FC2ブログ

日本の長子権復帰摂理の失敗によってエバ(母)は堕落した

140601_201611100004340c8.jpg


日本の長子権復帰摂理の失敗によってエバ(母)は堕落した


長子権復帰が勝利してから、エバを復帰して父母権復帰となります。
韓氏オモニの堕落の根源を探ります。


真のお父様のみことば 「救援摂理史の主流責任」1993.6.4

救援摂理史の主流責任について、いつも考えなければなりません。堕落した人間が救われていくべき道があります。個人から家庭、氏族と八段階の道です。その主流の第一は長子権、第二は父母権、第三は王権、第四は皇族権です。このことをいつも考えなければなりません。

 宗教は全て否定の道を行くようになっています。人類を救う道は元に帰る道であり、それが宗教です。カイン・アベルが完全に一つになって、ここに長子権が復帰されるのです。長子権が復帰されるには母が必要です。神様を中心としてこれが一つになって、父です。エバ、アダムそれから神様、これが復帰です。

原則に従っていけば天国に入るはずであったのに、反対になってしまったので、逆に皆復帰していかなくてはならないのです。この基準が長子権です。いくらカインとアベルが一つになったとしても母がいなければなりません。エバを中心としてカイン・アベルが堕落してしまったので、復帰も母が必要です。第二次世界大戦がそうなっています。日本と連合国家、サタン側と神側、蕩減しながら反対に切替えさなければなりません。

これが再臨主、真の父と一つになることによって父母権です。父と神様が一つになることによって王権です。長子権・父母権・王権です。神様を中心としているから、本来の王権です。1993.6.4




1945年から再臨主として真のお父様は神様の摂理を公的にはじめられました。それはまず、キリスト教教会への伝道でした。
神様が2000年間にわたって、キリスト教を世界的に拡大するために、多くの善人の方々を犠牲とされながら、準備をされてこられました。そのことを私たちは原理を通して知っています。

それで、キリスト教をアベルとし、韓国をカインとした体制の中で神様の摂理が始まりました。それは長子権復帰、父母権復帰、王権復帰、皇族権復帰の神様の救援摂理の展開です。

結果として、キリスト教は真のお父様を受け入れることをせず、その位置を守ることができませんでした。それによって長子権復帰の摂理は失敗し、キリスト教はサタンに奪われ、共産主義のサタンの思想が世界を席巻することなり、多くの尊い生命が犠牲になっていきました。

また、その失敗によって、父母権を復帰することができず、エバにサタンが侵入し、堕落することとなりました。最初の崔氏オモニが真のお父様を不信し、反逆することとなったのはそれです。

そしてサタンはそれを条件に、真の父であるお父様を牢獄の血の苦難の道に追放したのでした。


真のお父様のみことば  「摂理的総決算」1993.12.20

それは、再臨の主を迎え入れたとするならば、再臨の主によって、こういうような内容を明らかに整理して、みな回っていくのができるにもかかわらず、再臨の主を追い出してしまったために、再臨の主のために準備した勝利の英米仏諸国を、みんなサタンが取ってしまったからです。

 上のほうをサタンが、アダム、エバ、カインを取ったと同じように、神様はしっぽを再び泣きずりながら取らざるを得なかったのです。英米諸国が先生を反対するようになったので、反対の立場で神様と先生は荒野に追い出されてしまったのです。今まで数千年の勝利の基台を完全にサタンが握ってしまったのです。

サタンは四十年間、キリスト教文化を完全に否定して、共産圏の足場がキリスト教になっているのです。日本も、そうなっているのです。韓国も、世界も、そうなっているのです。なぜそうなったかというと、キリスト教文化圏が再臨の主に反対したために、みな乗っ取られてしまったからです。サタンの足場になって、キリスト教理想の崩壊のために、サタンの全権を張るような地上地獄を拡張しているのです。  1993.12.20



40年の荒野路程を通過された真のお父様はキリスト教に代わるものとして統一教会女性連合(家庭連合)を立てられました。統一教会女性連合(家庭連合)をアベルとし、日本をカインとする長子権復帰の摂理は1999年までに真のお父様をお迎えして、天宙的な祝福式を挙行すること通して、世界的な父母権を実体的に確立するという神様の計画でした。

ところが、それを勝利できなかったことは先にも、書いたとおりです。


結果として、どうなっていくのかは明らかです。

長子権復帰ができなければ、エバの復帰はすることはできず、エバを失うこととなります。
世界的父母権復帰のチャンスをサタンが奪っていくことになりました。

韓氏オモニにサタンが侵入することになりました。韓氏オモニは真のお父様を不信し、堕落して神様の摂理に反逆するようになりました。
その原因のひとつに日本が氏族的メシヤの位置を守ることをせず、国家的長子権の復帰を失敗したことにあります。もちろん本人自身の責任もありますが。

そしてサタンは堕落した韓氏オモニを利用して、再び真の父であるお父様と代身者の二代王様を孤独な荒野へと追放する事態としました。

66年前のときと同じように真の父と代身者が血と涙の犠牲の道を行かれることになった責任はエバ国の長子権復帰の失敗がその原因であると思います。


真のお父様のみことば  「統一教会の創立と摂理歴史の主流思想」1993.5.1

統一教会の創立の意義は、神様のみ旨である創造理想、四位基台の愛の理想を中心として、長子権、父母権、王権、(天的)皇族権復帰への主流思想に帰るところにあります。そのための全責任を持っているのが統一教会なのです。

来年は統一教会の創立以後四十年目になります。ゆえに「真の父母と成約時代」を宣布しなければならないのです。そうすれば、世界は自然に一つの王権になります。民主主義は兄弟主義なので、戦わなければならないのです。神主義は父母主義であり、父母主義は真の愛主義なのです。そこまで行けばすべてが終わるのです。

そこにスタンダードを立てて、それにそってすべてを整理しなければなりません。神様において主流は一つしかありません。哲学的に思想的に世界万民を解放することができる権限を持ったのがレバレンド・ムーンの思想であり、神主義であり、真の愛主義なのです。1993.5.1



1992年から1999年までの7年間は国家的長子権、父母権、王権が決定する重要なときでした。その根幹は真のお父様がくださった氏族的メシヤの特権を守ることの重大な摂理でした。


今、家庭連合に対する問題でサンクチュアリの内部でも議論があります。

対立関係として位置づけ攻撃をしている方もいますが、韓氏オモニの堕落の原因は自分の責任を果たしてないことによるものと考えると、攻撃することよりも、氏族的メシヤの実践をすすめるべきと思っています。


家庭連合の失敗を蕩減するために。

長子権復帰の目的成就は私たちの氏族的メシヤの勝利以外にありません。

外的な抗議活動や街頭活動だけに気を奪われていれば、肝心な氏族的メシヤは勝利できず、真のお父様の願われる長子権、父母権、王権、皇族権復帰の主流責任は全うできないことになります。



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭連合の蕩減を復帰するための日本のサンクチュアリ

DSC00974_201701100505588e8.jpg


家庭連合の蕩減を復帰するための日本のサンクチュアリ


日本の家庭連合の失敗は長子権復帰ができなかったこと。それは氏族的メシヤの摂理を勝利せしめることができずに、母としての立場を国家的に復帰することができなかった点が蕩減として大きく残されています。

真のお父様は世界的二次21年路程を1980年から出発されました。それは人間の責任分担による期間であり、世界的メシヤの立場を勝利された真のお父様の立場を弟子たちが相続し完成するための氏族的メシヤの摂理でありました。

真のお父様は1960年から世界路程の21年路程を7年の区切りで家庭的、民族的、世界的路程を歩まれ勝利されてこられました。そしてイエス様が成せなかった実体的世界的メシヤとしての長子権を1976年までに勝利されました。
アメリカでのワシントン大会でそれが決定されました。

その勝利圏を相続させるために、出発したのが家庭教会摂理でした。そして氏族的メシヤ摂理となります。1991年7月には氏族的メシヤ出発の申請書を神様に報告して出発しました。

それで、神様の摂理はあくまでも人間が責任を果たさなければなりません。

1980年から真のお父様が勝利された路程を受け継ぎ、弟子たち(人間)による長子権復帰の路程が開始されました。それが二次21年路程です。
2000年を迎える前に、人間の責任分担としての長子権、父母権、王権復帰の摂理が国家的段階で決定しなければならない期間でした。
その最後の期間は日本を中心としたエバの時代で1992年から1999年までです。

その最後の期間において、日本はエバ国として国家的長子権復帰を通して、エバ国としての立場を復帰する目的がありました。1999年のとき、国家的父母権復帰のときを迎えましたけれども、それを果たすことができませんでした。

1999年のとき、日本に真のお父様をお迎えして3億6千万双祝福式をやることができなかったことがそのことを意味しています。
それは国家的父母権復帰を失敗したことになりました。

お父様のみことばから長子権復帰からエバ復帰、アダム復帰、王権復帰となります。
日本の16万女性の摂理の根幹は氏族的メシヤの勝利による国家的長子権復帰のたたかいでありましたが、それができずに母国としての立場を喪失し、サタン侵入の条件が残ったと思います。


救援摂理史の主流責任
 この御言は、一九九三年六月四日、アラスカにおいてお父様が、日本の教会幹部に日本語で語られた内容です。

 堕落した人間が救われていく道
 救援摂理史の主流責任について、いつも考えなければなりません。堕落した人間が救われていくべき道があります。個人から家庭、氏族と八段階の道です。その主流の第一は長子権、第二は父母権、第三は王権、第四は皇族権です。このことをいつも考えなければなりません。

 宗教は全て否定の道を行くようになっています。人類を救う道は元に帰る道であり、それが宗教です。カイン・アベルが完全に一つになって、ここに長子権が復帰されるのです。長子権が復帰されるには母が必要です。神様を中心としてこれが一つになって、父です。エバ、アダムそれから神様、これが復帰です。原則に従っていけば天国に入るはずであったのに、反対になってしまったので、逆に皆復帰していかなくてはならないのです。この基準が長子権です。

いくらカインとアベルが一つになったとしても母がいなければなりません。エバを中心としてカイン・アベルが堕落してしまったので、復帰も母が必要です。第二次世界大戦がそうなっています。日本と連合国家、サタン側と神側、蕩減しながら反対に切替えさなければなりません。これが再臨主、真の父と一つになることによって父母権です。父と神様が一つになることによって王権です。長子権・父母権・王権です。神様を中心としているから、本来の王権です。

 この道を、みんな何時も記憶しておかなければなりません。個人の生活やあらゆる方面において、堕落世界はこの条件の過程を通過しながら越えて行くのです。

 あなたたち日本人の一人に信仰の基準が立ったとするならば、その前に日本全体がカインとなり、更に世界がカインの立場です。それが個人、家庭、氏族と八段階における長子権復帰の過程です。アダム家庭でカイン・アベルが逆になり、イエス様を中心として解決すべきであったカイン・アベル問題をイエス様は解決できませんでした。それゆえ、カイン・アベルを統一して、母親を中心に一つになって再臨主を迎えなければなりません。いくらその父母が一つになっても、神様が入って来なければならないのです。ここまでが長子権、父母権で、これからが王権です。 1993.6.4



日本のカインアベル観を真のお父様の思想と理念と逆の思想を植えつけたのはサタンです。そのサタンの思想をもって、日本の幹部は氏族的メシヤの摂理を破壊し、長子権復帰の国家的使命を成就できないようにしてしまいました。


ですので、正しい真のお父様のみことばをもって、氏族的メシヤの使命を成就しなければならないのがそれを蕩減をする、日本のサンクチュアリの使命であると思います。




よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR