FC2ブログ

ある方への手紙

IMG_5930.jpg



今後のサンクチュアリのあり方を検討するということでメールをいただきました。それで、どうあることが天の願いであるのかを、自分が今までUCのときから悩み、考えてきたことをある方にメールしました。
個人の意見であり、それがどうなろうとみこころだと思いますが、一応、その方に送った内容をここにのせることにしました。



ある方への手紙



N様

おはようございます。

あたらしく本部の体制や全体の方向性をどうするかを苦慮され、努力されておられることに感謝申し上げます。

今後のサンクチュアリの方向性について参考になればと、私が考え今まで行動してきたことの真意を伝えたいと思いました。

私は1999年の神の日、南米のウルグアイでの式典の中にいました。そこで、歴史的なことがおこり、そのことが私の信仰生活の中で、一番の影響を持つ内容のものとなりました。

それはどういうことだったかというと、1999年の3億6千万双祝福を日本で行わなければならなかった神様の摂理を失敗したことです。日本の事情によって、真のお父様をお迎えですることができず、天宙的祝福式をエバ国でおこなう、それをお断りしたという事件です。それで真のお父様のお怒りは、極めて激しく、「日本の摂理は失敗した」と数時間にわたって叱責されたことがありました。
そのときの責任者であり、日本UCの会長がE会長でした。

私はUCの失敗の根源は、摂理を担当する人間がみことばを自分の考えで消化し、実践したがゆえに、本来のみ旨を達成することが、できなかったと捉えています。
1999年までの日本女性を中心とする神様の摂理の中心は何であったのかは「氏族的メシヤの摂理」でした。
その内容は以前、私が貴方様に贈呈した「氏族的メシヤの任務」のみことばを読んでいただければ理解を鮮明にすることができます。

それで、1992年からの7年間はお父様は日本女性にそのことをつたえ、神の国を出発するための基盤を、神様王権即位のための基盤を日本において、つくることが必要でした。お父様は日本に70万の基盤をつくれば、日本をキリスト教化して、神の国が始まるとはっきりと語られています。

今までの日本のUCの中心責任者はその氏族的メシヤ摂理をはっきりと理解しておらず、表面的なみことばを自分で考え、それを全体化してきています。
なぜ、そういうのかというと、その摂理がいまだ、定着することができずにいるからです。

お父様から任命された責任者が、自分の判断で摂理を考え、間違ってきました。私はUCで地方の責任者を多く体験してきましたが、その姿を直接みてきました。古田さんをはじめとする直接お父様から愛されてきた人たちです。
その周りの人々はお父様から任命されている人だからといって、信じ、人間的に侍って、結局摂理とは逆の方向となって、お父様を裏切ることとなっているのは現実の結果の姿です。

私は地方の責任者を担当しているときに、いつも任命されている方を信じているのではなく、任命した方(神様、お父様)を信じることを中心として、歩んできました。任命された方を不信するわけではありません。任命された方の立場で、考え行動するという姿勢です。それが任命した神様を信じ、任命された方を守ることだと信じて実践してきたことです。

私はサンクチュアリはUCの失敗してきたことを蕩減することが必要だと考えています。お父様の日本に対する恨を解放することが残されていると思って、行動しようと考えて今まで来ました。それは何かというと「氏族的メシヤ摂理」です。
それで、お父様のみことばを著作権問題で訴えられることを覚悟して「家庭教会のみことば」や「氏族的メシヤの任務」を整理して発行してきました。

自分のことを誇りたいとか認められたいという思いはありません。
2017年2月に全国会議が群馬で開かれました。そのとき大分のサンクチュアリは90家庭となっていました。2016年の初めは20家庭でしたので、4倍を越えていました。
そのときに、サンクチュアリの方針が発表され、救国委員会、祝福委員会などがそのときから、出発しました。

不思議に思ったのは、大分の証しはそのときは、行われませんでした。私は個人的に証しをしたいと思ったわけではありませんが、全国のサンクチュアリの責任者が集まり、一泊しての会議であるならば、当然今までの総括をおこない、証しなどを共有をするのが普通だからです。

Mさんをはじめ、現東京のスタッフは私のことを評価していない方が多いと思います。
それはE会長を否定していると思っているからです。たとえば私の「教会長は天使長」という発言です。それはE会長が天使長と言うことにつながり、会長を中心とする体制を認めないことにつながるという考えからきていると思います。

その点が、サンクチュアリの組織論の中で、中核の問題だと思います。
天一国主人家庭を中心とした思想を持って組織を考えるのか、それとも以前のUCの思想である、任命された方を中心とした体制とするのかということです。

家庭教会、氏族的メシヤの摂理を展開するにおいて、なぜ、UCは失敗してきたかと言うと、本部や教会の下にそれを入れてきたからです。
天一国は明らかに「政府は天使長」と言っておられるように、天一国国民が主人となる体制です。それを守るのが政府であり、役人でありますので、
その天一国をめざすサンクチュアリの体制もそうすべきですが、その体制を理解するためにはみことばが中核メンバーに不足しています。

私はE会長を否定しているわけでもなく、批判しているわけではありません。
日本の蕩減として残されているお父様の恨を解いて、二代王様をおささえする最も貴重な責任者だと思っています。
E会長の責任が何であるのかを、平面的捉えているのではなく、1999年の出来事の観点から考えているので、他の方には理解できないかもしれません。

これからのサンクチュアリがどうなるのかの分岐点でもあるかと思いますので、その点を伝えたくてメールさせていただきました。


2018/10/14    阿南信義





よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR