FC2ブログ

家庭聖殿における伝道と教育

亨進様ご夫妻



家庭聖殿における伝道と教育


以前、ホームチャーチに対しての真のお父様のみことばをまとめた事がありました。みことばの冊子「天国の鍵」を項目別に整理したものです。「家庭教会プログラム」という小冊子としました。
その中で、伝道の方法について、具体的に語られている内容を紹介する必要性を感じて、記事にすることにしました。伝道することの重要性を感じながらも、一歩前に出ることができず、躊躇してしまうところがあります。

しかし今、二代王様が先頭に立たれて、激しく命懸けで伝道をされておられるお姿を見たときに、真のお父様からいただいているみことばを子女の責任において実践し、二代王様の相対圏にふさわしい戦いをせねばならないことを感じています。




家庭教会プログラム 伝道の方法

・ホーム・チャーチの場所に行って、ごみ箱の底までも掃除して、奉仕しなければなりません。たとえ文句を言われても黙って奉仕するのです。

・ですから僕の道をいくのです。朝早く出かけて、夜遅く帰ってくるような、女中の中の女中になれというのです。僕の王様になれというのです。

・三六〇軒のある家の屋根に蜘蛛の巣があった場合は誰の責任ですか。天国のように愛するのです。天国のように愛すれば、まさしく自分の天国が生まれてきます。

・旧約時代の前時代は僕の僕の立場からはじまります。便所掃除からはじめるのです。先生も僕の僕の道をきました。先生もそうしたのですから、君たちもやるのです。

・最初、百二十軒ずつ訪問すれば、三日間でみんなまわってしまいます。まわりながらABC・上中下とランクをつけるのです。赤いえんぴつはAの上、Aの中は青でもいいし、一番記憶するのに良いように印をつけるのです。二回目にまわって、AがBになることもあるし、CがBになることもあります。そのようにして何十回も訪問するのです。そうしていろいろと調査するのです。そうして三六〇軒とともに生死を決するような戦いを展開するのです。

・そうするには原理を教えなければならない。だから自分の所有は。原理から見た場合に。自分の所有になる前に父母の所有になるべきある、というんだね。

・先生は訪ねてくる人を自分の恋人のように思って見ております。それが人生の奥義なのです。そこには何の障壁もありません。





真のお父様のみことば    「天国の鍵」から

 家庭教会活動するときは、ベルトを高くして強く結び、前に進む決意をして行くのです。家庭教会に行くときは、表玄関から奥の部屋に入っていくのではなく、裏玄関からトイレに行くのです。「ちょっと、トイレを借ります」と言って、そして、「天国のトイレはこんなに汚くてはいけない」と言い、「私はこんな廊下に天のお父様をお迎えできない。きれいにしましょう」と言うのです。すると主人が来て、「お前はいったい何者だ」と言うでしょう。「どこから来たのか。どうしてうちのトイレのことを気にしているのか」と言うでしょう。するとあなた方は、「あなたこそなんですか。あなたは自分の家を愛することもできないのですか。これは私の家庭教会です。私はあなたの家をきれいにして、ここに天の父を迎えようとしているのです。誰も私を止められません」と言いましょう。1980.1.1


  迫害されなければ、あなた方は祝福を受けることがないでしょう。もし、迫害され、頬や顔などを叩かれるならば、一方、祝福がやってきて、あなたのものになるのです。
ちょうどレバレンド・ムーンが、この見知らぬ国に来て、人々は彼を信じられないほどに迫害しましたが、私は祝福が舞い込んでくることを知っていました。私が迫害されることによって、それほど高く上がるのです。そのように見ると、レバレンド・ムーンは迫害を導き出す頭の良い人ですか。それとも愚かな人ですか。愚かではなく、それは盗人のようです。1981.1.1


重要なことはホーム・チャーチに勝利することです。ホーム・チャーチの場所に行って、ごみ箱の底までも掃除して、奉仕しなければなりません。たとえ文句を言われても黙って奉仕するのです。なぜ、そうまでしなくてはならないのでしょうか。それは自分が完成するためです。人々を救うというよりも、自分が立てた蕩減条件で自分が救われるのです。即ち、自分のためのホーム・チャーチなのです。皆さんはそれらの人々のために何か良いことをしてあげていると思っているかもしれませんが、決してそうではなく、そうすることによって完成するのは皆さん自身なのです。そして人々がサインすることによって皆さんはホーム・チャーチの試験にパスするのです。1982.1.1


 ですから僕の道をいくのです。朝早く出かけて、夜遅く帰ってくるような、女中の中の女中になれというのです。僕の王様になれというのです。それが神様に通ずるのです。素晴らしいことですね。神様になれと言われればむずかしいのですが、僕の王様になれば、神様の立場に通じるのです。汗し、涙して、不平を言ってはいけません。希望をもって、黙々として、三年路程を通過していけば、先生の言うとおりにやれば、必ず勝利できます。それは、みんなを占領します。実に素晴らしいことです。三六〇軒を訪問しても、最初は「統一教会、この野郎!」とつばをかけられたり、いろいろあるでしょう。でも黙々とやるのです。一つの峠を越えたら、また蕩減の峠がむかえにきます。待つのです。個人が青年が反対し、町内会長が反対し、市長が反対し、全体が反対します。そのためには、祈りとともに霊的サタンを屈服させるのです。そうすれば必ず実体的にも屈服してきます。そういう現象が必ずおこってきます。そうしてあなたたちにどういうことがおこってくるか、ということをみんな教えてくれるようになります。そうでなければ、あなたたちは霊界を開拓する道を発見することは絶対できません。そこに感謝しえる自分にならなければ、神様がいます、という体恤は絶対にできません。その蕩減条件の絶頂に達すれば、良くやった、と必ず賞賛を授けます。 1978.9.22


 あなたたちがやれば三年間もかからないでしょう。原理を良く知り、世界観を完全にもち、共産主義を砕くような実力をもっているあなたたちなら、三ヵ月以内にそれをやることができます。それで、アメリカでもホーム・チャーチの活動のためにいろいろビデオ・テープをつくったりして準備をしています。みんな、故郷に帰らなければなりません。イスラエル民族はなぜ世界の果てまで追い出されたのでしょうか。それは世界の果てまで行って、蕩減条件をたたせて犠牲になりなさい、という天の願いがあったのです。そうすれば、二千年の歴史においてイスラエル民族は完全に世界を消化し得てあまりありました。ところが、イスラエル民族は、自分たちは選民であるから全世界がイスラエルの足もとに支配されると思ったのです。それが間違いでした。蕩減条件を立てて基盤をつくって、そのような立場に立つにもかかわらず、基盤もつくらずに、自動的に従われることを願うというのは、欲心に満ちたサタン的な考えだから、必ずやられてしまいます。1978.9.22


あなたたちはいろいろ責任分担をもっていますが、それは二次的です。外的使命で、全体的に役立つのですが。すべてを犠牲にして、一番にこれを果たさなければ、結婚も家庭も仕事も何にもなりません。だから、原理を知らなければなりませんね。君たちは原理の力がないのでちゃんとビデオ・テープをつくって、原理講義をするように準備しています。本をみて解説するような原理の実力があれば、みんな一人ひとりにホーム・チャーチ三六〇軒が指定されるのです。われわれ自体が天国をつくるような、そのような時代圏に入ってきたということは、ありがたいことです。三六〇軒という天宙条件圏を受け持ったということは、実にありがたいことです。そこから氏族が生まれてくるし、民族に通じることができるし、そこから国家に、世界に、天宙に通じることができ、それから神の心情世界に通ずることができます。この三六〇軒のためにはいつでも命を捧げることができる、というのがイエス様の思想です。1978.9.22


三六〇軒の人々に歓迎されるようになれば、合格ですね。三六〇軒のある家の屋根に蜘蛛の巣があった場合は誰の責任ですか。天国のように愛するのです。天国のように愛すれば、まさしく自分の天国が生まれてきます。ある条件圏に立った場合には、霊界の善霊が動員して直ちに復帰されます。嘘ではありません。やってみなさい。自然屈服圏をつくって、自分の活動圏とするのです。そうして、四方八方に食口たちが連結するのです。三六〇軒に反対する者はサタンです。あなたの一族は三六〇軒を命がけで死守して、天国の基台とするのです。そこに不良少年がいた場合は、あなたの責任ですよ。そこで勝利した場合には、故郷に帰っても自然に「はい、はい」とあなたの言うことを聞くようになります。 1978.9.22


 その基盤の復帰です。旧約時代の前時代は僕の僕の立場からはじまります。便所掃除からはじめるのです。先生も僕の僕の道をきました。先生もそうしたのですから、君たちもやるのです。いくらえらい者でも、先生の前にそうしなければ身動きができません。そうして日本から伝統を正さなければいけません。東洋の一角の日本でそのような伝統が正されれば、世界はそのままついてきます。ですから、先生は日本を重点的にしています。1978.9.22


 旦那さんはどこに住んでいるかわからないほど三六〇軒の方々をまわっていると聞けば、さびしく思いませんね。最初、百二十軒ずつ訪問すれば、三日間でみんなまわってしまいます。まわりながらABC・上中下とランクをつけるのです。赤いえんぴつはAの上、Aの中は青でもいいし、一番記憶するのに良いように印をつけるのです。二回目にまわって、AがBになることもあるし、CがBになることもあります。そのようにして何十回も訪問するのです。そうしていろいろと調査するのです。そうして三六〇軒とともに生死を決するような戦いを展開するのです。それが統一世界をつくる基本的戦略です。ここで負ければ基本的敗北者になり、勝った場合には基本的勝利者になります。敗北者には同情する者は一人もいません。天も地も、地獄だに、サタンまでも同情しません。先生は敗北の悲惨さを良く知っているので、歯をくいしばりながらも、生涯をかけて戦い続けてきました。はっきりわかりましたか。1978.9.22


 ラッパも吹いてみるのです。その次は近所を一回りしてみるのです。夜はろうそくに火をつけて、一回りしてみるのです。「あなた何をしているのですか?」と聞く人に、「あなたのお父さんお母さんに会わせてください」と言えば、「私の家に行きましょう」と、自然に話ができるようになるのです。そして家に行き、「あなたの息子さんが私を誘ったので来ました」と言えばいいのです。また歌の上手な人は、美しい歌を毎日一曲ずつ歌ってあげるのです。心情を込めて涙を流しながら歌うのです。何も言わずにそのように、一カ月だけやってみなさい。 1979.12.30


 また、ある家を五回訪ねたところ、この家の主人が目をつり上げて、「このムーニー!」と言っても、それを「よしっ」と、こらえるのです。それを隣近所の人たちがみな見ているのです。そして、「そのムーニーが泥棒でもしたのか?」となるのです。そこで主人に「あなたは、どうしてムーニーを嫌がるのですか、どんな理由でいじめるのですか?」と、言うのです。(笑い) そして「あなたはムーニーの十分の一にも値しない。ムーニーとはこういう人だ。迫害を受けながら、この国のために尽くし、反対する人を愛でもってカバーするのです」と、近所の人たちが証せば、すべてが終わるのです。 1979.12.30


 真なる愛、真なる教育。それは二つの最もダイナミックな基本的な目標です。あらゆる困難を消化するのです。
これが私たちの原理的な武器です。きょう、私についてあなた方に話しをしました。私たちが持っているこのものほど、偉大な武器はありません。愛の力、愛の武器です。私たちは行進します。世界の他のどんな力も妨げることができません。全世界があなた方に頭を下げるでしょう。私が必要としているものはホーム・チャーチを創造する人々、始める人々です。1980.4.15


 そうするには原理を教えなければならない。だから自分の所有は。原理から見た場合に。自分の所有になる前に父母の所有になるべきある、というんだね。原理が分かった場合には、ホーム・チャーチの責任者に「どうぞ、これはホーム・チャーチの責任者のものです」と言う。しかしホーム・チャーチの責任者自体がそれをもつことができないよ。それも真の父母の所有であった、というんだね。真の父母自体もそれは自分のものではない。真の父母の所有になる前には、神様の所有であった。そういうふうにして神様までこういうふうに届けて、神様から真の父母を通して、自分のホーム・チャーチの主人を通してもらわなければ自分の所有権は生まれてきません。1981.11.13


 ホーム・チャーチにおいて涙を流しながら、汗を流しながら、すべての一心の誠意のこもった愛を集中し、その三六〇軒のメンバーたちが自分の親より、自分の夫より、自分の妻より、自分の子供より尊く君たちを尊敬するような環境までにするには、それは易しくありません。それには原理を教えて。原理がわかればすぐわかるよ。原理を教えないと絶対に難しい。だから何をするにもホーム・チャーチでやりなさい。すべてホーム・チャーチでやりなさい。朝飯も、そこへ行って食べなさい。だから結局、そこに行って住むんだね。だからホーム・チャーチはこういうような歴史的な、すべての解決の基準だ、基準である。それを先生から無条件に相続された。なぜ相続したか。真の父母と自分たちは子女という名儀をもっている。真の子女という名儀、父子関係の名目をもっているから相続する権限がある。わかりました?君たちを見る場合、先生としては、これは自分の実子と同じように思う。先生から見た場合、何百万、何億の人類があっても、それがみんな子供だ。子供のように考えなければならない。先生の骨の中にあった生命の種みたいなものがね、いっぺんに生まれたような、いっぺんに生まれたと思うんだ。そういう思いをしないといけない。だから自分が関係をもった自分の親戚、いかなるものよりも心情的に深く先生と因縁を持たないといけない。1981.11.13


 先生は訪ねてくる人を自分の恋人のように思って見ております。それが人生の奥義なのです。そこには何の障壁もありません。もしあなたがホーム・チャーチの人々に対して自分の恋人のように思うような気持ちをもっていれば、皆さんに「ホーム・チャーチに行きなさい」などということは言わなくとも済むようになります。あなた方は毎朝起床すると自分からホーム・チャーチに飛んで行くようになるでしょう。あなたの恋人がホーム・チャーチで待っているのですから。もしどこかにあなたの恋人がいれば、あなたの足は自然とその方向に向かうでしょう。それが本心なのです。
けさはもう一つの奥義について話しています。ホーム・チャーチのやり方についてです。それは簡単なことです。ホーム・チャーチを自分の恋人のように思うのです。その恋人は自分の婚約者やまたは夫や子供以上のものです。だからあなたの足は必然的にホーム・チャーチに向かうのです。そうしていくうちに霊界が開かれていくのです。それがホーム・チャーチを勝利していく方法です。1982.6.27


 中でも最前線での活動は最も神聖な義務であり、使命であります。それこそまさに人を愛していく道なのです。伝道のため一軒一軒訪問していくのは、伝道することだけが目的ではなく、人を愛していくことが目的なのです。神もある意味では共に前線活動をしているのです。神があなた方の上におりてこられて共に戸をたたいているのです。一軒一軒訪問して戸をたたくとき、九〇パーセントは断れるでしょう。同様に、神があなた方を愛そうとしておられる時、九九パーセントあなた方は神を否定してしまうのです。ですから、前線活動をする中で、あなた方が拒絶されることで神を慰めることができるのです。あなた方が悲しい体験をすることによって神を慰め、神の心情を揺さぶることができます。そしてそこに愛が結実します。それは何と崇高なることでしょうか。私たちは大きな心をもたなければなりません。1982.6.27




よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR