家庭連合教会前でのチラシ配布に異論

DSC00981.jpg


家庭連合教会前でのチラシ配布に異論

家庭連合にいる方々を救い出さなければならないという観点から、教会の前でチラシを配布することはどうかと思っています。

それは伝道するということよりも、家庭連合側を挑発する行為となり、教会長や婦人部長に感情的に行動するキッカケを与えてしまうからです。
そして、むしろサンクチュアリに対する対立感情が強くなって、思想的矛盾を超えて、感情から反対する姿勢を強くするようになってきます。そうすると下にいるシックに対してかえって強く主管して、戻ることのできないような体制を強化するようになるのは明らかです。

沈みゆく船の扉を固くしめるようになって、脱出するにもできないような状態になってしまいます。沈んでいく船に向かって機関銃を打ち込んでいるようなものです。それでは出るにも出れなくなります。

今は4300双祝福が天命であると思いますので、そのための行動が必要であって、教会の前でチラシを配布して、そうなるとは思えません。もしそれで伝道し、祝福ができているならばブログ等で紹介して欲しいと思います。

私は1970年代、勝共を担当していました。一人で共産党の県本部の前でも何度も共産主義の間違いを情宣カーの上から訴えていました。しかし、それは共産党の人を救おうと思ったからではなく、自由を守る人々を結束させるためでした。

家庭連合の教会の前でチラシを配布することに対して、こちらは攻撃や嫌がらせと思っていなくとも、相手はそう思っています。自分がその立場であったなら、当然そう思うからです。

現在、イスラム教の中でシーア派とスンニ派の対立は深刻で、戦争と殺戮を繰り返しています。今から対立するならば将来において、家庭連合とサンクチュアリはそのような形態になることでしょう。

家庭連合のシックを救い出すとするならば、感情的な対立をあえて、起こさないで、静かにひとりひとりをたずねながら、導き出す戦法としなければ、サンクチュアリの発展もないと思います。

迫害を受けてこそ、伝道は進みます。迫害と犠牲の中で神様は基盤を拡大してきました。
ですから、こちらから攻撃をかけるのではなく、家庭連合からの攻撃を待つようにすることの方が得策と思います。

石垣を外せば、城は崩壊します。
人は石垣ですので、ひとりひとりを導くならば、家庭連合は自然と崩壊します。
4300双祝福を勝利するときに、家庭連合は崩壊すると思っています。




入会して53日目で教会を開設しました

P1040804_2017011004475850f.jpg


53日目で教会(拠点)を開設しました

昨年11月30日のサンクチュアリ大分教会のブログからの引用です。

夕方7時すぎに駅に到着し、車の中、またファミリーレストランで夜12時まで話をしました。途中で一人の婦人が加わって3人で真のお父様の心情をたずねながら、今の現状を嘆いて、時間の立つことも忘れ、語り合っていました。
そして、二人はサンクチュアリに入会しました。電話があってから9時間後でした。

昨夜は奇跡的な出会いでした。

そして今日、昨夜サンクチュアリに入会された二人の婦人が、祝福を受けられました。
ビジネスホテルでの祝福式です。
泊り客以外の方は入室できないという規則があり、まさに盗人のように入りながら、祝福を受けられました。

二人共、本心の叫びを聞きながら、呻吟する思いで、この時を待ち望んでいたようでした。
主礼をされる亨進様御夫妻の姿を見られて、その謙虚な姿、笑顔で祝福する姿に感動されていました。「これでとてもすっきりした」と感想を述べておられました。

私は受けられた二人の姿がとても力強く、これから伝道し、先駆者となると決意されるのを見て、サンクチュアリが家庭連合を超えるのも早く、真のお父様が願われる本来の体制がここに出来上がるであろうと思わされ嬉しくなりました。


以上の内容は昨年の11月末の出来事でした。

そのあと、12月になってその町で先のお二人の紹介で10数家庭がサンクチュアリの祝福を受けられ、教会としての拠点が必要となって、その準備を進めてきました。

そして、1月20日ちょうどトランプ大統領就任式の日、その町にサンクチュアリの拠点となる教会の館が開所されました。

出会って入会して、53日目のことです。

トランプ大統領就任によって自由の革命がアメリカで始まり、これから世界に向かって展開されるようになると思います。
この小さな町のサンクチュアリ教会の開設、ここからまたサンクチュアリの革命が起こることになることを確信しています。

そして
なぜ、53日という短期間で拠点を開設することができたかと考えると

1. 最初に立ち上がった婦人の意識が高く「先駆者となる」と決意していたこと

2. 祝福を受けられた方々が心情的に結束していたこと

3. 教育の場所が必要と切望していたこと

4. 中心的三人の基台が立って、会計担当者を決めたこと

5. 方向性が明確になって将来において希望を持つことができたこと


などが挙げれます。
決して、指示とかしたわけではなく、自主的に行動しています。多くの方々を受け入れる心情と器が具体的に準備出来ました。

教会(拠点)ができることを通して、祝福がいつでもでき、教育が進み、打ち合わせや茶話会を頻繁に気を使うことなくできるようになります。何よりも主体性が発揮されるようになります。

これから、さらに発展することは間違いありません。

それに比例して家庭連合は滅びるようになるでしょう。

IMG_20170122_091128.jpg

IMG_20170122_090613.jpg

IMG_20170122_111857.jpg



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

会計報告の必要性と家庭連合の欺瞞性

DSC00974.jpg


会計報告の必要性と家庭連合の欺瞞性


1. 教会は天使長の立場である

アダムとエバを保護して、教育して、命の母体である神様に連結させる使命を持っていたのが天使長に立場でした。
天一国の主人である各家庭を神様と真のお父様に繋げる役目が教会であると言うことになります。

中心は神様であり、真のお父様からの生命が各家庭に流れるようになります。教会は家庭を保護し、援助するためにありますので会計を透明化して、全家庭に状況を知らせる義務があります。それによって各家庭は自信をもって、神様と真のお父様につながることができます。

真のお父様のみことば
 神様は生命の母体です。父母はその子供の生命を育ててくれるというのです。生命の母体であり、愛の母体であり、保護の母体です。生命を保護してくれ、育ててくれ、愛してくれるというのです。それゆえ、幸福はどこから出てくるのでしょうか。保護圏が成立しなければ命が危機にさらされるのです。

命が危機にさらされると愛も成立しないのです。今死ぬというのに愛が成立することができるでしょうか。できないのです。それゆえに保護圏がなければならないのです。それで保護圏を造りましたが、保護するのは誰かというと天使長だというのです。

アダムとエバは生命の起源であられる神様から生命を受けて、天使長の保護を受けて愛の教育を受けている途中だったのです。
 天聖経 天使がなぜ人間の救いに加担するのか


2. 天一国主人は各家庭です

主人である各家庭のからの献金で運営される教会の会計を報告するのは当然であって、しないという理由は見つかりません。透明化する責任があります。

教会は家庭教会を本当の主人、王とするためにつくられた拠点ですので、そのために活用している会計を報告するのは当たり前ということになります。

真のお父様のみことば
天使長はアダムとエバのために創造されたのです。アダムとエバの父である神様が天使を創造した目的は、アダムとエバのためだったのです。 天聖経 天使がなぜ人間の救いに加担するのか


3. サンクチュアリ大分教会では

真のお父様のみことばと二代王様の理念をもとに、会計を透明化しています。先日もスタッフの打ち合わせの時、合同礼拝の時と、全体に細かく報告しました。きちんと管理されて、問い合わせがあればいつでも応えられるようになっています。

また、教会の祈祷室にはある程度の間、その表を貼り出して、誰でも確認できるようになっています。

IMG_20170114_125544_1.jpg


4. 家庭連合はなぜ会計報告をしないのか

思想が間違っています。
家庭連合では主人は教会であり、本部であって完全な中央集権体制で管理しています。
各家庭やシックは下僕の位置において考えています。だから、いつまでも献金を強制する体制が続いていきます。

本部や公職者、教会の維持のためにシックを奴隷のように扱って、体制を守るために経済を強要し、報告することはありません。
それは独裁体制であって、真のお父様の思想、理念ではありません。会計報告をすることはありえません。サタンの思想と体制だからそうなのです。

滅びる日も近くなってきています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭教会の目的とトランプ大統領の就任

P1040783_201701100433050ef.jpg


家庭教会の目的とトランプ大統領の就任

2017年を迎えて、新しい時代となっています。
これからの方向性をどのようにすればいいのかと考えておられる方も多いのではないかと思います。今の時において、どのように行動し、伝道、教育を進めていくのかという点を自分なりに探ってみました。

トランプ大統領の就任によって、新しい革命が始まりました。真のお父様と亨進二代王様が喜んでおられ、天の摂理が急速度で展開されることを感じています。
そこに焦点を当てて、天の摂理にどうすれば同参することとなるのかを考え、行動せねばと思います。
それは家庭教会の摂理をお父様のみことば通りに実践することを通し、成就するのではないかと考えました。

真のお父様は既に40年前から天国創建のビジョンを明確に示して下さっていました。サタンからどうすれば人類を解放することができるかという具体的な方策がありました。それが家庭教会でした。


1. 家庭教会とは

真のお父様のみことば
一九七六年のワシントン大会を中心として、その峠をこすことによって、外的蕩減条件をアベル圏に立たせることができました。それによって、それを中心として、故郷に帰る時代に入るのです。先生自身もそうなのです。先生自身も故郷に帰る時代に入るのです。結局、弟の立場であるアベルが兄さんの立場に立った時、カインは弟の立場に立ち、逆ですね、そうなることによって、神、直接主管圏がなされるというのです。わかりましたか。 1978.9.22 故郷に帰りましょう

それでは、ホーム・チャーチというのは一体何でしょうか。先生が世界的に勝利した、あらゆる氏族、民族、国家的基準を統合して縮小した、世界を代表した縮小基盤であるというのです。それは世界の主権を縮小した基盤であり、世界の人種を縮小した基盤であり、各民族を縮小した基盤です。ですから、ここにおいて勝利した場合には、カイン圏の家庭ばかりでなく、民族、国家、世界にまで通ずるというのです。1978.9.22 故郷に帰りましょう

1976年10月4日の天勝日の宣布によって、世界的カイン圏を復帰されたお父様は世界的な長子の立場を勝利され、アダムが完成された立場を復帰されました。
そのことによって、堕落によって分断されていた霊界と地上界が、アダムが堕落してない立場を勝利したのでひとつとなることができ、神様と霊界が地上に働くことのできる条件が立ちました。

そのことの恩恵をシックに与えてくださったのが家庭教会でした。


2. 家庭教会の目的

真のお父様のみことば 
皆さんは天国に入ろうとするならアベルとして弟として、兄を屈服させなければなりません。そして長子権を復帰しなければ、父母に侍ることができないのであります。堕落によって、カインが長子の立場に生まれましたが、それを解消するために、次子の立場において、世界を代表した長子圏を一度に屈服させるのです。

先生を中心にして、世界史的な舞台において勝利したために、その勝利の心情を受け継いで、皆さんにおいては三年半という期間で、この世界を代表したカインを屈服させることができるのであります。皆さんは真の父母の息子、娘であり、アベル的な立場に生まれたのであります。そして、霊的な意味において、完全に勝利の基盤を立てたために、実体圏をもつことができるのであります。

旧約時代のように、僕の僕の立場から、僕の立場から、養子の立場、実子の立場を経て、父母の立場を再現していく道が、ホーム・チャーチの活動なのです。言い換えれば、神の前に歴史的、世界史的長子復帰の世界史的なすべてを、一時に蕩減することのできる一つの祭壇がホーム・チャーチなのであります。
  777双祝福8周年記念 1978.10.22

ホームチャーチは、神と真の父母が人類に与えた最高の贈り物です。それは過去において未来においても、けっして存在しない最初のものであり最後のものです。あなた方はホームチャーチの贈り物を受けました。それを果たすことによって、あなた方は真の息子・娘になるのです。ホームチャーチは、あなた方自身を真の息子・娘にする容器なのです。

私は、この贈り物があなた方に与えられるためには、六十年の全生涯を準備してきました。あなた方は、それを相続し、完成しなければなりません。ゆえに、ホームチャーチに対して、真剣に祈らなければならないのです。
 1979.4.15 祈祷の重要性

真のお父様が地獄の中から出発されて、世界的なカイン圏を愛で自然屈服されて、長子の位置を勝利されたことのすべてを私たちに与えてくださることが目的でした。
そしてそれはサタンから全人類を解放するための神様の摂理でありました。


3. 家庭教会での伝道

真のお父様のみことば
父母の心情でホームチャーチの人に対し、子供を愛するように愛して祈るのです。人々は地獄で苦しんでいます。あなた方の心はそのことに対して、どれだけ心配し、嘆いているでしょうか。もし、あなた方が彼らに対して親としての心情をもっていないとするならば、それは大きな問題です。あなた方は心を開いて、ホームチャーチの人々に対して父母の心情をもたなければなりません。1979.4.15 祈祷の重要性

あなた方がホーム・チャーチの地域で受ける迫害は劇的なものです。それは、劇的であればあるほど良いのです。殴られて追い出される、殴られて倒れる、あるいは死にそうになる。そういうことが繰り返されている間に、あなた方はホーム・チャーチの地域全部を復帰してしまいます。あなた方は、それを全部、勝ち取ってしまうでしょう。 1980.2.21 神の祖国

まず、伝道対象者を父母の心情で祈ることが必要です。
そのことによって、多くの天の知恵が与えられ、行動することができます。
目的はまず、祝福です。サンクチュアリの伝道において、障害は全くありません。恐れることなく、堂々と伝道できるのは亨進二代王様の勝利の恩恵であることを痛感しています。


4. 家庭教会での教育

真のお父様のみことば
ホーム・チャーチにおいて涙を流しながら、汗を流しながら、すべての一心の誠意のこもった愛を集中し、その360軒のメンバーたちが自分の親より、自分の夫より、自分の妻より、自分の子供より尊く君たちを尊敬するような環境までにするには、それは易しくありません。それには原理を教えて。原理がわかればすぐわかるよ。原理を教えないと絶対に難しい。だから何をするにもホーム・チャーチでやりなさい。ホームチャーチと八段階復帰路程 1981.11.13

悪の天使長の偽りのことばでアダムとエバが堕落しました。善の天使長として霊の親は原理を語る必要があります。原理講義をしない限り価値転換はされませんので、神様と真のお父様をあかしする原理講義を徹する必要があります。

人間はだいたいひとりずつ産んで育てるようになっています。霊の子女も一人ずつ確実に伝道しながら原理教育を霊の親がやっていくことをとおしてお互いに成長できると思います。
今、大分教会ではスライドでの原理講義案をパソコンで行っています。簡単に誰でもできる方法です。

5. 家庭教会の繁殖

皆さんはホーム・チャーチをすべきでしょうか。しなくていいでしょうか。(すべきです)。皆さんはそこで神の自由圏を守らなければなりません。そうすれば、そこから本来の神の愛が始まるでしょう。ホーム・チャーチを通じないでは神の愛を地上の現実的世界に展開させることができません。1982.5.1 自分を守ろう

祝福を受けて、原理教育を受けたシックは家庭教会として新たに出発します。神様の自由を拡大し、国民に真の自由を与えるために。

なんの躊躇もなく前進できる環境がサンクチュアリには準備されています。
ここから本当の天一国が始まることを確信しています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭教会、四段階伝道の方策

P1040846.jpg


家庭教会、四段階伝道の方策


伝道をどのようにするかということ、教育をどのようにするのかということの方向性をある程度明確化する必要があります。
大分教会で伝道教育に対して行っていること、やろうとしていることを記してみたいと思います。
伝道の四段階としました。

第一段階
霊的な伝道
まず自分がアベルの立場に立つために伝道の対象者を明確化することが必要です。
伝道対象者がカインの立場となるため、その伝道対象者を明確に意識しない限り、アベルの位置に霊的に立つことができません。
誰をどのように愛することとするのかという計画と結果を毎週自分で確認することが重要です。
そのために自分で伝道推進カードを作成して、行動計画とその確認を繰り返すようにします。
霊界が同情せざるを得ない深刻な祈祷がまず、必要です。そして継続しなければ簡単には霊界の協助はありません。

第二段階
実体的な伝道
具体的な行動が必要です。真のお父様のみことばを地上で実践できることを感謝して、億万の霊界の人々を代理する心情で、行動をおこすことが重要です。
行動の最終は祝福です。亨進二代王様の祝祷を受ける祝福を与えることをこの段階の目標とします。そのためにあらゆる行動をおこします。
教会ではいつでも祝福できるようにしています。

第三段階
教育の段階
原理教育を行うことを徹底するようにします。そのやり方は伝道した霊の親が原理講義案のスライドを使いながら行うようにします。
教会ではできるようになっていますが、各自がそれぞれ原理講義案をもって、タブレットなどを活用しながら、原理講義を実践するようにします。
そして、祝福の意義と価値、家庭教会摂理の講義をまた、行うようにします。スライドになっていますので誰でもできるようになっています。
基本的に霊の親がひとりずつ教育して育てるというスタイルとします。その時に親子の心情因縁が強く結ばれて、神様の愛と心情の拡大がなされていくようになります。

第四段階
完成段階
神様の完成実体としての生活が必要となります。そのために訓読会を実施しながら、11条生活、家庭礼拝を守る生活を行うようにします。
天一国の基地としての家庭を完成させるために、真のお父様のみことばと伝統を確立する体制を築くようにします。
そして、伝道師として、また原理講師として再び第一段階から霊の子を求めて実践するようにします。
そして真の家庭教会は拡大します。



私たちは地上にいる間にどれだけの人を天国に導いていくことができるかが人生の目的ですが、今それが簡単にできる時代を迎えていることを痛感いたします。
それは真のお父様が完全に勝利され、そのレールを敷いてくださっていて、その機関車として二代王様が強く引っ張ってくださっているからです。
そしてサンクチュアリしかそのことを成就することができません。


かつて水沢里の講堂の黒板に真のお父様が書かれた文字があります。
「私は何人を天国に導いて行くや!!!」

今年2017年、何人を導くかの目標を明確にして出発したいと思います。

IMG_20170114_020200.jpg


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

キリスト教禁止令から430年目を迎えた今年、2017年

P1040804_2017011004475850f.jpg


キリスト教禁止令から430年目を迎えた今年、2017年

先日、1月9日に長崎島原の日本キリスト教史研究家の宮本さん御夫妻とお会いして、色々と交流することができ、お互いに有意義な時間を過ごすことができました。

その時、教えていただいたことは、バテレン追放令(キリスト教禁止令)が1587年7月に発令されてから今年で430年を迎えることになるという重要な内容でした。

特に大分ではキリスタン大名、大友宗麟公のもとでキリスト教徒の方々がキリスト教国を目標として、伝道に邁進して県下に数多くの信者を抱えていました。その大友宗麟公が1587年6月に没して一ヶ月後に、そのキリスト教禁止令は豊臣秀吉によって発令されました。

その時から今年で430年です。その間、どれほど苦難の路程を歩まれた日本のクリスチャンの歴史であったでしょうか。
迫害の歴史のみの日本のキリスト教徒たちは今、解放の時を迎えました。

アダムとエバが本然の立場に立ったとき、霊界と地上界は統一されます。今回の天一宮入宮を勝利された亨進二代王様の勝利によって、その位置が完全に復帰され、霊界の全面的な協助を受ける時代が新たに迎えています。

まして、日本においてはキリスト教の迫害歴史は430年を迎えて、解放の時を迎えました。霊界の強烈な協助を受けることのできる条件が立っています。
再臨のイエス様を求めて、生命を捨てていかれたクリスチャンの心情を代弁しながら、4300双祝福伝道に邁進しなければと思います。

迫害され、ふるさとを捨てて、山野を逃げ回りながらも厚い信仰を立ててこられたクリスチャンの人々からするならばなんと恵まれた立場でしょうか。

真のお父様のみことば
だから、転換をするには最大にしなければならない。それは前にもあとにもない最後の闘いなのである。神様が深刻であり、イエス様が深刻であり、先生が深刻であり、イエス様の霊界が深刻であり、そして統一教会の皆さんが深刻になっているのである。

そうなると霊界がついて歩きながら業をなす。理輸的にそうである。キリスト教を信じて霊界に行った人々が、協助する。これからはキリスト教が反対する時は長く続かない。

み旨と世界 p477

統一教会を愛され、投入された真のお父様です。また、家庭連合の多くの公職者、シックはそのお父様の心情に応えて苦労の道を歩んできたと思います。
迫害されても信仰を貫いたクリスチャンのように。

今、サンクチュアリは家庭連合を救わなければならない使命があります。
対立を招くことなく、一人一人をとことん愛する闘いが必要であると思います。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

2017年1月1日 天一宮入宮式参加の感想と報告

P1040890.jpg


2017年1月1日 天一宮入宮式参加の感想文
              大分教会  阿南信義

天一国天一宮入宮式に参加するできた恩恵に心から感謝申しあげます。

今回の入宮式で時代は大きく変わるということは伺っていましたが、どんな意味があるのかを自分なりにたずねてみました。

昨年の10月30日の先祖解怨祝福式のとき生まれる前の子女たちの解怨がなされた事を通して二代王様の勝利がさらに確立されたと思いました。

それは真のお父様が1976年10月4日に天勝日を宣布されたのはちょうど40年前でした。その勝利は2000年キリスト教の勝利であり、6000年の聖書歴史の勝利となって、堕落したアダムが完成した立場に立たれました。そのことによって、堕落によって分断された霊界と肉界が統一され、霊界の協助がなされる新たな段階となったそのことを二代王様が蕩減され、勝利されたと感じました。

そしてその時、真のお父様が世界的カイン圏に対する長子権を勝利されたその位置をアメリカに追放された亨進様が4年の歳月の中でイエス様の恨、真のお父様の恨を蕩減されて、神様の同情せざるを得ない基準を立てられたと思いました。

1月20日のトランプ氏の大統領就任式の前に、大統領を守らなければならないがゆえに、亨進様ご自身がその前に条件を立てるべき行動されたのが、今回の入宮式であることは聞いておりました。
大統領の危険を回避するためにあらゆる精誠の条件を立てられる亨進二代王様です。

単に館を移動されてというわけではないとてつもなく重要な天の摂理があり、人類の救済摂理の根本が新たに出発する貴重な式典であると感じました。

P1040746.jpg

CIMG3252.jpg

天一宮からの風景

晴天に恵まれた入宮式

1月1日当日、青空のひろがった最高の天気の中で、11時から亨進二代王様御夫妻が入宮されました。その後を國進様御夫妻が続かれ、子女様達が入宮されました。

最初にテープカットが行われましたが、世界から13名がハサミをもってされることになっていました。私も江利川会長の代理として行うこととなっていましたが、予定にはなかった影山さんもその式典に参加できました。天一宮の扉を開くテープカットです。その場に日本から二人が参加できたことは意味あることで良かったと思いました。

s-014.jpg

入宮式テープカット



その後、亨進二代王様の祈祷がありました。
小高い山の上にある天一宮の眼下に見下ろす風景は天正宮の風景を彷彿させます。その中で祈られる亨進様の祈りはとても崇高な心情を天の前に涙ながら供えられました。その隣で國進様も涙を流されておられたと幾人かのシックが語っているのを聞きました。

unnamed.jpg


その亨進様の祈祷の内容の一部です。

天のお父様、お父様
ここ天一宮入宮式、三代王権、三大州世界を主管し見渡す、ペンシルベニア州、ニューヨークとニュージャージが一つとなり全ての世界の中心点となり、アボジ(お父様)の王権とアボジの血統と神様の血統と精子が天上創建された三代王権が今日ここ天一宮王宮入宮式を挙行できることを感謝申し上げます。

天下万物と全ての世界の全ての宇宙の創造世界があなたと共にここに有って、聖霊の役事と154 (お父様が聖和された時間のこと)聖和の役事を受け継ぎ荒野路程を経ながら、全ての世界の迫害と嘲笑を受けながら、あなたが立てた三代王権とカインとアベルは全てのものを捨ててもあなたを捨てずあなただけに従い深い山の荒野から、ついに天一宮入宮するようになりました。

全てのサタン世界があなたの勝利圏と完成完結完了圏を消し去ろうとしても悲惨なる歴史の前にあなたが聖和されたすぐあとに韓氏オモニの悲惨なる役事により全世界が審判と、全世界が滅亡の道を行ったので、全ての祝福家庭も混乱に陥り、地獄の道に歩む悲惨なる歴史をご覧になり涙を流され、お父様の摂理歴史が停まったと思いましたが、あなたが立てた三代王権とあなたがたてたカインとアベルが全ての事をかなぐり捨てて、あなただけ信じてあなただけに従い、サタン世界のあらゆる弓矢を受けても、あなたを勝利、あなたの胸に抱かれながら、爆発する涙を流しながら自然が我々の友となり、熊と鹿と一緒に栄光の賜物を歌いながら、あなたの驚くべき愛と自然世界を私達にくださったので、そのような悲惨な胸の中と心情を慰労してくださり あなたの恩恵で残るようにしてくださったことを心から感謝いたします。
 2017.1.1 入宮式 亨進様祈祷抜粋


そのあと、亨進二代王様が揮毫を書かれました。「天一宮」という文字です。その一字一字に込められた天の心情はとても深く、天正宮を蕩減復帰された亨進二代王様の勝利を祝福する天の心情を感じました。力強い文字の形は真のお父様の書かれたかのようなそっくりな文字でした。また傍らで國進様の愛の眼差しで見守られる姿がとても印象的でした。

P1040783_20170110045139eaf.jpg


P1040785-001.jpg

亨進のみことばは最初、韓国と日本のシックが来ているということでハングルで語られましたが、極めて厳しい内容でした。「真のカイン・アベルが荒野の山の中で天一国国歌を歌いながら涙で祈祷を捧げていた時にあなたたちは何をしていたのか」とその心情を吐露され、お父様の悔しい心情の世界を訴えられました。
その後の英語によるみことばはあらかじめ記された内容を述べられました。
ミクロコスモスとマクロコスモスの内容や天一国の理想を語られます。あなた方は王様の立場であると天一国のあり方を語られました。希望と理想の世界に対する世界的な発表でした。
詳しくはまた、文章にされると思います。

2017.1.1亨進二代王様のみことば 抜粋
皆さん! みなさんが王と女王です。 みなさんが神様の宮を守る人々です。このお父様の家を守る人々です。 (許可なく)誰も訓読会や公的な席に入って来ることは出来ません。 ここに集まっている食口のみなさんの招待なしに入って来ることはできません。皆さんはここに対する権限がありますがその責任もあります。 みなさんはこの責任に対して間違って使われないようにお願いします。 ひとえに、責任は天のお父様と真のお父様のために使われなければなりません。 みなさんは天一国の王と女王です。 そして真のお父様の代身者であると同時にメシアの相続者、再臨主、王と王の相続者として、このようにして、皆さんの前に神様の直系の血統、三代王権がこの歴史上に立つようになりました。 王の王として立つようになりました。 (拍手)

人類歴史上、皆さんの王として私たちは三代王権が立つようになりました。 (拍手)
みなさんがこれから天一宮を尋ねて来られる時は、みなさんがこの王冠をかぶらないといけませんね。 みなさんの栄光のためではなく、皆さんが分からなければならないことは、王の王である真のお父様のためにすべての賞賛と栄光をお父様に捧げるためです。 天一宮は、今天にいらっしゃる真のお父様にお捧げ致しました。
お父様、あなたの王権が来ました。


P1040803_20170110044602584.jpg


P1040804_2017011004475850f.jpg


午後からは午餐会です。30名程が世界を代表して参加をしました。イエス様の時の最後の晩餐会は有名ですが、このときは天一国の天一宮が出発して最初の午餐会です。江利川会長のご配慮もあり、日本からの私と影山さんも参加させていただきました。歴史的な出発にそこにいた事実は永遠に記憶されることを思うと恵みであると同時に責任を痛感する時間でした。

P1040911.jpg


翌日は朝3時45分にホテルを出発して、5時からの訓読会に参加させていただきました。
昨日、午餐会を行った部屋をネット配信のスタジオとされて、開始されました。
その訓読会はネットで世界配信されます。
亨進二代王様が世界的カイン圏を愛され勝利された真のお父様の立場を相続された立場から、神様のみことばを直接に伝えられ、世界人類を愛するとともに、サタン的天使長たちを分別することのできる具体的な段階を迎えたことを感じました。
これからの復帰摂理が今までとは格段に違った段階となってきたことを痛感させられました。
亨進様の発想と行動が極めて早く、天一国創建が具体的であることを思うとき、私たちの行動と発想もそのように今までとは違う段階で展開する必要のあることを感じます。

DSC00974_201701100505588e8.jpg

DSC00981_2017011005070314a.jpg



天一国の天一宮が地上で決定したことを通して、天一国の始点、基点が確立されました。
これから勝利圏を相続された亨進二代王様に対して更に、神様と真のお父様がそして全霊界の善なる霊人、天使たちが協助できる体制が確立したことを確信致します。

三代王権を信じてひとつになっていく私たちの行く道においても、その霊界の援助があることを知っていますので、なんの躊躇もすることなく、前進せねばならないと決意を新たにさせられました。
この式典のために亨進様、國進様がどれほどに精誠をもって準備をされたことを思うと感謝しかありません。

歴史的な2017年を迎えたこの時、神様と真のお父様の勝利の恩恵から出発できたことは世界人類に与えられた恩恵であり、特権であると思います。
今回、江利川会長や日本のサンクチュアリシックの皆様の祈りの協助の中で、参加できたことに改めて感謝致します。
これから希望と勝利の一年とすべく、あらん限りの精誠をもって頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。

s-091.jpg

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

天一宮入宮式と國進様のお姿


P1040761.jpg

1月1日の天一国二代王入宮式を勝利された國進様のお姿がとても印象的で忘れることのできない感動として心の中に残っています。
11時から二代王様が入宮されますが、その数十分前から國進様御夫妻は一般のシックと同様に外で待っておられました。

P1040771.jpg


テープカットの後、二代王様が深く祈祷され涙される傍らでともに涙を流されておられた國進様です。

揮毫を書かれるその横で見つめておられる國進様のお姿は、なにか愛の心情を感じてなりませんでした。ここまでの厳しい道のりを振り返っておられるような、安堵されたような、なんとも言えない愛の眼差しでした。

P1040785-001.jpg

2012年6月5日四次元入籍宣布の時、真のカイン・アベルが勝利したと真のお父様が宣言されてから4年と210日目になるのが2017年1月1日でした。

P1040889.jpg


真のカイン・アベルが完全に勝利して神様と真のお父様が垂直に働くことのできる拠点、基点が立ったことを通して、天一国の道が飛躍的に具体化する時を迎えたことを実感しています。

CIMG3252.jpg

P1040746.jpg


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

王国のスタイル

王国のスタイル


1月2日
今日は朝、5時から訓読会です。
何が真実であるのかをあからさまに、世界に配信されます。

DSC00974.jpg



約2時間半のネット配信のあと、参加したシックと何の隔たりもない交流のひとときです。

DSC00983.jpg



夜明けの外、冷気の中でも親交されます。

P1040952.jpg




天一国の姿はどのような雰囲気であるのかが示されています。真のお父様を王の王として
深く、交わる真の人間関係がそこにあります。


P1040760.jpg

普通の家より少し大きいだけの建物ですが天一宮として神様が決定されました。
右端の部屋が訓読放送スタジオです。ここから全世界に二代王様のみことばが毎日発信されます。

天一国の出発の基点が立って具体的に出発したことを実感する一日でした。



レイクサンクチュアリです。
P1040984.jpg


レイクサンクチュアリから見た湖

P1040994_201701031742563d3.jpg


前の湖は氷と雪でで覆われていました。
前の湖を眺められながら、神様と真のお父様の悲しみの涙を慰めてこられた、亨進二代王様の流された涙がどれほど深刻なものであったかを思わされました。



与えられた責任を自由の中で勝利したいという心情に強く促されています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

天一宮入宮式で新しい歴史的出発がなされました

天一宮入宮式で新しい歴史的出発がなされました。

2017年1月1日午前11時より天一宮入宮式が執り行われました。
亨進二代王様御夫妻の入宮です。
P1040777.jpg


テープカットのあと、亨進二代王様が揮毫をなされました。
P1040785.jpg


亨進二代王様のみことばの時間です。
P1040804.jpg

P1040806.jpg

そのあと祝祷をなされました。
前に立っておられるのは信俊様です。
P1040842.jpg


億万歳の前の笑顔です。
P1040864.jpg


記念写真の二代王様御夫妻と國進様御夫妻
P1040890.jpg


カン先生もお元気で参加されました。
P1040911.jpg


2017年1月1日が日曜であることは単に偶然でそうなったとは思えません。また、快晴に恵まれた天候もそうです。
これからの新しい出発において、天の基点が明確になったことを通して、更に、天運到来のときであり、天一国創建が
より早くなることを痛感しました。
今回、参加をさせていただき、恵みに感謝するとともに決意を新たにいたしました。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

プロフィール

sanctuaryooita

Author:sanctuaryooita
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

       sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR