なぜこうなったのか、これから何をすべきか

P1040835.jpg


なぜこうなったのか、これから何をすべきか。

韓国の現状がなぜそうなってしまったのかを考えてみれば、一言、真のお父様の心情から離れてしまってからであると言えます。
真のお父様は1976年ワシントン大会を勝利されて以来、家庭教会の必要性、氏族メシヤについて何度も何度も語られてこられましたが、そのことを勝利することができていない状態が続いています。

なぜ、家庭教会、氏族メシヤが勝利できていないのか。それは個人の意識や決意、またその環境が難しいのではなく、真のお父様の心情からその使命を実感する内的な衝動が足らなかったからであると思います。

もし、韓国においてシックが家庭教会氏族メシヤの使命を成就するために邁進していたならば、容共的なろうそく集会や今回の大統領は実現しなかったはずです。特に幹部たちは真のお父様の内情どころか、自らの利権、保身しか考えていませんでした。

これから何をなすべきか。
私たちの責任分担は家庭教会氏族メシヤの完成しかありません。そのために真のお父様お内情からその使命を実感することが必要と思います。これ以上の失敗を繰り返さないために、今一度真のお父様の心情の原点から自分の使命を祈っていかなければなりません。
そうしなければサタンの侵入を外的国家が受けることとなってしまうと思います。

1976年10月4日天勝日のみことば
 じゃあ最後にひとことだけ話しましょう。皆さん、アダム・エバが堕落することによって霊界と肉界は完全に分かれるようになりました。歴史的な善なる霊達が今、霊界に行っているが、地上に反対しようとしても来る事ができません。

この圏内は、サタン圏なのです。空中圏をもっているのです。それはなぜかといえば、アダムは父であり、父が責任を果せなかった故にこのような環境をつくってしまった故に、父的な橋をかけてこれを連結させなければ、霊界と肉界は、一つになることはできないのであります。

 だから堕落した人間を復帰するにおいて、アベルというのは何かといえば、父を代理した子供達なのであります。そのようにして、個人から家庭、民族、国家、世界に至るアダム圏を作ろうとするのであります。その為に四千年間準備してきたレバレント・ムーンの歴史はいつも失敗したので連絡することができず、常に崩れてしまったのであります。そのために、これに対して父的な責任を持って来られ、これを連結させるべき使命がありましたがそれが即ちメシヤ、イエスでありました。

死んだためにこれが霊的になったのですが、霊的だけというのは本来の創造の姿ではありません。
 そのために再びこられて、霊肉を合わせて道を開いておかなければなりません。これが父的な責任なのであります。個人的アダム、家庭、民族、社会、国家、世界的アダムが皆、失敗したことを、全て連結させて父としての橋をかける仕事をしなければなりません。

 旧約時代から新約時代ユダヤ教からキリスト教が過ちをおこしたすべてを再び直していかなければなりません。これの橋渡しをしなければなりません。二千年の歴史を統一教会の我々は短時間において橋渡しをしなければなりません。
先生は今日まで父母として成しえなかった事を、人類の父母になりえなかったことをすべて成す為に働いております。そしてこれが世界基準まで、今度のワシントン大会まで完全に成遂げたのです。

 個人の失敗、家庭、社会、民族、国家、世界の失敗したすべてを初めて改めたのです。それで民主世界の人達は誰でもいける道をすべてつないでおきました。
 1976年10月4日


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR