天国の鍵は家庭聖殿(家庭教会)です

P1040568_20161108052923cfe.jpg


真のお父様のみことば
天国の鍵はなんでしょうか。それはホーム・チャーチです。それ以外はありません。ではペテロはどうすべきだったのでしょうか。今、私たちは、彼がその体的天国つまりホーム・チャーチを開くべきだったと言うことを知っています。そして、私たちの言葉で言う、環境を確保できるのです。その後に氏族の編成が成されます。
イエス様が「あなたが地上でつなぐことは天でもつながれ、地で解くことは天でも解かれるであろう」と示されたように、私たちも地上で天国を実現しない限り、霊界での天国も実現されません。 
   家庭教会は私の天国 1981.1.1

天国の鍵は家庭聖殿(家庭教会)です。

先日、韓国から避難してきている韓日の家庭の方に真のお父様のみことばである「家庭教会摂理」の内容を講義させていただきました。講義の内容はというと1976年以降、真のお父様が世界的メシヤとして勝利され、その勝利圏を相続させんがために「家庭教会」の責任分担を全シックに与えてくださったのですが、その内容を整理して簡単に講義しました。

今思うことはこちらから見て、避難してきていると言いましたが、神様の目から見たならば、家庭教会、氏族メシヤの摂理を完成するために、還故郷してきた「我が子」と見られておられると思わされました。

今、韓国の情勢は極めて深刻です。滅びて、国がなくなることが予想されています。
韓オモニが真のお父様を不信し、二代王様を追放するに至った韓国は選民としての資格を喪失してサタンが主管することのできる立場となり、当然の道のりを進んでいます。

私たちの使命と責任は家庭教会を完成させ、氏族メシヤを勝利することです。そのために行動を起こすべきだと思います。今の韓国ではその使命を成就することは不可能です。
韓国在住の日本のシックは日本に還故郷をして氏族メシヤ活動をするべきと思います。そうしなければ、悔いを残すこととなります。
日本の情勢も今後、どうなるかは五分五分の状態ですので、早く行動を起こさなければならないと感じています。

考えてみれば、
真のお父様が父母の責任で1960年からの21年路程で世界的メシヤの立場を勝利されましたので、その後、子女の責任分担で我々が1980年からの21年路程で家庭教会を勝利していたならば、世界的な統一基盤を確立した中で真のお父様が存命中にしっかりと二代王様に移譲されていたならば、今日の情勢ではなかったはずです。
結局、家庭教会を勝利してこなかったが故のことであることを思うと、滅びる前にやり直そうと思う者です。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sanctuaryooita

Author:sanctuaryooita
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

       sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR