神様が決定した摂理国家のアダム国家とエバ国家

IMG_1706.jpg



神様が決定された新しい摂理国家のアダム国とエバ国


韓オモニが堕落した結果、神様は摂理国家を移動させました。アダム国はアメリカ、エバ国はイギリスです。

二代王様、国進様の個人の考えではなく、神様と真のお父様が決定しておられるので、二代王様はその方向性を私たちに示してくださっています。

私は2016年4月、ペンシルベニアに伺って、二代王様と国進様が3年間山の中で深刻なお祈りをされたというお話を涙ながらされるお姿をはじめてみたときに、亨進様が完全に真のお父様とひとつとなっておられて、方向性は絶対的に正しい、決して人間的に見てはならないと確信しました。

それでアダム国はアメリカとなっている今、摂理の中心はアメリカであり、その中で熱心なキリスト教徒の方々を神様は祝福されておられます。トランプ大統領その方々を基盤としました。
トランプ氏はアメリカのキリスト協会を代表した天宙的カイン圏の王様です。

その大統領の出現を神様はどれほど待っておられてか、当選が決定したときの二代王様のあふれんばかりの喜ばれるお姿をとおして、神様の摂理がアメリカを中心としていよいよ再出発できるときを迎えたことを教えられました。

そのアメリカのキリスト教の出発点はイギリスです。アメリカの親のような立場であり、責任があります。

真のお父様のみことばの中に、「アメリカはなぜ麻薬で苦しんでいるのか、それはイギリスが東洋でアヘンをつかって、侵略をしたがゆえに、それをアメリカが蕩減している。」と語られている内容からも歴史的な関係があるのがわかります。

ですので、アメリカがアダム国ならば、当然イギリスはエバ国となると思います。

その摂理国の決定は誰がなされるのか。神様以外はできないことで人間がどのように考え、行動しようが変わることはないと思います。

むしろ、それに対して意見したり、行動することは神の摂理に逆行することになると思います。アダム国、エバ国をアジアに再び。というような意識は今の堕落した家庭連合の基準に引き戻すことになるのではないかと考えます。

統一教会の目的はキリスト教会の失敗を蕩減し、地上天国をつくることでありました。
サンクチュアリは統一教会の失敗を蕩減することが目的ですので、キリスト教復帰がそのことになると考えています。

真のお父様は1948年2月からイエス様の十字架をこえた興南の刑務所を勝利されて、33年路程をとおして、世界的長子の位置を勝利されました。そのすべての勝利権を弟子たちに与えました。
イエス様を解放した恩恵を条件的にあたえて、キリスト教復帰の使命に送りました。

私たちの使命は真のお父様から授けていただいた「家庭教会プログラム」を遂行することです。その結果はアメリカ、イギリスの摂理に大きく影響を与えることになると思っています。

結果として、氏族メシヤの目的はイエス様の解放ですので、その氏族メシヤの勝利が確定することを通して、イエス様を解放できる基準となれば、おのずと多くのクリスチャンが二代王様を求めて来られる現象がおきることになると信じています。まさにペンテコステが全世界で起きることになると思います。

摂理国家のアダム国アメリカ、エバ国のイギリスを絶対的に支える心情をもって、真のお父様が与えてくださった家庭教会摂理・氏族メシヤ伝道を遂行することが、真のお父様、二代王様の真の願いであると思っています。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

なぜ日本の摂理に家庭教会プログラムは浸透しなかったのか

IMG_1750.jpg


なぜ日本の摂理に家庭教会プログラムは浸透しなかったのか


80年代のはじめから、真のお父様は家庭教会摂理を発表し、全世界に浸透させて天国建設のプロセスを開始されました。そのことは詳しく、多くのみことばで確認することができます。

その80年代の日本の責任者は古○氏でした。会長は久○木氏でしたが、権限をもっていたのは古○氏でした。
古○氏は「お父様は家庭教会とか言われるけど、それでは実績はでない。私はこのように考え計画し、実績を上げてみせる」と語っている場面にであったこともありました。


実際、古○さんの指導する体制の中では家庭教会摂理はまったく、実行することはありませんでしたし、本流の体制から外れたシックがそれをやろうとすると異端扱いするような、天の摂理を排斥するような動きとなっていました。

韓国での礼節の集まりで、お父様が日本シック幹部にみことばを語られます。その中で真のお父様が「古○が先生の日本の摂理をダメにした」と叱られているお姿を何度も拝見しました。

「4000個団を立てろといったのに立てたものたちは、優秀なシックでなく、いい加減なものたちの名前をあげただけではないか」と古○氏を名指しで怒られていました。

4000個団とは家庭教会摂理がなかなか進まないので、特別に4000人のシックを選んで、家庭教会プログラムを実践させるという、お父様の方策でした。

1988年から天地正教が真のお父様の願いから出発しました。
最初のころは統一教会が天地正教を主管する体制です。各県ごとの組織の流れが統一教会が天地正教を主管、管理するという異常な体制でした。

それで今後どうするかという方向性を決めるために、東京で会議がありました。
統一教会と天地正教の幹部会議です。

統一教会側の参加者は、会長の久○木氏、副会長の小○田氏、桜○氏、首○氏、ほか総務部長、ほかにもいたと思いますが名前を覚えていません。天地正教側は松○氏、他は全国の8名のリーダーでした。私もその中の一人でした。中央の席の中心の位置に古○氏が座っていました。

双方から、分けたほうがいい、分けないほうがいいと意見を言い合いました。
はっきりと分けたほうがいいと主張したのは、天地正教の私ともう一人、そして松○氏ぐらいだったと思います。
会議のあとで桜○氏から「阿南君はどうしてそんなふうに、考えるのかなあ」といわれたことを思い出します。

結局はお父様に決めていただくということになりました。結果、統一教会と天地正教を完全に分立することとなりました。

その会議の中で、古○氏は耳を疑うような発言をしました。

それは「私が日本の摂理を動かしている。ここに会長とかおられるけど、動かしているのは私だ。それはトラックの運転と同じで、運転席に何人も座っているけれども、座っているだけで、ハンドルをもって、運転しているのは私だけなんだ」と。

その場におられる久○木氏、小○田氏はその話を聞いていて、何も発言することはありませんでした。
私は運転席に座っているだけだと目の前でいわれている方々を哀れに思いました。

そして、その話や態度をみて、この方は自分が絶対的な権限者と思っている、その方向性はきわめて危険なことになるかも知れないと予感しました。

責任者が家庭教会摂理の内容を理解していません。そのプログラムは天国をつくるための唯一の方法であると分かっていませんでした。

自分が真のお父様に一番近く、そして多く報告して信頼されているものだ。という自信が過信になり、傲慢になって、神様の心情から摂理を見て、結果とする戦いとしないで、自分の実力で行い、反対するものは排除して、目的にむかうという人間的摂理を展開してきました。

なぜ日本に真のお父様の「家庭教会プログラム」が浸透してこなかったのか。ほかにも理由はあると思います。
ただ、責任者の姿勢は全体に大きく影響をあたえることになります。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

11月は試練と出発のとき


P1040864.jpg


11月は試練と出発のとき 

電車で、名古屋から宝塚に向かいました。三日間だけのつもりで来ていましたので、着替えなどは名古屋教会で借りて、その荷物を持って移動しました。

宝塚修練所は前旅館をしていたところで、川のそばにあり、落ち着いたところでした。
そこで、14日間の原理セミナーです。原理講義を2回、統一思想を1回、勝共理論を1回ととても充実した内容です。
セミナーの参加者の中には大学生が結構たくさん参加していました。私は18歳ですが、社会人です。それも会社をほぼ辞めた中で参加していますので、真剣でした。

修練会が半分ぐらい過ぎたときに、私に「あなたはよく整理しないまま参加している。私がお金を貸すので今から帰ったらいいよ」と声をかけてきた25歳ぐらいの男の修練生がいました。私にはそんなことは思ってもいなかったので、その場で即、ことわりました。

とにかく、すでに1回聞いていますので、これで3回しっかりと原理を勉強し、この理論は間違ってない。この原理の内容を解かれた方は、間違いなくメシヤであるという確信を持つことができました。

修練会の最後は修練生が決意を表明する決断式となります。当時は献身するか、否がすべての結果です。それに向けて準備します。

夕方から川のほとりで木を重ね、それを燃やします。修練生はそれを囲みます。そして決意表明をひとりひとり順番に行います。

私は、どういうわけか、「私がやります」と80名ぐらいいた中で、真っ先に決意表明をしました。
なにか押し出されたような感じでした。決意する内容も考えていたわけではありませんでした。

それでなんと言ったかといえば、最高の音量にして「天のお父様!私はあなたが死ねといわれれば、私は死にます!」と。

そのときの決意した内容を忘れたことがありません。原理を3回聞いて、神様とメシヤの前に決意した自分ではないかと18歳からの信仰路程の原点になっています。

14日原理セミナー、特修137期を終えて、献身を名古屋教会にさせてもらいました。
私の献身者登録日は1971年12月1日です。


それからの私は神様に約束したそのことをいつも思いだして、み旨に投入して来ました。
難しい目標や責任をもらったときには、「神様どうしたらいいですか。どうやればいいのでしょうか。私には知恵も愛もないので与えてください」と、何度も必死にお祈りします。

私には宝塚で決意した内容を覚えてくださっておられる神様がおられるという確信がありますので、とにかく神様にお伺いします。
すると、不思議と多くの知恵を与えられ、困難な状況を克服して、結果が生まれてきました。

ですので、その結果はすべて神様の愛と知恵だと確信していました。決して自分がやったなどと思うことはありません。

守山と宝塚の修練所で出会った神様が今も、私を覚えてくださり、働いてくださっているという確信は変わることはありません。
この内容は今まで、誰にも、家内にも伝えることなく自分の中に入れていました。

なぜ書くことにしようと思ったのは、家庭教会プログラムを勝利させるためです。
勝利するためには
まず、自分を祭物にする。そして天のお父様と真のお父様と完全にひとつとなることです。
その戦略を徹底したいと思いました。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

私にとって11月は試練と出発のときです

IMG_5531.jpg


私にとって11月は試練と出発のときです


私は1971年11月に名古屋市の栄地下街で伝道されました。18歳のときです。
豊田市の大企業に就職したばかりの新入社員ですが、思い切って休暇をとって名古屋の栄で公演される「ニニロッソの演奏会」に参加するために、栄にひとりできました。

始まる時間がまだだったこともあって、栄の地下街におりて、暇つぶしをしようと思っていたときに、声をかけられたのです。

若い女性が「人生問題に関心がありますか」と。当然ありますので「ありますよ」と返答すると、混み合った地下街でたったまま、20分ぐらい話を聞いたのです。

その方の話の中で今でも覚えている内容は、「今は明治維新のときのような時代です」、「そのような時代だから私は改革をする坂本竜馬みたいな人を探しているんです。そのことを神様に上(地上)で深刻に祈ってきたときにあなたを発見しました」。といわれました。

私は明治維新や坂本竜馬のことよく知りませんし、まして自分がそうだとも夢にも思ってことはなく、人材違いだと思いながら聞いていました。

それで、私はその場で守山修練所で行われる、3日間の原理セミナーに参加することを決めて、修練費も払いました。地下街で20分ぐらいの立ち話を聞いてから。

初対面の方でしたが、背後に誰かおられると会った瞬間、感じていましたので、そのまま信用しました。
当時、社会に出たばかりで、何も知らないので、勉強が必要だと思っていたこともあったと思います。


出会って、二日後から3日原理セミナーが守山ではじまり、参加しました。

地下街で話した話の内容から、寺小屋みたいなところかなと予想していましたが、大違いです。当時の守山修練所はできたばかりで、とても整備されていました。


また、講義の内容に、びっくりです。
なぜなら、明治維新の話と思っていたからです。そこに神様の話が語られるので、躊躇したのです。ここは宗教なんだとそのときはじめて、気づいたような状況です。

とにかく、自分は白紙の状態で受け入れると最初からきめていましたので、内容には反発もなく、その原理の偉大さに圧倒され、感服しました。

原理講義をはじめて、聴いて知ったことと確信したことは、再臨のイエスが地上にこられておられること、その方は1920年にご聖誕され、今、51歳になっておられるということでした。

1953年生まれの私はそのお方が33歳のときに生まれたんだなあと関連づけて、勝手に感動していました。
それが、原理をはじめて聞いた感想と印象で、今でも忘れることができません。

三日間の原理セミナーが終わると和動会が始まりました。
私を紹介した方がそばに来て、私に感想を聞いてきます。そして、「今度14日間の原理セミナーが明後日から大阪のほうでありますので、参加しませんか」と、聞いてきました。

私は考え込みました。

初めて原理を聞いて確かに感動した、しかしまだ何も理解していない、もっと勉強しなければならないと思っていたからです。

しかし、
私は、長男でひとり息子。姉はいますが、すでに嫁いでいました。親や祖母に対する責任はどうするのか。
就職していた会社は高卒でありながら、「生産技術部」という技術関連の部署で優遇されていました。工業高校からの特別な推薦があったからでした。
参加するにはやめるしかありません。やめれば学校側にに多大な迷惑をかけることになります。

しかし、そのとき思いました。
「今行動しなければ、あとで後悔することになるかも知れない」と。

結論として、
軽く「参加します」と返事しました。多くの不安を抱えながらも。

その夜は寝ることができません、修練所の屋上で徹夜で祈りました。寒さも感じることなく、これからどうするのか、本当に14日間の原理セミナーに参加するのかと。祈りもよくできないので、自問しながら朝方まで一人で過ごしたのです。
自分に「どうする、どうする」と深刻に訴えながら。

夜が明けてくると、なんかスッキリしました。

それで朝になって、会社の上司に電話しました。「会社を辞めます」と。上司は理由が理解できません。それですぐに、豊田市から私の上司とその上の方が、すっとんできました。

私が「もっと、歴史や世界のことを学びたいのでセミナーに参加したいんです。お願いします」というと「分かった。会社はやめなくていいので参加してきなさい」と理解してくれたのです。

しかし、私の会社を辞めるという決心は変わってはいませんでした。

それで、14日原理セミナーが行われる大阪の宝塚修練所に向かいました。
11月の半ばです。

私が、初めて神様を知り、原理を学ぶようになって、真のお父様につながるようになった最初の出来事です。

(づづきがあります)


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

天地正教が日本から消滅した訳

IMG_5530.jpg


天地正教が日本から消滅した訳

以前、1988年から1999年の間、天地正教という宗教法人がお父様によって設立されていました。
1988年のときはいわゆるパルパル摂理ということで多額な経済を動かしたときです。
旧統一教会から天地正教に移動してきた方々は多くの負債を背負っていました。
そんな中からの出発です。

日本は仏教的背景があるのでその内容をふまえた伝道するために真のお父様がご指導され、原理を理解しやすくするために、儀式をとおして背景を整理し、教理も簡単な内容を準備していました。

私は最初から最後までリーダー的立場でその責任分担の中にいました。

1994年に初代教主が死去してから、だんだんと雰囲気が変わってきました。初代の方は謙虚な方で、生活も質素です。二代目は娘ですが、実に派手な方です。

ともかく、天地正教は確実に発展して、統一教会と肩を並べるようになって来ました。毎年、北海道に1万人以上を集める力をもつようになってきました。

そうしてくると、二代目がだんだん傲慢な態度をとるようになってきました。本来中心は真のお父様ですから、教主といっても形だけであるにもかかわらず、自分が中心であると主張するようになりました。

あるときには「私がお父様につながっているので信徒は私につながればいい」とも発言していました。私は本部のスタッフでしたので、そんなことを聞いて、これは「狂っている」と思い、行動しました。

真のお父様のみことばを全国に毎日、ファックスしたのです。神様と真のお父様が中心であり、教主の言っていることは間違っていると周りの人々にも伝えました。

二代目は私を疎外するようになりました。考えが違うから当然のことです。

そんなに時間がたたない中で、真のお父様にその情報が入りました。お父様は韓国に二代目を呼んで、話を聞こうとされていましたが、二代目はそれを無視したのです。

お父様はご自分が地上にいる間に整理しなければ、大変なことになるとして、宗教法人天地正教の廃止を決断されたのでした。


サンクチュアリに来て、そういった組織問題が非常にスッキリして、本来の神様が願われる体制ができていくと思っています。

それは国進様が語っておられた「責任者は天使長ですよ。会長であろうと、教会長であろうと天使長です。主人は家庭です。だから天国は逆ピラミッドです」と。

その思想が徹底することで神様がともにおられて、発展することを実感しています。

ただ間違いはなんどでも繰り返されます。気をつけなければなりません。
中心はあくまで、真のお父様と二代王様です。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭教会プログラムのプレゼンを作成しました

IMG_5535_20161112102340338.jpg


家庭教会プログラムのプレゼンを作成しました

本体論講義セミナー参加の後、体調不良の状態が続いています。
そんな中で、調子のいい時間もありますので、氏族メシヤ摂理の根幹である家庭教会プログラムを作成しようと考え、そのプレゼンテーションを作りました。すべてふとんの上での作成です。

52枚のスライドとなっています。
作成しながら、あらためて天の心情の奥深さを痛感させられました。また、真のお父様がそれをわれらに与えるためにどれほどのご苦労があったのか、イエス様はそのことをどれほど待たれてこられたのかを感じて涙がこみ上げてきます。

近いうちにビデオを撮って、ユーチュブにあげようと考えています。

若干、ブログのタイトルを変えました。
本来、家庭教会プログラムは全世界のキリスト教協会、家庭連合を含めて、真のお父様が全人類に与えたい内容であると思わされたからです。



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

劉正玉先生をお迎えして行われた原理本体論セミナーは最高の神様の祝福でした  

IMG_5930_2016111606153556c.jpg


劉正玉先生をお迎えして行われた原理本体論セミナーは最高の神様の祝福でした
 
真のお父様のみことば
それ故に、統一教会の原理は、先生の命が復活して連続することと同じです。先生が生命を懸けて闘って探し求めたものなのです。そのような問題の一つ一つが解決される度ごとに、先生の生命が復活してできた、生きた歴史なのです。それ故、皆さんが原理に接する時は、眠ってはならないのです。皆さんは原理を生命よりも重要視し、侍っていかなければなりません。
1971.1.10

原理本体論セミナー9日目を終えて、あと半日を残すのみとなりました。

今回原理本体論講義が日本のサンクチュアリで行われるようになった背景に、真のお父様がおられて、二代王様、国進様が具体的に導いてくださったことに感謝をするしだいです。
感想を述べたいと思います。

1、原理をさらに深く学び、真のお父様とひとつにならなければならない。

原理を深く学ばないといけないと一ヶ月前あたりから、切実に思っていました。それは夢を見て、霊界に行ったときに原理講義がまったくできない自分であることに気がつかされていたからでした。地上で原理を知ったものは霊界で先祖や知人の前で原理講義をしないといけないというみことばを知っていましたので意識はしていたものの、地上にいる間に悔いが残らないように更に学習していかねばならないと思わされました。

2、この地上地獄を解放するために原理が絶対的に必要である。

地上でサタンを分立しない限り、地獄からの解放はありません。そのために祝福と原理教育が絶対的に必要です。特に2008年から真のお父様の原理本体論教育が始まっています。現実世界の多くの人々が地獄の苦しみを受けている中で、一刻もはやくそのことを推進しなければならないと痛感させられました。

3、日本に真のお父様をお迎えすることができる。

劉正玉先生と江利川会長がひとつとなれば、真のお父様を日本にお迎えすることができます。9月23日の天地人真の父母様天宙祝福聖婚式の恩恵の中で、今回その道が開かれました。
1999年に真のお父様を日本にお迎えできなかったことが日本の歴史の中で、大きな汚点となって残されていますが、そのときの真のお父様から直接愛された中心責任者がこうしてひとつとなった今、真のお父様をお迎えできる体制が整ったと思います。天運がまさに日本に到来したことを実感しています。

4、原理講義するところに真のお父様が再臨復活される。

今後、サンクチュアリ大分教会でも家庭教会で原理本体論教育ができる体制を整えなければならないと考えて参加しました。だれでもできるように工夫して、真のお父様の再臨復活がいつでもどこでも起こるように、拡大していきたいと思いました。


今回の修練会の期間、決まって午前2時から3時の間に起こされて、ブログを更新していました。自分なりにその恩恵を伝えることができたらと思いながら・・・。

読んでいただいた皆様に感謝申し上げます。



同感の方はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

主は雲に乗ってこられる

a176_2016111705083726d.jpg


主は雲に乗ってこられる

真のお父様のみことば 
時は過ぎましたがイエス・キリストの脈打つ心臓の脈拍が、今日皆さんの心臓と血管、動脈と静脈を通して動いているのです。それゆえ皆さんは、天的な心臓の脈拍を代身することができる人間にならねばなりません。こんな責任を代身することができる人間が現れることを、イエス様は二〇〇〇年の間、期待されてきたのです。また神は六〇〇〇年の間というもの、待ってこられたことを皆さんは知らねばなりません。
1958.1.26

原理講論の最後の章は再臨論の内容となります。
その中で聖書のイエス様が雲に乗ってこられる(黙示録1:7)という比ゆを解き明かしています。数多くの成約聖徒たちに囲まれ、守られて来られるという意味であったことを教えられています。

今から19年前の1999年1月、その時、神様の摂理において真のお父様を日本にお迎えして、天宙的な祝福式を挙行すべき重要な神様の計画がありました。
再臨の主が日本に雲に乗って来られるまさにその時でありました。ところが、天は準備してくださったにもかかわらず、国家の法的壁の前にこられることができなかったという日本にとって歴史的な恨を残す結果となりました。

そして今、
そのときの日本の責任者が今こうして原理本体論セミナーを通して、席をともにしていることは天の計らいであり、導きであることを感じて仕方ありません。日本の恨を解き、真のお父様の恨を解き明かす重要な摂理が開始されています。

今そのために、多くの雲を準備せねばならないと思います。そうすれば真のお父様は再びいつでも日本に具体的に来てくださると確信しています。

60年前に語られたみことばのごとく、イエス様と真のお父様の心臓を持つものとなって、伝道に励みたいと思います。



同感の方はクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR