みことばは変えてはならない

お父様のみことば   牧会者の道  512p

経典は絶対視しなければならないのです。明らかに違っているようなのに、なぜそのように書いたのかと言う人がいます。それは全体を前において見るとき、そのように書くようになっているからです。そのように書かなければならない他の事情があったのであり、飛躍しなければならない内容があったということを知らなければなりません。そのように考えなければなりません。そのように理解できなくて、自分が分からないことは間違っていると思っているのです。しかし原理は千年たっても変わらないものです。(三三―一〇一)

皆さん、原理の本を見れば、そこには神様の六千年の心情があるのです。先生の一生の血を流した闘争の歴史が、そこにあります。皆さんの知らない内容がいくらでもあるのです。そんな原理の本を一ページ一ページ見るたびに、夜を徹して祈祷しながら、ここに神様の心情を探すことのできるはしごがあるのではないかと思いながら覚えましたか? 線を引きながら、この一言の背後にどんな歴史があるのか考えてみましたか?


DSC00968.jpg

韓オモニのことば
「例えば、原石があるとしましょう。いくら原石でも、磨いて光が出るようにしなければなりません。お父様のみ言は、一言で言って、原石は原石ですが、精製されてない原石と同じなのです。私(韓オモニ)までそのままにしておけば、誰がこれを磨きますか。・・・・それは、私にしかできません。」    真の父母経 1506p


私たちはみことばを学ぶとき、背後にあるお父様の心情、神様の心情を探りながら、尋ねるとき、お父様と内的にひとつになることができます。
それゆえ、お父様のみことばを変えるということは到底考えられないことです。

韓オモニの論理は自分をお父様の上の位置に置いています。メシヤ以上の立場に自分を立てています。
そこに、お父様と一つにさせない背後の狙いがあると言わざるを得ません。

お父様のお姿を消そうとしています。実際、改ざんした天一国経典はお父様のサインを消して、韓オモニのサインをして発行しています。
そして自分は神の独り娘、独生女であると言いながら、自ら偽キリストであると告白しています。

私たちは早く、その事実に気付き、本来のお父様の願われる方向と一致化しなければならないと思います。

IMG_5644.jpg

同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

聖書の根本思想を相続された亨進様

お父様のみことば  み旨と世界 208p

 アベルの道は犠牲の道である。これをなすことによって、地上に神の愛が実現されるという条件として生まれてくるんだね。そこにおいては、すべてが頭を下げなければならない。命を捧げた者にはいかなる者も頭が下がる。それで、アベルの歴史は血を流す歴史になってきた。それが聖書の根本思想である。
 
こういうふうな立場をたどりながら、歴史的摂理をなしている神様は、いかにかわいそうであるか。自分が全世界すべてに責任をもって、「神様お休みください、自分にすべての十字架、すべての蕩減の道を任せてください」と言うのがメシヤの立場だよ。

だから、イエス様は、ゲッセマネの祈りにおいて、自分の思いでなく神のみ意のままになし給え、と最後の祈りまで成し得たというのは何かというと、すべての十字架を自分に任せて、神を休ませたいという立場がメシヤの使命感である。

霊界、地界、あるいは神の心情界において、神に苦しみがあった場合にはすべてを自分に背負わせてもらいたいというのがメシヤの使命感である。だからメシヤたる者は、苦しいことがあっても、苦しいという思いだにすることすらできない。 

苦しいとしても、それは一生だ。長くて百年にすぎない。この期間を克服することができないというのは、それは話にならない。いくらやっても神に申し訳ない。自分が自分を誇るという思いなどいくら研究しても見いだすことができないのが、我々堕落人間の信仰の道である。 
 「我らはなぜ苦労しなければならないか」1972.9.11

183.jpg



お父様の歩まれてこられた生涯の路程は絶えず、犠牲の道であり、苦難の連続でした。
その中でイエス様を慰め、神様を解放されてこられたお父様であるが故に、私たちはメシヤとして信じています。
その伝統を如何に守ることができるかが神様の恩恵圏に至る道であることを理解しています。メシヤの使命感を相続することが私たちの目的です。

メシヤに似るものとなることが生涯の目標です。
そのことを達成することができるところはどこであるのか。
今の家庭連合(旧統一教会)、韓オモニは独生女、原罪がない立場で生まれたと言われます。しかしながらイエス様を証しし慰めるようなことばがありません。それどころかお父様の伝統とみことば、愛を破壊しています。

亨進様と国進様2


メシヤの代身者相続者が誰であるのか。それは亨進様であることは間違いありません。真の子女様のカインアベルが完全に一体化しておられます。イエス様とお父様と完全に一体化しています。そこにお父様がおられます。
天宙の中心であるメシヤの伝統がそこで出発しています。
私たちはお父様の心情、伝統、みことばを求めて、絶対的にメシヤにつながって行かなければと思います。

協会本部1

同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

神様はどこにおられるか

お父様のみことば   完全なる理想の実現 1982.2.26

一人一人を伝道してゆけば、世界全体を解放するのに数百年かかるでありましょう。もしあなたが真の父母の立場にあるならば、全人類を神に帰すためにもっと効果的な方法を見出すことを願わないでしょうか。神様も真の父母の考えも必然的に同じであるに違いありません。
もしあなたが神に、どこに一番住みたいかと尋ねるならば、神様は即“ホーム・チャーチ”と答えるでしょう。あなたの区域に天の位階制度が復帰されねばなりません。
家は万物を代表し、すでに霊界に行っているその土地の祖先は天使長の位置を代表し、その土地の人々はアダムの位置を代表します。もし神様がすべてこれらの要素との関係におかれるならば、創造理想は実現されるでしょう。この結果、サタンはあなたの区域から去らねばなりません。なぜなら、サタンは自分の場所と呼べるものがなくなるからです。


家庭教会は私の天国 1981.1.1

イエス様が地上を去ったとき、彼は自由に、思い通りに、また帰ってくることはできません。この点でも私は異なっています。弟子に鍵を与え、地上を去ったとき、また戻って来たければ戻ってくることもできます。
私が戻ってくるときは、統一教会に戻ってきますか、それともホーム・チャーチに戻ってきますか。(ホーム・チャーチ)。なぜですか。教会は、家庭のための、社会のための事務所のようなものです。それはちょうど中間のようなもので、事務所です。しかし、ホーム・チャーチは神が働くことのできる所、一生涯共に暮らすことのできる所です。真の兄弟がそこに住み、真の氏族がそこに住みます。それがホーム・チャーチです。

このホーム・チャーチのために神が苦労し、イエス様が命を亡くし、私も苦労し、数多くの宗教家たちが犠牲になり、そして数多くの戦争歴史を今日まで続けてきました。


074.jpg


神様が一番どこに住みたいかといえば、それは家庭教会です。
聖和されたお父様がどこに戻ってこられるか。それは家庭教会です。
天一国の主人は個人であり、家庭です。

だから大きな建物は必要ありません。そこに神様とお父様はおられないからです。
しかしながら、家庭連合(旧統一教会)、韓オモニはさらに大きな建物に投資しようとしています。そして、氏族的メシヤも単なる戦略として利用して、来年の基元節までに3家庭の祝福伝道という方針を出しています。
いくらリストアップをさせ、チェック体制を作ったとしても勝利することはできません。
韓オモニがお父様を背信しているからであり、また公職者が祭物の立場でないから、お父様はそこに働かられることはありません。
末端のシックは更なる犠牲の道を行かざるを得ません。

私たちは本来のお父様のみことばを守り、お父様の摂理を完成させる闘いが願われています。
亨進様はお父様に、絶対信仰、絶対服従、絶対愛の道を誰よりも貫いておられます。
そこには希望と理想が満ち溢れています。
いつもお父様が共におられる亨進様とひとつなって、天一国主人としての道を歩まなければと思います。

亨進様ご夫妻

同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

お父様の心臓をもつ聖殿

お父様のみことば    「イエス・キリストの心臓をもつ者となれ」

アダムとエバが堕落したその日から、神の所望が何であるかといえば、神の心情を代身することができる人間、神が住まわれる聖殿として完成した人間、神と一致する心情と心臓を持つ人間を捜し求めることです。
 この地の上に神のみ旨を代身した、神の実体聖殿として来られたイエス・キリストは、4000年の間、神が苦労された歴史的な摂理路程を代身して現れた神の聖殿であると同時に、4000年の間摂理された神の内的心情を代身したお方として、実体的な生きた胸を持って現れたお方であったことを、今日我々は感じてみなければなりません。

 神の心情を体恤しているイエス・キリストの体であり、神の心情を感じているイエスの心臓なのです。それでイエス様のときめく心臓は天を動脈とし、人間を静脈として、天が動ずればイエスが動じ、人間が静ずればイエスが静ずる一体の関係を結ばなければならないのであり、これが地上に来たイエス・キリストの使命であったのですが、神の心情を感じるイエス・キリストの内的心情を知る人間、神の体を代身するイエス様の外的心臓を知る人間がいなかったのです。

 それでイエス・キリストの心臓がどうだったかといえば、30年の準備期間に他人が知らぬうら寂しさを感じる心臓だったのです。
 イエス様はなぜ、こんなうら寂しさを感じたのか。それは神が人間始祖のアダムとエバが堕落することによって、創造の理念を成して栄光を受けようとされた神のみ旨が成されず、被造万物は主人を失う立場に立ってしまったので、これを見やる神は口にも言えないうら寂しさを感じておられるので、そんな神の心情を知るイエス様でしたから、イエス様もうら寂しさを感じたのです。それゆえ皆さんもイエス様のように、被造世界が口にも言えないほどにうら寂しい世界になってしまったことを、感じる人間にならなければなりません。
1958.1.26

a184.jpg


み旨と世界 523p

 神は、そんなに簡単に『神の子』という称号を与えません。神の息子にふさわしく、人類歴史の勝利者でなければなりません。人類の全ての負債を復帰できる立場にいなければなりません。その人は、貴重なかけがえのない個人です。だからこそ神は、この一人の人物を探し出すのに、数千年の年月を費したのです。

 レバレント・ムーンの誇りは何でしょうか。私は、ただ一つを除いて、他に何も誇るものはありません。それは、すなわち「神は、私の父である。」ということです。ですからレバレント・ムーンは、神のすべての愛の受取人であり、神の愛の通る経路になったことを誇りに思っています。私は、神の愛の受ける神の国を相続することを誇りに思います。

「摂理的歴史の光の中にあって」

DSC00970.jpg


お父様はイエス様の心情と心臓を完全に相続されておられます。だからこそ、神様とイエス様の関係を伝えることができるのではと思います。
お父様の心情と心臓を亨進様は相続され、もっておられます。
亨進様はお父様の心情を伝えるためにどれだけ、深刻であったでしょうか。
荒野の中で涙を流されながら、祈られた深刻な内容は今、みことばとなって全世界に伝播されています。
私たちもお父様の心情と心臓をもつ者とならなければと思います。

お父様の心臓をもつ聖殿として。

亨進様歌われた時

同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

洗礼ヨハネの失敗と韓オモニ

お父様のみことば  み旨と世界 580p

2000年前のイエス様の時には、洗礼ヨハネがそのイエス様の相対の使命をもっていて、彼の使命が完遂されることによってイエス様がメシヤとして来るようになっていました。同様に再臨主の時には、エバ(女性の代表者)が洗礼ヨハネの役割を果たさなければなりません。しかも2000年前には国家基準においてでしたが、再臨時代においては天宙的基準においてその使命を果たさなければなりません。  創立以前の内的教会史 1977.5.1

036.jpg


洗礼ヨハネの失敗
聖書
ヨハネによる福音書 第1章
:19)さて、ユダヤ人たちが、エルサレムから祭司たちやレビ人たちをヨハネのもとにつかわして、「あなたはどなたですか」と問わせたが、その時ヨハネが立てたあかしは、こうであった。 :20)すなわち、彼は告白して否まず、「わたしはキリストではない」と告白した。 :21)そこで、彼らは問うた、「それでは、どなたなのですか、あなたはエリヤですか」。彼は「いや、そうではない」と言った。

第一のオモニ 崔女史の失敗
お父様のみことば
真の父母様の生涯路程 2
第二節韓国解放とキリスト教を中心とした摂理の出発

ところが、大韓民国と既成教会が一つとなって、聖進のお母さんを前に立てて反対しました。私がこのような世界的使命を担った、ということを知りませんでした。
 自分の母親と組んで、「主が人として来るというのは、偽キリストだ」と言ったのです。結局は、洗礼ヨハネが天から教えてくれることが信じられなくて、イエス様に従えなかったことと同じようになりました。すなわち摂理のみ旨の中で、先生はキリスト教を代表した一人の女性に会いましたが、その女性が洗礼ヨハネ以上に先生を信奉し、蕩減復帰摂理時代の新婦の使命を果たすべきであるのに、できなかったのです。こうして、ここから問題が生じたのです。時が来たから出発をしなければならないのに、出発するところにおいて、反対する環境的与件が徐々に生じ始めたのです。

反対するようになるとサタン側の世界に戻っていくのです。それゆえ、先生の一生の中で、世界的版図をもって行動すべき使命を担った統一教会は、荒野に追われた群れのように、世界を失い、国を失い、民族を失い、氏族を失い、家庭を失ってしまった立場から、新たに収拾してこなければならない運命に立つようになったのです。それが統一教会が歩んできた道なのです。


a108.jpg


第三のオモニ 韓女史の失敗
韓オモニのことば 
「キリスト教2千年歴史は聖霊の降臨、聖霊の役事によって導かれてきた歴史でした。それはどういう意味かと言えば、独り娘を探し出すための基盤であったということを知らなければなりません。」世界家庭2015.12号P8

お父様はみことばの中で、再臨の時代はエバが洗礼ヨハネの立場であると語られています。
第一のオモニはその位置を勝利することができず、お父様は荒野の路程に行かれ、そこでその失敗を蕩減しながら、十字架上の苦痛を通過されながら、勝利の基台を拡大されました。

第三のオモニは最後の最後「私は神の独り娘である」として罪のない立場で生まれてきたと言われるようになり、洗礼ヨハネは「キリストではない。」と言われて、その位置を離れましたが、韓オモニはそれ以上の不信を天の前に犯したことになります。

そして、真のお父様が2008年4月18日に代身者相続者として祝福された亨進様を荒野に追放されたのです。

第一の崔オモニの失敗によって荒野に行かれたお父様でした。再び第三の韓オモニの失敗によりアメリカの荒野に行かれたお父様と亨進様です。

P1030921.jpg



私たちも共に荒野に行きながら、第二代王亨進様とひとつとなって、迫害と試練を克服して勝利の基台を早急に確立せねばと思います。

同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

世界的6.25動乱のはじまり

お父様のみことば  み旨と世界 702p

神の摂理は、アベルを救うための摂理ではありません。アベルを祭物として、カインを救う摂理ですから、尊いものをカインに向けるのであって、アベルに向ける原則ではありません。

日本の責任者たちは、「教会長だからアベルであり、君たちはカインだから、カインはアベルに屈服するのが原理だから従え」と先生が教えない原理の教えをしているのではありませんか?

そういう原理はありません。愛の力でもって、自動的に自然に頭を下げるような、そういう使命を果たさない者はアベルではありません。アベルの立つ基盤がありません。勝利し得なかったのですから、神は認めません。それは個人的、家庭的、氏族的、民族的においても同じことです。

ですから統一教会が世界的なアベルの教会であるとするならば、世界的に血を流して蕩減条件を勝利して、勝利の領収書にサインをサタンにしてもらって、そこで初めて世界的なアベルになれるのです。そのようになっています。 

祝福を迎える一日1978.9.22

205.jpg


私たちは70年前、韓国に準備されたところのキリスト教がお父様とひとつになることができず、不信した結果6.25動乱(1950年)がおきて、韓半島が分断され、500万人をこえる貴い命が犠牲になったということを摂理的に理解しています。

原理ではエバの堕落によって、カインとアベルに分立する摂理がなされるということを知っています。

韓オモニの不信はエバの堕落であり、世界的な蕩減がすでに始まっています。
昨日の英国のEUからの離脱決定は、ヨーロッパの分断となり、英国の分断が始まろうとしています。
そして、世界的経済の混乱が・・・。

アベルが供え物の位置を守れない場合、カインは救われないという天の摂理は避けることができません。
韓オモニと家庭連合(旧統一教会)の失敗によって、世界的分断と混乱が始まっています。

お父様は絶えず、堕落人間の失敗を蕩減すべく、牢獄の道を繰り返されました。そして、今また、その悲劇が繰り返されています。エバの堕落によって、家庭連合(旧統一教会)までもお父様と亨進様を追放したのです。

私たちは、本心に従い、絶対的にお父様と亨進様とひとつにならなければと思います。如何なる艱難がおころうとも神の王国にむかって前進あるのみです。

DSC00073.jpg

同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

会計の公的化、透明化は真実のあかし

お父様のみことば

皆さんは公的な管理を尊重視しなければならないのです。物であれば物を尊重視しなければなりません。先生が幼い時、ノートを使う時には線の入った部分から使うのではなく、一番上から使いました。ある時は一枚に二回ずつ使ったりもしました。そうすればノート一冊をより多く使うことができるのです。物を大切に使わなければならないのです。
牧会者の道 323p

昔から先生は、常に公的に物事をなし、生活することを考えています。私は公的な話をし、公的な目をもち、公的な鼻、公的な口、公的な腕、公的な思想をもって生きてきました。それが私の生活信条です。私はそういう生き方をしてきたので、たとえ私が死んだとしても、私の生き方は生き続けるでしょう。人々は写真を見て、先生の生涯を思い出すでしょう。歴史も先生を追慕しながらついていくでしょう。公的に生きるなら、その人の肉体は死んだとしても、永遠に生き続けるという話です。この原則は、過去にも通じるのであり、現在にも未来にも、そして天宙にも通じるものなのです。
み旨と世界 832p

a176.jpg


私は昨年の4月にネットで亨進様のみことばを受けて、感動し、アメリカのサンクチュアリ協会に献金をわずかながら、させていただきました。すると翌日にはエルダーさんからそのことに対して御礼と領収書、それに昨年の協会全体の収支報告書がメールで送付されてきました。
会計報告が実に透明化されていることに驚くと共に、そこが真実のところであることを確信しました。

今回、江利川会長を大分にお迎えした、今月12日最後見送りの大分空港の食堂での出来事です。
うどんを食べ終わったとき、こちらまでの飛行機代を当然のことながら、準備して渡そうとしました。ところが会長はそれを受け付けず、何回も押し問答となり、受け取ろうとされません。結局、会長が一旦受け取り、それをこちらにくださるという形になりました。
現場が大変だから、現場の活動のために使ってくださいと言われながら・・・。

このことを通して江利川会長の公金に対する姿勢、第二代王亨進様の方針に徹しておられる姿に改めて感動しました。

今、日本サンクチュアリ協会は会計を公的化、透明化しています。大分もそうです。
お父様のみことばをその如く、体系化し、実践化する亨進様のお姿があります。そして江利川会長はその直線上におられて、私たちを指導して下さっています。
そこに真実の王国が出発しています。

IMG_5644.jpg


追記
みことば三代王権 第二集が発行されました。
今回の第二集は天一国合衆国憲法と亨進様のみことば9篇で126pとなります。注文は右のリンク先、日本サンクチュアリ協会にお願いします。

P1030989.jpg

P1030991.jpg


同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

偽家庭連合(旧統一協会)の終焉

お父様のみことば    み旨と世界 885p
 
今、我々のカナンの復帰はどこか。地球上。地球上がカナンの地である。地球上全体にもう既に勝利の条件を得て、ホーム・チャーチ基盤拡大は国境を超えて、主義主張を超えて果たしつつある。今、共産圏でもやっている。それが広がって共につなぐ時には、天国になる。だから、ホーム・チャーチはカナン復帰し、それは土地分配されたと同じような所有物になる。所有地、自分に属する所有地になる。堕落しなかった人間は宇宙を所有する権限がある。ホーム・チャーチは宇宙を所有する条件物である。分かりました?

 万物とそれから人々、それから父母、それから神様。だから、ホーム・チャーチを通さずしては、真の父母と天の神様と一体化する平面基準を果たし得ないから、その基盤を通過しない者は天国に行かれない。行くようになっていない。だから、天国はホーム・チャーチを通して行くようになる。ホーム・チャーチをもたない者は天国に行かれない。それは原理的だ。それは何の異論もない。こういうような、全体的、総合の蕩減の内容を原理を中心として、勝利的な基盤を成し得てホーム・チャーチをレバレンド・ムーンが八〇年代に発表したということは、これは福音の中でも人類の福音である。

全体蕩減 1983.4.3

032.jpg


本来お父様が願われておられる家庭教会がいかに重要であるかがわかります。
ところがそのようなみことばあるにも関わらず、家庭教会の摂理を軽視してきた背景に何があるのかを考察しますと。

例えば、家庭連合大分家庭教会の運営は大変な状況です。
教会の家賃が毎月100万円を超え、公職者の公費や運営費をいれると400万円をこえる金額となります。その上に本部からのノルマがあるわけですから、相当な重荷を背負っています。

礼拝には100家庭前後ですので、一家庭あたりの負担は実に大きなものです。

従って、どうしても教会中心の体制にしてお金の流れをつくろうとします。
しかし、動機がお金であるので、命を復帰するという本来の伝道はなされるはずはなく、多くのシックは伝道対象者を教会に繋げたくないというのが本音です。

教会の運営の為に、伝道対象者を犠牲にするというやり方が間違っています。
何のための教会であるのか、それは家庭教会を援助し、そのために協助する母の役割のはずが、全く逆の状態となっています。

本来の組織ではない逆の組織になっているからです。

1997.4.10から家庭連合の時代となっています。
家庭が連合しているので、本部は上ではなく、横の位置になるはずが、ますます強い中央集権の体制をつくっていることは、全く天の意図ではないと言えます。

私たちはお父様がこの家庭教会の摂理を与える為にどれほどの犠牲と苦労をなされたか、神様がそのためにどれだけの善なる人々の犠牲を払ってこられたか、その背後の心情を祈り求め、実践することが願われていると痛感します。

P1030760.jpg


追記
明日、亨進様のみことばの第二集が業者から届きます。
当方、5月中旬に江利川会長より亨進様のみことばの編さん、発注の担当を承りました。
現在、編さん、発注、発送を担当させていただいています。
ひとりダンボールを切って本を箱詰めしているとき、神様がこのことを喜んでおられることを実感して、心情がこみ上げて来る時があります。
一刻も早く、手元に届いてほしい気持ちで担当させていただいています。
天一国合衆国憲法が入っている亨進様のみことば第二集をよろしくお願いします。

DSC00967.jpg

同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

統一教会を解体する目的

お父様のみことば

主要儀式と宣布式Ⅲ
世界平和統一家庭連合時代の開幕宣布 1997年4月8日

キリスト教は責任を果たせませんでした。ゆえに、その次元を超え、キリスト教の祝福が万民の前にすべて委譲される時代に入ったということを、皆さんは知らなければなりません。世界基督教統一神霊協会ですが、神霊というのも結局、真の父母を中心として地上に家庭的メシヤの基準が定着する時には終わるのです。神霊の実体をこの地上に迎えて生きるべき人たちが、真の父母の継承者たちなので、その真の父母は、霊的完成と地上完成を代表した家庭の出発から、国家出発、世界出発、天宙出発を代身し得る、一つの模型的な基台になるということを皆さんは知らなければなりません。140p

 したがって、今後残る名前は何でしょうか? 世界基督教統一神霊協会の時代は過ぎ去りました。それは闘わなければならないのです。キリスト教を統一しなければならないのです。統一するためには闘いを経なければなりません。平和の基準がありませんでした。闘争的概念を中心として、サタン世界に引継・委譲していく過程にあるため、平和という概念もなく統一という概念もないのです。キリスト教を統一する時代は既に過ぎ去ったのです。141p

 長子権復帰、父母権復帰を完成したので、イエス様がイスラエル圏に着地し、ローマ帝国という世界舞台に移っていけるはずだったその基盤を、統一教会において長子権復帰、父母権復帰、王権復帰時代に移行していくことによって、すべてを回復したのです。ですから、キリスト教の統一だけではありません。世界統一時代に移行したのです。141p

 ですから、今日この第38回の「真の父母の日」を中心として、統一教会という名称はなくなり、世界平和統一家庭連合とするのです。4月10日からこの名称を使うのです。141p


 皆さんが統一教会の個人であるならば、このような意味があります。私は誰かというと、「天宙」を代表し、「平和」を代表し、「統一」を代表し、「家庭連合」を代表し、「祝福家庭」を代表し、「天宙化時代」を代表しているのです。これが価値においてはイコールなのです。プラスとマイナスが一つになるのです。

 ですから、私は天宙も代表し、神様も代表し、真の父母も代表し、平和の王であるというのです。地上天国・天上天国の代表なのです。166p

 旧約を立てたのも家庭を探し求めるためであり、新約を立てたのも家庭を探し求めるためです。イエス様が送られたのは、国家的代表の王となって、その国の家庭を探し出すためでした。再臨主も世界の王権をもって、世界の家庭を探し出すために来られるのです。家庭です、家庭なのです。132p


 そのような家庭が基本です。家庭がすべての神様の復帰摂理、再創造摂理の基本的な核であるということを知らなければなりません。核! 基本的核であるということを知らなければなりません。それゆえ、家庭では孝子を必要とするのです。国は忠臣を必要とします。それは誰かというと、家庭を中心として拡大した国の父母です。それを愛国者というのです。126p

皆さんは神様の代身者として来たということを知らなければなりません。王権が伝授されるのです。アダムとエバがそうでなければならなかったのです。

128p  以上

062.jpg

今一度、お父様が1997年に語られたみことばをさがして読んでみました。
お父様が進めてこられた摂理は実に明解です。
それは家庭に王の権限を与えるということです。
お父様が勝利されたのでその王権の権能をすべての家庭に連結するという摂理です。
そのために今までの神様の復帰摂理があり、キリスト教2000年歴史があり、お父様の苦労の路程がありました。
そして1997年4月8日
お父様の勝利圏の拡大によって、世界キリスト教統一神霊協会の時代は過ぎ去り、新しい段階となりました。
それは家庭を中心として定着する時代であり、本来の天国を実現する体制となりました。
世界キリスト教統一神霊協会はお父様を不信したキリスト教の失敗を蕩減するために必要でした。
そのために、お父様が興南刑務署から出発され、地獄の地獄の環境の中から縦横の八段階の摂理を完全に勝利をされて、勝利が決定したのはこの時でした。
その勝利の恩恵をすべての家庭に連結させるために統一教会の名義を変えて、世界平和統一家庭連合としました。

すべての家庭にお父様が勝利されて王権の権能を与えるために、その名を変更されたと言えます。

亨進様笑顔


お父様が宣布されて遅れること18年、ようやく名称を変更した今の家庭連合は名前はそのように変えたけれども、中身は全くかわりません。
地方の教会の名前を家庭教会の名前にするという図式にして、本部の立場を正当化しています。
そして、いつまでも本部が主体で、家庭が対象という、上からの命令を下す、中央集権体制となっています。それはお父様の願いでないことは明らかです。

IMG_5930.jpg


亨進様はみことば「逆さの王国」の中でそのことを明確に語っておられます。
「王は国民である」と。
お父様のみことばをその如く、語られ、実践されておられることを見ても、お父様は今、どこにいらっしゃるのかを誰がみても判断出来ると思います。
私たちはお父様のみことばを信じ、神様の復帰摂理をただ遂行することに意識をおき、実行せねばと思います。


P1030748_20160618193231ee7.jpg

同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

主流か傍流かの違い


お父様のみことば  「牧会者の道」

それでは、支派の中で中心支派とは、どんな支派でしょうか? 十二支派の中で、分け前を受ける支派が中心でしょうか、分け前を受けないレビ族が中心でしょうか? どれですか? (レビ族が中心です)。レビ族が中心です。それに間違いないでしょう? (はい)。ですから、月給をもらう者は、傍系です。月給を受けずに、教会を守りながら活動する人が、原理的な立場に立った主流だというのです。これが、レビ族の行く道です。 p71


066.jpg


主流か傍流かという時、お父様の思想ははっきりしています。
給料をもらっている場合はレビ族としての位置はなく、祭司長としての役目を果たすことができません。
家庭連合(旧統一教会)は1100名をこえる公職者を抱えながら、給料を払い続けています。それは天がアベルとして、祭物の位置にない、認めることができない立場であると言えます。
天の主流ではない、他の傍流が支配する体制となっています。

給料をもらう祭司長は万物によって、支配されている状態であり、純粋な天の供え物になっていません。
数多くの婦人の方々は無償で、貢献している方が殆どだと思います。ところがその根本であるアベルの立場が、間違った状態となっています。
摂理のためにと思って努力してきたことが、結局、公職者の公費とか運営に支払われている現実です。
そこには、神が働くことのできない状態であることに早く、気がつかなければならないと思います。

IMG_5412.jpg


同感の方はクリックを
お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR