入会して53日目で教会を開設しました

P1040804_2017011004475850f.jpg


53日目で教会(拠点)を開設しました

昨年11月30日のサンクチュアリ大分教会のブログからの引用です。

夕方7時すぎに駅に到着し、車の中、またファミリーレストランで夜12時まで話をしました。途中で一人の婦人が加わって3人で真のお父様の心情をたずねながら、今の現状を嘆いて、時間の立つことも忘れ、語り合っていました。
そして、二人はサンクチュアリに入会しました。電話があってから9時間後でした。

昨夜は奇跡的な出会いでした。

そして今日、昨夜サンクチュアリに入会された二人の婦人が、祝福を受けられました。
ビジネスホテルでの祝福式です。
泊り客以外の方は入室できないという規則があり、まさに盗人のように入りながら、祝福を受けられました。

二人共、本心の叫びを聞きながら、呻吟する思いで、この時を待ち望んでいたようでした。
主礼をされる亨進様御夫妻の姿を見られて、その謙虚な姿、笑顔で祝福する姿に感動されていました。「これでとてもすっきりした」と感想を述べておられました。

私は受けられた二人の姿がとても力強く、これから伝道し、先駆者となると決意されるのを見て、サンクチュアリが家庭連合を超えるのも早く、真のお父様が願われる本来の体制がここに出来上がるであろうと思わされ嬉しくなりました。


以上の内容は昨年の11月末の出来事でした。

そのあと、12月になってその町で先のお二人の紹介で10数家庭がサンクチュアリの祝福を受けられ、教会としての拠点が必要となって、その準備を進めてきました。

そして、1月20日ちょうどトランプ大統領就任式の日、その町にサンクチュアリの拠点となる教会の館が開所されました。

出会って入会して、53日目のことです。

トランプ大統領就任によって自由の革命がアメリカで始まり、これから世界に向かって展開されるようになると思います。
この小さな町のサンクチュアリ教会の開設、ここからまたサンクチュアリの革命が起こることになることを確信しています。

そして
なぜ、53日という短期間で拠点を開設することができたかと考えると

1. 最初に立ち上がった婦人の意識が高く「先駆者となる」と決意していたこと

2. 祝福を受けられた方々が心情的に結束していたこと

3. 教育の場所が必要と切望していたこと

4. 中心的三人の基台が立って、会計担当者を決めたこと

5. 方向性が明確になって将来において希望を持つことができたこと


などが挙げれます。
決して、指示とかしたわけではなく、自主的に行動しています。多くの方々を受け入れる心情と器が具体的に準備出来ました。

教会(拠点)ができることを通して、祝福がいつでもでき、教育が進み、打ち合わせや茶話会を頻繁に気を使うことなくできるようになります。何よりも主体性が発揮されるようになります。

これから、さらに発展することは間違いありません。

それに比例して家庭連合は滅びるようになるでしょう。

IMG_20170122_091128.jpg

IMG_20170122_090613.jpg

IMG_20170122_111857.jpg



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sanctuaryooita

Author:sanctuaryooita
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

       sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR