イチロクの責任使命と家庭教会摂理

亨進様笑顔


イチロク、1610双(1978年9月約婚祝福式)の使命と家庭教会摂理について述べたいと思います。

1610双の祝福があったのは1978年9月22日でした。私もその時に参加しました。

真のお父様が1960年から始まった、三次にわたる21年の世界路程を短縮されて勝利されました。アメリカでの世界的な大会であるマジソン大会、ヤンキー大会、ワシントン大会を勝利されて、1976年10月4日に天勝日を宣布されました。

その天勝日の恩恵の内容は。
・1960よりの三次7年路程はワシントン大会の成功により勝利された
・真のお父様の路程において世界的カイン圏を屈服なされた
・6000年の全聖書歴史の勝利が決定された
・ヤコブが21年路程でイスラエル(勝利者)となったように、真のお父様が世界的基準において勝利された
・その日以来、霊界に対して命令できる位置となった

そして、
お父様のみことば
それで、天勝日があなたたちにもたらした贈り物は何でしたか(ホーム・チャーチです)。では、ホーム・チャーチはあなたたちに何をもたらすのでしょうか。神が天上で勝利されていることが、地上においてそうなるのです。言い換えれば、重要さが霊界から地上の実体世界へ転換したのです。あなたたちは霊界をホーム・チャーチへ引き下ろし、結びつけたのです。それで新時代の夜明けがきたのです。1979年10月4日第四回天勝日のみことば


真のお父様が世界的な勝利をなされてから、フレーザー議員が反対して訴えてくるようになります。フレーザー委員会との闘いです。サタンが攻撃してきたのですが、1978年9月13日に彼は選挙で落選することになります。

真のお父様のみことば
フレーザー議員との闘いは間違いなく原理数の闘いです。私は五月十三日にイギリスに行ったのですが、九月十三日が百二十日になる日です。その日が何の日かというとフレーザーが審判を受ける日です。彼は六月六日に私への攻撃を始めました。サタン数が六数でしょう。

今回、フレーザー議員が選挙で負けたのはレバレンド・ムーンと闘ったからだということを世間はみな知っています。新聞四ページにわたって記事を書いたのは世界の歴史上で記録でしょう。それは言論界の最後の攻勢だと思っています。「フレーザー、勝て勝て」と喜んでいた共産党、ワシントン・ポスト、何々新聞など、すべて一遍にさっと消してしまいました。首をへし折ってあげたのです。どうすればあのようにはらはらと落ちるのでしょうか。彼らは最後の闘いで敗れたのです。ヤコブが天使と闘うとき、天使をつかんで放さなかったのですが、天使は勝てそうもないので、もものつがいを外したのですが、それでもヤコブは放しませんでした。それで、祝福をしてあげました。そのような闘いをしたのです。

真の御父母様の生涯路程⑥より

その勝利を神様の祝福として、日本の埼玉県神川村で急遽祝福を与えてくださいました。
それが1610双祝福約婚式でした。

その時に語られた真のお父様のみことばは新たな段階に入った天の摂理を与えてくださる内容が語られました。それが家庭教会の摂理でした。

お父様のみことば
三六〇軒の人々に歓迎されるようになれば、合格ですね。三六〇軒のある家の屋根に蜘蛛の巣があった場合は誰の責任ですか。天国のように愛するのです。天国のように愛すれば、まさしく自分の天国が生まれてきます。ある条件圏に立った場合には、霊界の善霊が動員して直ちに復帰されます。嘘ではありません。やってみなさい。
自然屈服圏をつくって、自分の活動圏とするのです。そうして、四方八方に食口たちが連結するのです。三六〇軒に反対する者はサタンです。あなたの一族は三六〇軒を命がけで死守して、天国の基台とするのです。そこに不良少年がいた場合は、あなたの責任ですよ。そこで勝利した場合には、故郷に帰っても自然に「はい、はい」とあなたの言うことを聞くようになります。

 ですから、久保木会長は全食口にそのように指導するのです。今回、先生が来日したのは、全食口がその基盤をもつように願って、それを伝えるためです。久保木会長も、小山田副会長も、教会長も例外ではありませんよ。例外はありません。世界に責任をもった文先生だに、その基盤を果たすために血を流し、汗を流し、このように腰がまがるまで働いてきたのですから、例外はありません。

責任者たちは「自分はアベルだからカインは絶対的に服従せよ」と言う権利はありません。そう考える者があれば、それは先生の敵です。わかりましたね。
1978年9月22日故郷に帰りましょう

1610双の祝福をするとともに、家庭教会の摂理を通して真のお父様が勝利された、そのすべての勝利圏を万民に与えてくださるためでした。
ちょうど、ヤコブ路程をモーセ、イエス様が歩まれたように。
真のお父様の路程を辿ることができる道が家庭教会であるわけで、そこで初めてサタンを分離し天国への道を歩むことができるという原理原則を私たちに教えてくださいました。

ところがその後、日本の責任者はそのような真のお父様の方針に舵を切ることなく、今までの自分のやり方を貫いてきて、今に至るまで変わりなく続いてきているというのが現実の姿です。

それと、
1610双と亨進様とは深い関係があると考えます。
亨進様は1979年9月26日(陽暦)に誕生されました。
1610双が1978年9月22日ですので一年後ということになります。
ちょうど霊肉の双子のような立場ではないかと思っています。

カインの立場はどうであるのか。アベルの子女様を支えて、守っていくことによって神様が働くことのできる条件が立つようになることを知っています。
それで今、サンクチュアリには多くの1610双の方々がおられるのではないかと思っています。希望があります。

そしてなによりも
真のカインとして國進様が見事に立って支えてくださっています。私たちはそのあとに続きながら、カインの位置を勝利すべく邁進したいと思います。

今、家庭連合は10月12日から120日路程で1200神氏族メシヤの家庭教会を公認することとして歩んでいるそうです。
「本部認定家庭教会制度」なるものを掲げながら、進めているということですが、まず、宋総会長や徳野会長、本部スタッフ、地区長や教会長からやることが先ではないですか。
本部が認定するという考え方自体が狂っています。旧態依然としたやり方は方針だおれになることは明白です。

そういえば徳野さんもイチロクでないですか。
一刻もはやく、真のお父様のみことばに帰ってきて欲しいと思います。

同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

なぜ「原理」というのか

095841.jpg


私は18歳の時、原理を聞きました。
今でもその感動は忘れることができません。そして、一番に何を思ったかというと、この原理を語る講師は月給を100万円以上はもらっているんではないかと思わされたことでした。

ちなみにその当時、私は就職していて月給は5万8千円でした。とにかくその原理講義の素晴らしさと語る講師の姿に憧れた記憶が今も強く残っています。

以前、中部エリアで末端組織の責任者をやっているとき、中部で30ぐらいある中で最下位の部署を担当することとなりました。
そこで私は全体に朝の一時間、毎日原理講義をして出発するようにしたところ、最下位だった部署が最高位になったことがあります。
方法論を講義したのではなく、真のお父様の原理を伝えるだけでシックは力を発揮して最高の実績を挙げるようになりました。

真のお父様が勝ち取られた原理のみことばには、無限の神様の愛と力が宿っていて、あらゆる課題を勝利する根本的な方策であると思っています。
そのほかにも、原理講義をすればするほど組織は発展するということを幾度も体験しています。

真のお父様のみことば
皆さん、なぜ「原理」というのか、考えたことがありますか。この原理はいったいどういう原理なのでしょうか。これがはっきりしないと堕落人間の帰るべき復帰路程が分からないのです。内容がはっきりしなければ、復帰路程、摂理程路に対しての概念が不完全なのです。

 「原理原則」の道は、踏んでいく道であって、飛び越えていく道ではありません。間違いなく、原則どおりに踏んでいく道なのです。その原理原則の道をおじいさんが踏んでいった場合には、自分も、孫も、何千万代の後孫までも、同じように踏んでいかなければなりません。そこには、プラスするとか、いい加減とかいうことはあり得ないのです。このように、原理の道は踏んでいく道です。それは神様も、先生も同じなのです。融通はありません。妥協がないのです。「絶対」に対して、それは絶対に相応する基準なのです。これがはっきりしないので、教会から離れたりすることになるのです。

 では、神の摂理は何によってなされるかというと、原理によってなされるのです。原理過程を完成するために、摂理があるのです。これをはっきりさせなければなりません。先生は遠からずして韓国に帰るので、その前に、このことだけははっきり教えなければならないのです。

 皆さんは、既に間接主管圏とはどういうものか知っていますね。原理結果主管圏とも言いますが、人間はこの過程を通過しなければならないのです。これは、神様が人間を創造した時の原則なのです。原理結果主管圏を通過して、直接主管圏に到達する過程は三段階になっており、人間でいえば二〇数になっています。神様はなぜこういう期間を許したのでしょうか。直接主管すればよいのに、なぜ間接主管にしたのかというと、それは人間の責任分担のためなのです。神様はなぜ人間の責任分担をつくったのかというと、人間が絶対なる神の創造物として存在するだけではなく、自分なりに創造主に該当すべき、比例すべき条件を立てるためです。

本来、人間完成は、神の創造と自らの責任分担を合わせて完成するようになっているのです。それはなぜかというと、いかなる被造物にもない、人間としての特権であるといわれる権限を与えられているからです。この権限を確立しなければ、神様の前に立つ資格がないのです。ですから人間は、責任分担を果たして完成しなければなりません。
 1985.12.8なぜ原理というのか


 原理本体論に対しての真のお父様のみことば
ですから、この本も、『原理解説』、その次に『原理講論』です。教えることのできる教材です。その次に何ですか? 「原理原本論」、「原理本体論」です。父母様が生きたそれ自体をそっくりそのまま、うり二つに似せて、自分たちが写真のようになり、こちらから見ても、下から見ても、あちらから見ても統一教会の文先生に似ていて、神様が見ても「いやあ、このように統一教会の文教主に似ているのか」と言われるようにならなければなりません。それが「本体論」です。「原理本(体)論」が出てこなければなりません。

 「本論」ではありません。実体が一体となった「原理一体論」、「本体論」が出てこなければならないというのです。神様の「本体論」があるではないですか。思想界において神様の「本体論」が出てきます。根本に関することが出てくるというのです。
 
何も分からない群れたちが、天の国に行って王権を相続し、おじいさんを伝道することのできるおばあさんになることができていないというのです。そして、お母さんになることができていません。そして、妻になることができていません。兄と弟になることができていません。
このすべてが「講論」から来たものであるとすれば、「本体論」、「原理本(体)論」では、先生を中心として、(先生の)人生がそっくりそのまま「原理本体論」であるということを知らなければなりません。
  2008.8.31 原理本体論について


今日は土曜日、午後から定例的な原理本体論の講義をsanc大分教会で行いました。参加者は4名でした。

原理講論を骨子として天聖経のお父様のみとばを引用しながら、真のお父様の実体を証することができて、本当に霊界もともに参加し、喜んでいることを実感する時間でした。また青年が一人参加してくれたことで大きな希望を感じています。

原理本体論講義は真のお父様の実体と一体化することができ、神様からの強烈な応援体制がつくられることを確信しています。
原理本体論講義をはやく、普遍化、平準化できるようにしたいと思っています。

今の家庭連合は祈願書ライン、書写ラインとかで原理のみことばを軽視する傾向があります。ますますそうなると思います。
原理本体論を否定したがゆえに消滅することは確かです。



同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

真の子女の日特別な恩恵の背景にあるもの

P1030837.jpg


昨日、私の家内がアメリカの亨進様のもとで行われる式典参加のため出発しました。

参加するようになったのは一ヶ月前に
4300双で祝福した御夫妻が40日聖別を終えて、三日行事となり、その最後の日は熾烈なサタンとの闘いとなりました。その夜、家内は徹夜で心配しながら祈る深刻な時間を過ごしたといいます。
その時に、霊的に本人が感じたことがありました。
それは自分の霊人体が未熟児のような姿であると気がついたと言うのです。
それで、朝になって、私に「アメリカに行きたい」「今回は特別な子女の日だから」と取り憑かれたように、言うのでよくわからないけど、理解をすることとなりました。


今回の式典の中に、次の内容が含まれています。
「先祖解怨と先祖祝福と並行して、亨進二代王様が聖和した子女の解怨と祝福をして下さいます。
誕生しなかった子女の解怨については、父母がサンクチュアリ教会に所属しているかどうかに関わらず、古今東西のすべての子女について、死産、流産した子女も、母親が亡くなると共に亡くなった子女についても、お父様が解怨して下さいます。事前に申請する必要はありません。」
日本サンクチュアリ協会のホームページから

それで第57回真の子女の日の恩恵の中に特別にこの連絡を受けておりますが、それがどれほどであるのかを考えている時に、1997年9月11日の「第四次アダム圏時代の宣布」のみことばを思い出しました。

真のお父様のみことば
今日は何日ですか? 九月十一日です。今日から「第四次アダム圏時代」が出発します。第一次アダム、第二次アダム、第三次アダムには蕩減が必要でした。しかし、第四次アダム圏時代には蕩減が必要ではありません。そのため、第四次アダム圏時代に入っていくには、安息圏と解放圏が必要です。迫害のない時代に入っていきます。悲しみのない時代に入っていくのです。

第四次アダムは、第一次アダム、第二次アダム、第三次アダムを代表したアダムです。第一次アダム、第二次アダム、第三次アダムには迫害がありましたが、第四次アダム圏時代からは、迫害ではなく栄光が、悲しみではなく喜びが、蕩減ではなく理想と歓喜があるのです。この第四次アダム圏時代において、国を探し、世界を探し、天宙を探し、天宙の中に解放圏と安息圏を備えて、神様をお迎えしなければならないのです。第四次アダムから、はじめて安着が始まります。ですから、この家庭から栄光のうちに祝福が天宙まで連結するのです。その時から、はじめて地上天国が出発するようになるのです。

 そのような意味において、今回(九月六日)、栄進君と亨進君の二家庭の祝福が、重要な意味をもつのです。真の父母の家庭の中で、一番最後に生まれた二人の息子が祝福を受けるとき、絶対的に真の父母と一つになったのです。自分という概念がありませんでした。すべてを真の父母に委ねたのです。解放された第四次アダム圏時代の理想家庭が出発してこそ、地上天国が始まるのです。そのためには、すべての祝福家庭が、神様の理想と栄光を顕現する、本然的な家庭の出発をしなければなりません。

 地上では祝福を受けた家庭が、真の父母と縦的な関係における第四次アダムの資格をもちます。真の父母を中心とした第四次アダム圏時代は今日から始まるのです。どのようにしてこれを氏族、民族・国家を超えて、世界と天宙にまで連結させるのかということが私たちの課題です。第四次アダム圏時代にふさわしい家庭を築くようになれば、それ以上先生は必要ありません。第四次アダム圏時代に入るとき、はじめて神様と真の父母の安息圏が訪れ、安着できるのです。
  1997.9.11 第四次アダム圏宣布


みことばにありますように、第四次アダム圏時代が出発した背景には、完全に自分がない立場で栄進様と亨進様が祝福を受けられ、真のお父様と一つとなったことによってその宣布がなされています。
ちょうどアブラハムとイサクが一体化することによって新しい段階に飛躍したように。

その後お父様は1997年12月1日に「霊界祝福開門宣布」をなされています。
霊界での解怨祝福が始まるようになりました。

今回の古今東西の子女たちの解怨はまさに歴史的な恩恵でありますが、その背後にある神様の大きな愛を感じました。
胎内であるいは幼くして命を絶った子供たちも悲しいことですが、肉親もまたそれ以上に辛いものです。神様はその姿を見られて更にその苦痛を感じておられたはずです。

今回の式典、
神様がそうすることのできる背景には
國進様と亨進様が一つなって、真のお父様を解放され、真の基元節を勝利することにより、神様が与えてくださる恵みであることを感じてなりません。
真のカインアベル、國進様と亨進様の絶対的信仰のゆえに与えられた、真のお父様の計らいに心から感謝申し上げます。

この勝利によって、新たな段階が開かれてくることを確信しています。

IMG_5825.jpg


同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭連合とサンクチュアリ協会の「教会長」スタンスの相違点

IMG_5665.jpg


私は以前、統一教会の地方の教会長をやっていました。今はサンクチュアリ大分の教会長です。今回はその立場がどのように違うかを個人的見解として述べてみたいと思います。


・まず給与について
私は
サンクチュアリ協会から給料は貰っていません。細々と山奥で農業をやりながら、時にはバイトをしながら生計を立てています。またアメリカのサンクチュアリ協会本部に行ったときとかは全部自費です。

家庭連合では、教会長、公職者は給料を結構な額をもらっています。その額は本部が査定しています。そして今は、年金支給をすることが決定して、韓国へ行くとかのすべての交通費は公的に支給されています。

お父様のみことば
祭司長たちは、月給をもらって天の仕事をするのではありません。月給をもらって生活するのではありません。「私の生活がどれだけ乏しいのか……。もらわなければなりません」と思うのではありません。犠牲の代価をもらい生活しなければなりません。血を流すところには、皆が頭を下げるようになっています。そうでしょう? 涙を流さず、犠牲にならずに代価を求める祭司長は、腐った祭司長です。 牧会者の道 75p

教会長は祭司長の立場でありますから、給料をもらってする仕事ではありません。祭司長は祭物であるので、存在意識や所有意識を持ってはならないというのが真のお父様のみことばです。

今の家庭連合は「教会長」を管理するために、中央集権体制とするためにそのようにしています。
結果として日本の公職者を管理するために年間30億円以上という巨大な経費が必要となり、シックに高い経済ノルマがいつまでも続き、終わることがありません。

・教会長の位置(スタンス)について
サンクチュアリ協会では教会長は天使長の立場であるとします。天使長は本来、アダムとエバを協助し、神様に繋げる立場で、神様をあかしし、神様のみことばを教育する位置にあります。
会員の方に報告、連絡を強要しません。したければするし、したくなければしなくていいのです。本来神様と交流するようになることが目的であるので、何ら問題ありません。
天一国主人は家庭長であるので、そのようになるように援助することに徹するようにします。それがサンクチュアリの教会長の仕事です。

一方
家庭連合ではその位置を父母の代身としています。
特に、真のお父様聖和のあと、韓オモニは自分を絶対者として強調するようになりました。
父母の代身とする教会長も結局、父母様に侍る生活を自分にも強要するようになります。アベルは絶対であり、通さずしては神様の前に出ることができないとして、報告、連絡、ノルマの達成を強要するようになり、結果として独裁体制となります。
韓国人教会長が不正貯蓄をしたりする根本的な原因がそこにあります。
韓オモニが堕落した状態の中で、ますますサタン化するようになると思います。

お父様のみことば
神の摂理は、アベルを救うための摂理ではありません。アベルを祭物として、カインを救う摂理ですから、尊いものをカインに向けるのであって、アベルに向ける原則ではありません。
日本の責任者たちは、「教会長だからアベルであり、君たちはカインだから、カインはアベルに屈服するのが原理だから従え」と先生が教えない原理の教えをしているのではありませんか?
そういう原理はありません。愛の力でもって、自動的に自然に頭を下げるような、そういう使命を果たさない者はアベルではありません。アベルの立つ基盤がありません。勝利し得なかったのですから、神は認めません。それは個人的、家庭的、氏族的、民族的においても同じことです。
   み旨と世界 702p

・会計の透明化について
サンクチュアリ協会では会計を透明化しています。
アメリカの協会本部も公表しています。こちらの会計状況もいつも明確に記録していて、透明化しています。
それは、天一国主人である各家庭から献金されたものでありますから、一個人がその意思で勝手に使用するということは考えられないことです。どのように献金され、その動きがどうなっているのかを天一国主人家庭はいつでも知ることができます。

家庭連合はどうでしょうか。
全く、公表されることなく、限りなく不透明です。
それは献金されているシックを愚弄しているそのものです。自分たちが神になっているからであって、シックを下部組織として位置づけているからです。
献金状況が透明化されていないことは公的にされていないことであり、それはサタン支配下であることの証明となります。


心ある家庭連合の教会長、公職者の皆様がこの現状を一番良くご存知だと思います。
これ以上シックを苦しめることのなきよう、真のお父様の伝統と思想を実体化するために努力していただきたいと思います。

そして家庭連合シックの皆様は本心の叫びに従って、真のお父様の願いを成就する立場に戻っていただきたく、切に希望します。


同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭連合では永遠に氏族メシヤができない理由

P1030760.jpg


家庭連合でなぜ、氏族的メシヤができないのか。考えてみたいと思います。

今まで、お父様のみことばを知れば知るほど、家庭教会、氏族メシヤの重要性がありことがわかりますが、なぜ今まで家庭連合は氏族メシヤを勝利することができないでいるのでしょうか。

真のお父様のみことば
家庭教会は私の天国 1981.1.1
レバレンド・ムーンが世界的蕩減を終えたとき、あなた方にはホーム・チャーチ圏しか認められないのです。ホーム・チャーチにおいて、私はすべての相続権を与えました。今からあなた方は個人的にホーム・チャーチの領域で働こうとしています。私は世界的蕩減条件を全部伝授し、皆、成し終えました。レバレンド・ムーンの行く道を、あなた方は後を追って来なければなりません。ヤコブが歩んだ道はイスラエル民族が行かなければならなかったのであり、モーセも行かなければなりませんでした。そして、モーセの行く道を民族が行かなければならず、イエス様も、また誰もが歩まなければなりませんでした。では統一教会はどうでしょうか。私が行く道を、あなた方も、世界の人々も歩まなくてはなりません。

あなた方の成すべきことはなんでしょうか。このホーム・チャーチに対して個人的蕩減条件とともに、家庭、氏族、民族、国家、世界、天宙を乗り越えることのできる蕩減条件をたてることです。過去、レバレンド・ムーンが40年間、韓国をはじめとする40カ国を中心にしてあらゆる所を行き巡りながら、非難され、ののしられたことを、あなた方も一生をかかってやり遂げて行きかければなりません。

世界的蕩減をする特殊な舞台として、これを決定してくれるところとして、ホーム・チャーチを掲げました。ホーム・チャーチの360軒は、世界の360民族を代表することができ、全体を代表することができ、全体を代表する用語としてすべてを決定してくれるのです。そして、これは神とサタンの両方から認められています。ですから、私たちがホーム・チャーチをよく行わなければ、どんなことをし、どんなに伝道しようとも、それらの全部はあまり重要ではありません。すなわち、実際にホーム・チャーチを行わなければ、天国に行くすべがないのです。

イエス様が来るまで天国はありませんでした。イエス様は、天国の鍵をペテロに与えましたが、イエス様はどこに行ったのでしょうか。彼は十字架に行かれましたか。それとも真っ直ぐ、天国に行きましたか。十字架に行かれましたね。天国の鍵はなんでしょうか。それはホーム・チャーチです。それ以外ありません。では、ペテロはどうすべきだったのでしょうか。今、私たちは彼がその体的天国、つまりホーム・チャーチを開くべきだったということを知っています。そして、私たちの言葉で言う、環境を確保できるのです。その後に氏族の編成がなされます。イエス様が「あなたが地上でつなぐことは天でもつながれ、地で解くことは天でも解かれるであろう」マタイ16:19と示されたように、私たちも地上で天国を実現しない限り、霊界での天国も実現されません。

私が戻ってきるときは、統一教会に戻ってきますか、それともホーム・チャーチに戻ってきますか。(ホーム・チャーチ)。なぜですか。教会は、家庭のための、社会のための事務所のようなものです。それはちょうど中間のようなもので、事務所です。しかし、ホーム・チャーチは神が働くことのできる所、一生涯共に暮らすことのできる所です。真の兄弟がそこに住み、真の氏族がそこに住みます。それがホーム・チャーチです。

1981年1月1日 ワールドミッションセンター


要約すると
・真のお父様が世界的蕩減を終えられて(1976.9.18ワシントン大会)そのすべての勝利権を相続させるために、家庭教会の摂理を私たちに与えられた。

・ヤコブ路程をモーセ、イエス様が歩まれたように、我々はお父様の路程を伝授させていただくために家庭教会を歩まなければならない。

・家庭教会を行わなければ、神とサタンに認められない。それを通して天国に行くことができる。

・イエス様は天国の鍵をペテロに与えられたが、真のお父様は天国の鍵として家庭教会を与えてくださった。

・真のお父様が霊界に逝かれて、戻ってこられるところは家庭教会である。

・教会は事務所である。神様が働くことができるところは家庭教会である。


私は2013年11月に赤の天聖経を読んで、
その赤の天聖経941Pに「家庭教会は、家庭のための社会的事務所である」と改ざんされていることに気が付きました。前のみことばにあるように「事務所は教会である」とお父様は語っておられるのに、それには「家庭教会が事務所」となっているので、これは根本的に方向性が違っていると考えるようになりました。

P1040422 - コピー



そして私は2015年の2月末に清平で行われたVISION2020勝利のための神氏族メシヤ修練会に夫婦で参加しました。氏族メシヤを勝利したいと考えたからでした。
講師の方が講義される内容は確かに、真のお父様のみことばを伝えてくれていますが、一つ気になったのが、教会と家庭教会との関連性でした。
教会が主体の立場で家庭教会が対象の位置の図が示されていたことに違和感を覚えて、お父様の思想ではないと確信することとなりました。

P1040421 - コピー


教会を主体とする限り、家庭教会はそれに主管される体制となります。
家庭教会にきた方を教会に繋げなさいとか、誰がつながっているかを報告しなさいとか、教会にリストを報告しなさいとか。
報告相談を強要することがいつまでも続きます。

なぜ、シックは氏族メシヤを進めることができないか。それは教会につなげると何をされるかわからないからです。
今の家庭連合では永遠に氏族メシヤは勝利することができません。それは根本的に中間幹部がお父様の思想を歪曲しているからです。

真のお父様の家庭教会に対する思想と理念が正しく伝えることをやらずに、中央集権体制をいつまでも維持するために、シックを利用するために教会を運営しているからです。

今の家庭連合はシックに氏族メシヤをさせないためにあると言っても過言ではありません。

そして、真のお父様が聖和された後は、韓オモニが完全におかしくなりました。
自分に罪がないという、考えられない言葉を発するようになりましたが、それは偽キリストであることを自ら表現していることと同じです。

本来の真のお父様の伝統と思想、理念がサンクチュアリにあります。
ここでしか、家庭教会、氏族メシヤは勝利することができません。

こころある家庭連合シックの皆様が一刻もはやく勇気ある本心的行動をされることを期待します。


追記
今日は耕うんしながら、レタスを定植しています。
P1040396.jpg

夕方、虹が慰労してくれました。
P1040406 - コピー


同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

堕落していく家庭連合を沈黙して見るしかない神様の心情

IMG_5849.jpg


今日は農作業の一日。久方ぶりの秋晴れでした。
野菜を収穫したり、草取りをしたりと自然の中に溶け込んでいました。

一時、ブログを休んでいましたが再度、始める時に、動機としたことは家庭連合に対する論戦は多くの方が書いておられますので、そこはお任せして、私はサンクチュアリの基盤を拡大する過程での思想や実践内容をできるだけ、書いてみたいと思って出発しました。
ところが名指しで反対されたりすることになると、そうも言っておられません。

昨日の続きです。

コスモスの心さんのブログを引用させていただきます。
青字はコスモスさんのコメント

〈 第 × 地区内における最近の分派活動について 〉

昨今、非原理的主張を拡散する分派による家庭連合の信徒への勧誘活動が活発化しております。日本サンクチュアリ大分教会の中 〜〜 省略 〜〜 そのようないかがわしいものに振り回されて信仰に混乱を来さないように充分ご注意下さい。
ここではサンクチュアリ教会と、存在していない郭グループのことを言っています(名前が入っていたので省略しました)。
でも自分達はさておいて、その「いかがわしい・・・」とは家庭連合に当てはまるものではないかと・・・


そこで、地区としましては、分派の勧誘活動に対して、以下のような方針を立てましたので、そのように対応して下さるようにお願いします。

1 勧誘を受けた方々は、「聖和した夫が霊界でサンクチュアリ教会にいる」とか、「脅迫じみたことを言われて非常に迷惑である。」、「お母様を悪く言われて気分が悪かった。心が痛かった。」等、事実関係を出来る限り具体的に所属教会に報告して下さい。
「聖和した?」や「脅迫じみた」ことも「お父様を悪く言われたこと」等は、祝福家庭メンバーとしてどのように対処してくれるんでしょうか?家庭連合から受けた事実関係はどこに報告しますか?

2 ネット情報や電話勧誘などで分派の情報に接した方々で、万が一整理できず、混乱する内容があれば、速やかに所属教会に連絡して正しい家庭連合の見解を聞いてください。黙って一人で悩まないで相談して下さい。
万が一整理できない方は、直接言ってくれた方に詳しく聞き直すほうがいいです。それで自分の判断で決めるべきです。今は正しい家庭連合の見解などないのですから。

3 家庭集会や各種集まりの度に、分派の主張の誤りについての学習を徹底して下さい。(月刊誌「世界家庭」、「真の父母様宣布文サイト」など) 
「分派の主張」きちんと学習してくださいな。もちろん家庭連合もその中に入りますよ。そうすれば誰が、どこが、本当に誤りかわかりますよ。そんな勇気ないでしょうね。

以上
2016年10月21日
第 × 地区組織対策委員会

引用終わり

真のお父様のみことば
 神様が天から見下ろしているとするならば、どれほど憤慨されるでしょうか。この万民は御自身の血統的子孫であるべきなのに、悪魔が悲惨な境地に追い込んで「あなたの子孫はこのように凄惨な立場に処している」と、神様に向かって嘲笑しています。
サタンがまた「全知全能の神様なのだから、この環境をどのように収拾するのですか」と言えば、神様は沈黙を続けるしかないのです。聞いても聞こえないふりをし、においをかいでもかがないふりをし、感じながらも感じないふりをしなければならない神様の歴史的に悲惨な姿を皆さんは考えたことがありますか。

天聖経 133p

私たちは
神様の責任分担と人間の責任分担があるという原理を知っています。
神様が責任分担として歴史的蕩減を経てメシヤ、文鮮明真のお父様を立てられました。私たちは信じて侍ってきました。
今、神様は責任分担として真のお父様の後継者、文亨進様を選ばれました。
私たちは人間の責任分担として、亨進様と一つとなり、神様の摂理を完成させなければと思います。

今、文亨進様は4300双祝福を願われています。私たちは責任分担としてそれを、受け止め、必ず勝利するために行動します。
背後に神様がおられて働いてくださることを確信しています。


追記
山の中のナス畑、いい天気でした
P1040376.jpg

放ったらかしのラッキョ畑です
P1040377.jpg


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

またまた感謝です。家庭連合第八地区幹部様

DSC00073.jpg


今日は日曜礼拝を教会で捧げました。先週亨進様が語られた説教を拝聴しながら、真のお父様の心情を受けること出来た貴い時間となりました。


愛知のシック数名の方々から電話やメールいただきました。
分派活動に対するお知らせがメールで届いたそうです。

第8地区内における最近の分派活動について(抜粋)

昨今、非原理的主張を拡散する分派による家庭連合の信徒への勧誘活動が活発化しております。日本サンクチュアリ大分教会の中心的存在である阿南信義、恵美子夫妻(6000双)が、かつて牧会者として活動していた現第8地区(愛知全域)の教会の信徒と密かに接触し、サンクチュアリ教会の聖酒を飲ませ、祝福をして回っているとの情報が入って来ております。これは、サンクチュアリ教会が掲げる4300双祝福家庭確立のための活動と思われますが、かなり拍車がかかっています。

また、生田禎三氏(元名城教会信徒6000双・今年9月に脱会届提出)が家庭連合を批判し、サンクチュアリ教会の主張を集約した資料を作成し、ウェブ空間への投稿、資料の送りつけ等で拡散を謀り、個別での接触を熱心に行っています。

2016.10.21
第8地区組織対策委員会


私の感想としまして

・農作業の合間をみながらサンクチュアリの活動を大分を中心として行っているわけで、とんだ過大評価をしていただいて、恐縮するしだいです。「拍車がかかっています」とありますがまだまだこれからです。

・「非原理的主張を拡散する分派」と表現していますが、どこが非原理的なのか。韓お母様が「私は罪がない、独生女。2000年キリスト教歴史は独生女のためにあった」とする発言は原理的であるということなのでしょうか。
今まで原理を学び、講義をしてきたものとしてはそれこそ、非原理的主張ではないかと思います。

原理講論 復帰原理緒論
しかし、アブラハムが象徴献祭に失敗したのと同様、ユダヤ人たちもイエスを十字架につけることによって、その民族的な献祭に失敗したために、アブラハム以後イエスまでの二〇〇〇年の期間は、再びサタンに奪われる結果となってしまった。ゆえに、サタンに奪われたこの二〇〇〇年期間を、再び天の側に蕩減復帰する二〇〇〇年の期間が必要となったのであるが、この期間がすなわち、イエス以後今日に至るまでの二〇〇〇年の期間だったのである。そして、この期間においては、イエスの十字架による復帰摂理によって、キリスト教信徒たちは「再臨主のための世界的基台」を立てなければならなかったのである。283p


・7000名を越えるシックを抱える家庭連合第八地区がわずかサンクチュアリの3名の動向に警戒しなければならない理由はなぜでしょうか。それも遠く離れた九州大分の僻地にいる者に。
それは真実がどこにあり、どのように影響するかを理解されておられるからだと勝手ながら解釈します。


よく宣伝をしていただいたと思いますので、今後の活動がさらにやりやすく、また神様が味方してくれる条件が立ったと嬉しくなりました。

家庭連合第八地区の幹部様に感謝します。

真のお父様のみことば
人間の創造本然の特権的な価値を喪失し、堕落のうじとなってあえぐ無価値な人生を見つめる神様の内情的心情は、どれほど悲惨なことでしょうか。あの者たちは本来、私の愛と私の生命と私の血統を通して直系の子となり、天国の栄光を占めたであろうに、敗者の仮面をつけ、呻吟と苦痛と絶望の中であえぎながら命を絶つ場にいるのです。

ですから、それを見つめる神様の心はどれほど悲痛でしょうか。そのように神様が悲しみの神様であることを知らずにいました。それゆえ文総裁は神様を知ってから何日も何週間も痛哭しました。統一教会の出発には、そのような深いものがあるということを知らなければなりません。
 天聖経 135p

よろしければクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

大友宗麟公の無念をはらすサンクチュアリ


亨進様と国進様ご家族

今日は午後から、二軒の家庭を訪問しました。それぞれ3時間ぐらい話し、交流をして自宅に帰り着いたのは午後10時でした。二軒とも天の願いの大きな家庭です。次の段階に至ることができたことは感謝でした。


大分の誇りはキリスタン大名の大友宗麟公(1530~1587)です。
先日、津久見市にある大友宗麟公のお墓にお参りしてきました。
そこで個人的に思ったことは

真のお父様が聖誕される400年前の誕生されておられるということは、メシヤ再降臨準備時代が始まった時であること気づいたことです。
宗麟公はキリスト教国建設の理想をもって、今の大分を中心として勢力を拡大し、九州6カ国を傘下にしたと言われています。
しかし、そのあと、鹿児島の島津との闘いとなり、それが不利とみると豊臣秀吉に援軍を求め、なんとか勝利するもその後、病死する事となりました。1587年です。
その宗麟公死後の一ヶ月後に豊臣秀吉によるキリスト教禁止令が発令され、キリスト教信者に対する激しい迫害が始まることとなりました。大分ではいたるところにその殉教の場所があります。

大友宗麟公の無念が伝わってきました。

私たちは
そのような貴い犠牲の中でメシヤを迎えることができました。
そして今、第二代王として立たれ、すべての権限を受けられたお方を中心として歩むことができることがどれだけ重要かを、今一度認識した次第です。
多少の迫害など、なんともありません。

お父様のみことば
死んでも生きてもこの道を正さずしては行けません。これを知っているがゆえに先生は、一生の間このようなことをするのです。はっきりと知らなければなりません。

迫害を受け、あちこちの監獄に入りながらもこの荷を背負っていくのです。監獄に入るのが良くて入るのでしょうか。神様のため、神様の解放のために行くのです。

人類の解放のため、サタン世界を解放するために行くのです。蕩減復帰の道を行かずしては解放圏ができないのです。安逸な中ではサタンを分立することができないので蕩減復帰の道を行くのです。
  天聖経148p

真のお父様の決意の心情を相続して4300双に向かって前進あるのみです。


大友宗麟公のお墓です。
P1040326.jpg

大分の誇りの宗麟公と
P1040331.jpg

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

御礼申し上げます。「阿南信義サンクチュアリ大分教会長の勧誘工作に注意を!!」

亨進様歌われた時


今日も、午後から祝福式を家庭教会で行いました。既にお父様の権威に戻る祝福を受けておられる婦人が実のお母さんを祝福へと導かれました。
式服を着られて、待っておられました。亨進様御夫妻主礼の祝福式に感謝の気持ちで臨まれ、感想は「こんなに嬉しいことはない」と言われていたことが印象的でした。

午前中、野菜を直売所に運んで、昼、時間があったのでsanc大分教会でブログを確認していましたら、下記の記事のブログに出会いました。なんと自分のことを書いてくれているではありませんか。
ビックリで、疲れて眠かった目が覚めてしまいました。

サンクチュアリー・江利川安栄被害者の会というブログです。
その最新の記事で

阿南信義サンクチュアリ大分教会長の勧誘工作に注意を!!

阿南夫妻(6000双)はサンクチュアリ協会大分教会で分派活動していますが、最近は、以前自身が家庭連合牧会者であった時代に因縁があった東愛知教区の婦人などに向けて、夫婦で勧誘工作を行っています。

10月5日、元豊橋教会の教会長であった阿南信義氏は、豊橋教会のA夫人に電話があり、 阿南氏「Aさんの亡くなった御主人が夢に出てきたので、気になって電話した。
ところで 真のお母様の事は聞いている?お母様のやっていることは悪いことが一杯あると説明、お母様の中にはサタンが入っているから言っていることは間違いである。真の御父様は、サンクチュアリ教会にいるから、祝福を受けている御主人も霊界ではサンクチュアリ教会に いる。あなたもサンクチュアリ教会に来ないと霊界で御主人と一緒になれない。サンクチ ュアリ教会では先祖解怨もやっている。」

Aさん 「私は高齢になり、言われていることが解らないからこのままでいい。」と応じたら、
阿南氏 「Aさんは影響力が大きいから、皆を助けないといけないじゃないの」。

Aさん 「今は基台長も降りたので、影響力はない」。
阿南氏 「サンクチュアリ教会で活躍すればいい。祈ってみれば、サンクチュアリ教会の言っている意味がわかる」と言って、約20分位の電話が終わったそうです。

また、阿南氏は、サンクチュアリ教会の豊橋の拠点である坂下正子さん(豊橋教会を脱会)とも連絡を取り合っています。
また、知立教会のBさんにも、阿南夫人から勧誘の電話があったとのことでした。 9月26日にも知立教会のCさんのところに阿南夫人から電話が入り、御主人の父親にサンクチュアリ教会の聖酒を飲ませにきたとの報告を受けました。

このAさんに掛けた言葉は、自分の意見を一方的に押し付けるもので不愉快です。およそ 真の愛の教えを学び、それを私達にご指導下さった当時の阿南さんとは思えません。天国 は、自分で努力してその実りをもって行くところではないでしょうか? どうかこれ以上、一生懸命に歩む皆様を勧誘することは止めて下さい。!! そして一日も早く元の阿南教会長に戻って下さい。!!              10月19日東愛知被害者一同

以上


名前をあげてくださり、そして教会名また具体的な内容を紹介していただいて感謝申し上げます。
それで、私がこのブログを読んで感じたことを述べてみたいと思います。

・Aさんに話したのは私ではなく、私の妻です。本人は「間違って書いてある」と言って怒っていました。私はその方は、重要で天的な使命を持っている方だとアドバイスをしました。

・東愛知被害者一同とありますが、どなたたちのことを言っているのかを知りたいと思います。もし被害を与えているんでしたら、どのような被害なのかも。それに対して対処する必要がありますので。

・確かに私は家庭連合豊橋教会の教会長をやっていました。それで、サンクチュアリの勧誘が心配ならば、ブログに表明するだけでなく、全教会員に告知していただきたいと思います。そうしていただいて、こちらの方からもなぜ、家庭連合が間違って、サンクチュアリが神様の摂理であるかを明確に説明して、回りたいと考えます。

また、知立教会の教会長もやっていました。また、瑞穂教会、緑教会、東海教会、名駅教会の教会長もやっていましたので、警戒されたらどうかと思います。
また、それ以前は天地正教の教団で、全国的な立場でありましたので、東愛知のみならず、対策をされたらどうかと思います。

・家庭連合が被害者を語るとはどういうことなのかよくわかりません。
今まで「親泣かせの被害者の会」「霊感商法被害者の会」と他の組織からいつも、訴えられてきた統一教会でありました。その時、じっと忍耐しながら神様の心情を、お父様の心情を訪ねていたと思います。
しかしながら、今自ら「被害者」というのはどういうことなのでしょうか。
自らをサタンの立場と認めていることになりますが・・・。

真のお父様のみことば
神様は闘いには関心がありません。神様の創造理想圏、その理想圏内には戦争、闘争という概念はありません。闘争の概念があるとするならば二元論に陥るのです。根本的にこれが一つの理想世界、絶対的な平和の世界とは関係ないところに落ちることになるので、神様の創造世界圏内には闘争という概念はないということを知らなければなりません。  天聖経 145p


 天と地に染み込んだ怨恨がどれほど大きいかを知っているがゆえに、血を吐く立場にあっても神様を慰めなければならないのです。「私は死にそうです、神様、助けてください」という祈祷をすることのできない真の父母の立場に立たねばならない悲痛な事情を、誰が知っているでしょうか。

知る人は誰一人いません。唯一神様だけが、神様だけが……。いくら統一教会に従う人が多かったとしても、レバレンド・ムーンの思想に一つとなっていません。このようなことを皆さんは知らなければなりません。統一家というものは、今日、解放圏に立った統一家というものは安っぽいものではありません。祝福を受けたという者たちが動くその挙動が今日、悪魔のいとこの立場に立っているということを私は知っています。
 天聖経 154p

今日はまた、決意を新たにさせられました。4300双祝福で家庭連合を解放しなければならないと思っていましたが、その力を神様から与えられた気がします。
よくぞ、私とサンクチュアリ大分教会を攻撃していただいと感謝にたえません。
これから、本当に決意し、絶対に勝利するという心情に火がつきました。


追記
主人に完全従順な我が家の「リキ」です。
P1040305.jpg

よろしければクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

お母様も知りません



亨進様祈りの時

今日は朝、ナスの収穫をして午前中に出荷の準備をしました。天聖経(黒)のみことばのCDを聞きながら、その作業です。

午後2時から、以前御夫婦で祝福を受けられたお母さんの祝福式を家庭教会で行いました。先に受けられた御夫婦の積極的な協力の中で、スムーズに挙行されました。
とても終始穏やかにニコニコされて、特に亨進様の祝祷の時には頭を垂れて、感謝の姿を現されていました。家族で喜びの中、新しい出発となりました。

真のお父様のみことば
 私文総裁は今まで個人的に孤独な道を歩んできた人です。孤独でも誰よりも神様をよく知っている人です。歴史時代に孤独な立場で悲痛な神様の心情を中心としてそれを呪いつつ自分に恵みを与えてくれという人は多くいますが、私はそのようには考えません。「神様、心配しないでください」と言いました。

そこが違うのです。私は個人的な試練ゆえに後退するような男ではありません。世界の試練を越え、神様を解放して死のうという男が、個人的な過程で降伏することはできません。卑怯者にはなれません。自分の妻が反対しても切ってしまったのです。子が反対しても切り、父母が反対しても切り、国が反対し、四千万、六千万が反対する道を歩んだ人です。
            *
 時間が余りにも短いのです。一生においてこれを直し、満たすためには時間がないのです。先生の生涯がそうなのです。ですから世俗的に見れば先生の生涯はかわいそうなものです。神様に「先生はどんなお方ですか」と聞いてみてください。

先生は痛哭するしかない痛みを感じながら、心臓をえぐり出すような痛みをもって身もだえするような悲痛さを体恤しています。先生は地上では悲惨な男です。そのような苦労を誰も知りません。皆、自分が立派な人だと偉そうに威張っているだけで、先生の苦労を知りません。お母様も知りません。
 天聖経 155p


真のお父様の心情を一番ご存知なのは、亨進様と國進様であることは間違いありません。

今回、2月13日以降の祝福目標を4300双とされた亨進様のご心情は真のお父様が地上でご苦労されたそのすべてを解放して差し上げたいお気持ちではないかと思わされました。

4300双祝福。亨進様の心情と一つとなるとき勝利の道が開かれることを確信しました。

追記
朝、収穫したナスです。
約300個、明日の早朝直売所に運びます。
P1040304.jpg

収穫の様子です。
P1040236.jpg

よろしければクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

sanctuaryooita

Author:sanctuaryooita
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

       sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR