原理本体の真のお父様にもどるために

P1040835.jpg

原理本体の神様、真のお父様にもどるために

一ヶ月ほど前に夢を見ました。
私が原理講義をしている夢でした。それをどこでやっているのかといえば、霊界でした。ところがそれがまったくできません。何を語っているのか自分でもわかりません。ちんぷんかんぷんです。原理講義をしなければならないという気持ちだけはあるのですが、内容がでてきません。歯がゆくてどうしようもないという夢でした。

私は18歳で献身して、教会生活も長く、20代から責任者をやっていたこともあって比較的原理講義は多く経験していました。ある程度の自信はあったと思います。自分は理解していると。
ところがそうではないんだということを自覚させられ、反省し、これから本当に原理を真剣に、深刻に学習しなければならないという決意をさせられました。

原理の本体は神様であり、真のお父様です。原理学習を通して真のお父様の真髄に帰らなければなりません。ただ仰ぎ見ているだけでは2000年前のイエス様のときと同じことになってしまいます。

真のお父様のみことば
それでは、このように人間が所望とする神の国、神の義を捜し立てるために、皆さんはどうしなければならないのか? 今までの歴史路程において人間と関係を結んで、御国とその義を捜し立てるために苦労されてきた、アボジを捜し求めなければなりません。

まずそのアボジを求めなければ、御国とその義は捜し立てられません。ですからこの世の中に生きている人間は、誰もがどんな歴史過程を経てきているとしても、まず御国の主人公であるアボジを捜し求めなければなりません。ところでもしも人間が、アボジを求めなかったなら、アボジの栄光が地上に現れないばかりか、人間が所望とする神の国と神の義を、この地上に捜し立てることができないのです。

 そしてイエス様以前まで、この地上で天と地に向かって「わたしが御国の主人公だ」とする人間は現れなかったのです。言い換えれば、イエス様が来られる前までは、御国の義を代身して、その義に従ってゆき、その義の実体であると自信をもって叫び出る人間が、いなかったのです。

 ところで、このように希望のない寂寞たる天地に、天の希望と義の血統を受け継いで生まれ「わたしが御国のアボジの代身であり、わたしが御国の義の実体」と主張されて来たお方があったという事実は、地上の人類には福の中の福であり、吉報の中の吉報だったのです。

 それでは、このような主張をされて来たお方が、誰であったのですか? 正にそのお方が宗教から不信され、教団から排斥されて捨てられ、国家から追放されお方、今日皆さんが信じているイエス・キリストであったのです。これを皆さんは、はっきりと知らねばなりません。

 それでは、イエス様が地上に現れ、何と語られたのでしょうか? 四〇〇〇年の歴史を引っくり返して、「わたしは神と一体である」とされ、「わたしは神の息子」と主張されたのです。また「わたしを信じればアボジを知り、わたしを信じれば御国を成す」とされました。そして「わたしは道であり、真理であり、生命である」ともされました。このように天の全体的な目的を達成するためには、自分を信じなければならず、自分を通さなければならないと、イエス様は強烈に語られたのです。

 そして、天上と地上で塞いでいるすべてのものを蹴ちらして現れ、御国とその義の中心である神と、因縁を結ぼうにも結べない堕落人間たちに、わたしを信じることによって各自の生活に「神と関係を結んでゆくことができる」とイエス様が語られたのは、堕落人間には福音の中の福音であったことを、皆さんは知らねばなりません。

 今皆さんは、イエス様のこのような福音を信じている今日のクリスチャンに、イエス様だけを仰ぎ見ているだけでは駄目な時が訪れたことを、知らせなければなりません。

1957.10.13



同感の方はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR