二代王妃様の敬拝と真のエバ復帰

二代王妃様の敬拝と真のエバ復帰

真のお父様のみことば

マリアは、タマルと同じように自分の命を捧げることを覚悟していたのです。体面とか威信とか、生死は問題ではありませんでした。神の祝福を受け継ぐためには、自分は石打ちにされてもいいと思ったのです。死んだとしても、子供を生んだ後に死ねばいいという確信をもって立ったマリアの立場はタマルと同じでした。

 千九百年前に立てられたヤコブの家庭と、ユダの家庭で整えられた勝利の基盤が、歴史を経ながら継承されてきました。その上で、マリアを通して神様がご計画された息子を抱くのですが、その息子は双子ではなく、イエス一人だったのです。イエスは、勝利の胎中から生まれた息子であるために、サタンが「自分の息子である」と言って讒訴することができないのです。

それで、イエスは初めて天上の御旨を立てることのできる神のひとり子として、地上に降臨するようになりました。イエス様はどのような教祖とも比較することのできない教祖であり、神の息子にならざるを得ません。聖書は、それほどまでに理論的にぴったり合っているのです。これは、文先生が作り出した話ではありません。
  根本復帰 1971.1.10

IMG_1947.jpg

今回の天地人真の父母様天宙完成祝福聖婚式の式次第の中に「二代王妃様の敬拝」という時間がありました。二代王様と三代王となられる信俊様の前に敬拝される二代王妃様のお姿に感動を覚えました。
エバは堕落によって、サタンの血統を受け継ぎ、子孫代々にその血統を繁殖することになってしまったと私たちは堕落論を通して知っています。

DSC01018.jpg

二代王妃様の敬拝 リンク

神様の血統である真のお父様の血統を破壊して、韓家、自分の血統を中心とする体制としてしまった韓オモニの失敗を二度と繰り返してはならない深刻な状況を蕩減されました。。
そのことによって、再び神様の血統を守る真のエバの位置が確立されたことはどれほどの希望であるかはかりしれません。
イエス様を守り支えることのできなかったマリヤ、真のお父様を不信した韓オモニの失敗を蕩減して、タマルの信仰を確立し相続されておられる二代王妃ヨナ様であられることを感謝致します。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

国進様のお姿と我々の姿勢

今回の9月23日を中心とした式典の中で、国進様のお姿がとても印象的でした。
23日の天地人真の父母様天宙完成祝福聖婚式のとき、静かに見守られておられます。その式典の最後の真の父母様退場の場面では、康真のお母様を国進様御夫妻が両脇を抱えて退場される場面を見て、胸がこみ上げるものがありました。

DSC01012.jpg


また、午餐会の最後、天一国国歌を二代王様を中心として歌っているとき、康真のお母様の隣で涙を流され、お顔を拭いておられるお姿は、この時をむかえるためにどれほど投入されてこられたのか、その心情の世界を感じさせていただきました。

9月23日午餐会国歌斉唱 リンク

25日深夜からの二代王様の誕生祝賀会は午前1時近くまでアトラクションがあり、その後二代王様のみことばが語られます。そして1時がすぎ、3時を越え、4時過ぎまで続きます。いつ終わるかわからない雰囲気は真のお父様が語られているその時の様子そのままでした。
しかし、国進様御夫妻は全く動かれることもなく、その姿を傍らで静かに見守っておられました。

IMG_1672.jpg


真のカイン、アベルがひとつなり、絶対的な信仰を勝利されたということがどれほどのことであるのか、その偉大さにただ驚嘆するものです。
真のカインとしての絶対的な信仰のお姿にひたすら感謝致します。
そして、その信仰を少しでも相続させていただくならば、勝利できないことはないことを痛感させられました。

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

9月23日の天地人真の父母様天宙完成祝福聖婚式に参加しました

ご無沙汰していました。農業の仕事が忙しくなったこともあって2ヶ月以上お休みしていました。

真のお父様のみことば
そのような意味において、今回(九月六日、陰暦8月5日)、栄進君と亨進君の二家庭の祝福が、重要な意味をもつのです。真の父母の家庭の中で、一番最後に生まれた二人の息子が祝福を受けるとき、絶対的に真の父母と一つになったのです。自分という概念がありませんでした。すべてを真の父母に委ねたのです。解放された第四次アダム圏時代の理想家庭が出発してこそ、地上天国が始まるのです。そのためには、すべての祝福家庭が、神様の理想と栄光を顕現する、本然的な家庭の出発をしなければなりません。

 地上では祝福を受けた家庭が、真の父母と縦的な関係における第四次アダムの資格をもちます。真の父母を中心とした第四次アダム圏時代は今日から始まるのです。どのようにしてこれを氏族、民族・国家を超えて、世界と天宙にまで連結させるのかということが私たちの課題です。第四次アダム圏時代にふさわしい家庭を築くようになれば、それ以上先生は必要ありません。第四次アダム圏時代に入るとき、はじめて神様と真の父母の安息圏が訪れ、安着できるのです。
第四次アダム圏時代の出発 1997年9月11日 主要儀式と宣布時代Ⅲ

IMG_1749.jpg


今回、9月23日の天地人真の父母天宙完成祝福聖婚式に参加させていただきました。状況と感想を述べたいと思います。

9月23日重要だということを教えられながらも、何があるのか知らされない中、参加しなければならないという思いがこみ上げていて、そのお知らせがあるならば、参加させていただこうと準備していました。

20年前の1997年9月6日(天暦8月5日)亨進様栄進様の祝福をとおして真のお父様が完成期の立場に立たれて、第四次アダム圏時代が出発したように、今回、亨進様国進様の絶対信仰をとおして、孤独な立場におられる真のお父様の解放がなされるのではないかと自分ながら考察していました。

その20年前のとき、私はアメリカ、ニューヨークで行われたその祝福式に参加させていただいていました。厳かで晴れやかな祝福の式典の雰囲気を忘れることができません。

最後の男の子女様が祝福を受けられたことを通して、お父様が完成基準である第四アダムの立場に立たれたことを聞いていました。まったく自分がなく祭物としてなられた子女様の信仰の姿によって、お父様が次の段階である完成期のアダムとなられたわけです。

それはイサクが祭物となってアブラハムが勝利したように、亨進様と栄進様のお姿は神様がとられる条件となりました。
今回の特別行事挙行にあたり、亨進様国進様がどれほどの精誠の条件を立てられたかは想像することのできない大変なものであると思わされました。

IMG_1639.jpg


23日、当日を迎えて、サンクチャアリ教会の礼拝堂の中に入ると「天地人真の父母様天宙完成祝福聖婚式」の垂れ幕の看板がかかっています。その内容がはじめて明らかに知らされ、真のお父様の天宙完成の祝福聖婚式であることを目の前にした感動は忘れることはできません。すぐにメールで日本にいるこちらの教会の会員にメールで知らせました。

式典の一つ一つは神様が喜んでおられ、全被造物がよろこび、感動している心情をどう表現すればいいのかわかりません。このようなまさに歴史的で天宙的な式典に参加させていただきひたすら、感謝するものです。

IMG_1706.jpg


式典が終わって、午餐会が行われました。最後、二代王様を中心として天一国国歌を歌っているときに、真のお母様の隣で大粒の涙を流しておられた国進様のお姿をみて、涙がこみ上げてきました。真のカインアベルがおられたがゆえに堕落したエバを真のエバ、真のお母様として復帰されたその勝利の実体を目の前で拝見させていただき再び感動しました。

二日目の25日は礼拝と亨進様ご夫妻の祝福聖婚式の20周年記念日です。そのことを礼拝の最後のみことばのときに語られました。

IMG_1786.jpg


三日目は朝5時からのキングスレポートに参加です。毎朝、5時から8時まで行われ、繰り返される行事は天宙を動かす精誠の条件であることを思わされます。
その日の夜11時から亨進様の誕生祝賀会が行われました。翌日の午前1時までと予定はなっていましたが、4時過ぎまで行われました。

IMG_1823.jpg


最後に真のお母様が日本語で日本のシックにむけてみことばをくださいましたが、参加していた方で涙をしなかった人はいませんでした。まさに真の父母様が愛してくださっている時間であったことを痛感し感動の涙を流す最後の時間となりました。

IMG_1922.jpg


今回、天地人真の父母様天宙完成祝福聖婚式に参加するに当たり、氏族的メシヤ王権即位式での王冠をしての参加という条件がありました。

今年の一月一日の入宮式のときに氏族的メシヤの王冠摂理が語られていましたが、先にカイン圏に条件を立たせてその条件をもとに真のお父様の天地人真の父母様の天宙完成祝福聖婚式を勝利させる神様の戦法であり、サタンが屈服せざるを得ない基台をつくられての行事であること気づかされました。

IMG_1792.jpg


ですので、その王冠摂理がいかに重要であったかということが今更ながら悟る者です。そして、次はその氏族的メシヤの王冠を単に被るという段階から実体的な基盤を中身のあるものにしなければならないと痛感しました。具体的な数的基盤を作らなければならないと実体復帰、氏族的メシヤの完成、祝福の完成を私たちも勝利しなければならないと思わされました。氏族的メシヤの勝利はイエス様の解放であり、12弟子、72門徒の復帰でありますので、84数復帰が最低の基準ということになります。具体的に意識して明確にして取り組みたいと思います。

真の父母様が孤独な立場から、本然のお姿となりましたので本当に神様が喜ばれ、真のご父母様が、全被造物が喜んでいるこのときに、勝利できないはずはありません。

今回、特にそのことを意識して、1260日の期間以前において完全な氏族的メシヤの王冠としなければならずそのための体制と方式を早急に準備して必ず勝利すると決意して日本に戻ってまいりました。

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR