FC2ブログ

なぜ日本の摂理に家庭教会プログラムは浸透しなかったのか

IMG_1750.jpg


なぜ日本の摂理に家庭教会プログラムは浸透しなかったのか


80年代のはじめから、真のお父様は家庭教会摂理を発表し、全世界に浸透させて天国建設のプロセスを開始されました。そのことは詳しく、多くのみことばで確認することができます。

その80年代の日本の責任者は古○氏でした。会長は久○木氏でしたが、権限をもっていたのは古○氏でした。
古○氏は「お父様は家庭教会とか言われるけど、それでは実績はでない。私はこのように考え計画し、実績を上げてみせる」と語っている場面にであったこともありました。


実際、古○さんの指導する体制の中では家庭教会摂理はまったく、実行することはありませんでしたし、本流の体制から外れたシックがそれをやろうとすると異端扱いするような、天の摂理を排斥するような動きとなっていました。

韓国での礼節の集まりで、お父様が日本シック幹部にみことばを語られます。その中で真のお父様が「古○が先生の日本の摂理をダメにした」と叱られているお姿を何度も拝見しました。

「4000個団を立てろといったのに立てたものたちは、優秀なシックでなく、いい加減なものたちの名前をあげただけではないか」と古○氏を名指しで怒られていました。

4000個団とは家庭教会摂理がなかなか進まないので、特別に4000人のシックを選んで、家庭教会プログラムを実践させるという、お父様の方策でした。

1988年から天地正教が真のお父様の願いから出発しました。
最初のころは統一教会が天地正教を主管する体制です。各県ごとの組織の流れが統一教会が天地正教を主管、管理するという異常な体制でした。

それで今後どうするかという方向性を決めるために、東京で会議がありました。
統一教会と天地正教の幹部会議です。

統一教会側の参加者は、会長の久○木氏、副会長の小○田氏、桜○氏、首○氏、ほか総務部長、ほかにもいたと思いますが名前を覚えていません。天地正教側は松○氏、他は全国の8名のリーダーでした。私もその中の一人でした。中央の席の中心の位置に古○氏が座っていました。

双方から、分けたほうがいい、分けないほうがいいと意見を言い合いました。
はっきりと分けたほうがいいと主張したのは、天地正教の私ともう一人、そして松○氏ぐらいだったと思います。
会議のあとで桜○氏から「阿南君はどうしてそんなふうに、考えるのかなあ」といわれたことを思い出します。

結局はお父様に決めていただくということになりました。結果、統一教会と天地正教を完全に分立することとなりました。

その会議の中で、古○氏は耳を疑うような発言をしました。

それは「私が日本の摂理を動かしている。ここに会長とかおられるけど、動かしているのは私だ。それはトラックの運転と同じで、運転席に何人も座っているけれども、座っているだけで、ハンドルをもって、運転しているのは私だけなんだ」と。

その場におられる久○木氏、小○田氏はその話を聞いていて、何も発言することはありませんでした。
私は運転席に座っているだけだと目の前でいわれている方々を哀れに思いました。

そして、その話や態度をみて、この方は自分が絶対的な権限者と思っている、その方向性はきわめて危険なことになるかも知れないと予感しました。

責任者が家庭教会摂理の内容を理解していません。そのプログラムは天国をつくるための唯一の方法であると分かっていませんでした。

自分が真のお父様に一番近く、そして多く報告して信頼されているものだ。という自信が過信になり、傲慢になって、神様の心情から摂理を見て、結果とする戦いとしないで、自分の実力で行い、反対するものは排除して、目的にむかうという人間的摂理を展開してきました。

なぜ日本に真のお父様の「家庭教会プログラム」が浸透してこなかったのか。ほかにも理由はあると思います。
ただ、責任者の姿勢は全体に大きく影響をあたえることになります。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

11月は試練と出発のとき


P1040864.jpg


11月は試練と出発のとき 

電車で、名古屋から宝塚に向かいました。三日間だけのつもりで来ていましたので、着替えなどは名古屋教会で借りて、その荷物を持って移動しました。

宝塚修練所は前旅館をしていたところで、川のそばにあり、落ち着いたところでした。
そこで、14日間の原理セミナーです。原理講義を2回、統一思想を1回、勝共理論を1回ととても充実した内容です。
セミナーの参加者の中には大学生が結構たくさん参加していました。私は18歳ですが、社会人です。それも会社をほぼ辞めた中で参加していますので、真剣でした。

修練会が半分ぐらい過ぎたときに、私に「あなたはよく整理しないまま参加している。私がお金を貸すので今から帰ったらいいよ」と声をかけてきた25歳ぐらいの男の修練生がいました。私にはそんなことは思ってもいなかったので、その場で即、ことわりました。

とにかく、すでに1回聞いていますので、これで3回しっかりと原理を勉強し、この理論は間違ってない。この原理の内容を解かれた方は、間違いなくメシヤであるという確信を持つことができました。

修練会の最後は修練生が決意を表明する決断式となります。当時は献身するか、否がすべての結果です。それに向けて準備します。

夕方から川のほとりで木を重ね、それを燃やします。修練生はそれを囲みます。そして決意表明をひとりひとり順番に行います。

私は、どういうわけか、「私がやります」と80名ぐらいいた中で、真っ先に決意表明をしました。
なにか押し出されたような感じでした。決意する内容も考えていたわけではありませんでした。

それでなんと言ったかといえば、最高の音量にして「天のお父様!私はあなたが死ねといわれれば、私は死にます!」と。

そのときの決意した内容を忘れたことがありません。原理を3回聞いて、神様とメシヤの前に決意した自分ではないかと18歳からの信仰路程の原点になっています。

14日原理セミナー、特修137期を終えて、献身を名古屋教会にさせてもらいました。
私の献身者登録日は1971年12月1日です。


それからの私は神様に約束したそのことをいつも思いだして、み旨に投入して来ました。
難しい目標や責任をもらったときには、「神様どうしたらいいですか。どうやればいいのでしょうか。私には知恵も愛もないので与えてください」と、何度も必死にお祈りします。

私には宝塚で決意した内容を覚えてくださっておられる神様がおられるという確信がありますので、とにかく神様にお伺いします。
すると、不思議と多くの知恵を与えられ、困難な状況を克服して、結果が生まれてきました。

ですので、その結果はすべて神様の愛と知恵だと確信していました。決して自分がやったなどと思うことはありません。

守山と宝塚の修練所で出会った神様が今も、私を覚えてくださり、働いてくださっているという確信は変わることはありません。
この内容は今まで、誰にも、家内にも伝えることなく自分の中に入れていました。

なぜ書くことにしようと思ったのは、家庭教会プログラムを勝利させるためです。
勝利するためには
まず、自分を祭物にする。そして天のお父様と真のお父様と完全にひとつとなることです。
その戦略を徹底したいと思いました。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR