FC2ブログ

家庭連合では永遠に氏族メシヤ摂理は勝利できません

P1040994_20170103173858d52.jpg


家庭連合では永遠に氏族メシヤ摂理は勝利できません


その理由は

1.言うまでもなく、韓氏オモニの堕落によって、真のお父様の血統が塞がれてしまいました。

氏族メシヤの目的は真のお父様の路程を歩みながら、世界的長子権を勝利された特権を相続することです。また、イエス様を解放することを通して、氏族が神様の前に帰ることができるのが原理です。そのことがまったくできなくなってしまっていますので、どんなに努力しようともサタンを分立することはできず、家庭教会・氏族メシヤ摂理は不可能です。


2.教会や本部の会計が透明化されていない。

教会や本部の運営財務の状況が透明化、ガラス張りになっていません。それは本来「天一国主人の家庭」と家庭盟誓にあるように、家庭が主人でありながら、家庭連合では本部や教会が主人であり、主管者であるので透明化しなくても当たり前という、中央集権体制となっています。ですから、各家庭は奴隷としてあつかわれて、いつまでも苦しみの状態はつづきます。

会計を透明化していることは家庭が主人であり、天国の体制であるということを表現することになり、全体の信頼の中、不信感もなく、神様が働くことのできる本来の体制となります。


3.本部や教会が主体であるという考え方。

間違った原理観を押し付けて、家庭教会摂理を進めようとするものを異端、反逆者扱いしてきました。真のお父様は家庭教会摂理をして天国の建設をするというプログラムをサタンから奪い取り、地上の地獄を天国にする方策を考案されました。
それ以上の摂理はありません。

それを創造原理の中の合目的的思想である、宇宙形成の論理を用いて、「ために生きる」ことの実践を強要します。「教会がより主体であるので家庭はそれに従わなければならない」という論法で、神様の最重要摂理を破壊してきました。
それは責任者の家庭教会摂理に対する認識不足、勉強不足によって生じてきました。


二代王様を中心とするサンクチュアリは上記の家庭連合やり方と真逆の方針です。

1、真のお父様の血統と伝統とみことばを命がけで守ります。

2、本部をはじめ、各教会の会計を透明化して、「天一国主人は家庭」を実践します。まして、経済ノルマを強要することなどありません。それが二代王様、国進様がいつもご指導される点です。

3、家庭が中心であり、本部や教会は天使長の立場です。
家庭が神様に主管されることのできるように、本部や教会は協助し、援助するためにあります。教会長とシックとの関係は上下関係ではありません。むしろ僕の立場で交流して神様を発見する生活をします。

ですから、簡単に氏族メシヤ摂理を完了させることができるのです。それは神様が働かざるを得ない思想であり、戦略であるからです。それにより、早い時期にサンクチュアリは家庭連合を凌駕することになるでしょう。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

イチロクと二代王様と家庭教会プログラム

IMG_1706.jpg


イチロクと二代王様と家庭教会プログラム


イチロクとは日本でお父様がマッチングされた祝福で1978年9月に埼玉県神川で行われた祝福のことです。1610双であったことから、イチロクと呼ぶようになりました。

1976年10月の天勝日宣布をとおして、世界的長子権を勝利された真のお父様の前に、はじめて攻撃をしてきたのが、アメリカのフレーザー委員会という議会の委員会です。フレーザー議員が自分の名声を高めんがため、仕組んだことでしたが、その議員が選挙で落選をしました。

真のお父様は神側が勝利した喜びを外に表すことをされず、むしろその落選した議員のために祈られました。そして、サタンから条件を奪うことができたので、世界をまわり、静かに祝福を与えられました。イギリスをまわり、そして日本で祝福をしてくださったのが、1978年9月の1610双の祝福式でした。

真のお父様の生涯は、カインを愛することなく、アベルを愛することができないという原理を徹底して、歩まれてこられました。1950年10月興南強制労働収容所から解放され、ピョンヤンに行かれて、弟子たちを探し回られます。近くにはご自分の故郷があり、家族や親族が多くおられましたが、40日の間、弟子たちのみを探して回られたことはその原理があるがゆえに、です。そうしてサタンの讒訴を絶対に受けてはならない、神様の立場を貫かれました。

真のお父様は神様の血統を実体的に残されるために、その原理をもってサタンの讒訴を受けることのなきよう、さきにカインを愛されます。
日本で1978年祝福を与えた後、1979年9月生まれの亨進様は地上にご誕生されました。ちょうど、一年前に、その生命が出発されました。1978年9月です。
イチロクと亨進様は双子のエソウとヤコブのような関係ではないかと思っています。

ですのでイチロクは絶対的に命がけで亨進様をお守りし、仕える使命をそのときから、宿命として与えられています。その原理的条件によって、神様は真のお父様の血統をサタンから守り、保護することができるのです。

今、サンクチュアリには多くのイチロクの方々が来ていて全国で活躍しているのも、その意味があって神様が導いておられることを感じています。私もその中のひとりです。
徳野さんもイチロクですが、まだしっかりサタンが主管しています。

それでその祝福のときのみことばが「み旨と世界」の説教集の中に多く、記録されています。その内容を確認すると、家庭教会摂理に対して真のお父様が深刻に語られていることを知ることができます。

1976年10月の世界的長子権復帰の勝利の恩恵を直接、日本に植えつけてくださったのが、イチロクの祝福でした。今考えれば、祝福を受けた喜びにうかれ、真のお父様がなぜ、祝福してくださったのかの心情を理解できてなかったと反省するしだいです。

家庭教会摂理を理解し、そのごとく歩む事ができなかったことが、今更ながら悔やまれます。今、二代王様を中心とした摂理の中で、お父様との約束を果たすことのできなかった家庭教会・氏族メシヤ摂理をはたす責任の最先頭に立たなければならないのがのがイチロクではないかと感じています。

カインはアベルを愛し、ひとつになって初めて、堕落性を脱ぐことができるのが原理です。全祝福家庭はカインであり、アベルは真の子女様であって、真の子女様を愛し、ひとつにならないかぎり、真のお父様の前に出ることができないのが、本当の原理です。

勝利された真のアベル・真のカインの真の子女様を愛し、ひとつとなるために、私たちは真のお父様から授かっている「家庭教会プログラム」を命がけで実行しなければなりません。

なぜなら、そうしないかぎり、真のお父様の心情と子女としての特権を相続することはできないからです。
そうしてはじめて、二代王様王妃様、国進様ご夫妻を完全に愛し、支えることができるようになると思います。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR