キリスト教禁止令から430年目を迎えた今年、2017年

P1040804_2017011004475850f.jpg


キリスト教禁止令から430年目を迎えた今年、2017年

先日、1月9日に長崎島原の日本キリスト教史研究家の宮本さん御夫妻とお会いして、色々と交流することができ、お互いに有意義な時間を過ごすことができました。

その時、教えていただいたことは、バテレン追放令(キリスト教禁止令)が1587年7月に発令されてから今年で430年を迎えることになるという重要な内容でした。

特に大分ではキリスタン大名、大友宗麟公のもとでキリスト教徒の方々がキリスト教国を目標として、伝道に邁進して県下に数多くの信者を抱えていました。その大友宗麟公が1587年6月に没して一ヶ月後に、そのキリスト教禁止令は豊臣秀吉によって発令されました。

その時から今年で430年です。その間、どれほど苦難の路程を歩まれた日本のクリスチャンの歴史であったでしょうか。
迫害の歴史のみの日本のキリスト教徒たちは今、解放の時を迎えました。

アダムとエバが本然の立場に立ったとき、霊界と地上界は統一されます。今回の天一宮入宮を勝利された亨進二代王様の勝利によって、その位置が完全に復帰され、霊界の全面的な協助を受ける時代が新たに迎えています。

まして、日本においてはキリスト教の迫害歴史は430年を迎えて、解放の時を迎えました。霊界の強烈な協助を受けることのできる条件が立っています。
再臨のイエス様を求めて、生命を捨てていかれたクリスチャンの心情を代弁しながら、4300双祝福伝道に邁進しなければと思います。

迫害され、ふるさとを捨てて、山野を逃げ回りながらも厚い信仰を立ててこられたクリスチャンの人々からするならばなんと恵まれた立場でしょうか。

真のお父様のみことば
だから、転換をするには最大にしなければならない。それは前にもあとにもない最後の闘いなのである。神様が深刻であり、イエス様が深刻であり、先生が深刻であり、イエス様の霊界が深刻であり、そして統一教会の皆さんが深刻になっているのである。

そうなると霊界がついて歩きながら業をなす。理輸的にそうである。キリスト教を信じて霊界に行った人々が、協助する。これからはキリスト教が反対する時は長く続かない。

み旨と世界 p477

統一教会を愛され、投入された真のお父様です。また、家庭連合の多くの公職者、シックはそのお父様の心情に応えて苦労の道を歩んできたと思います。
迫害されても信仰を貫いたクリスチャンのように。

今、サンクチュアリは家庭連合を救わなければならない使命があります。
対立を招くことなく、一人一人をとことん愛する闘いが必要であると思います。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

2017年1月1日 天一宮入宮式参加の感想と報告

P1040890.jpg


2017年1月1日 天一宮入宮式参加の感想文
              大分教会  阿南信義

天一国天一宮入宮式に参加するできた恩恵に心から感謝申しあげます。

今回の入宮式で時代は大きく変わるということは伺っていましたが、どんな意味があるのかを自分なりにたずねてみました。

昨年の10月30日の先祖解怨祝福式のとき生まれる前の子女たちの解怨がなされた事を通して二代王様の勝利がさらに確立されたと思いました。

それは真のお父様が1976年10月4日に天勝日を宣布されたのはちょうど40年前でした。その勝利は2000年キリスト教の勝利であり、6000年の聖書歴史の勝利となって、堕落したアダムが完成した立場に立たれました。そのことによって、堕落によって分断された霊界と肉界が統一され、霊界の協助がなされる新たな段階となったそのことを二代王様が蕩減され、勝利されたと感じました。

そしてその時、真のお父様が世界的カイン圏に対する長子権を勝利されたその位置をアメリカに追放された亨進様が4年の歳月の中でイエス様の恨、真のお父様の恨を蕩減されて、神様の同情せざるを得ない基準を立てられたと思いました。

1月20日のトランプ氏の大統領就任式の前に、大統領を守らなければならないがゆえに、亨進様ご自身がその前に条件を立てるべき行動されたのが、今回の入宮式であることは聞いておりました。
大統領の危険を回避するためにあらゆる精誠の条件を立てられる亨進二代王様です。

単に館を移動されてというわけではないとてつもなく重要な天の摂理があり、人類の救済摂理の根本が新たに出発する貴重な式典であると感じました。

P1040746.jpg

CIMG3252.jpg

天一宮からの風景

晴天に恵まれた入宮式

1月1日当日、青空のひろがった最高の天気の中で、11時から亨進二代王様御夫妻が入宮されました。その後を國進様御夫妻が続かれ、子女様達が入宮されました。

最初にテープカットが行われましたが、世界から13名がハサミをもってされることになっていました。私も江利川会長の代理として行うこととなっていましたが、予定にはなかった影山さんもその式典に参加できました。天一宮の扉を開くテープカットです。その場に日本から二人が参加できたことは意味あることで良かったと思いました。

s-014.jpg

入宮式テープカット



その後、亨進二代王様の祈祷がありました。
小高い山の上にある天一宮の眼下に見下ろす風景は天正宮の風景を彷彿させます。その中で祈られる亨進様の祈りはとても崇高な心情を天の前に涙ながら供えられました。その隣で國進様も涙を流されておられたと幾人かのシックが語っているのを聞きました。

unnamed.jpg


その亨進様の祈祷の内容の一部です。

天のお父様、お父様
ここ天一宮入宮式、三代王権、三大州世界を主管し見渡す、ペンシルベニア州、ニューヨークとニュージャージが一つとなり全ての世界の中心点となり、アボジ(お父様)の王権とアボジの血統と神様の血統と精子が天上創建された三代王権が今日ここ天一宮王宮入宮式を挙行できることを感謝申し上げます。

天下万物と全ての世界の全ての宇宙の創造世界があなたと共にここに有って、聖霊の役事と154 (お父様が聖和された時間のこと)聖和の役事を受け継ぎ荒野路程を経ながら、全ての世界の迫害と嘲笑を受けながら、あなたが立てた三代王権とカインとアベルは全てのものを捨ててもあなたを捨てずあなただけに従い深い山の荒野から、ついに天一宮入宮するようになりました。

全てのサタン世界があなたの勝利圏と完成完結完了圏を消し去ろうとしても悲惨なる歴史の前にあなたが聖和されたすぐあとに韓氏オモニの悲惨なる役事により全世界が審判と、全世界が滅亡の道を行ったので、全ての祝福家庭も混乱に陥り、地獄の道に歩む悲惨なる歴史をご覧になり涙を流され、お父様の摂理歴史が停まったと思いましたが、あなたが立てた三代王権とあなたがたてたカインとアベルが全ての事をかなぐり捨てて、あなただけ信じてあなただけに従い、サタン世界のあらゆる弓矢を受けても、あなたを勝利、あなたの胸に抱かれながら、爆発する涙を流しながら自然が我々の友となり、熊と鹿と一緒に栄光の賜物を歌いながら、あなたの驚くべき愛と自然世界を私達にくださったので、そのような悲惨な胸の中と心情を慰労してくださり あなたの恩恵で残るようにしてくださったことを心から感謝いたします。
 2017.1.1 入宮式 亨進様祈祷抜粋


そのあと、亨進二代王様が揮毫を書かれました。「天一宮」という文字です。その一字一字に込められた天の心情はとても深く、天正宮を蕩減復帰された亨進二代王様の勝利を祝福する天の心情を感じました。力強い文字の形は真のお父様の書かれたかのようなそっくりな文字でした。また傍らで國進様の愛の眼差しで見守られる姿がとても印象的でした。

P1040783_20170110045139eaf.jpg


P1040785-001.jpg

亨進のみことばは最初、韓国と日本のシックが来ているということでハングルで語られましたが、極めて厳しい内容でした。「真のカイン・アベルが荒野の山の中で天一国国歌を歌いながら涙で祈祷を捧げていた時にあなたたちは何をしていたのか」とその心情を吐露され、お父様の悔しい心情の世界を訴えられました。
その後の英語によるみことばはあらかじめ記された内容を述べられました。
ミクロコスモスとマクロコスモスの内容や天一国の理想を語られます。あなた方は王様の立場であると天一国のあり方を語られました。希望と理想の世界に対する世界的な発表でした。
詳しくはまた、文章にされると思います。

2017.1.1亨進二代王様のみことば 抜粋
皆さん! みなさんが王と女王です。 みなさんが神様の宮を守る人々です。このお父様の家を守る人々です。 (許可なく)誰も訓読会や公的な席に入って来ることは出来ません。 ここに集まっている食口のみなさんの招待なしに入って来ることはできません。皆さんはここに対する権限がありますがその責任もあります。 みなさんはこの責任に対して間違って使われないようにお願いします。 ひとえに、責任は天のお父様と真のお父様のために使われなければなりません。 みなさんは天一国の王と女王です。 そして真のお父様の代身者であると同時にメシアの相続者、再臨主、王と王の相続者として、このようにして、皆さんの前に神様の直系の血統、三代王権がこの歴史上に立つようになりました。 王の王として立つようになりました。 (拍手)

人類歴史上、皆さんの王として私たちは三代王権が立つようになりました。 (拍手)
みなさんがこれから天一宮を尋ねて来られる時は、みなさんがこの王冠をかぶらないといけませんね。 みなさんの栄光のためではなく、皆さんが分からなければならないことは、王の王である真のお父様のためにすべての賞賛と栄光をお父様に捧げるためです。 天一宮は、今天にいらっしゃる真のお父様にお捧げ致しました。
お父様、あなたの王権が来ました。


P1040803_20170110044602584.jpg


P1040804_2017011004475850f.jpg


午後からは午餐会です。30名程が世界を代表して参加をしました。イエス様の時の最後の晩餐会は有名ですが、このときは天一国の天一宮が出発して最初の午餐会です。江利川会長のご配慮もあり、日本からの私と影山さんも参加させていただきました。歴史的な出発にそこにいた事実は永遠に記憶されることを思うと恵みであると同時に責任を痛感する時間でした。

P1040911.jpg


翌日は朝3時45分にホテルを出発して、5時からの訓読会に参加させていただきました。
昨日、午餐会を行った部屋をネット配信のスタジオとされて、開始されました。
その訓読会はネットで世界配信されます。
亨進二代王様が世界的カイン圏を愛され勝利された真のお父様の立場を相続された立場から、神様のみことばを直接に伝えられ、世界人類を愛するとともに、サタン的天使長たちを分別することのできる具体的な段階を迎えたことを感じました。
これからの復帰摂理が今までとは格段に違った段階となってきたことを痛感させられました。
亨進様の発想と行動が極めて早く、天一国創建が具体的であることを思うとき、私たちの行動と発想もそのように今までとは違う段階で展開する必要のあることを感じます。

DSC00974_201701100505588e8.jpg

DSC00981_2017011005070314a.jpg



天一国の天一宮が地上で決定したことを通して、天一国の始点、基点が確立されました。
これから勝利圏を相続された亨進二代王様に対して更に、神様と真のお父様がそして全霊界の善なる霊人、天使たちが協助できる体制が確立したことを確信致します。

三代王権を信じてひとつになっていく私たちの行く道においても、その霊界の援助があることを知っていますので、なんの躊躇もすることなく、前進せねばならないと決意を新たにさせられました。
この式典のために亨進様、國進様がどれほどに精誠をもって準備をされたことを思うと感謝しかありません。

歴史的な2017年を迎えたこの時、神様と真のお父様の勝利の恩恵から出発できたことは世界人類に与えられた恩恵であり、特権であると思います。
今回、江利川会長や日本のサンクチュアリシックの皆様の祈りの協助の中で、参加できたことに改めて感謝致します。
これから希望と勝利の一年とすべく、あらん限りの精誠をもって頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。

s-091.jpg

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

天一宮入宮式と國進様のお姿


P1040761.jpg

1月1日の天一国二代王入宮式を勝利された國進様のお姿がとても印象的で忘れることのできない感動として心の中に残っています。
11時から二代王様が入宮されますが、その数十分前から國進様御夫妻は一般のシックと同様に外で待っておられました。

P1040771.jpg


テープカットの後、二代王様が深く祈祷され涙される傍らでともに涙を流されておられた國進様です。

揮毫を書かれるその横で見つめておられる國進様のお姿は、なにか愛の心情を感じてなりませんでした。ここまでの厳しい道のりを振り返っておられるような、安堵されたような、なんとも言えない愛の眼差しでした。

P1040785-001.jpg

2012年6月5日四次元入籍宣布の時、真のカイン・アベルが勝利したと真のお父様が宣言されてから4年と210日目になるのが2017年1月1日でした。

P1040889.jpg


真のカイン・アベルが完全に勝利して神様と真のお父様が垂直に働くことのできる拠点、基点が立ったことを通して、天一国の道が飛躍的に具体化する時を迎えたことを実感しています。

CIMG3252.jpg

P1040746.jpg


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

王国のスタイル

王国のスタイル


1月2日
今日は朝、5時から訓読会です。
何が真実であるのかをあからさまに、世界に配信されます。

DSC00974.jpg



約2時間半のネット配信のあと、参加したシックと何の隔たりもない交流のひとときです。

DSC00983.jpg



夜明けの外、冷気の中でも親交されます。

P1040952.jpg




天一国の姿はどのような雰囲気であるのかが示されています。真のお父様を王の王として
深く、交わる真の人間関係がそこにあります。


P1040760.jpg

普通の家より少し大きいだけの建物ですが天一宮として神様が決定されました。
右端の部屋が訓読放送スタジオです。ここから全世界に二代王様のみことばが毎日発信されます。

天一国の出発の基点が立って具体的に出発したことを実感する一日でした。



レイクサンクチュアリです。
P1040984.jpg


レイクサンクチュアリから見た湖

P1040994_201701031742563d3.jpg


前の湖は氷と雪でで覆われていました。
前の湖を眺められながら、神様と真のお父様の悲しみの涙を慰めてこられた、亨進二代王様の流された涙がどれほど深刻なものであったかを思わされました。



与えられた責任を自由の中で勝利したいという心情に強く促されています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

天一宮入宮式で新しい歴史的出発がなされました

天一宮入宮式で新しい歴史的出発がなされました。

2017年1月1日午前11時より天一宮入宮式が執り行われました。
亨進二代王様御夫妻の入宮です。
P1040777.jpg


テープカットのあと、亨進二代王様が揮毫をなされました。
P1040785.jpg


亨進二代王様のみことばの時間です。
P1040804.jpg

P1040806.jpg

そのあと祝祷をなされました。
前に立っておられるのは信俊様です。
P1040842.jpg


億万歳の前の笑顔です。
P1040864.jpg


記念写真の二代王様御夫妻と國進様御夫妻
P1040890.jpg


カン先生もお元気で参加されました。
P1040911.jpg


2017年1月1日が日曜であることは単に偶然でそうなったとは思えません。また、快晴に恵まれた天候もそうです。
これからの新しい出発において、天の基点が明確になったことを通して、更に、天運到来のときであり、天一国創建が
より早くなることを痛感しました。
今回、参加をさせていただき、恵みに感謝するとともに決意を新たにいたしました。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR