FC2ブログ

氏族メシヤ伝道はなぜできないのかどうしたらできるのか

P1040889.jpg


氏族メシヤ伝道はなぜできないのかどうしたらできるのか


なぜできないのかを考えます。

まず、伝道しようとする意識、意欲が低下しているということがあります。しなければならないと思いながら、どこにあたればいいのか、親族には行くところもないし、知人もいない、自分の生活も大変だからとりあえず、仕事を頑張るしかないというような状況ではないかと思います。

家庭連合をみても、話を聞いてくれる人はいないし、むしろ逆に異端視されるだけで、求めてくる人はいないので無理だわ。というようにあきらめてしまいます。
サンクチュアリは上からの指示はありませんので、だれからもできなくても責められるということはありません。

逆に今まで家庭連合時代において絶えず、指示されてきた習慣性がついていて、言われないと動けないという変な体質も残っていますので、とどまってしまうところがあります。

というような様々な条件の中で、氏族メシヤにむかう伝道がとまっているのではないかと思います。


では、
どうすれば氏族メシヤ伝道はできるのか。

まず、伝道は自分がやるのではありません。神様が自分の身体をつかって伝道されますので、その神様と一体とならなけば始まりません。神様の心情とひとつとなるためには真のお父様のみことばを自分の中にしっかりと入れ込み確信をもって、出発することが必要です。

伝道の目的は自分が地上において完成し、天国人としての資格を勝ち取るためですので、その思想と理念を完全に相続することが必要となります。真のお父様が地上において、完全にサタン屈伏の世界路程を勝利した内容を相続させていただくのが家庭教会氏族メシヤ伝道の摂理ですので、その内容をしっかりと時間をかけて学習する必要があります。


真のお父様がいかなる条件を立てられて勝利され、自分に与えてくださったのかという確固たる信念が芽生えるとき、伝道の力強い勇気と愛がわき上がってきます。それが内的勝利基台です。

となると今度は霊界の援助を受けることができるようになります。本然の基準が内的に立ったので天使界が屈伏し、霊界の祝福された先祖たちが助けてくれるようになります。

すると色んな人の名前が浮かび上がってくるようになります。それは家庭連合の人であったり、昔の友人であったり、親族であったりと名前が不思議とでてきて、伝道したい気持ちになります。

そして、神様と約束をします。いつまでにどうするのかということを神様に約束するのです。そしてその約束したことを毎日祈り、状況報告を神様にします。人間に報告する必要はありません。

伝道に迫害や反対はつきものです。そのことが本当の財産となります。真のお父様が通過された苦難の路程の一端を相続できるチャンスですので感謝です。

とにかく、あげた名前を深刻に祈り、行動するときに必ず神様が働いて、結果が出てきます。そして必ず氏族メシヤ伝道は勝利できます。

家庭教会氏族メシヤ摂理は地上にこられたメシヤがサタン屈伏の世界路程を勝利してすべての勝利権を人類に与えてくれた、宝物です。私たちはそのサタン屈伏の公式路程を先んじて歩み、天国にいくことがゆるされている恵まれた立場です。成さなければ永遠の後悔を残すこととなります。
どうせやるからには早くやることが得策です。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭教会氏族メシヤ摂理は方法論ではなくサタン屈伏の典型路程です

入宮式テープカット


家庭教会氏族メシヤ摂理は方法論ではなくサタン屈伏の典型路程です


今まで、統一教会のリーダーたちは家庭教会氏族メシヤ摂理を本当の意味を理解できずに、伝道の方法論として受け止めてきたように思います。責任者がそうですので、一般シックはなおさら、伝道の方法だと受け止めていたと思います。

ですから、シックの心の中に、単純に氏族に向かうのは難しい。家庭教会をつくることは教会の摂理に反することになるのではないかというような心情を植えつけて、結局それが家庭教会氏族メシヤ摂理をできない状況としてきたのが現実の今の姿です。

それは根本的に間違っていることです。


私たちは原理講論をとおして、アブラハム家庭の中でヤコブがはじめて、サタン屈伏の路程を勝利したことを知っています。そのヤコブがサタンを屈伏してメシヤのための家庭的基台をしたことを通して、神様はメシヤを地上に送り、地上天国を約束されました。

そのヤコブのサタン屈伏の典型路程をモーセが形象的に、イエス様が実体的に歩まれるというのが復帰摂理となってきました。

イエス様は十字架にいかれたがゆえに、そのサタン屈伏の典型路程を完成することができず、再臨のときを待つことになります。

再臨のイエスである真のお父様は人類歴史上もっとも過酷な環境を乗り越えられながら、世界的サタン屈伏の典型路程を歩まれました。まさに生死の境を通過されながら。

1960年ご聖婚され、真の父母の立場に立たれた真のお父様はそれから、世界的なサタン屈伏の21年路程を歩まれ、その勝利が確定したのが、1976年10月の天勝日でした。

人類歴史上はじめて、メシヤをむかえて、世界的なサタン屈伏の路程を勝利したというまさに、待ちに待ったときがそのときでした。「6000年聖書歴史が勝利した」と真のお父様は語られました。その勝利した内容を相続させようと下さったのが家庭教会氏族メシヤの摂理です。そのときから私たちはその恩恵を授かりました。

私たちがサタンを屈伏させることのできるように、真のお父様があらかじめ、歩まれてその典型路程を示してくださったのです。その路程を通過しない限り、サタンを屈伏することができず、神様、真のお父様からの特権を受けることはできません。その路程を通過せずして、天国に行くことができないという原則となったのです。

真のお父様が血の汗を流しながら、世界的天宙的に歩まれ勝利した内容、世界的サタン屈伏の路程を、家庭教会という縮小した象徴的世界の中で氏族的サタン屈伏路程を自ら歩むならば、真のお父様が勝利されたと同等の勝利圏を与えてくださるというのが家庭教会プログラムでした。


堕落した人間が自らサタンを分立し、屈伏させることができるかという念願の解答が真のお父様によって、人類に最高の贈り物として与えられています。それでしか天国をつくることができないとう天の方策を私たちに教えてくれたのです。
それが家庭教会プログラムというとてつもない、恩恵です。



原理講論 アブラハム家庭
ヤコブは、このような路程をたどって、カナンへ帰ってきたのち、初めて、「堕落性を脱ぐための蕩減条件」を立てたので、サタンを屈伏させる典型路程において成功したのである。この典型路程に従って、モーセも、イエスも歩まれ、イスラエル民族も、また行かなければならなかった。ゆえに、イスラエル民族史は、サタンを民族的に屈伏させてきた典型路程の史料となるのである。イスラエル民族史が、復帰摂理歴史の中心史料となる理由もここにあった。 

真のお父様のみことば
同様に統一教会においてあなた方全員がより小さい次元においてではありますが、先生が歩んだ全行程を歩まなければなりません。しかし皆さんは天宙的スケールでは到底歩めないわけです。そのため先生は先生の勝利した路程の模型(縮小体)を皆さんのために創り出しました。それが即ち、ホーム・チャーチ・プログラムなのです。

ホーム・チャーチは、世界の縮小体であり、摂理の縮小体です。先生がそれを皆さんに与えるときは、このように小さいサイズで与えますが、皆さんがひとたびそれを完成したときには、先生が天宙的スケールで勝利したと同じ勝利の内容を認められます
。1982.6.24


今、二代王様は真のお父様の勝利圏を完全に相続されておられる立場です。私たちはどうかというとまだ、真のお父様の歩まれたサタン屈伏の典型路程を歩み、相続している立場ではありません。氏族メシヤとして勝利していないからです。

このような今の状況は、大きなひずみとなってしまい、摂理を後退させる根本原因となりはしないかと考えます。ですので、
私たちは家庭教会氏族メシヤ摂理を一刻もはやく、勝利することが神様と真のお父様が願われる最優先課題であると思います。その勝利によって神の王国は近くなると思います。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR