45年前の出来事と4300双伝道の意味するところ

IMG_5535_20161112102340338.jpg


45年前の出来事と4300双伝道の意味するところ

1972年4月15日。今から45年前の4月、当時北朝鮮の金日成主席が「還暦をソウルで祝う」と公言したことがありました。韓半島を赤化統一、武力南侵統一するという発表を具体的な日付で宣言したわけです。韓半島は未曾有の危機となりました。

その状況に対して、真のお父様がとられて作戦は韓国の祝福婦人に対して開拓伝道を命令されました。まだ、家庭をもって間がない新婚の夫婦をバラバラにして、開拓伝道を3年間やるように命令されました。赤ん坊を親戚にあずけたりしながら、家庭を犠牲とするように無慈悲に指示をされた神様の戦法を実行されたのです。

しかし、なぜそうするのかということは説明することはありません。後で説明されます。
結果として
そのことを通して、奇跡がおきました。38度線にイムジン河が流れていますが、冬にはいつもは凍るその川がその年は暖冬で凍ることがなかったのです。

いつも厚い氷に覆われるイムジン河は戦車が通ることのできる状況となるはずがその年は、不思議と凍らない環境となりました。そして北の南侵は不可能となりました。
それは
神側が条件を立てたからでした。

サタンが侵略して戦争となり国が破壊され、家庭がバラバラになることを想定して、先にその環境を準備しました。真のお父様のみことばに無条件で従った祝福家庭が民族を神様の心情で家庭を破壊しながらも愛したことを通して、サタンが屈服することのできる条件となって、南侵はできないこととなりました。
同時にまた、真のお父様が国家的段階を超えて、世界段階の摂理を出発することができるようになられ、アメリカに出発されました。

今また、
それ以上と思われる危機となっています。
4300双伝道は意味があって、神様が命令されておられると思います。そのみ旨を遂行しながら、国民運動も展開せねばならないと思っています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

私は何人を天国に導いて行くや!

IMG_20170114_020200.jpg


イスラエル選民がイエス様を十字架に追いやったあと、その民族がたどった道は悲惨な内容となりました。特に紀元70年の死海のほとりにあるマサダの砦での967人の自決を考えると気持ちが辛くなります。

今、韓国の情勢は極めて、厳しいものです。真のお父様が南北統一のために祈られ、闘ってこられた全てが水泡となって消えていくことを思えば、神様の摂理の厳しさを痛感させられ、「人間の責任分担」という一言の意味することの深刻さを知る者です。
とにかく、できることをやらなければと思います。

まず、真のお父様の心情の原点に返りつつ、使命を成就するべきです。二代王様が「サンクチュアリが立ち上がり、今年には2倍、3倍となるでしょう」。と語られています。

真のお父様の切なる願いである家庭教会氏族メシヤの使命が成就していない状況です。いつまでも勝利できずにいるがゆえに、このような状態となってしまったと言えます。
限られた、残された時間の中で、そのことに集中しながら、この危機を訴えねばと思います。

真のお父様のみことば
天が失ってしまった復帰の基盤であるキリスト教文化圏のアメリカとキリスト教は皆どこに行ったのかというと、悪魔の世界です。英米仏がどこに行ったかというと、皆サタン側に行ったのです。これを取り戻すために、かつて天の側の怨讐であった群れの日本をエバ側に立てなければならず、ドイツを天使長側に立てなければならなかったのです。アメリカと一緒に全部が背信者たちなのです。アメリカはもし神様の前で許されなければ、絞首台で粉々になって消えていくのですが、神様は背信者の最大先知者を選んでアベルの立場に立てるのです。

 それを誰が選んだのかというと、第一代の神様が一敗すれば、その神様は再び選ぶことはできません。もし、それができるとすれば、アダムとエバを立てられれば、復帰歴史はなくてもいいということになるのです。分かりますか? 復帰歴史は二代目から、後孫を通して成されなければならないので、二代目の文総裁が責任を持ったのです。私が神様の責任を持ったのです。

 神様を、このまま身寄りのない孤独な神様としておくことはできないのです。私の手で復帰しなければならないのです。これが私の決意です。このような立場に立った時の私の心を知る人は誰もいないのです。私の父母も知りません。私が監獄に入った時、「私の息子が監獄に入った」と言って涙を流しましたが、私の心は知らなかったのです。

 ですから監獄にいた時、父母や親戚の人たちが差し入れをしてくれたのですが、それは皆おなかの空いた人々に分けてあげて、私は食べませんでした。全部分けてあげたのです。よい服も全部あげました。「息子が寒いだろう」と言って、お父さんお母さんが置いていってくれたものです。

 私が興南にいた時、そこは一五〇〇里の道のりで、そこに来ようとすれば一月に一度ずつ十八の証明書を受けなければならないのです。それで私の母が馬鹿にされた話を聞いた時には、とても腹が煮えくりかえる思いをしました。そのような共産党であっても、それでも愛さなければならないのです。

 興南がとれほど寒いかというと、小石も震えるほどに寒い所です。みんな薄着をして、全部破れたものを縫って着ているのです。肌着を持ってきてくれる人は誰もいないのです。ですから「綿の服を持ってきてくれた人はどういう方か」と、皆が言うのです。お母さんが見ると、身の毛もよだつ思いなのです。それで、私よりもひどい人々にみんなあげたのです。震えるの同じように震え、飢えるのも同じように飢えるのです。それが悪いのでしょうか、悪いことでしょうか? それは立派なことです。天地の誰よりも立派なのです。誰が見ても立派だと言うのです。

 しかし、お母さんが来て私に忠告するのです。「お前のためにこのように準備したのに、それを誰が分けてあげるようにと言ったのか?」と。ですから、私はお母さんを見て、「私は金なにがしの息子ではありません」と言ったのです。私はそんな母を母として立てることができなかったのです。お母さんが「私以上によくやった」と称賛してくれ、もっと願うものがあれば何でも助けてくれなければならないのです。そんな時、お母さんはたくさんの大粒の涙をぽたぽたと流したのです。ですから私は、この世で言うならば親不孝者なのです。全くこのような不孝者のために尽くすお母さんを残して、神様のみ旨に従っていくと言っては監獄暮らしを続けて、父母の胸に引き抜くことのできない千年の恨みの釘を打ったのです。

 そして昨年、亡くなった母の墓前に立った時、私は涙の吹き出すのを耐えたのです。サタン世界において涙を見せることはできないのです。「お母さん! お母さん! 私は涙を流すことができません。怨讐たちの嘲弄(ちょうろう)を受けることはできないのです。血潮がわき、骨が溶けるような場で耐える私の心を知ってください」と。私は耐えることには慣れています。訓練されています。

私は南北統一を成して「お母さん!」と言って、面会しながら痛哭(つうこく)できるその日を待ち焦がれている男なのです。これを成す前には死ぬことはできません。
 1993.1.1 神の日のみことば


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

やり残していることをどうするか


a106_2016122407403529d.jpg

やり残していることをどうするか

1992年3月26日真のお父様がご来日されたときのみことばを私は直接東京の本部で伺いました。あらためてみことばを確認するときにやり残している多くのことに気がつきました。

昨日、投稿したみことばは3月26日に語られた最後の方の内容ですが、家庭教会、氏族メシヤのことを深刻に語っておられます。真のお父様が勝利された長子権の位置をくださるために来られました。それはシックのためではなく、日本国民を天国の国民とするためであったということです。

原理講義でイエス様のことを講義するときに、そのときの弟子たちは自分の救いのみ考えていて、イスラエル民族の救い、人類の救いを考えていなかったと言いますが、実際の私も結局同じ失敗を繰り返している状態でした。

ご来日された目的はなんであったか。真のお父様の愛を伝授するためであり、その愛の核心は家庭教会氏族メシヤの思想とシックに移譲して、日本を長子権相続の国家となすためでありました。

天の摂理をやり残したままでいる時に、国家は滅びてしまうことを思えば、今やるしかありません。
武器は真のお父様の愛であり、家庭教会プログラムです。真のお父様の心情と思想を武装することが勝利への道であると確信しています。

真のお父様が1992年3月27日朝語られた最後の方のみことばです。
今度先生が日本を訪問したのは、韓国・日本、アダム・エバ国が一つになり、アメリカ・ドイツが一つの国になること。それ以外のすべてのものは、地上天国一族王国である。そのような長子権王国圏というものを今まで持っていません。分かりましたか? 直系の長子権でもって、万人の歴史を指導して余りある伝統的基準を、天の愛、真の愛を中心として扶植し、敷設して、定着して、万年を越えても買えないような基盤を残していくのが神のご理想であったということです。

 それを日本の国民に新たに再教育しなければならない。日本は、一つの株式会社だね。日本は、国にとどまらずして、世界に跳躍するような真の父母と一体となったと思えばいいのです。日本は今から、経済力を祝福された土台に精神的内容を備えた場合には、心身分裂、悲劇の歴史が、心身統一した、アダム・エバの完成実体、八定の歴史からすべてが治まっていくという次元に入ったのです。日本の政府はそれを分からなければならない。

 それで我々は血統も超越し、国境も超越する。文化、習慣すべてを超越する力を持っている。だからこういう偉大な団体は今まで悪魔に包囲されて、個人的包囲、家庭、氏族、民族、国家、世界的に包囲されたその壁を一つひとつぶっ壊して、個人的壁、世界的壁をなくしていくのです。

 だから、今から世界的な問題、思想的な問題の魁首が文先生であり、宗教的な問題の男が文先生です。回教のリーダーを連れてきて祝福してやるからです。その時には、既成家庭の祝福も共にしてやるのです。
 宗教圏というのは、人類の五分の三、五分の四まで占めている。もし、それが一つになったとするならば、日本なんか話にもならないよ。え。そういうような、神に嫌がられる日本にならないように、君たちは日本全国において、今から先生がアメリカへ行って西洋文明と戦うことと同じように、機動隊を編成してやるんだよ。分かった? 定着じゃない。先生は定着して来なかった。五十州を自分の活動舞台として、移動バスに乗ってやった。それと同じように、「定着するな!」。

 反対する群衆を防備するために、統一教会は今まで故郷を捨てて出た。その時は親も反対、皆先生を反対した。「ああ、統一教会はよくない。よくない」と反対した。しかし今になっては、「統一教会は偉い」と、それが分かるようになったよ。日本の地においても、勝共でなければ日本の将来の希望はないということが結論になるようになってきた。それぐらいに、文先生の名声は、富士山は問題ありません。ヒマラヤの峠を越えて、世界のいずれの地でも有名な先生になっている。先生がもしも世界巡回、世界大復興会を行えば、もう国が動くような段階にきているのです。

 先生の名声が高まることによって、四方の、今まで闇夜であったサタン主管圏の世界が、今や黎明を過ぎて、朝日が登るようになってきたのです。ですから、統一教会と一般の人々と比べてみた場合には、天地の差異があるのです。言わなくても、自らその方向に付いていかざるを得ないような結論を見いだす世界になってきたのです。日本もそうだろう? (はい)。アメリカもそうだよ。
 
今度、アメリカのPBSという六〇〇〇万人が見るという放送で、文先生をぺちゃんこにしようとする悪辣な怨讐がいて、その総力を上げて叩き潰そうとしてきた。それには、真実のことを話さなければならない。そこで、「八〇年代に入ってレーガン大統領を当選させたのは文先生であり、ブッシュ大統領を立てたのは文先生である。このような背後に組まれた膨大な力の影響を今、アメリカ人は権勢を傾けて防備しなければならない」と。その内容を知って、アメリカでは大変なことになってきた。「七〇年代に、国家に問題を起こしてきた文先生は、十四年間で死んでしまったと思っていたのに、こんなに内的基盤を確立して、今になって怒涛のごとく、カイン的な世界へ押し出すとは思わなかった。大変だ。 文先生、偉い。 若者は文先生の写真を持って尊重する。 教壇に立っても教義で反対する者はない。」という歓声がわき起こるようになってきた。日本もそういうふうにしなければならない。分かった? (はい)。日本を覚醒させなければなりません。

 昔、統一教会に入った時に、その部落全体の反対の陰の下で消えてしまうように思ったその統一教会の群れが、今や故郷に旗を掲げて帰ってきた。帰ってきた姿はみすぼらしく、何も持たないんだけれど、今からを見ていなさい。三年、十年、待っていなさい。「私の話を聞け」と、堂々たるものです。「過去には何も知らなかったので、聞きもせず、内容も調べないで押し出した親、その親戚、その兄弟は、いずこにいるや8 本当に愛していた場合には、それは命を懸けて、統一教会の内外共に比較対象して勉強した後に判断しなければならないのに、噂でもって自分の子供を死刑場で首を切ってしまうようなことは何じゃ」と。一発で来るようになる。

 昔は自由自在にして一人の首を切ってしまったが、今はそうじゃありません。帰ってきた者が一つの郡において数十名、数百名はいる。それが群れを成してぶっかけ合うのです。話しする何の必要もありません。押す一方である。一方に倒れる以外に道はない現代の環境に入ってきたのです。だから、年来の迫害の恨みを愛でもって、彼らの生命を新しく切り換え、それを接ぎ木させてやって、神の荒野の路程に参加させて、本郷の地に帰って、神の伝統的一国の国民として入籍をさせて、万歳し得る国民、氏族、王族となるような準備をしようとする、ありがたい天来の恵みは、歴史になかったことである。

 それに反対してみなさい。いくら反対しても我々は、反対する外的な世界の迫害を消化するためにやってきたのである。今自分の国家の国の建設の路程において、反対どころではない。いかなる犠牲を投入しても成し遂げ、最後の詰めを固くしめておかなければならないのが、統一教会の精神である。青少年たるものは、それをはっきり分かって、その通りの道を行かざるを得ないという決意を持つのが当然である。ここに集まっておる若い統一教会のメンバーたちはどうだ。そういう覚悟を持っていますか? (はい)。

 それで、神の愛の創造理想、愛を中心としての創造理想を失った神の血統圏を、完全に自分の一族に再び定着することによって、アダム、父母の失敗。イエス様の失敗。再臨の主は第一アダム、第二アダム、第三アダムとして来たので、第三のアダムはイエス様の失敗、第一アダムの失敗を皆完成してやるべき使命があるから、イエス様の失敗以後をずーっと君たちに委譲して、自分の父母を、堕落したアダムと同じように、勝手に結婚した者を今や祝福の神の天恵によって、堕落しなかった父母の立場に立たせるという恵みというものは、それは大変なものです。夢みたいな話です。そのことを成すために、氏族のメシヤ圏を発表したのです。分かりました? (はい)。イエス様は一人で氏族メシヤとして、国家メシヤになるために送られたのですが、文先生は全世界的に祝福された二万五〇〇〇人以上の祝福家庭を、氏族のメシヤとして発表した。この威力たるものはいかばかりか、考えてみなさい。

 今ソビエトにおいて、共産党の天才的若者たちが三泊四日の研修で完全に回ってしまった。無神論者が有神論者になってしまった。アメリカのアイビーリーグの有名大学の天才的男たちを唯神論の第一先頭国家の青年たちをモスクワに連れていって、一年前までは無神論を唱えた共産主義の名門出身の子供たちが、アメリカの歴史性を持った唯神論圏の名門家の子供たちを逆に教育して感動させるという歴史的な問題が起こっている。それと同じように、君たちを押し出した部落に帰って、その部落すべての長が、反対した者が膝を曲げて、敬服と服従とともに絶対的授受関係を結んで、平和の日本、地上天国確立が可能だということを知ったならば、その道に責任を持って立たない者は、死体と同じです。分かりましたか? (はい)。
 今度先生が帰っても、その責任を全国的に一〇〇パーセント、祝福家庭あるいは新しい統一教会メンバーとして覚醒した者は、この道に向けて全面的に再投入しなければならないというのが、先生の真意であります。それに加入したくない者は手を挙げてみなさい。(笑い)それに加入したい者、両手を挙げて。(はい!)

 清くしなければならない神の血統です。サタンの血統を消化して、神の愛によって、神の血統伝授を完成し、自分の一生に成すべき使命に対して、驀進、前進どころじゃない。驀進すべき勝利の一点は、天のものとして、永遠に氏族の宝物、後孫の教育資材となるように努力すべし。皇国の興廃、この一戦にあり。各員奮励、何と言ったの? (努力せよ)。努力じゃない。 皇国の興廃、この一戦にあり。各員奮励努力じゃない、勝利せよ!(はい)。勝利する武器は完全に備えている。それに向けて、驀進する決意を固めて、今からそういう方向に前進するように。神の祝福があらんことをお願い申し上げます。ありがとうございました。(拍手)
 1992.3.27 東京本部教会


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

今から25年前の3月26日真のお父様がご来日されました。

a176_2016111705083726d.jpg



今から25年前の3月26日真のお父様がご来日されました。

そのときの真のお父様のみことば
先生が言うたように、骨肉が絞り出す、骨肉が絞られて汁が出るように、その汁を飢え死にする者たちに持っていって、飲ませて、何人くらい復活させてやって自分は死んでいく、その思いを持て。そんな生活すれば、絶対君たちの生活問題とか、そんなこと言ってもしなくても、子供は病気にもならないし、奥さんも絶対飢え死にしません。不思議なことがたくさん起こってきますよ。

先生今までずっと、70歳以上になって、家庭というものを考えたことがありません。生活ということを考えたことがありません。公的なセイメイはずせば、私的な生活環境に公的な恵沢を受けた者は、自動的にそこに深いところがあった場合には水を埋めてやらなければならない。日本の統一教会を先生は、心配しません。心配しないより、未来の統一教会は心配しないが、今の君たちに対して心配している。なぜ、先生みたいな精神を持っていない。話分かった?

 何回か滅びるのを見て、後世が正しい道をたどる道はあろうけれども、滅びないで生き残る道は先生みたいな態度以外にない。だから今まで現状の環境を180度転回して、新しい方向、自信満々、自覚を立った主体性でもって、四方八方に影響して、東西南北、いつも影響してあまりある……。先生今、年は何歳だ? 韓国では73歳よね。一日中立って何時間も話をする。疲れるとか考える暇がないや。まだ倒れていないから、言わなければならないし、教えなければならないよ。嫌でもどうでも。そうすることによって天来の先祖たち、君たちの先祖たちが一様にみんなひざまづく。万年を越えて尊ばれる父母としてそれは侍る。霊界に恥ずかしくない、地上の君たちを後孫に……道を残して。

 霊界に行く財産というものは、天国には国民がいない。国民を復活させて連れていく以外の自分の所有はありません。分かりました? 君たちの生んだ子供ではありません。日本の一億二千万のすべてが神の国民となるべき道をみんなが持っている。いかにして日本人を何十倍の子供の前に、何十倍の日本人を子供とともに天国の国民に臨席させるか。その数が、その量が君たちの霊界に行って自分の着くところのイシになる。それがいなかった場合、いくら統一教会の、久保木会長どこ行った。久保木! (はい) いくら久保木会長、30年近くやったとしてもそれがなかった場合にはゼロである。

その道が不可能だったから、統一教会が反対されたために不可能だったが、今は全世界的に文先生を尊重するようになってきた。日本でも中国でも文先生に反対するものはだんだん消えて、半分以上。アメリカもそうだ。全世界的だ。反面にサタン世界は夕暮れになった。……夕立になった。闇夜が近寄ってくる。悪口は闇夜から追われて、その反対の黎明、朝日が登るように、世界すべてが我々権限下に、目の下に見えるようになってきた。ちょうど反対になってきた。

そういう環境……故郷に帰って、永遠のものを自分の故郷に授けてやれといって、故郷を復帰するために氏族メシヤの権限を、それは生易しいものではありません。何年間働いたその価値、ばからしい! そんな生易しいものではない。数千万年尽くしてもできないこと。十倍、百倍を一遍に火あぶりして、祭壇に祭物を捧げても永遠に得られるものではありません。そんな貴重なものを、自分の……の位置みたいに考えるのは、それに加わる裁判のざん訴の歴史の大きいことを忘れてはならない。だれにもそれは授けられないような貴重な……一世、一番の価値の内容に扱うそのものは、……に引きつけられる。分かった? 

 日本は君たちが責任持たなければならない。日本の……先生はアメリカにも世界に対しても真の父母として蕩減の道を完全に通過した。きょうまずもって、ここで……君たちの環境に堕落性の因縁の一点も残さないと覚醒を再び催促しながら、先生の言葉を終わる。それに同調する者、両手を挙げて誓う者! (はい) 神の祝福あるように。 
 1992.3.26 東京本部教会 午後7時半から

1992年4月から女性時代を迎えました。
その数日前、奇跡的に日本に真のお父様をお迎えできたことはとてつもない恩恵でした。
真のアダムを迎えたがゆえにエバとしての使命を受けることができるようになったことは日本にとって千載一遇のチャンスでありました。
しかし、結果として1999年に再び真のお父様をお迎えできなかったことは悲惨な出来事となりました。

この3月、「日本の一億二千万のすべてが神の国民となるべき道をみんなが持っている。いかにして日本人を何十倍の子供の前に、何十倍の日本人を子供とともに天国の国民に臨席させるか。」
のみことばを再度受けて、氏族聖殿、家庭聖殿の勝利をせねばと思わされています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

不可能を可能にするみことばの力

P1040803_20170110044602584.jpg


不可能を可能にするみことばの力

大分教会では毎朝、7時半すぎにみことばをメールで配信しています。昨年の5月から毎日欠かさず送信しています。
その時間に畑にいるときとか、電車の中とか色々ですが、その時にはスマホから送信するようにしています。
真のお父様のみことばを天聖経から選んで、皆さんに送っています。王国通信という名前のみことば通信です。
今朝、送信したみことばです。

真のお父様のみことば
私たち人間はサタンの愛を中心としてサタンの生命、サタンの血統につながってきました。これが問題です。このような位置には神様がいることができません。神様が干渉することができません。今まで歴史において全知全能な神様がなぜ無能な神様となってきたのでしょうか。怨讐となる立場にサタンが立ち、その怨讐は何を奪っていったでしょうか。神様の愛を奪っていきました。神様の愛の圏、神様の生命圏、神様の血統圏を蹂躙したのです。この概念を常にもたなければなりません。 天聖経から

その王国通信のことを
今日、打ち合わせの会議をしている中で、その報告してくれる婦人がいました。
その方は毎朝、おくられてくるみことばをノートに書き写しているそうです。そうすると真のお父様の心情、神様の心情が胸に強く響いてきて、熱くこみ上げてくると言われていました。
またほかの婦人も、スマホに保存されている送られてきたみことばを読み返していて、真のお父様の心情に触れて、涙が溢れてきてしょうがなかったとあかししていました。

真のお父様のみことばは偉大です。
不可能を可能にする力があります。どんな逆境でも克服できる道を切り開いてくれます。

以前の話ですが
私はあちらで牧会者をしていたとき、とても厳しい地域を担当することとなりました。
そこは本部から毎月、何千万と支援してもらわなければ成り立たない地域で、何年もマイナスの状態が続いていました。
そこを担当することになって始めたのが、みことばの配信でした。当時はメールがまだない時で、ファックスでそれを行うようにしました。

毎朝、ファックスでみことばを配信します。会員の自宅に毎朝みことばを届けるようにします。そうすると皆さんの意識が段々と変わってくることを実感しました。神様の心情に立つという本来の姿が強くなってきました。
それで、一ヶ月も経たないうちに、マイナスからプラスに転じ、奇跡的な展開となりました。

それはみことばの力です。神様が働かれ、真のお父様が働いてくださって起きた業であることを実感しました。
神様と一体となることを通してしか、勝利する道はありません。

これからサンクチュアリが爆発的な発展を遂げるためには、神様、真のお父様と一体となることであると思っています。
そのためにみことばを重要視した戦略を展開していきたいと思っています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

聖殿が拡大成長するためにどうするかを考える

DSC00974_201701100505588e8.jpg


聖殿が拡大成長するためにどうするか

サンクチュアリの基盤が拡大することを通して、真のお父様の天一王国が拡大されていきます。そのためにどうすればいいのかを考えてみました。

今あるサンクチュアリの会員の家庭を家庭聖殿(家庭教会)とします。真のお父様の家庭教会に関するみことばが多くありますので、そのみことばを相続した、家庭聖殿を目指します。
そして天一国時代となっていますので、天一国憲法を中心として活動する家庭聖殿となります。

天一国の基地は家庭聖殿であり、天一国に入る天国の鍵でありますので、その家庭聖殿が主人となって段々と天一国は拡大されていきます。
そして、その家庭聖殿を支え、助けるために、教会(拠点)が必要です。その教会を仮に支部聖殿とします。家庭聖殿と支部聖殿は主体と対象の関係の相対関係となります。主体は家庭聖殿であり、対象は支部聖殿となります。アダムの立場と天使長の立場と同じです。その関係が本来の位置と状態になってはじめて、発展することが出来ると思います。

主体と対象の
その授受作用によって、発展するという原理原則がありますので、必ず拠点をつくった方が発展し、成長します。家庭だけの集まりだと公的な意識と闘いがどうしても家庭的段階で終わるようになると考えます。

支部聖殿(拠点)は家庭聖殿が成長するために、あらん限りの協助をします。教育体制、祝福体制、打ち合わせ会議など。
大分では昨年の6月に拠点を整えて、運用していますが、今までの期間で会員は3倍を超えています。これからも拠点(支部聖殿)を拡大することが必要と考えて、計画しています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

父母の責任時代と子女の責任時代における私の責任

P1040804.jpg


父母の責任時代と子女の責任時代における私の責任

父母の責任時代(1960年~1981年の21年路程)
世界的蕩減時代 1960年~1981年
真のお父様は1960年ご聖婚されて、アダムとエバが堕落して立つことができなかった真の父母の位置を勝利され、父母の責任時代を出発されました。
1960年~67年が家庭的蕩減時代の7年間
1968年~74年が氏族民族的蕩減時代の7年間
1975年~81年が世界的蕩減時代7年間
父母の責任時代を完了されたのが1976年10月4日の天勝日の宣布でした。
アメリカでワシントン大会を勝利されたことによって、全聖書歴史のすべてを蕩減され、父母の立場で世界を愛した長子の位置を復帰されました。

真のお父様のみことば
先生は今までに個人蕩減、家庭蕩減、氏族蕩減、民族蕩減、世界蕩減、天宙蕩減をなして、すべての基盤を築きました。そしてこれらのすべてのものを皆さんに完全に相続させてあげようとしています。皆さんがイエス様の死を蕩減した立場に立てばこれらのすべてを相続することができるのです。それがホーム・チャーチなのです。1982.2.22

皆さんがこのような形で蕩減路程を行くことができるのは、先生が蕩減条件を立てて勝利したからなのです。事実、世界のホーム・チャーチは世界教会の勝利した上に立っているのです。わかりますか。先生は皆さんが勝利するためのすべての方法を教え、さらにすべてのことを蕩減復帰できるように全世界を小さな世界に縮小しました。これがホーム・チャーチなのです。イエス様が十字架につくことによって成し得なかったすべてのことをホーム・チャーチにおいて蕩減復帰することができるのです。1982.2.22


子女の責任時代 1979年~2000年の21年間
1979年 年頭標語 家庭教会天国実現
1980年 年頭標語 家庭教会天国基地
1981年 年頭標語 家庭教会は私の天国
1982年 年頭標語 家庭教会勝利
1983年 年頭標語 家庭教会は我々の定着地

真のお父様のみことば
この世界的基準で連結した日が1982年2月22日なのです。そしてイエス様の34歳の圏内に入るこの日はイエス様が死なずに生きて出発する復活圏に入っていく時となるのです。 今後、34年目から40年目にかけての7年間に、すべてのことをみな終わらせなければならないのです。 1982.2.22

1948年2月22日は真のお父様が平壌の牢獄に拘束された日です。その日から丸33年経った日が1982年2月22です。その時にイエス様のすべての恨を解放され、氏族解放の道を私たちに与えてくださいました。
そして本来、家庭教会の摂理は1982年から7年間、1989年までに終わらせなければならない天の計画がありました。

ロシヤ革命が1917年でソ連が成立したのは1922年です。それでソ連の崩壊は1991年でした。真のお父様が「共産主義は70年を超えることができない」というみことばが成就したのです。
本来、1989年までに家庭教会の摂理を勝利しなければならない天の計画を悟って、勝利した基盤をつくっていたならば、どのように展開していたことでしょうか。

しかし、人間的に判断し、真のお父様の心情から出発することのできなかったリーダーによって、家庭教会の摂理は全く、定着することができず、荒野生活をしていたのでした。
男性リーダーによってその摂理は失敗となってしまいました。

1992年、女性時代を迎えます。1960年ご聖婚されて丸33年が経った時です。イエス様が相対を迎えることができず、女性を解放することのできなかった恨を解放されたのが1992年でした。
それで女性を中心とする摂理の7年路程が子女の責任時代の最後の期間でした。
その期間、真のお父様は特に日本女性を愛し、16万の女性を相対圏として完全に投入してくださいました。その目的は家庭教会、氏族メシヤの摂理を勝利させるためでした。

1992年に3万双祝福、95年に36万双、97年に4千万双、そして1999年に3億6千万双祝福は日本で行うということが真のお父様の願いでした。
子女の責任時代の集大成として日本で世界的祝福を行い、本然の堕落していないエバの腹から善なる子女を全世界に向かって生み出すという神様の天一国出発の計画が練られていました。

ところが日本に真のお父様をお迎えすることができず、日本がエバの使命を国家的に蕩減復帰する計画は水泡に帰してしまったのです。
女性を中心とする摂理も失敗したと言えます。
結局、21年間の子女の責任時代は全うすることができていない状態です。

今また、摂理的重要な時を迎えています。
中国の建国が1949年でその70年後は2019年です。
子女の責任は何であるのかを明確にしなければと思います。それは家庭教会氏族メシヤを勝利して、国家的基盤を立てることです。そのための思想と戦略が自分の中に明確に構築されて、実践できる体制を早急に作ることであると思います。

そうしない限り、日本は中国に取り込まれてしまいます。「沈黙」の宣教師やキリスタンの姿が現実のものとなることを想像しなければなりません。

しかし、勝利するならばどれほどの希望の時を迎えるでしょうか。
2019年、二代王亨進様は40歳となられます。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

粘り強い國進様の性格を相続したい

IMG_5930_2016111606153556c.jpg


粘り強い國進様の性格を相続したい

真のお父様のみことば
先生は粘り強い男です。私はそのことをうちの国進から習いました。国進が一度、「ある計画があるのですが許可してください」と言うので、「それはだめだ」と言ったら、一か月後に再びやって来て、じっとようすをうかがっていて、私が気分良さそうだと分かると、「お父さん、私の願いを一つ聞いていただけませんか」と言いながら、前に話した計画を別の角度から持ち出すのです。最初は上から話して、その次には横から話して、さらには左から話して、下から話して、ほんとうに粘り強いのです。それが二年、三年と続くのです。それを見ていて、ああ、自分もああだったんだなあと思ったのです。 1992.5.10

みことばを訓読していて、真のお父様が國進様のことを語っておられるみことばにであいました。
今、真のお父様は霊界におられ、私たちをたずねてくださいます。
國進様は実体の真のお父様と実に粘り強く相談されながら、御旨を進めてこられました。

私たちは霊界の真のお父様と直接に相談して御旨を進めることができる特権を与えられています。
國進様のように粘り強く真のお父様と相談し、報告するならばどんな目標でも勝利できると思わされました。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

迫害を乗り越える真のお父様の信仰を相続する

140601.jpg


映画「沈黙」を観て以来、宣教師の姿が脳裏から離れません。迫害の中にありながらもキリスタンの皆様を愛し、神様に繋げるために必死になっている姿がありました。しかしそのキリスタンに対する迫害が激しさを増して、逆さに吊るされ苦しんでいるその声を聞きながら、どうすることもできずキリスト教を棄教せざるを得ない宣教師の姿がありました。
自分だったらどうするだろうか。自問する日が続きました。

真のお父様はどのようにその環境を通過されたのであろうか考えていました。
「拘束された神様を解放する」という真のお父様のお姿が監獄の中で、貫かれています。そのお姿が私の理想であることを教えられました。
簡単なことではありませんが、外的な伝道目標を勝利するための、内的心情の目標としたいと思います。

真のお父様のみことば
天国を築いて生きる人でなければ天国へ行くことはできません。私が監獄に入って手錠をかけられて暮らす立場に立ったとしても、「私」を拘束することのできない愛があるのです。私が腰を曲げ、眠ることのできない立場にあるときに、夜に起きると手が光を放っていたのです。なぜ光るのでしょうか。神様が抱いてくださっているからです。それが分かったのです。ですから暗い部屋でも光を放ったのです。
私がうめき声と泣き声を聞きながら監房の隅で粛然としていると、次の日の朝には、皆はったい粉の包みを私に持ってきてくれたものです。通りを越えて「どこどこの監房の何号のところに、お前がこれを持っていかなければ、この監房全体が安らかではなく、お前の家が安らかではないので持っていってやれ」と言うのです。私の神様は愛の神様なので、このような神様を冷遇する恩知らずの統一教会の群れとなってはなりません。
            *
 「人類のゆえに神様が拘束を受けているのだ。私ゆえに神様が拘束されているのだ。私という一個体のために神様がサタンの讒訴を受けているのだ。私のゆえにイエス様も死んだのだ。私ゆえに聖霊が血のにじむ闘争の歴史を抱いて身もだえしてきたのだ。神様、私に力をお与えください。お父様を安息させ、解放の座に移してさしあげます」と言うことのできる、信仰に飢える者、希望に飢える者、愛に燃える者を神様が六千年間求めてこられたのです。このような事実を私たちは知らなければなりません。 天聖経 155p



よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

天一国憲法に基づいた家庭生活と教会運営を考える

P1040846.jpg


しばらくの間、このブログを更新できずにいました。
自分の中で混沌とする内容があって、前に進めずにいました。
ようやくスッキリすることができ、その混沌の中から、新たな道が見えてきたように思います。
それでブログを更新したいと思います。

天一国合衆国憲法の冊子を開いて考えてみました。
天一国憲法に基づいた家庭生活と教会運営について今の自分の段階での自分なりの解釈を。

天一国合衆国憲法
原則1:神の清い血統を維持せよ。

家庭生活
・みことばを学習する。
信仰の生活のためには、みことばが重要です。みことばを通して、自分の位置を明確に意識することができます。神様の血統であるという誇りと確信を絶えず持つために、みことばの学習を欠かすことができません。
家庭礼拝や原理学習を家庭で定着することを通して、神の清い血統を維持することになります。

・祝福伝道を推進する。
神様の血統を拡大することが天の願いであります。誰をいつまでに祝福するのかを明確にしながら家庭を祝福伝道の基地とする必要があります。

教会運営
・原理セミナーを定例化して、みことばを教育する体制を準備します。そして、祝福の意義と価値などの講義も頻繁に行いながら、神様の血統を守り、拡大する体制をつくります。
・祝福を拡大するための方針を徹底する。
教会でいつでも祝福することのできる取り組みと準備をしておくことが必要です。基台を組んで祝福対象者を意識しながら、祝福まで繋げるようにします。

原則2:人権を侵してはならない。(心情蹂躙をしてはならない)

家庭生活
神様の愛の実践で心情蹂躙を蕩減復帰することとなります。真のお父様の愛の実践生活です。それは神様の心情の世界を拡大することであり、伝道することで「原則2」を守ることができます。

教会運営
教会長は天使長の立場です。アダムとエバを教育し、愛し育てて神様の前に完全なアダムとエバに立てるべき使命を天使長は全うすることができずに、心情蹂躙の根本的罪をつくりました。その立場を蕩減することを教会長はやらなければならないと思います。
一人一人を神様、真のお父様とひとつとなれるように、愛し、教育し繋げる立場を全うしなければなりません。

原則3:公金を乱用してはならない。

家庭生活
ヤコブが21年の荒野路程を出発するとき、神様からの祝福を受けました。創世記28章11節からあります。その祝福に対してヤコブの神様との約束が「あなたがくださるすべての物の十分の一を、わたしは必ずあなたにささげます」。(創世記28:22)と誓って出発しました。そしてその誓いを守り続けて、神様からの多くの祝福を受けて、ヤコブは21年路程を勝利することができました。
私たちを神様が祝福してくださっています。そのために神様との約束を守ることが重要です。そのことを生活化することとなります。

教会運営
各家庭から11条以上の献金を受けることをしないようにしなければなりません。
そして、天一国主人は家庭であるので会計を透明化し、どのように公金が運用されているのかを説明できるようにしなければなりません。
それによって教会は祝福を受け、発展し、拡大するようになると思います。

天一国合衆国憲法を守る家庭生活と教会運営を心がけていきたいと思っています。

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

私は何を間違ってきたのか

a103_20161224074033099.jpg


私は何を間違ってきたのか

今まで信仰生活を送りながら、真のお父様のみことばをどれだけ成就してきているのかを考えてみると余りにも、なされてないことが多く残されています。
「月に一人が一人を伝道する」という真のお父様のみことばを伺っていましたが、今までの信仰路程の中で、そのことが全くできてないのが実情です。

私は原理を知って、45年経っています。ならば直接の霊の子女が540名はいる計算になります。
残り少なくなってきた人生の中で、今までの調子でいくならば、真のお父様の前に顔を上げることのできない負債を背負った状態を永遠に残すこととなります。
できなかった理由はいくらでもあげることができます。しかし、それは言い訳しかなりません。

真のお父様のみことば
あなたたちは今から十二弟子を組め! 七十二弟子を組まなければ天国はつくれない。それがあなたたちに残されたものである。昨年から先生が命令したのは、一ヶ月に一人ずつ伝道しなければならない。至上命令だ! やれ! 先生は何の準備なしにあなたたちに言ったのではない。鉄則の基準をあなたたちに教えた。イエス様は三年ないし、三年半に、霊肉ともの基準を一致させようとした。それが失敗した。

我々がイエス様と同じ蕩減復帰をするには、霊的三年間以上、肉的三年間以上を費やさなければ、霊肉ともの勝利の基台を結びつけることができない。それで七年間という年月が必要になってきた。七年間は全部がみ旨のためにこの天国をつくらなければならない。

七年間に何するか? イエス様が失った十二弟子と七十二弟子を、これを家庭を中心として、蘇生、長成、完成しなければ天国をつくれない。 七十二と十二は八十四だから、七年間に十二掛けると八十四だ。十二弟子と七十二弟子を我々各自が組み合わさなければ、天国は、イエス様が世界的になし得た天国の橋を造ることができないんだから、我々生涯をかけてこの橋を結びつけなければ天国につながらないという各人の使命がある。

一ヶ月に一人伝道して、七年かかって初めて八十四人になる。だから最小限度、一ヶ月に一人伝道するという結論は、世界的な基準の核心になっている。あなたたちもこういう信念を世界的に武装した場合には、その目的のために全国一致してはっきりさせた場合には、いかばかりサタン史が崩れていくか。 

各自が、一人が一人ずつ一ヶ月に伝道するところに、その実績の基台に、天国は社会的に開かれる。これは間違いない原理の原則である。七年間は行かなければならない。一ヶ月に一人ずつ伝道すれば七年費やしてこそ、初めて八十四人の条件的な基準がつくられるから、それを至上命令として下したのである。今、初めて詳細に話した。 

死してもこの基準を解決しなければ行く道がないというのが、鉄則となっている。だから先生も、生涯をかけてこの問題に引っかかったよ。イエス様もこの問題に引っかかったよ。神様も六〇〇〇年間、救いのために苦労したのも、この問題のためである。これを解決しない以上は、神様の心情的恨みを解く道はありません。 

この三年間というのは、世界的基準において、霊的ではありながらも、イエス様が三年間に世界的心情基準をなし得なかったその基準を、世界的に再び編成しなければならない。だから各国の青年たちを組ませて、こういう時代において、イエス様が死ぬ時、みな逃げていったのではなくして、死ぬ時に共に死ぬような覚悟をもつ、そのような青年に武装させるための訓練所が、ベルベディアの訓練所である。それを整え、ある軌道に乗るようになるまで、七カ月かかった。満六カ月費やして、そういうことを成して、今帰る時である。

 あなたたちは、天国づくりがどういうようになっているか、はっきり分かりましたね。話では通じない。実績が問題である。霊界に行っても、先生に対して、「天国に行く正しい道を教えなかった」と讒訴できないだろう。今、教えた。 

1973.7.8 一心不乱一生懸命 東京教会にて

1973年に語られたこのみことばは日本のシックに日本語で語られた内容です。ちょうど1977年アメリカ摂理の絶頂期に合わせるためのみことばでした。家庭教会プログラムをより多くの聖徒に分け与えるためだったと気づきました。

今、亨進二代王様の語られるみことばと方針を伺う時に、これなら伝道ができるという確信が湧いてきています。伝道に対する方針が明確です。

また、なんの迫害や反対もありません。サンクチュアリにおいては伝道における障害は一切ありません。
思う存分、伝道ができる環境が準備されています。
これで今までの負債を精算できると思っていますが、時間がありません。
今年はその負債を晴らそうと思います。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

映画、沈黙-サイレンスを観てきました

P1040835.jpg


昨日映画、沈黙-サイレンスを観てきました。

自分ながら感想と心情を述べてみたいと思います。
長崎と同じように、大分もキリスタン殉教の地です。各地にその史跡があります。
キリスタン大名を中心として希望と理想を掲げながら、イエス様の教えをもとに何万というクリスチャンがキリスト王国を立てるために、イエス様の愛を実践していました。

ところが、中心であった大名がなくなって一ヶ月後から豊臣秀吉の国家的な迫害が始まり、家康の時には本格的な弾圧が徹底されるようになって、ふるさとを捨てて、山野を逃げ回りながらも信仰を守っていました。

映画によって、その迫害の様子がリアルに再現されています。話では聞いている内容ですが映像を通してみると更に、悲惨な状況が目の前に迫ってきます。

その姿を見ておられた神様の心情がどれほどであったかを想像させられ、幾度も涙がこぼれました。キリスタンの方々はなぜ神様は沈黙せざるを得ないのか、その神様の事情と心情を知るすべはありませんでした。

真のお父様のみことば
今までの歴史を見れば、旧約時代は万物を祭物視しました。万物を犠牲にしました。万物を犠牲にした目的は、人間の解放のため、人間の復活を助けるためでした。万物を犠牲にして人を取り戻したのです。言い換えれば、万物を犠牲にするのは神様の子女を取り戻すためです。旧約時代は万物を祭物とし、新約時代は神様の子女たちが血を流して、この世界の復活圏に向かっていくのです。それがキリスト教を中心とした歴史でした。キリスト教の歴史はイエス様、そしてイエス様に従うすべての個人、家庭、民族、国家が今まで犠牲となりながら祭物的過程を経てきたものです。
天聖経 118p

そして今、キリスト教歴史のすべてを蕩減され、勝利された真のお父様のお姿があります。惨たらしい迫害の路程を通過されながらも、その環境を乗り越えて神様の心情を解放されました。

キリスタンが迫害され、宣教師たちが通過された路程を真のお父様が同じように通過されながら、沈黙せざるを得ない神様の心情を慰めてこられたがゆえに、新しい時代を迎えることができました。

地上に再臨のメシヤ、真のお父様をお迎えするために犠牲となって行った方々が、当時のクリスチャンの姿です。私たちは真のお父様をお迎えすることができて、歩んでいる聖徒です。
今、神様は生きて語り続けておられます。

どうしたら、天国にはいることができるか。どうしたらすべての人類を天国に導き入れることができるかを大声でさけんでおられます。

1976年10月4日、アメリカで天勝日を宣布された真のお父様は世界的な長子権を勝利され、サタン世界を愛し、屈服された条件を勝利されました。
そして、天国への鍵を全聖徒に与えました。それが家庭教会プログラムでした。

真のお父様がサタンに勝利したので、迫害はなくなり、なんの躊躇の必要もなく、そのプログラムを実行できる環境がすべての聖徒たちに与えられました。

私たちは既に勝利されておられる真のお父様、一体となっておられる亨進二代王様がおられて、天一国実現の思想とプログラムが準備されて、その通りに実行することによって、成就するようになっているという特権を与えられています。

なんという恵まれた時代でしょうか。

迫害され、殉教された多くのクリスチャンの方々の前に恥ずかしくない信仰と実績を立てなければならないと改めて決意させられました。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭連合を崩壊させる伝道方式

P1040889.jpg


家庭連合を崩壊させる伝道方式

真のお父様が興南で実践された方法が伝道のやり方の根本であると思っています。
それは口も開くことのできない環境の中で、真のお父様は周りにいる人たちの囚人服に書いてある名前を覚えられて、深刻な祈祷をされていかれました。その結果、霊界にいるその祈られた囚人の方の先祖が夢とか啓示であらわれて、訴えてきてどうしようもないのでお父様に従うようになったとあります。

今のサンクチュアリにきているシックは殆どが家庭連合からの方でありますので、その因縁圏は必ず、あるはずです。また、名前を知っている人がいるはずです。その方々に対して深刻な祈祷を捧げた条件をもって、電話したり、手紙を書いたりして行くときに、気づいてくれる方もいるし、気づかない人もいると思います。

気づかない方は後回しにして、その気づいた方に集中しながら、さらに先に進めて、その因縁圏をまた同じように展開することを通して、浸透できると思います。
真のお父様を求めていて、霊界の協助を受けているシックがおられるはずですので、その方を探す必要があります。

こちらでは各自がそのように名前をあげてお祈りしていますし、教会でも祈祷室にその名前を書き出して全体でも意識して取り組むようにしています。
問題はこちらの深刻さが神様と霊界が協助できる基準であるかどうかだと思います。

そして、家庭連合の教会前でのチラシ配布などの攻撃モードからは対立関係となり、同等の関係となって、縦的な神様や霊界の協助を求めるというより、人間的な心情が先に立ってしまうと思います。そのようなやり方で伝道が進むのか疑問です。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭連合教会前でのチラシ配布に異論

DSC00981.jpg


家庭連合教会前でのチラシ配布に異論

家庭連合にいる方々を救い出さなければならないという観点から、教会の前でチラシを配布することはどうかと思っています。

それは伝道するということよりも、家庭連合側を挑発する行為となり、教会長や婦人部長に感情的に行動するキッカケを与えてしまうからです。
そして、むしろサンクチュアリに対する対立感情が強くなって、思想的矛盾を超えて、感情から反対する姿勢を強くするようになってきます。そうすると下にいるシックに対してかえって強く主管して、戻ることのできないような体制を強化するようになるのは明らかです。

沈みゆく船の扉を固くしめるようになって、脱出するにもできないような状態になってしまいます。沈んでいく船に向かって機関銃を打ち込んでいるようなものです。それでは出るにも出れなくなります。

今は4300双祝福が天命であると思いますので、そのための行動が必要であって、教会の前でチラシを配布して、そうなるとは思えません。もしそれで伝道し、祝福ができているならばブログ等で紹介して欲しいと思います。

私は1970年代、勝共を担当していました。一人で共産党の県本部の前でも何度も共産主義の間違いを情宣カーの上から訴えていました。しかし、それは共産党の人を救おうと思ったからではなく、自由を守る人々を結束させるためでした。

家庭連合の教会の前でチラシを配布することに対して、こちらは攻撃や嫌がらせと思っていなくとも、相手はそう思っています。自分がその立場であったなら、当然そう思うからです。

現在、イスラム教の中でシーア派とスンニ派の対立は深刻で、戦争と殺戮を繰り返しています。今から対立するならば将来において、家庭連合とサンクチュアリはそのような形態になることでしょう。

家庭連合のシックを救い出すとするならば、感情的な対立をあえて、起こさないで、静かにひとりひとりをたずねながら、導き出す戦法としなければ、サンクチュアリの発展もないと思います。

迫害を受けてこそ、伝道は進みます。迫害と犠牲の中で神様は基盤を拡大してきました。
ですから、こちらから攻撃をかけるのではなく、家庭連合からの攻撃を待つようにすることの方が得策と思います。

石垣を外せば、城は崩壊します。
人は石垣ですので、ひとりひとりを導くならば、家庭連合は自然と崩壊します。
4300双祝福を勝利するときに、家庭連合は崩壊すると思っています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

会計報告の必要性と家庭連合の欺瞞性

DSC00974.jpg


会計報告の必要性と家庭連合の欺瞞性


1. 教会は天使長の立場である

アダムとエバを保護して、教育して、命の母体である神様に連結させる使命を持っていたのが天使長に立場でした。
天一国の主人である各家庭を神様と真のお父様に繋げる役目が教会であると言うことになります。

中心は神様であり、真のお父様からの生命が各家庭に流れるようになります。教会は家庭を保護し、援助するためにありますので会計を透明化して、全家庭に状況を知らせる義務があります。それによって各家庭は自信をもって、神様と真のお父様につながることができます。

真のお父様のみことば
 神様は生命の母体です。父母はその子供の生命を育ててくれるというのです。生命の母体であり、愛の母体であり、保護の母体です。生命を保護してくれ、育ててくれ、愛してくれるというのです。それゆえ、幸福はどこから出てくるのでしょうか。保護圏が成立しなければ命が危機にさらされるのです。

命が危機にさらされると愛も成立しないのです。今死ぬというのに愛が成立することができるでしょうか。できないのです。それゆえに保護圏がなければならないのです。それで保護圏を造りましたが、保護するのは誰かというと天使長だというのです。

アダムとエバは生命の起源であられる神様から生命を受けて、天使長の保護を受けて愛の教育を受けている途中だったのです。
 天聖経 天使がなぜ人間の救いに加担するのか


2. 天一国主人は各家庭です

主人である各家庭のからの献金で運営される教会の会計を報告するのは当然であって、しないという理由は見つかりません。透明化する責任があります。

教会は家庭教会を本当の主人、王とするためにつくられた拠点ですので、そのために活用している会計を報告するのは当たり前ということになります。

真のお父様のみことば
天使長はアダムとエバのために創造されたのです。アダムとエバの父である神様が天使を創造した目的は、アダムとエバのためだったのです。 天聖経 天使がなぜ人間の救いに加担するのか


3. サンクチュアリ大分教会では

真のお父様のみことばと二代王様の理念をもとに、会計を透明化しています。先日もスタッフの打ち合わせの時、合同礼拝の時と、全体に細かく報告しました。きちんと管理されて、問い合わせがあればいつでも応えられるようになっています。

また、教会の祈祷室にはある程度の間、その表を貼り出して、誰でも確認できるようになっています。

IMG_20170114_125544_1.jpg


4. 家庭連合はなぜ会計報告をしないのか

思想が間違っています。
家庭連合では主人は教会であり、本部であって完全な中央集権体制で管理しています。
各家庭やシックは下僕の位置において考えています。だから、いつまでも献金を強制する体制が続いていきます。

本部や公職者、教会の維持のためにシックを奴隷のように扱って、体制を守るために経済を強要し、報告することはありません。
それは独裁体制であって、真のお父様の思想、理念ではありません。会計報告をすることはありえません。サタンの思想と体制だからそうなのです。

滅びる日も近くなってきています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭教会の目的とトランプ大統領の就任

P1040783_201701100433050ef.jpg


家庭教会の目的とトランプ大統領の就任

2017年を迎えて、新しい時代となっています。
これからの方向性をどのようにすればいいのかと考えておられる方も多いのではないかと思います。今の時において、どのように行動し、伝道、教育を進めていくのかという点を自分なりに探ってみました。

トランプ大統領の就任によって、新しい革命が始まりました。真のお父様と亨進二代王様が喜んでおられ、天の摂理が急速度で展開されることを感じています。
そこに焦点を当てて、天の摂理にどうすれば同参することとなるのかを考え、行動せねばと思います。
それは家庭教会の摂理をお父様のみことば通りに実践することを通し、成就するのではないかと考えました。

真のお父様は既に40年前から天国創建のビジョンを明確に示して下さっていました。サタンからどうすれば人類を解放することができるかという具体的な方策がありました。それが家庭教会でした。


1. 家庭教会とは

真のお父様のみことば
一九七六年のワシントン大会を中心として、その峠をこすことによって、外的蕩減条件をアベル圏に立たせることができました。それによって、それを中心として、故郷に帰る時代に入るのです。先生自身もそうなのです。先生自身も故郷に帰る時代に入るのです。結局、弟の立場であるアベルが兄さんの立場に立った時、カインは弟の立場に立ち、逆ですね、そうなることによって、神、直接主管圏がなされるというのです。わかりましたか。 1978.9.22 故郷に帰りましょう

それでは、ホーム・チャーチというのは一体何でしょうか。先生が世界的に勝利した、あらゆる氏族、民族、国家的基準を統合して縮小した、世界を代表した縮小基盤であるというのです。それは世界の主権を縮小した基盤であり、世界の人種を縮小した基盤であり、各民族を縮小した基盤です。ですから、ここにおいて勝利した場合には、カイン圏の家庭ばかりでなく、民族、国家、世界にまで通ずるというのです。1978.9.22 故郷に帰りましょう

1976年10月4日の天勝日の宣布によって、世界的カイン圏を復帰されたお父様は世界的な長子の立場を勝利され、アダムが完成された立場を復帰されました。
そのことによって、堕落によって分断されていた霊界と地上界が、アダムが堕落してない立場を勝利したのでひとつとなることができ、神様と霊界が地上に働くことのできる条件が立ちました。

そのことの恩恵をシックに与えてくださったのが家庭教会でした。


2. 家庭教会の目的

真のお父様のみことば 
皆さんは天国に入ろうとするならアベルとして弟として、兄を屈服させなければなりません。そして長子権を復帰しなければ、父母に侍ることができないのであります。堕落によって、カインが長子の立場に生まれましたが、それを解消するために、次子の立場において、世界を代表した長子圏を一度に屈服させるのです。

先生を中心にして、世界史的な舞台において勝利したために、その勝利の心情を受け継いで、皆さんにおいては三年半という期間で、この世界を代表したカインを屈服させることができるのであります。皆さんは真の父母の息子、娘であり、アベル的な立場に生まれたのであります。そして、霊的な意味において、完全に勝利の基盤を立てたために、実体圏をもつことができるのであります。

旧約時代のように、僕の僕の立場から、僕の立場から、養子の立場、実子の立場を経て、父母の立場を再現していく道が、ホーム・チャーチの活動なのです。言い換えれば、神の前に歴史的、世界史的長子復帰の世界史的なすべてを、一時に蕩減することのできる一つの祭壇がホーム・チャーチなのであります。
  777双祝福8周年記念 1978.10.22

ホームチャーチは、神と真の父母が人類に与えた最高の贈り物です。それは過去において未来においても、けっして存在しない最初のものであり最後のものです。あなた方はホームチャーチの贈り物を受けました。それを果たすことによって、あなた方は真の息子・娘になるのです。ホームチャーチは、あなた方自身を真の息子・娘にする容器なのです。

私は、この贈り物があなた方に与えられるためには、六十年の全生涯を準備してきました。あなた方は、それを相続し、完成しなければなりません。ゆえに、ホームチャーチに対して、真剣に祈らなければならないのです。
 1979.4.15 祈祷の重要性

真のお父様が地獄の中から出発されて、世界的なカイン圏を愛で自然屈服されて、長子の位置を勝利されたことのすべてを私たちに与えてくださることが目的でした。
そしてそれはサタンから全人類を解放するための神様の摂理でありました。


3. 家庭教会での伝道

真のお父様のみことば
父母の心情でホームチャーチの人に対し、子供を愛するように愛して祈るのです。人々は地獄で苦しんでいます。あなた方の心はそのことに対して、どれだけ心配し、嘆いているでしょうか。もし、あなた方が彼らに対して親としての心情をもっていないとするならば、それは大きな問題です。あなた方は心を開いて、ホームチャーチの人々に対して父母の心情をもたなければなりません。1979.4.15 祈祷の重要性

あなた方がホーム・チャーチの地域で受ける迫害は劇的なものです。それは、劇的であればあるほど良いのです。殴られて追い出される、殴られて倒れる、あるいは死にそうになる。そういうことが繰り返されている間に、あなた方はホーム・チャーチの地域全部を復帰してしまいます。あなた方は、それを全部、勝ち取ってしまうでしょう。 1980.2.21 神の祖国

まず、伝道対象者を父母の心情で祈ることが必要です。
そのことによって、多くの天の知恵が与えられ、行動することができます。
目的はまず、祝福です。サンクチュアリの伝道において、障害は全くありません。恐れることなく、堂々と伝道できるのは亨進二代王様の勝利の恩恵であることを痛感しています。


4. 家庭教会での教育

真のお父様のみことば
ホーム・チャーチにおいて涙を流しながら、汗を流しながら、すべての一心の誠意のこもった愛を集中し、その360軒のメンバーたちが自分の親より、自分の夫より、自分の妻より、自分の子供より尊く君たちを尊敬するような環境までにするには、それは易しくありません。それには原理を教えて。原理がわかればすぐわかるよ。原理を教えないと絶対に難しい。だから何をするにもホーム・チャーチでやりなさい。ホームチャーチと八段階復帰路程 1981.11.13

悪の天使長の偽りのことばでアダムとエバが堕落しました。善の天使長として霊の親は原理を語る必要があります。原理講義をしない限り価値転換はされませんので、神様と真のお父様をあかしする原理講義を徹する必要があります。

人間はだいたいひとりずつ産んで育てるようになっています。霊の子女も一人ずつ確実に伝道しながら原理教育を霊の親がやっていくことをとおしてお互いに成長できると思います。
今、大分教会ではスライドでの原理講義案をパソコンで行っています。簡単に誰でもできる方法です。

5. 家庭教会の繁殖

皆さんはホーム・チャーチをすべきでしょうか。しなくていいでしょうか。(すべきです)。皆さんはそこで神の自由圏を守らなければなりません。そうすれば、そこから本来の神の愛が始まるでしょう。ホーム・チャーチを通じないでは神の愛を地上の現実的世界に展開させることができません。1982.5.1 自分を守ろう

祝福を受けて、原理教育を受けたシックは家庭教会として新たに出発します。神様の自由を拡大し、国民に真の自由を与えるために。

なんの躊躇もなく前進できる環境がサンクチュアリには準備されています。
ここから本当の天一国が始まることを確信しています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

キリスト教禁止令から430年目を迎えた今年、2017年

P1040804_2017011004475850f.jpg


キリスト教禁止令から430年目を迎えた今年、2017年

先日、1月9日に長崎島原の日本キリスト教史研究家の宮本さん御夫妻とお会いして、色々と交流することができ、お互いに有意義な時間を過ごすことができました。

その時、教えていただいたことは、バテレン追放令(キリスト教禁止令)が1587年7月に発令されてから今年で430年を迎えることになるという重要な内容でした。

特に大分ではキリスタン大名、大友宗麟公のもとでキリスト教徒の方々がキリスト教国を目標として、伝道に邁進して県下に数多くの信者を抱えていました。その大友宗麟公が1587年6月に没して一ヶ月後に、そのキリスト教禁止令は豊臣秀吉によって発令されました。

その時から今年で430年です。その間、どれほど苦難の路程を歩まれた日本のクリスチャンの歴史であったでしょうか。
迫害の歴史のみの日本のキリスト教徒たちは今、解放の時を迎えました。

アダムとエバが本然の立場に立ったとき、霊界と地上界は統一されます。今回の天一宮入宮を勝利された亨進二代王様の勝利によって、その位置が完全に復帰され、霊界の全面的な協助を受ける時代が新たに迎えています。

まして、日本においてはキリスト教の迫害歴史は430年を迎えて、解放の時を迎えました。霊界の強烈な協助を受けることのできる条件が立っています。
再臨のイエス様を求めて、生命を捨てていかれたクリスチャンの心情を代弁しながら、4300双祝福伝道に邁進しなければと思います。

迫害され、ふるさとを捨てて、山野を逃げ回りながらも厚い信仰を立ててこられたクリスチャンの人々からするならばなんと恵まれた立場でしょうか。

真のお父様のみことば
だから、転換をするには最大にしなければならない。それは前にもあとにもない最後の闘いなのである。神様が深刻であり、イエス様が深刻であり、先生が深刻であり、イエス様の霊界が深刻であり、そして統一教会の皆さんが深刻になっているのである。

そうなると霊界がついて歩きながら業をなす。理輸的にそうである。キリスト教を信じて霊界に行った人々が、協助する。これからはキリスト教が反対する時は長く続かない。

み旨と世界 p477

統一教会を愛され、投入された真のお父様です。また、家庭連合の多くの公職者、シックはそのお父様の心情に応えて苦労の道を歩んできたと思います。
迫害されても信仰を貫いたクリスチャンのように。

今、サンクチュアリは家庭連合を救わなければならない使命があります。
対立を招くことなく、一人一人をとことん愛する闘いが必要であると思います。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

天一宮入宮式と國進様のお姿


P1040761.jpg

1月1日の天一国二代王入宮式を勝利された國進様のお姿がとても印象的で忘れることのできない感動として心の中に残っています。
11時から二代王様が入宮されますが、その数十分前から國進様御夫妻は一般のシックと同様に外で待っておられました。

P1040771.jpg


テープカットの後、二代王様が深く祈祷され涙される傍らでともに涙を流されておられた國進様です。

揮毫を書かれるその横で見つめておられる國進様のお姿は、なにか愛の心情を感じてなりませんでした。ここまでの厳しい道のりを振り返っておられるような、安堵されたような、なんとも言えない愛の眼差しでした。

P1040785-001.jpg

2012年6月5日四次元入籍宣布の時、真のカイン・アベルが勝利したと真のお父様が宣言されてから4年と210日目になるのが2017年1月1日でした。

P1040889.jpg


真のカイン・アベルが完全に勝利して神様と真のお父様が垂直に働くことのできる拠点、基点が立ったことを通して、天一国の道が飛躍的に具体化する時を迎えたことを実感しています。

CIMG3252.jpg

P1040746.jpg


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

王国のスタイル

王国のスタイル


1月2日
今日は朝、5時から訓読会です。
何が真実であるのかをあからさまに、世界に配信されます。

DSC00974.jpg



約2時間半のネット配信のあと、参加したシックと何の隔たりもない交流のひとときです。

DSC00983.jpg



夜明けの外、冷気の中でも親交されます。

P1040952.jpg




天一国の姿はどのような雰囲気であるのかが示されています。真のお父様を王の王として
深く、交わる真の人間関係がそこにあります。


P1040760.jpg

普通の家より少し大きいだけの建物ですが天一宮として神様が決定されました。
右端の部屋が訓読放送スタジオです。ここから全世界に二代王様のみことばが毎日発信されます。

天一国の出発の基点が立って具体的に出発したことを実感する一日でした。



レイクサンクチュアリです。
P1040984.jpg


レイクサンクチュアリから見た湖

P1040994_201701031742563d3.jpg


前の湖は氷と雪でで覆われていました。
前の湖を眺められながら、神様と真のお父様の悲しみの涙を慰めてこられた、亨進二代王様の流された涙がどれほど深刻なものであったかを思わされました。



与えられた責任を自由の中で勝利したいという心情に強く促されています。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

真のお父様の心情と血統に繋がる原理講義

P1030760_20161108072950392.jpg


真のお父様の心情と血統に繋がる原理講義

昨日は一日原理講義をしていました。
サンクチュアリ大分教会で朝8時前に青年が来て、原理講義を受けました。
先日の続きで、堕落論の第三節から六節までと復帰原理緒論とアダム家庭、そして祝福の意義と価値についてと午後2時まで、しっかりと原理学習をする時間でした。

途中から、二人の婦人が加わってきました。一人は実践倫理の方で、今月の21日に初めてこられて、原理講義を聞かれるようになった方です。昨日までだいたい2時間程度4回ほど講義をしていました。昨日は午後からの、祝福の意義と価値の講義を受けて、そのあと祝福式を行いました。

その実践倫理の方は原理講義を創造原理全部と堕落論を四節まで学んでいました。神様の創造理想を伝え、現実の世界は堕落世界であること、その根本の罪の問題を説明すると、実に、納得され、メシヤによる救いを説明すると、それを受けたいと自然に願ってこられました。復帰原理を詳しく講義しない段階でも救いに参加したいと言われます。
それで、サンクチュアリ協会に入会するカードを記入して、祝福式となりました。

祝福式は二代王様を主礼とする式典でありますので、そのことも順序をもって説明しました。
今まで何回も大分教会で祝福を行ってきましたが、原理とメシヤを全く知らなかった方が入会し、祝福を受けられたのは初めてでした。それも短期間の中で。

この経験を通して、サンクチュアリの祝福が本当に早く、自然と拡大していくであろうことを確信しました。
それは背後に真のお父様がいて下さり、すべての人々に祝福を与えたい神様の心情が満ち溢れていて、サンクチュアリにその権限が与えられているからであることを痛感しています。

原理、祝福の意義と価値の講義はパワーポイントでパソコンとテレビを接続して使います。
誰でもできる体制を整えたいと思っています。

家庭連合では伝道対象者にお金をださせるために、原理講義をする体制をつくり、そのための講師を準備したりしていますが、全く間違っています。

サンクチュアリでは真のお父様の祝福を与えるために、永遠の生命を分け与えるために、原理講義をします。真のお父様の心情と実体を紹介し、真のお父様の血統につがることがどれほどの恩恵であるかを伝えるのが原理講義です。
どちらが正しいか。どちらを神様が喜ばれることかは明らかです。


真のお父様のみことば
さて先生のみ言が何のことだか分かりましたか? 十八時間、十八時間ではなく十五時間は講義をしなさい。そういうことです。続けてやりなさい。一カ月でなく三年八カ月の間、病める者に講義をさせるようにしたのです。皆さんは、そういうふうにするだけで三カ月と八日にもならずに、食口たちが増えていくようになります。三年八カ月ではなく、三カ月と八日ぐらいだけでも、食口たちが増えていくというのです。たくさんついてくるというのです。食口が増えていくというのです。 107-246

 結局、食口増加率は原理講義の数に比例するのです。他のことではありません。今まで世界的に全部科学的なデータを取ってみて、そうだというのです。盲目的に伝道するなというのです。統一教会は、方法がすべて組み立てられているのです。 食口の増加は原理講義の回数に比例する 172-47


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

sanctuaryooita

Author:sanctuaryooita
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

       sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR