この地上地獄を解放する道は家庭教会氏族メシヤ摂理の勝利しかありません

IMG_20170114_020200.jpg


この地上地獄を解放する道は家庭教会・氏族メシヤ摂理の勝利しかありません。


70年代、日本に真のお父様をお迎えして、集会がありました。お父様に質問する時間となり、ひとりのシックが「お父様。今日本は青年たちが堕落して大変な状況となっています。どうしたらいいでしょうか。」とたずねました。真のお父様は「統一教会の内部のシックが堕落しているからそうなっているんだ。」と答えられました。摂理を担当している者たちが問題で、社会が問題ではないといわれたことが印象的に残っています。その質問をしたのが私の友人だったこともあって、記憶から離れません。

今、現実の世界は地獄の世界となっています。神様は地上の地獄を解放するために、メシヤをおくられる摂理をなされてこられました。そして神様はメシヤを送られ、こられたメシヤは完全に勝利して、天国を地上に作るための方策を明確に提示して、人間(子女)に与えました。それが家庭教会・氏族メシヤの摂理です。

神のみ旨成就はあくまで、人間の責任分担が全うされなければならない絶対的原理があります。それができないために摂理は延長し、天国への道が長引いてきました。


特に、韓国の家庭連合幹部の真のお父様への不信、韓氏オモニの堕落によって、韓国とアジアの運勢は急激にサタンが支配することとなり、中国の侵出、北朝鮮の核攻撃の恐怖に怯える今日の状況となっています。
そして摂理は堕落した家庭連合から二代王様を中心とするサンクチュアリへ移行されました。

ではどうすればいいのか。
結果として、人間の責任分担が勝利しないがゆえに、そのようになっていますので、家庭教会・氏族メシヤ摂理を遂行して、真のお父様の愛と伝統を植え付け、サタンを分立する戦いをするしか、その恐怖の地獄からの解放はないと思います。

真のお父様のみことば
イエス様が地上を去ったとき、彼は、自由に、思い通りにまた帰ってくることはできません。この点でも私は異なっています。弟子に鍵を与え、地上を去ったとき、また戻ってきたければ戻って来ることもできます。

 私が戻ってくるときは、統一教会に戻ってきますか。それともホーム・チャーチに戻ってきますか。(ホーム・チャーチです)なぜですか。教会は家庭のための、社会のための事務所のようなものです。それはちょうど中間のようなもので、事務所です。しかし、ホーム・チャーチは神が働くことができる所、父母様が働くことのできる所、息子、娘がすむことのできる所、一生涯ともに暮らすことのできる所です。真の兄弟がそこに住み、真の氏族がそこに住みます。それがホーム・チャーチです。
1981.1.1

家庭教会・氏族メシヤ摂理を勝利したところに真のお父様は戻ってこられます。神様が働くことの基台が立つのでサタンは攻撃することができないということになります。

再度、
私の友人が質問をしました。「お父様のお側でみことばを聴いているときは決意するのですが、地元に帰れば決意がにぶってできないのですが。」と正直に質問すると真のお父様は「君は本当の決意をしていないんだね。」と語られたことを今更ながら思い出し、真のお父様の前に、変わることのない本当の決意をしなければならない最期の時をむかえているように思っています。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

みなさん2018年あけましておめでとうございます

IMG_5535_20161112102340338.jpg


みなさん2018年あけましておめでとうございます


今回、この病気が検査で発見されたとき、重要な内臓の疾患であるだけに、「死」を覚悟しました。そして、次の瞬間思ったことは「このまま死んでは霊界でうまく、原理講義ができない」という思いが湧いてきたのです。

もう10年ぐらい前に当時、名古屋で教区長をしていた早川さんという方が私と同じ内臓の疾患によって聖和していましたので、私もそうなるのかと深刻に考えさせられました。
早川さんとは古くからの信仰の友で、惜しい命を早くなくして、さぞ悔しかっただろうと思っていました。その後、韓国の女性霊能者が来たときに、「早川さんは霊界で原理講義していますよ」と語っていたことを覚えています。

私は二ヶ月ぐらい前に霊界に行って、原理講義をする夢を見ていました。その内容は原理講義をしなければならないと思うのですが、その原理講義がまったくできないのです。
そんなはずはないと思ってやろうとするのですが、原理自体を理解しておらず、ちんぷんかんぷんです。やらなければならないのにできない自分の姿に愕然として、落ち込んでいるという夢でした。

そのときから、原理をもう一度、真剣に学習しなければならないと思わされていました。知的なだけでなく、心情から理解しないといけない。原理の本体は真のお父様であるので、真のお父様の心情から原理を理解して講義ができるようにならなければならないと思っていました。

突然の病気で焦りました。
総合病院の検査がおわって、医者の方との面談がありました。色々説明を受けて、「ひどい病気だから、簡単に治らない」と言われショックが走ります。私はとっさに「この病気で死ぬことはありますか」と率直に聞きました。すると医師は「死んだ人もいます。100パーセント死なないということはできません。でもだいたいの人は治りますよ」と言われて、ほっとひと安心ですが、不安も残ることとなりました。

命があるならば、やり残しているのはたくさんありますが、まず原理を真剣に学ばなければならない、霊界に行っても原理講義ができるようにならなければならないと思わされたのが、「死」を考えて、決意した一番最初の根本的な心情となりました。

新しい一年をむかえて、出発の心情として思うのは原理の本体であられる真のお父様の前に、恥ずかしくないような原理本体の実体の自分になろうと決意する者です。

今年もよろしくお願いします。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR