自由と責任の革命をおこす者が必要

P1040568_20161108052923cfe.jpg


自由と責任の革命をおこす者が必要

真のお父様に対して、家庭連合韓国幹部、韓オモニが反逆することを通して、天の摂理は勝利を目前に、すべてがサタンに奪われる結果となってしまいました。

2000年を迎えて、最後の12年路程をお父様は決定されました。その長成期完成級において2008年4月亨進様を真のお父様は祝祷され、代身者、相続者として決定され、最後の4年間において、その準備をなされました。

その当時において、亨進様は韓国の各宗教者に通じるようになっておられました。また、國進様は財界や軍関係のトップ層までも認められる位置を確立されておられました。

家庭連合の幹部たちが最後の期間において亨進様、國進様とひとつとなっていたならば、2013年のその時は、大きな天の摂理がなされていたに違いありません。

真のお父様は2008年、亨進様30歳の時、その祝祷をなされておられます。イエス様の恨、お父様の恨を解かれる使命をもたれていた亨進様でした。イエス様の33歳を超えて、34歳となった時に万王の王である真のお父様と第二代王として亨進様がその位置に実体的に立つことが天の切なる願いでありました。そのときが2013年でした。

そのことによって、イエス様の恨、真のお父様の恨を完全に解くことが出来、天一国の形が出来上がる予定であったと思います。そのとき、韓国は宗教界、財界をはじめとして真のお父様の願いの中でひとつになることができ、その勝利によって南北統一の道が整えられたと思います。そのときを真のお父様は指折り数えながら待たれてこられました。

ところが神様の願われる方向とは全く逆の方へ動いてしまったのは、先の通りです。そして今、韓国の国家的状況は悲惨な姿となってしまいました。

しかし、み旨成就は絶対的であるゆえに、神様は第二代王亨進様を中心として、新たな摂理を展開されておられます。
イエス様が公生涯を苦労した期間、真のお父様が興南刑務所でその苦痛の蕩減をされたように、亨進様、國進様はアメリカの山中で孤独な3年期間を通過されました。

サタンが最も愛するものを奪っていったがゆえに、サタンが愛するものを神が取ることができる条件が成立しています。それで、今、アメリカの状況は奇跡的な展開がなされています。

選民としての韓国の摂理は終焉し、アメリカがアダム国家としての祝福を受けるようになっています。これからアメリカの摂理は急速度で発展することを確信しています。

一方、日本はどうなるのか。韓国がアダム国として失格している状態からするならば、同罪であり、滅びるしかない状況でもあると思います。
アメリカをアダム国とするときに、エバ国はどこであるのか。それはわかりませんが、第二代王亨進様に完全に相対するところであると思います。
完全なるプラスの前に完全なるマイナスになるところがエバ国となるに違いありません。

今、日本サンクチュアリ江利川会長は世界で4300双祝福に対して、半分の2200双祝福を決意されておられます。
そのことは単に、祝福目標という次元ではなく、第二代王様に完全に相対する立場となることを意味していると思います。

それを勝利できるか否かで日本の運命が決まってくるように思えてなりません。
滅び行く家庭連合を救済することはもちろんですが、この国のすべての人々の命運がかかっていることを考えると、なりふり構わず、祝福を勝利せねばと思います。自由と責任で。


真のお父様のみことば  御旨と世界
皆さん一人一人が、六〇〇〇年の歴史を集結して、神様の歴史自体において、聖人先人たちが信じていた、あるいはすべての我々の先祖たちが信じていた復活体となって、イエス様以上に精誠を尽くす時なのである。

摂理歴史において間違いなく、あとにも先にもない歴史の最頂点に立ってあらゆる力を尽くして、私が神様の前に立って「君はそれ以上できなかったのか」と聞かれた時、「自己のでき得る最大の基準までやりました」と言えるようになれば、皆さんも先生も、責任を免れるのである。

これをもし、知って、あらゆる精誠を尽くさないとするなら、億千万代の恨みとなるのである。皆さんと先生が一つになって、二十四時間、サタンも休まないし神様も休まない、我々も休まない。そのような思いをもって、これからの六カ月、最後の地獄のような期間であり、再び、あってはならない期間であり、思うだけでも身震いするような期間を、皆さんは真剣に越えなければならない。
 1975.12.1 歴史の転換点


これから残された期間は短くなってきましたが、神様がともにいて下さることを証明するためにも、必ず勝利したいと思います。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

神山会長の思い出と江利川会長

a176_2016111705083726d.jpg


神山会長の思い出と江利川会長

私が献身したのは名古屋教会でした。その時に地区長をされていたのが神山威会長でした。

神山会長は献身したての私にとっては、初めての指導者でした。その名古屋での期間はそのあと十字軍が結成され、全国に出て行く短い期間でしたが、私の信仰生活において極めて重要な内容を教えていただいた思い出であり、また私の信仰の根本となっています。

神山会長は当時、原理講論以外御言葉集がない時代において、「忠孝の源」という真のお父様の御言葉集を整理されて、出版していました。それは名古屋だけでした。私はその御言葉集を頂いたときの緊張感を鮮明に記憶しています。

そして神山会長が説教するときにはその御言葉集を片手に持ちながら、ここにこのように書いてあると真のお父様のみことばを正確に引用されながら、語られていた姿は印象的に思い出します。
絶えず、お父様のみことばを重要視して、指導してくださったことは指導者としての見本であり、教えていただいたことに感謝しかありません。

そして、伝道の戦略は極めて単純でした。
毎日、朝から夜まで伝道を街頭でします。まず、名古屋駅前にみんなで出かけて、そこで街頭演説をして、夜9時まで街頭で伝道します。途中、教会から弁当が運ばれてきます。玄米の中に煮干の魚が一本入っているもので、百貨店の屋上などで美味しく頂いたものです。

毎週の地区修練会(三日間)の修練会を徹底的に繰り返します。そのために守山に修練所を建設しました。とにかく、毎週、必ず地区修練会があるので皆がそれを意識して、条件を立て、毎日伝道に投入するという単純な方式です。
だいたい夜9時までが街頭伝道の時間で、それから教会に帰り、食事と反省会、寝るのは1時前後となっていました。

そのように毎日毎日が繰り返されたとしても、なんら不満があるどころか、皆が喜んで伝道してきます。いつも毎週30名ぐらいは修練会に参加していたと思います。

そして月に一度、ブロック修練会(7日間)にはそこから50名は参加し、その中からまた献身者が増えていくというシステムでした。
それで名古屋は当時、全国の中で突出した伝道の実績をあげて、見本となる体制を作り上げていました。

私は最初の出発点が名古屋であったことが誇りとなっています。

神山会長により指導された名古屋教会は奇跡的に発展を遂げ、全国に多くの有能なシックを輩出しました。
そして、神山会長はアメリカへと真のお父様からその中心として選ばれて行かれました。
アメリカにも多くの名古屋のシックが渡りました。

それから、真のお父様の完全な相対圏としての立場で、マジソン大会、ヤンキー大会、ワシントン大会を勝利させる基台を整えられ、1976年10月4日の天勝日宣布の大勝利を打ち立てられました。

天勝日の勝利によって、家庭教会、氏族メシヤの特権が全祝福家庭にあたえられています。
真のお父様が世界的カイン圏を愛する闘いをなされた背景には、興南から出発されたお父様の激烈なご苦労の道のりがありましたが、最後の世界路程で真のお父様の前に日本を代表して信仰を立ててくださったのは神山会長でした。

日本において神山会長ほど真のお父様から愛された方はいないと思います。なぜ、お父様は神山会長を愛されたのかを考えると、キリスト教の背景があったこともあるかと思いますが、誰よりもみことばを重んじ、神のみ旨に対する成就しようとする信念は抜きん出ていたからと思います。

とにかく、そのような真のお父様に対する信仰姿勢を相続できるよう努力したいと思います。

そしてもうひとりお父様から愛され信頼された方がおられます。江利川会長です。
江利川会長は神山会長の内外の姿をいつも心配されておられました。何度も名古屋に神山会長を訪ねられました。また、アメリカに行かれても、メールでやり取りされながら、真のお父様の願いを切実に伝えておられました。

神山会長のやり残されたことを完成させるお方は江利川会長しか見当たりません。真のお父様の命令ならば、まさに生命を懸ける闘いを若き時から、今に至るまで全くブレることなく、貫いておられます。

亨進様が日本総会長として江利川総会長を立ててくださったその時から、新しい日本の使命の時代が始まったと感じています。

誰よりもみことばを重んじ、神様の摂理に通じ、み旨に対する責任心情を持たれる江利川会長を真のお父様は格別に信頼されておられます。

そのようなサンクチュアリは発展せざるを得ません。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

sanctuaryooita

Author:sanctuaryooita
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

       sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR