氏族的メシヤ伝道を通してイエス様を解放

140601_201611100004340c8.jpg


氏族的メシヤ伝道を通してイエス様を解放

昨日の原理本体論セミナーの講義でイエス様を中心とする世界的カナン復帰路程の内容を受けているとき、しばし涙があふれて仕方がありませんでした。

熱心に語られる劉正玉先生の背後に真のお父様のお姿を感じて、こみ上げてきました。
今まで原理講義は何度も聞いてきましたが、この何十年の信仰路程の中で感動はしても涙まで流す心情まで味わったことは原理をはじめて聞いた初期のころ以来ではないかと思います。

真のお父様が何らかの目的をもって、ともに来ておられ、語られているように感じました。そして不思議と復帰摂理の内容が縦的、歴史的な観点から、神様の観点から伺えたように思います。それは今までは知的に理解しようとしていた段階から、神様の心情から学ぶことのできる原理本体論の恩恵であるのではないかと感じました。

2008年から原理本体論の講義の開始がされています。ちょうど亨進二代王様が真のお父様から相続者、代身者としての祝祷を受けられた年で、2013年1月13日までに4年を残した時でした。

新しい段階の原理のみことばでシックを教育しながら、二代王様を支える絶対的な基台を整えて、2013年1月13日から本格的天一国時代出発のためであったのではないかと考えます。

今回、こうして真のお父様より直接指示を受けられた劉正玉先生をお迎えして原理本体論セミナーが行われていることは、日本にとっていいあらわすことのできない真のお父様の大きな恩恵であると思います。


真のお父様のみことば
「きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし人の子にはまくらする所がない」(マタイ八章二〇節)と言われたイエスの心情、天のみ旨を抱えて孤独な身の上で闘って行かなければならなかったイエスの脈打つ心臓を、皆さんはこの時間にも感じてみなければなりません。

その脈打つ心臓の中に、神の苦労が大きいことを知れば知るほど、イエスの切なさと憤慨心は大きくなり、選ばれたイスラエル民族に対する希望と期待が大きければ大きいほど、イエス・キリストの心臓は張り裂けんばかりの怨恨に染みたのです。

しかしこれをこらえ、黙って家を出ていったイエスの心臓がどうであったかを、皆さんは感じてみなければならず、今日脈打っている皆さんの心臓がどんな状態であるかを探って見るときが、正にこの時であることを知らねばなりません。

1958.1.26


イエス様の心情は真のお父様の心情であり、その無念な心情を解放することができる時は今しかないと決意して前進せねばと思います。それは氏族的メシヤ伝道です。


同感の方はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

天の御声が聞こえてきます。天の恵みが伝わってきます。
プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR