今から25年前の3月26日真のお父様がご来日されました。

a176_2016111705083726d.jpg



今から25年前の3月26日真のお父様がご来日されました。

そのときの真のお父様のみことば
先生が言うたように、骨肉が絞り出す、骨肉が絞られて汁が出るように、その汁を飢え死にする者たちに持っていって、飲ませて、何人くらい復活させてやって自分は死んでいく、その思いを持て。そんな生活すれば、絶対君たちの生活問題とか、そんなこと言ってもしなくても、子供は病気にもならないし、奥さんも絶対飢え死にしません。不思議なことがたくさん起こってきますよ。

先生今までずっと、70歳以上になって、家庭というものを考えたことがありません。生活ということを考えたことがありません。公的なセイメイはずせば、私的な生活環境に公的な恵沢を受けた者は、自動的にそこに深いところがあった場合には水を埋めてやらなければならない。日本の統一教会を先生は、心配しません。心配しないより、未来の統一教会は心配しないが、今の君たちに対して心配している。なぜ、先生みたいな精神を持っていない。話分かった?

 何回か滅びるのを見て、後世が正しい道をたどる道はあろうけれども、滅びないで生き残る道は先生みたいな態度以外にない。だから今まで現状の環境を180度転回して、新しい方向、自信満々、自覚を立った主体性でもって、四方八方に影響して、東西南北、いつも影響してあまりある……。先生今、年は何歳だ? 韓国では73歳よね。一日中立って何時間も話をする。疲れるとか考える暇がないや。まだ倒れていないから、言わなければならないし、教えなければならないよ。嫌でもどうでも。そうすることによって天来の先祖たち、君たちの先祖たちが一様にみんなひざまづく。万年を越えて尊ばれる父母としてそれは侍る。霊界に恥ずかしくない、地上の君たちを後孫に……道を残して。

 霊界に行く財産というものは、天国には国民がいない。国民を復活させて連れていく以外の自分の所有はありません。分かりました? 君たちの生んだ子供ではありません。日本の一億二千万のすべてが神の国民となるべき道をみんなが持っている。いかにして日本人を何十倍の子供の前に、何十倍の日本人を子供とともに天国の国民に臨席させるか。その数が、その量が君たちの霊界に行って自分の着くところのイシになる。それがいなかった場合、いくら統一教会の、久保木会長どこ行った。久保木! (はい) いくら久保木会長、30年近くやったとしてもそれがなかった場合にはゼロである。

その道が不可能だったから、統一教会が反対されたために不可能だったが、今は全世界的に文先生を尊重するようになってきた。日本でも中国でも文先生に反対するものはだんだん消えて、半分以上。アメリカもそうだ。全世界的だ。反面にサタン世界は夕暮れになった。……夕立になった。闇夜が近寄ってくる。悪口は闇夜から追われて、その反対の黎明、朝日が登るように、世界すべてが我々権限下に、目の下に見えるようになってきた。ちょうど反対になってきた。

そういう環境……故郷に帰って、永遠のものを自分の故郷に授けてやれといって、故郷を復帰するために氏族メシヤの権限を、それは生易しいものではありません。何年間働いたその価値、ばからしい! そんな生易しいものではない。数千万年尽くしてもできないこと。十倍、百倍を一遍に火あぶりして、祭壇に祭物を捧げても永遠に得られるものではありません。そんな貴重なものを、自分の……の位置みたいに考えるのは、それに加わる裁判のざん訴の歴史の大きいことを忘れてはならない。だれにもそれは授けられないような貴重な……一世、一番の価値の内容に扱うそのものは、……に引きつけられる。分かった? 

 日本は君たちが責任持たなければならない。日本の……先生はアメリカにも世界に対しても真の父母として蕩減の道を完全に通過した。きょうまずもって、ここで……君たちの環境に堕落性の因縁の一点も残さないと覚醒を再び催促しながら、先生の言葉を終わる。それに同調する者、両手を挙げて誓う者! (はい) 神の祝福あるように。 
 1992.3.26 東京本部教会 午後7時半から

1992年4月から女性時代を迎えました。
その数日前、奇跡的に日本に真のお父様をお迎えできたことはとてつもない恩恵でした。
真のアダムを迎えたがゆえにエバとしての使命を受けることができるようになったことは日本にとって千載一遇のチャンスでありました。
しかし、結果として1999年に再び真のお父様をお迎えできなかったことは悲惨な出来事となりました。

この3月、「日本の一億二千万のすべてが神の国民となるべき道をみんなが持っている。いかにして日本人を何十倍の子供の前に、何十倍の日本人を子供とともに天国の国民に臨席させるか。」
のみことばを再度受けて、氏族聖殿、家庭聖殿の勝利をせねばと思わされています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR