家庭連合のカインアベル中心性は間違っている

IMG_1605.jpg


家庭連合のカインアベル中心性は間違っている

真のお父様のみことば

日本の責任者たちは、「教会長だからアベルであり、君たちはカインだから、カインはアベルに屈服するのが原理だから従え」と先生が教えない原理の教えをしているのではありませんか? そういう原理はありません。 み旨と世界 702p


このみことばは1978年9月22日埼玉県神川村で語られたみことばです。1976年10月にアメリカでの世界復帰路程を勝利された真のお父様は天勝日を宣布されました。そしてさらに、反対してきたフレーザー委員会のフレーザー議員が選挙で落選したこと通して、霊肉ともに完全に勝利されました。


その世界的長子権復帰勝利の恩恵を与えんが為に日本に来てくださり、日本食口を祝福してくださいました。1610双の祝福のときに日本語で語ってくださったみことばです。


この家庭教会摂理の出発の恩恵を日本に連結してくださったときに、語られたこのみことばの目的は、人間信仰に陥りやすい日本人の信仰観を矯正してくださったことと、家庭中心の天国定着時代をむかえたので準備しなければならないことを意味している内容であります。


真のお父様のみことば

今まではピラミッド式にしたので、支障が多かったのです。これからは逆にするのです。全部が主人です。全部がプラスだということです。実をすべて収めたなら、再び植えるべきではないですか?それと同じです。分かったでしょう?(はい)それ以上、説明が必要ないということです。
210-181, 1990.12.19


今まではピラミッド式の組織を持っていましたが、これからは違います、反対に引っくり返しておくのです。それゆえ、本部がありません。地方にも道(どう)がありません。郡がありません。先生を中心として本部が家庭です。

堕落する前にそうだったじゃないですか?父母しかいないではないですか。そうではないですか?祝福家庭たちは全部父母様を中心として、神様を中心として特命を受けて、その命令の一元化実体圏を持って、天の前に奉献するべき責任があり、それが地上に生きる血族たち行うべき、行くべき道です。これが天国に行くことのできる準備なのです。

211-351, 1991.1.1


真のお父様は1991年7月1日に神様祝福永遠宣布式(7・1節)をなされました。1980年代初めから、家庭教会摂理のみことばを何度も語られています。ところが氏族メシヤの出発を理解しないでさせようとしない教会の姿を見て、全世界の食口に半ば強制的に氏族メシヤ出発の宣布を行うように命令したのがその時でした。


真のお父様の祈祷(神様祝福永遠宣布式)

氏族的メシヤの使命をせずしては、その家庭とその国を連結させることができない摂理史の全体的み旨を推しはかってみます時、もう既に氏族的メシヤを宣布し、きょうを中心としましては全世界的に自分自らが氏族的メシヤになりますと宣言することができる日にもなりましたのでこの時間、ここに訪れてきまして真の父母を中心としました真の愛の因縁に従い、汚されました血統を分別して天の一族として立てましたすべての祝福家庭たちと祝福家庭の後世を代表しまして、真の父母の一族を宣布することのできますこの日をもつようにして下さいますことを感謝いたします。
1991年7月1日


1960年からの21年間の世界復帰路程が終わって、氏族メシヤが家庭教会で定着すべきときをむかえているのにかかわらず、あいかわらず荒野路程のピラミッド体制を維持していることはとんでもないことです。


家庭教会が真のお父様の勝利圏を相続して、定着しない限り天国は出発することができません。「天一国主人、私たちの家庭は・・・」と毎回唱えています。


教会を主体とするピラミッド体制をもって、食口を管理するやり方は、天一国時代の姿ではありません。天一国は逆ピラミッド体制でなければなりません。


家庭が中心であって、教会や本部はその下になければならないのが、本来の天国の姿であり、地上でその体制を築かない限り、天上で築くことできないというのがみことばです。


氏族メシヤの勝利のためには逆ピラミッドでなければなりません。神様と真のお父様に直結する体制とならない限り、天の王国は成就されません。氏族メシヤの勝利によらなければ天の王国の実体を確立することができません。

従って
氏族メシヤ家庭教会摂理を否定する家庭連合はまったく、神様の摂理と逆の方向を向いています。真のお父様のみことばを無視して、天国時代を否定している家庭連合の姿は、食口を天国へ導く体制ではなく、地獄に落とすサタンの手段となりかわっています。

そのことに早く気づいてほしいと思います。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

私の伝道戦略

IMG_1823.jpg


私の伝道戦略

4月10日から始まっている第二次天一国生命の書入籍祝福式の恩恵の40日路程もちょうど20日目となり、半分の期間となってまいりました。
この路程でのサンクチュアリ大分の新たな入会は5家庭となっています。5月19日まで最低でも21家庭は伝道拡大しようと思っていますので、これからの期間が相当重要で、心情を新たにせねばと思っています。


それで
簡単ではない伝道ですが、どのように考えて、戦略としているかを述べたいと思います。
まず、期間を決定するということです。

ちょうど2月28日の天一国生命の書入籍祝福式のあと恩恵の40日路程が与えられましたので、そこに焦点を当てました。


そして、目標を決めるということです。

真のお父様のみことばで「ひと月に一人伝道する」というみことばが語られていますが、その基準を今まで勝利したことがなく、心の中に負債として残っています。
まず、自分がその基準を40日間で勝利することを決意します。40日間で一人以上伝道するという目標を明確にします。

そしてその「月に一人伝道」することを決意するであろう食口をこちらで一方的に選びます。それは本人には選んだことを伝えることはなく、こちらの意思のみで、選んだ食口を絶えず意識して継続して投入することにします。ですから強要はしません。自主的に目標を立てない限り、伝道は進まないと思っていますので、強制はせず、主体的自由の中で向かってもらいます。
ただ勝利を願い、神様に祈ることにします。


伝道シート

目標意識を継続化するための40日路程のシートを作成しています。
40日路程は安侍日から出発していますが、これは神の摂理だと思い、8日間を一週間とする表を作成しています。3月1日の安侍日を一回目として2019年9月4日の二代王様の誕生日は70回目となります。

安侍日を中心として8日路程の反省総括と目標を明確にして、それを繰り返すことにします。5回繰りかえすことで40日路程となります。あと13回40日路程を通過すると二代王様の40歳の誕生日です。その日がどれほど大事なときかといつも尋ねて。

IMG_2769_201804290759131ff.jpg

もっとも重要なことは
みことばの訓読会です。

先日、毎日みことばの訓読をしている婦人が、「みことばを訓読していると伝道したい人の名前があがってきます」と語っていました。
みことばを訓読することを通して、神様と真のお父様がともにいてくださり、ともに伝道してくださいます。みことば訓読を徹底することを通して、勝利は確実になってきます。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

真のお父様と二代王様を見捨てた家庭連合

a103_20161224074033099.jpg


真のお父様にみことば

またイエス様は家庭において、自身のみ旨を立てることができなかったので、社会を通して、あるいは教団を通して、自身のみ旨を知らしめることを願ったのです。しかしイエス様はユダヤ教のまえに、またイスラエル民族のまえに歓迎されず、捨てられたのです。このようにイエス様の一身が排斥されたのみならず、さらにはイエス様がされた御言も排斥され、イエス様の生活、イエス様がされようとされたその事が、すべて排斥されたことを、皆さんは知らねばなりません。

 それゆえ皆さんは、このように見捨てられたイエス様の心情、捨てられる時のその寂しさ、心に受ける苦痛がどれほど大きかったかを、推し量ってみなければなりません。もしもこのようなイエス様の苦痛を知らない者になったなら、皆さんは四〇〇〇年の歴史に責任を負ってきたイエス様の人生、その理念、その生活、その仕事と御言を知る者として、到底現れることはできません。

イスラエル民族、ユダヤ教、さらにはイエス様と三年の間も喜怒哀楽を共にして、ある誠心を注いで教えた弟子たちの中にも、そんな人間が一人も現れず、みな不信する立場になってしまったのです。このようにイエス様はある精誠を注いで教え、夢を通して神の事情を知らしめ、また神の摂理に無知であった彼らに「わたしを見た者は神を見た者」と語られ、強く目覚めさせようとしたのですが、当時のイエス様が愛された弟子たちは、このようなイエス様の背後の事情を、まるで知らなかったのです。聞いた言葉で、また見る眼で、知る頭ではなく、その御言を頭で悟り、心で感じ、体で行う人間が、一人もいなかったのです。
  1957年10月4日


真のお父様と二代王様を見捨てた家庭連合

イスラエル民族と弟子からも捨てられたイエス様でした。みことばを改ざんし、真のお父様が決められた天一国国歌をも否定した家庭連合は2000年前のイエス様のときとまったく同じ状態となっています。


今なお、家庭連合に所属している食口はそのときと同じ、罪を犯しています。

なぜ、そうなってしまったのかを考えると、
真のお父様のみことばにあるように、イエス様をおくられるために4000年の間、苦労してこられた神様の心情を祈り、悟ることができなかった神様の摂理に対する無知と、神様の心情とその使命のすべてを背負っておられたイエス様の内情を知ろうとしなかったイスラエル民族と同じサタンのわなにかかったからでした。


今の家庭連合の失敗は同じように、イエス様の再臨として真のお父様を地上におくられるために、どれほどの犠牲と苦労があったかという背後の神様心情を理解しておらず、また、真のお父様の苦労と犠牲の道は何のためにあったのかという真のお父様の根本的な摂理に対して、無知であったからです。


家庭連合はイエス様のときの失敗を繰り返してはならないと口では言いながら、同じことを行っている姿があります。日本民族は仏教をはじめとする宗教を人間を本尊とする信仰にしてしまったように、家庭連合は人間信仰、組織信仰の土着の低レベルの普通の宗教団体にしてしまいました。


来年の9月二代王様は満40歳になられます。神様がどれほどの心情でそのときをまっておられるのかを知って、最高の実績をもって準備するものとなりたいと思います。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

神様との愛の因縁を連結する伝道

IMG_1750.jpg



神様との愛の因縁を連結する伝道

 真のお父様のみことば

今日、堕落の報いが何であるか。永遠の創造主がアボジなのですが、このお方をアボジと呼べないことが堕落の報いであり、怨恨なのです。イエス様はこのことをよく知っておられたので、人間たちに親しく現れ、愛のみ手によって導こうとされたのですが、人々はその心情を知らず、愛の御言を語られても顔を背け、切ない涙を流されても人間たちはイエス様の事情を知らなかったのです。

 今日地の上にある皆さんは、父母のまえに孝道を尽くし、国に忠誠を尽くし、即ち人倫の道を歩まねばなりません。イエス様はこのような人間が歩むべき人倫と、天倫を統合させる使命者として来られたお方でした。こんなイエス様の心情を知る者が、誰であったのか。今日イエス様に背反する人間は多く、その心情を忘れているのですが、二〇〇〇年前人々はもっとイエス様をないがしろにしたのです。皆さんは自分が本当のクリスチャンか、ということを反省して見なければなりません。

 今や皆さんが成就し、回復しなければならないことが何か。イエス様の心情を知ることであり、六〇〇〇年の間悲しまれている神の心情をお慰めすることです。皆さんはイエス様に侍ることなく、神を哀しみにひたらせた二〇〇〇年前の人々に代わって、悔い改めなければなりません。また、現実的な無知を懺悔しなればなりません。

 イエス様を最後まで捨てることなく、ついてきた者が誰であったか。イエス様の十二使徒? 違います。その十二使徒の中の三弟子も、イエス様を最後まで信じてついて来なかったのです。

 神の愛を人間たちに証し、その愛を実践しようとされたイエス様でしたが、人間たちと愛の因縁を結ぶことなく逝かれました。天倫の愛の御言を伝え、愛に燃える心を持つイエス様でしたが、抱きかかえて「わが息子よ! わがアボジ!」と父子の情を授受することのできる一人の人間を捜しだせずに逝かれたことを、皆さん知らねばなりません。

1957年9月22日


昨日は新しく二人の方がこちらのサンクチュアリに入会し、祝福を受けられました。

伝道を勝利するためには神様の心情、真のお父様の心情の中に立つということが出発点となります。私はある聖殿婦人になぜ40日路程なのか。なぜ84名伝道が願われているのかを神様の摂理から話していました。そうすると間もなく、その方は決意すると同時に動き出しました。どうしても救わなければならない方が思い出されて、そのまま走って尋ねていき、入会と祝福を与えてこられました。


また、夕方から話した婦人がいました。今まで何ヶ月前から先に聖殿にこられた婦人食口の何人かが祈っておられた方でした。特に、神様との因縁であるその血統を受け継がなければならないことについての話をします。

すでに霊界におられ、神様のお姿となっておられる真のお父様の祝福をに先祖の方々が懇願していること、そのために地上で真のお父様の血統にかえるための祝福を受けることをとおして、先祖の210代、1680名が解怨祝福を受けることができ、神様の実体であられる真のお父様のそばにいくことができるという恩恵などを話しました。


こちらから強制することなど一切なく、自然と入会と祝福を受け入れていかれました。
まさに、神様が働かれて、神様から愛の因縁を結んでくださった新しい二人の永遠の生命です。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

イエス様と真のお父様と二代王様と私

IMG_2701.jpg


イエス様と真のお父様と二代王様と私

真のお父様のみことば

神様は今、この時間も、与えたい心に染みて生きる人間が現れることを願っておられ、イエス様は自身を殺したこの地上のすべての悪の勢力を踏み越えてあがる人間が現れることを、待ちこがれているのです。もしもこのような存在が現れたなら、彼は真にこの社会の主人公になり、この国の主人公になるのですが、今だにこんな一人の人間が現れないことが、神とイエス様の切なさであることを、皆さんは知らねばなりません。

 こんな主人公になるために地上に来ては行った数多くの先知先烈たちがいますが、歴史上の先祖たちは彼らを埋め、また迫害して嘲弄したのでした。ですから今日一自体を立てて、このような歴史的なすべての過ちを精算することが、皆さんに対する神の所望であるのです。

 今このような神の所望のみ旨を成してあげるには、皆さんはどうしなければならないのでしょうか? まず神の国と神の義のために、血の滲む十字架の道を耐えて行かれたイエス・キリストの後に従う人間にならねばならず、次には六〇〇〇年の歴史の中で、数多くの先知先烈たちが自分一身の栄光をふり捨て、神のみ旨を成すために苦労したその道に従って行く人間にならねばなりません。

1957.10.13


イエス様と真のお父様

イエス様の使命は言うまでもなく、神の王国を地上に実現するためでありました。神様のひとり子として、神様の4000年のすべてを恨を解放していくべき重要な使命を持ってこられましたが、そのイエス様の責任と使命の観点から祈るものは誰もなく、孤独な立場で十字架にいかれました。


そのイエス様の心情の隅々までご存知であられたのが真のお父様でした。16歳のとき、霊的に現れたイエス様の内情を知られたお父様はそれ以降、イエス様の使命を成就するためにありとあらゆる迫害と拷問を受けながら、そのすべてを克服勝利されてこられたのを原理を知った食口は知っています。


私は18歳のとき、三日修に参加して原理の内容をはじめて知りました。神様の姿、イエス様の内情、繰り返す歴史の意味は何であるのかといった原理の講義を受けて、この真理を解明された方はメシヤであることを確信しました。


真のお父様は神様の事情と心情からイエス様の使命をご存知あられ、イエス様の辿られた十字架の路程を実体的に通過されながら、イエス様の心情とその姿を見ておられた神様の心情を解放されたとてつもない勝利をなされました。


イエス様と真のお父様と二代王様

真のお父様の心情と伝統を誰が相続しておられたかは明らかです。肉体的限界の状況のお父様の傍らにおられて、寄り添っておられた亨進様のお姿は忘れることはありません。


2012年8月に真のお父様の生命維持装置をはずそうとした、韓氏オモニに命がけで反対したのは亨進様と国進様だけでした。神様の復帰摂理歴史において6000年目にしてはじめて、勝利された真のお父様の命を簡単に消そうとしたことに対して、断固とした姿勢で立たれたのは神様の心情、真のお父様の心情から行動したことでした。二代王様は完全に真のお父様の代身者であられます。


ペンシルベニヤの教会での式典で真のお父様の王冠を厳粛に頭上に上げて、入退場されるお姿一つ見ても、真のお父様をどれだけ愛され、侍っておられるかを知ることができます。

IMG_2587_20180426021806c0d.jpg


イエス様と真のお父様と二代王様と私

2018年2月28日(天暦1月13日)の次の日の3月1日は安侍日でした。天宙真の父母様天一国生命の書入籍祝福式を終えた翌日が安侍日であったことは偶然ではないと思わされました。その勝利の後、実体的天一国時代の出発が安侍日からでした。


そして第一次40日の天一国入籍祝福式の恩恵が始まりました。二代王様を中心とする実体的天国時代のはじまりです。そして2019年9月4日(天暦8月6日)亨進様は40歳となられます。


伝道をどのようにして勝利すればいいのかを祈り、考えていると安侍日を中心とする戦い方を教えられました。そしてその安侍日を中心とするカレンダーを作ってみると、なんと2018年3月1日を1回目の安侍日とするとその亨進様40歳の日はちょうど70回目の安侍日となります。


その数字にも大きな天の期待と願いがあることを感じてなりません。
二代亨進王様がイエス様のなし得なかった40歳までに世界の王となる使命を成就するときがきています。そのために私が氏族メシヤとしての勝利をそのときまでに、完遂しなければならない必然的な使命と責任があることを教えられ決意を新たにしているところです。そして、今日は8回目の安侍日です。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

韓氏オモニは家庭連合の食口を地獄の道に案内している

IMG_2703.jpg


韓氏オモニは家庭連合の食口を地獄の道に案内している

真のお父様のみことば

それで、皆さんが成さなければならないことは、イエス様の解怨をしてあげることです。イエス様の解怨成就をしてあげなければ天国に入れないのです。
先生はアダムの解怨成就、イエス様の解怨成就、神様の解怨成就をしなければなりません。

皆さんはイエス様の解怨成就です。イエス様は結婚することができなかったのですが、皆さんは結婚したのですからイエス様の立場に立とうとすれば、イエス様ができなかった氏族復帰基盤を完成しなければなりません。

今は迫害の時代が過ぎ、歓迎される時代になったために、カイン圏、家庭復帰圏は一瞬にしてできます。三年もいりません。皆さんが数カ月だけ犠牲的に行えば、全部復帰することのできる時代に入っているのです。

皆さんはすべての歴史的な解怨をしなければなりません。歴史的に見る時、皆さんはイエス様を殺した罪があります。それでイエス様の解怨成就を成さなければなりません。
  1985年12月25日


韓氏オモニは家庭連合の食口を地獄の道に案内している。
なぜなら、

1、真のお父様の伝統を消し去っている。

再臨のイエスであられる真のお父様はイエス様の十字架を実体的に歩まれ、蕩減され、勝利されておられます。牢獄での拷問の嵐を受けながら、イエス様を慰め、神様を解放されてこられました。
韓氏オモニはみことばを改ざんしたりして、真のお父様の伝統と血統を完全に否定しています。神様、真のお父様の心情の中に天国はあります。お父様の伝統と血統を否定するのはサタンであり、地獄の道案内人と韓氏オモニはなっています。


2、氏族メシヤの道をふさいでいる。

氏族メシヤの立場は真のお父様の勝利によって、神様から人類に与えられた最高の贈り物です。韓氏オモニを信じる者は真のお父様に心情が連結されません。ましてイエス様の心情の世界を紹介することもない韓氏オモニのことばからはイエス様を解放する目的である氏族メシヤの使命など到底できるはずはありません。


3、中央集権体制を確立し、食口を奴隷化している。

家庭盟誓で「天一国主人、私たちの家庭は真の愛を中心として・・・」と唱えているにもかかわらず、経済ノルマを強制的に押し付けています。独裁体制はサタンの体制であって、人類を天国に導く体制ではありません。


とにかく
私たちはイエス様の解怨成就の道である氏族メシヤの勝利に向かって、投入しなければ、時を失ってしまいます。本来、真のお父様の存命中に勝利しなければならなかった課題でありました。家庭連合の食口の方も氏族メシヤの重要性を理解されておられる方も多くおられると思います。ぜひとも、その根本がどこで間違ってしまっているかを気付いて、ただしく氏族メシヤ摂理を展開してほしいと思います。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

神様の最高の目的を成就するために

IMG_2723.jpg


神様の最高の目的を成就するために

真のお父様のみことば
万物を創造された神様は、堕落したこの世界を捨てたまわず、今までサタンと凄い闘いを展開されて、独り責任を負ってこられたということを、皆さんはよく知っています。

 こんな神様が望む最高の目的が何であるか。何を願っておられるか。今まで数多くの悲しみの歴史過程を経てこられても、人類を捨てたまわずに抱えてこられた内容が何であるか。それは神様は人間に対して、おまえはわが実の息子・娘であるとされたことです。こんな理想を果たすために、神様は今まで闘ってこられました。

 神の善の園で、神の栄光の中で、神の愛を中心として、すべての万物が和動する中で、万物の主人の資格を得て神のまえに「わがアボジよ! 栄光をお受けください」とすることのできるアダムが、堕落することによってそんな価値を喪失してしまったのです。それで神は創世以後、本然の息子・娘が来て「アボジ」と呼ぶその一声が聞きたいのだということを、皆さんは知らねばなりません。
 1957年9月15日


先日、長崎の島原にある原城に行ってきました。大分、山口、鹿児島と地元の聖殿食口、18名が集いました。
そこは今から、380年前に信仰の為に3万7千名が幕府軍と戦い、すべての人たちが殉教し犠牲となったところです。
その3万7千名の殉教者は2016年4月に二代王様によって解怨祝福されています。


その当時、神様の真の息子、娘になる道は死しかありませんでした。
イエス様が十字架にいかれたがゆえに、真の道を歩むとすればその悲惨な道しかありませんでした。イエス様は神の息子として、十字架の道を選ばれました。その道しかなかったからです。イエス様を信じる人たちは同じ道を辿られました。


キリスト教2000年の歴史は再臨の時代を迎えるためであったことは我々の知るところです。このときのために、今の私たちのために、尊い犠牲の道歩まれた3万7千名の方々でした。


今の時代は再臨のイエスである真のお父様が霊肉ともに勝利をされたことによって、真の息子娘の立場を求めたとしても、死を迎えるほどの試練を受けることはありません。地上で実体の神様の息子娘の位置が約束されています。


神の摂理が地上でなされているときであるので、地上の摂理を遂行するときに、真の息子娘の立場を成就することができます。信仰の真髄の勝利の為に、氏族メシヤ摂理4300双伝道が今の目的として神様から与えられています。


その戦いの基準が380年前戦っていかれた方々の決意と比較すると恥ずかしい限りです。今一度、神様の息子娘であるということのできる戦い方をせねばならないと反省させられました。天のお父様真のご父母様と真の父子関係を築くために、総力を挙げたいと思います。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

教会長は天使長の立場で食口は王の立場

第二代王様夫妻1


教会長は天使長の立場で食口は王の立場

教会長、救命ボートの代表また霊の親は天使長の立場であると思います。
本来天使長はアダムとエバが完成し神様の息子娘として神様の王国の王と王妃となるように協助していく立場でした。

そのために神様のみことばを伝え、神様の摂理と心情をアダムとエバに教育、協助することに没頭しながら、その成長に責任をもって、完成まで命をかけていくべき使命を持っていました。

神様の祝福を受けた立場の食口はアダムとエバの立場にあります。新しく命を神様から与えられた創造されたばかりのアダムであり、エバです。

みことばによって創造されたアダムとエバは成長期間を通過して、完成して初めて、神様の実体となることができ、神様の喜びの実体となります。

祝福を受けた家庭は氏族メシヤとして完成するという目的を神様から与えれれています。氏族メシヤとして完成するということは一ヶ月に一人伝道して7年で84名伝道するという目標です。

その成長期間の過程の中で様々な神様の心情を通過して、サタンと戦っていきます。その基準が84数の勝利であり、そのことによりイエス様の姿を地上にあらわすことができ、神様の愛を相続したといえる王と王妃に位置を復帰したことになります。


ですので、天使長の立場の教会長やボート代表、霊の親は食口のその勝利の為に命がけで協助、励ましそのことがなされるように投入することが神様の切なる願いであると思います。

昨日、こちらの教会のある婦人から「教会長さん。来年の9月(二代王様の満40歳)までに84名の伝道を勝利したらどんな褒美をくれますか」。と尋ねられました。
それは褒美がほしいといって要求しているのではなく、そのことを明確に決意表明をしていることを感じて、とても嬉しくなりました。本当に決意している心情を実感したからです。

私はどんな褒美をあげればいいのか。今から考えて計画しようと思います。

その婦人は今まで10家庭を伝道しています。今回の二次40日路程で5名の伝道を目標とし決意して取り組んでいるところです。

来年9月王様が満40歳を迎える前に氏族メシヤとしてなんとしても勝利したいと決意し実行している姿を見て、神様を感じて、こちらが感動しています。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

伝道目標をどうするか

IMG_5531.jpg


伝道目標をどうするか

目標(目的)の設定

神様の創造においても創造目的がありました。神様の創造目的は喜びのためでした。私たちは創造目的をもって地上にうまれ出ています。自由の定義は、原理を離れた自由はない。責任のない自由はない。実績のない自由はない。そしてもうひとつ、目的(目標)のない自由はない。ということができると思います。


真のお父様のみことば
あなたたちは祝福されても、3弟子、12弟子、72門徒という歴史的蕩減条件が残っているということを考えなければなりません。1978年9月22日 神川村


私たちは84数復帰の歴史的蕩減が残されています。それはイエス様を十字架においやり、殺した罪が残されています。その蕩減を晴らすことができなければ、イエス様を実体的にお迎えすることができないということになります。


今年の2月28日に完成期の入籍祝福を受けた私たちはより重要な使命を帯びています。

真のお父様のみことば
島原の乱があるでしょう。その時の記念館があるでしょう。君たちの祖先たち、クリスチャンの血統を正統に支えてきた先祖たちは、たいぶ国家の主権から迫害されてきたんだけれどね、それに屈しなかったんです。それがキリスト教の殉教の道だった。それが違うんですね。血を持って基盤をつくってきた統一教会の成約聖徒は、そういう決意を持っているんですから、可愛い、柔らかい娘のその肌に、火の箸を差し込んで、「まだ信じるか」と言って、私の顔が醜い顔になるという立場に立っても問題じゃないですか。あるいは、足を切断されても問題ないじゃないですか。それを考えてみなければならない。  
1965年1月30日


九州の大分や長崎をはじめ、日本には多くのクリスチャンの殉教者がおられます。迫害に中にも決して神様を裏切ることのなく信仰を貫いていかれました。その想像を絶する環境の中において、神様を愛して、神様の王国を求めながらも、死の道しかなかった方々のことを思うと胸がいたくなります。

神様の霊的子女の血統をもったクリスチャンが犠牲になっていかれた背後に神様がおられてそれ以上悲惨の姿でおられたことを知らなければなりません。私の為に犠牲になっていかれた神様であられたことを思うと今このときに、地上で勝利しなければ取り返しのつかない恨を残すこととなります。


迫害され、犠牲になったその方々を解放することが天の願いでもあり、私たちがこの地上でイエス様を解放することのできることにつながる12弟子、72門徒を伝道することを通してなされると思います。


イエス様と同じ道をいかれた殉教者の方々を解放する道も我々が氏族メシヤ84数を勝利して初めてなされることとなります。なぜなら、地上で解く事は天上でも解かれる事になるからです。


完成期入籍の祝福を受けたものたちがその重要な使命と責任を神様から与えれていることを感じます。その迫害され、殉教されたクリスチャンの方々の信仰をもってしていくことによって、氏族メシヤを勝利し、生きて神様の王国を地上に実現できるというとてつもない恩恵を与えられています。
そのために数的目標を明確にして戦い、勝利の心情を天にお返しすることを通して歴史的蕩減条件を勝利しなければと思います。

真のお父様のみことば
また神様と愛によって結ばれた父子の関係から出てくる力によって、サタンまで滅ぼすことができたのです。なぜならば、サタン圏内の多くの人々がサタンに同調することと、イエス・キリストが神様に仕えて愛する基準とは比較にならないためです。イエス・キリストが神様の愛をもって現れるそこには、怨讐の前にあって堅固な盾となったからです。それでイエス様を中心として集うすべての所でサタンを屈伏させることができたのです。   1956年5月16日


イエス様が勝利し、真のお父様が勝利された、サタンを屈伏された秘訣は上記のみことばであり、それを手本として目標に向かいたいと思います。それが殉教者をも解放する道であることを確信します。


今は第二次の祝福40日路程の恩恵の期間です。5月19日まで。
個人的にも教会全体的にも目標を明確化して、命がけで闘ったといえる基準を立てたいと思います。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

なぜ家庭連合のシックは間違いに気がつかないのか

P1040804_2017011004475850f.jpg


なぜ家庭連合のシックは間違いに気がつかないのか

イスラエル民族がイエス様を不信することになったのは聖書の中のことばでした。マラキ予言者のメシヤが来られる前にエリヤを遣わすということばでした。
イエス様の神様の王国の理想を語られるみことばよりも、聖書のことばを優先した結果、イエス様を裏切ることとなったということを原理を通して知っています。


イスラエル民族と弟子たちは神様の心情のすべてを代身しておられたイエス様の内的心情を知ることをせず、かえって迫害し、殺してしまいました。


真のお父様のみことば
イスラエル民族、ユダヤ教、さらにはイエス様と三年の間も喜怒哀楽を共にして、ある誠心を注いで教えた弟子たちの中にも、そんな人間が一人も現れず、みな不信する立場になってしまったのです。このようにイエス様はある精誠を注いで教え、夢を通して神の事情を知らしめ、また神の摂理に無知であった彼らに「わたしを見た者は神を見た者」と語られ、強く目覚めさせようとしたのですが、当時のイエス様が愛された弟子たちは、このようなイエス様の背後の事情を、まるで知らなかったのです。聞いた言葉で、また見る眼で、知る頭ではなく、その御言を頭で悟り、心で感じ、体で行う人間が、一人もいなかったのです。 1957年10月4日

家庭連合のシックは徳野さんをはじめ幹部が発する「お父様とお母様は一体である」ということばに主管され、騙されています。それはちょうどイスラエル民族が聖書のことばにとらわれて、イエス様を不信し、迫害した姿に似ておりそれを繰り返しています。真のお父様によって原理を教えられているのにかかわらず、幹部たちのことばによって、混乱させられています。


どうすれば間違わないで歩むことができるか。再臨のメシヤを送られるために苦労されてこられた神様の心情を祈りたずねていくならば、地獄の中から復帰の摂理を勝利された来られた真のお父様の背後の心情を祈りたずねるならば間違うことなく、勝利の道を歩みことができると思います。


原理講論 終末論 第5節
したがって、終末に処している現代人は、何よりもまず、謙遜な心をもって行う祈りを通じて、神霊的なものを感得し得るよう努力しなければならないのである。つぎには、因習的な観念にとらわれず、我々は我々の体を神霊に呼応させることによって、新しい時代の摂理へと導いてくれる新しい真理を探し求めなければならない。そして探しだしたその真理が、果たして自分の体の内で神霊と一つになり、真の天的な喜びを、心霊の深いところから感ずるようにしてくれるかどうかを確認しなければならないのである。このようにすることによってのみ、終末の信徒たちは、真の救いの道をたどっていくことができるのである。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR