その点を伝えたくてメールさせていただきました。


2018/10/14    阿南信義





よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

阿南さんは元々自立することよりも 組織での安心を選んだわけです。
 1992年 1995年 1999年と 3度にわたり日本への入国を
お父様は願われておられましたが、
 現実は実現できず アボジも御聖和されました。
 元々 キリスト教 在日で始まった 統一教会も 1980年代以前より 既に 旧在日である同和と 共産主義者(大塚 国時 倉原 内野宏) 印鑑の摂理も滋賀の同和から始まり
霊感商法まで腐り果てました。
 クリスチャンを中心とした摂理から 人を騙し 奴隷化した旧約それ以前の状態まで成り下がったわけで
 そのレベルのメンバーがどうやって お父様を御入国させる方法を見出せるでしょうか??
 日本サンクチュアリーメンバーは 江利川会長の下に入った時点で 統一教会が犯した罪まで 蕩減復帰する道を選んだわけですので そこにいるぶんには 中央に主管される運命ナワケデス。
 デスノデ 何度も私のブログで説明しましたように
 王様直接なのか?? 中間に江利川会長を置くのかという
選択権は 阿南さんにあったわけです。
 

No title

日本サンクチュアリーを中心に物事を考えたいのなら
 江利川会長が悪いのではなく 江利川会長は古い組織論しかわからないわけであって いまさら変われと!!騒いだところで
 かわいそうなのです。
 デスノデ 日本サンクチュアリーにいたいなら はい!!わかりました!!! ハイやります!!! と日本的 カインとして生きなければならないわけです。
 私は最初からいやだからサイバーーなのです。
以前も 為貞さんの公金問題があったとき 私は直接エルダーさんに説明したのですが サンテンさん(筑紫野)が勝手に江利川総会長に連絡をして、森さん!!! 江利川会長からもうすぐ電話がかかってみますよ!!!何て事を言うモンですから
あーーーー彼は サイバーの立場であるとか 自立と言うものがなーーんにもなーんにも判っておらず 奴隷思考なのだという理解ができた次第です。
 このように 奴隷根性はちょっとやそっとでは抜け出せず
 恨みも 継続しているわけで、まずは 王様にお会いしに行かれたら良いと思います。

No title

阿南教会長、いつもお世話になります。

>私はUCの失敗の根源は、摂理を担当する人間がみことばを自分の考えで消化し、実践したがゆえに、本来のみ旨を達成することが、できなかったと捉えています。

私は、この言葉は枝の先に居た私達一人一人にも当てはまると考えます。

責任者はお父様から直接指示を受け、できなかった場合は責任を負います。
その責任はどれほどであったか想像に難くありません。

しかし、ピラミッドの底辺は、常に責任が分散されます。
責任からは、逃げおおせてしまいます。
また、責任者の失敗にしてしまえば自分の責任は軽くなります。

森さんがよく指摘するピラミッド組織の弊害ですね。
(森さんのいつものとはちょっと違うかもしれませんが。)
私は、ピラミッドか否かよりも、恩恵と共に責任が枝の先に通貫されない私達一人一人が問題だったと思っています。

枝の先の私達が花を咲かすには、根や幹から栄養(み言葉とその責任)を受けた枝の先であることが必要だと思います。花を咲かすなら、根や幹と同じ責任も負わなければなりません。

阿南教会長の今回の文章は、その時の日本UCの責任者に失敗の原因を帰すような文章になってしまっています。でも、阿南教会長は常にご自分に責任を帰す方であることは、私はよく知っています。それを当然のことだから書いていないのでしょう。

そこを書いていない文章が阿南教会長を離れて一人歩きして、日本UCに怨みを持つ人たちの餌になることを心配しますので、補筆させていただきます。

キンさんへ

コメントいつもありがとうございます。
この私の手紙ははじめから公表するつもりはありませんでした。
Nさんに個人的に出した手紙で、10日も前のものです。
ところがその返答は何もなく、他の方へ転送されていました。
そして、M教会長の最近のブログの中で私の意見から混乱が始まったような記事とE会長を絶対化するような内容をみて、公開することにしました。
2年8ヶ月の間、日本サンクの地方の教会長としてE会長を支えてきたことの動機とその事実を知らせることも必要と考えるにいたりました。

No title

阿南教会長、返信ありがとうございます。

>ところがその返答は何もなく、他の方へ転送されていました。

Nさんは、阿南教会長もご存じのように、今回の改革準備の座長をされています。
わたしは、Nさんに改革案についてメールしました。
私のメールは、審議のために審議メンバーに転送されて審議されました。

阿南教会長のメールは個人的なものではなく、改革案の一部と受け取られたのだと思います。

以前

古田社長の時代
 1988年後半 日本に帰国した私達は 絶対権力の元
いやと言うほどピラミッド型の弊害を学ばせていただきました。
 これが 日本の神 古田体制だったわけで
お父様に日本に来ていただきたい!!という思いよりも
 彼がいるから 日本は大丈夫だったわけです。
 この時代 騙し 騙される 関係性であり 下のものの実績は
777が奪う 形でした。
 1800双 6000双が 絶対に上に上がれない構造でした。
ですので 日本人はお父様よりも アベルを神格化し
 アベルは必要ではなかったし 子女様にも 興味を示さず
真の家庭とは何たるかという 思考すらなかったわけです。
 阿南さんが、がんばってこられた事は理解出来ます
しかし 王様の意識と共鳴しなければ すぐに 過去の恨み 過去勝利できなかった思いにサタンは共鳴します。
  日本でも 王様に従いますと 言葉を並べ立てても
 あんなペンシルバニアにおくって 将来どうするの????
 子供も 親が決意できないのだから 子供もポーランドに留学したり 海外青年協力隊に行ったり ドイツ行ったり 日本の大学行ったり 親も馬鹿なら 子も馬鹿だらけなのです。
 これこそ 王様に共鳴していない表れです。
日本で 子供は教育できる !!!とどなたかおっしゃられ
 家庭連合的修練会をしますとお話をお聞きしましたが
 2人の主人が講師を勤める修練会 最後の最後は 家庭連合のように1パーセントの祝福家庭しか残らない 二世教育になりさがるでしょう!!

 王様の訓練でしょう!!!!
 アメリカで歩む方法はいくらでもあるわけです。
だから ある意味 思考が古く死んでいるため 変われないのです。

No title

阿南教会長、
ブログの記事読ませていただきました。
いま読み返しますと、改革と直接関係のない内容であることが分かります。
あえて他の委員に転送する必要のないものを
転送してしまい、申し訳ありませんでした。
あの時は、軽々に、改革案のご意見だと決めつけてしまい、
真剣さが足りませんでした。
深くお詫び申しあげます。
阿南教会長のご意見は、しっかり受け止めておりますので。
今後ともご意見をくださいますようお願い申し上げます。
二代王様のみ旨成就のため、手を取り合ってまいりましょう。
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR