FC2ブログ

氏族的メシヤの任務勝利はみことばを守ることから

P1040846.jpg


氏族的メシヤの任務勝利はみことばを守ることから


人間の堕落はエバとアダムが神様のみことばを守ることをしなかったことが、根本原因です。
復帰はまず、みことばを探し、そのみことばの中にある神様の事情と心情を自分の良心の中に完全に相続させるところから、始まります。


真のお父様のみことば 日本食口特別集会 1995年10月12日

神様はアダムの家庭において、エバを中心とした家庭型、氏族型、民族型、国家型を展開し、発展させた基準を実体化させようとされました。この実体化は、神ご自身ではできません。

 実体のアダム完成形の再臨の主、真の父母が現れることによって地獄解放、天国解放が始まるのです。なぜなら、長子権と父母権、王権が復帰される基台が一体になれば、一ぺんで可能だからです。

 第二次世界大戦直後、キリスト教が文先生を父母として迎えたならば、七年間で直ちに個人から家庭、国家、世界が真の父母の願う世界になるはずでした。ところが、キリスト教が文先生を追い出してしまったので、すべてが失われてしまったのです。家庭に定着して、世界的に展開すべきその基準は、完全に崩壊してしまいました。

 先生の価値はどん底にまで落ち、それもウジ虫みたいな価値に貶(おとし)められたのです。そのため先生は、影に隠れたような生活をしなければなりませんでした。ネズミのように、昼間に頭を出したら、ぶたれるのです。  1995.10.12



真のお父様のみことば  氏族的メシヤと伝道  1994年2月16日

第二次世界大戦後、英・米・仏が再臨主を迎えて、メシヤを中心とした世界を建設しなければならなかったのです。しかし、キリスト教が失敗してしまいました。そのため、先生が四〇年間で失敗したものを蕩減復帰して、家庭、氏族、民族、国家の勝利の基台のうえで宣言したのが、「真の父母と成約時代」でした。

 一九九三年、先生が世界的アダムとして受け入れられる時が来ました。それで一九九二年までに勝利的基盤をつくらなければならなかったのです。

 一九九三年から二〇〇〇年までの七年間で世界を復帰しなければなりません。特にこの七年間は、アダムの文化が復帰されなければならないのです。アダムの文化を「女性連合」が、キリスト教に代わって復帰していかなければならないのです。  1994.2.16


結果として統一教会女性連合(家庭連合)はその使命を成就できず、失敗した状態になっているのが現状の姿です。
どのようにすればそれを蕩減復帰できるのかを考えるとき、真のお父様のみことばを探し、その内容を熟知しないかぎり、その道はありません。

それで、1990年代において、真のお父様がとくにエバ国の使命を語られておられるみことばを冊子にしました。自分で作った手作りのみことば集です。プリンターで印刷し、穴をあけてしばり、製本しました。

IMG_3210.jpg


氏族的メシヤの任務
1990年代に真のお父様が日本食口に下さったみことば

8篇の真のお父様のみことばをまとめたもので、A5版で342ページになりました。

氏族的メシヤの任務  1990.2.4
神様祝福永遠宣布式  1991.7.1
日本人特別集会におけるみ言 1993.4.16
救援摂理史の主流責任  1993.6.4
氏族メシヤ     1993.12.20
日本人女性の行く道  1994.1.16
氏族的メシヤと伝道   1994.2.16
日本食口特別集会におけるみ言 1995.10.12


本来は20年前にエバ国として氏族的メシヤの使命を成就してその長子権復帰を成すべき立場でありましたが、今一度2019年10月を迎えるまでにそのことを成就することのできるチャンスを与えれらていると思っています。

その勝利のためにはその時、失ってしまったみことばを、命懸けで守る戦いをすることで神様とひとつとなることができ、霊界の動員を得ることもでき、勝利の道が与えられると確信しています。




よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

日本の長子権復帰摂理の失敗によってエバ(母)は堕落した

140601_201611100004340c8.jpg


日本の長子権復帰摂理の失敗によってエバ(母)は堕落した


長子権復帰が勝利してから、エバを復帰して父母権復帰となります。
韓氏オモニの堕落の根源を探ります。


真のお父様のみことば 「救援摂理史の主流責任」1993.6.4

救援摂理史の主流責任について、いつも考えなければなりません。堕落した人間が救われていくべき道があります。個人から家庭、氏族と八段階の道です。その主流の第一は長子権、第二は父母権、第三は王権、第四は皇族権です。このことをいつも考えなければなりません。

 宗教は全て否定の道を行くようになっています。人類を救う道は元に帰る道であり、それが宗教です。カイン・アベルが完全に一つになって、ここに長子権が復帰されるのです。長子権が復帰されるには母が必要です。神様を中心としてこれが一つになって、父です。エバ、アダムそれから神様、これが復帰です。

原則に従っていけば天国に入るはずであったのに、反対になってしまったので、逆に皆復帰していかなくてはならないのです。この基準が長子権です。いくらカインとアベルが一つになったとしても母がいなければなりません。エバを中心としてカイン・アベルが堕落してしまったので、復帰も母が必要です。第二次世界大戦がそうなっています。日本と連合国家、サタン側と神側、蕩減しながら反対に切替えさなければなりません。

これが再臨主、真の父と一つになることによって父母権です。父と神様が一つになることによって王権です。長子権・父母権・王権です。神様を中心としているから、本来の王権です。1993.6.4




1945年から再臨主として真のお父様は神様の摂理を公的にはじめられました。それはまず、キリスト教教会への伝道でした。
神様が2000年間にわたって、キリスト教を世界的に拡大するために、多くの善人の方々を犠牲とされながら、準備をされてこられました。そのことを私たちは原理を通して知っています。

それで、キリスト教をアベルとし、韓国をカインとした体制の中で神様の摂理が始まりました。それは長子権復帰、父母権復帰、王権復帰、皇族権復帰の神様の救援摂理の展開です。

結果として、キリスト教は真のお父様を受け入れることをせず、その位置を守ることができませんでした。それによって長子権復帰の摂理は失敗し、キリスト教はサタンに奪われ、共産主義のサタンの思想が世界を席巻することなり、多くの尊い生命が犠牲になっていきました。

また、その失敗によって、父母権を復帰することができず、エバにサタンが侵入し、堕落することとなりました。最初の崔氏オモニが真のお父様を不信し、反逆することとなったのはそれです。

そしてサタンはそれを条件に、真の父であるお父様を牢獄の血の苦難の道に追放したのでした。


真のお父様のみことば  「摂理的総決算」1993.12.20

それは、再臨の主を迎え入れたとするならば、再臨の主によって、こういうような内容を明らかに整理して、みな回っていくのができるにもかかわらず、再臨の主を追い出してしまったために、再臨の主のために準備した勝利の英米仏諸国を、みんなサタンが取ってしまったからです。

 上のほうをサタンが、アダム、エバ、カインを取ったと同じように、神様はしっぽを再び泣きずりながら取らざるを得なかったのです。英米諸国が先生を反対するようになったので、反対の立場で神様と先生は荒野に追い出されてしまったのです。今まで数千年の勝利の基台を完全にサタンが握ってしまったのです。

サタンは四十年間、キリスト教文化を完全に否定して、共産圏の足場がキリスト教になっているのです。日本も、そうなっているのです。韓国も、世界も、そうなっているのです。なぜそうなったかというと、キリスト教文化圏が再臨の主に反対したために、みな乗っ取られてしまったからです。サタンの足場になって、キリスト教理想の崩壊のために、サタンの全権を張るような地上地獄を拡張しているのです。  1993.12.20



40年の荒野路程を通過された真のお父様はキリスト教に代わるものとして統一教会女性連合(家庭連合)を立てられました。統一教会女性連合(家庭連合)をアベルとし、日本をカインとする長子権復帰の摂理は1999年までに真のお父様をお迎えして、天宙的な祝福式を挙行すること通して、世界的な父母権を実体的に確立するという神様の計画でした。

ところが、それを勝利できなかったことは先にも、書いたとおりです。


結果として、どうなっていくのかは明らかです。

長子権復帰ができなければ、エバの復帰はすることはできず、エバを失うこととなります。
世界的父母権復帰のチャンスをサタンが奪っていくことになりました。

韓氏オモニにサタンが侵入することになりました。韓氏オモニは真のお父様を不信し、堕落して神様の摂理に反逆するようになりました。
その原因のひとつに日本が氏族的メシヤの位置を守ることをせず、国家的長子権の復帰を失敗したことにあります。もちろん本人自身の責任もありますが。

そしてサタンは堕落した韓氏オモニを利用して、再び真の父であるお父様と代身者の二代王様を孤独な荒野へと追放する事態としました。

66年前のときと同じように真の父と代身者が血と涙の犠牲の道を行かれることになった責任はエバ国の長子権復帰の失敗がその原因であると思います。


真のお父様のみことば  「統一教会の創立と摂理歴史の主流思想」1993.5.1

統一教会の創立の意義は、神様のみ旨である創造理想、四位基台の愛の理想を中心として、長子権、父母権、王権、(天的)皇族権復帰への主流思想に帰るところにあります。そのための全責任を持っているのが統一教会なのです。

来年は統一教会の創立以後四十年目になります。ゆえに「真の父母と成約時代」を宣布しなければならないのです。そうすれば、世界は自然に一つの王権になります。民主主義は兄弟主義なので、戦わなければならないのです。神主義は父母主義であり、父母主義は真の愛主義なのです。そこまで行けばすべてが終わるのです。

そこにスタンダードを立てて、それにそってすべてを整理しなければなりません。神様において主流は一つしかありません。哲学的に思想的に世界万民を解放することができる権限を持ったのがレバレンド・ムーンの思想であり、神主義であり、真の愛主義なのです。1993.5.1



1992年から1999年までの7年間は国家的長子権、父母権、王権が決定する重要なときでした。その根幹は真のお父様がくださった氏族的メシヤの特権を守ることの重大な摂理でした。


今、家庭連合に対する問題でサンクチュアリの内部でも議論があります。

対立関係として位置づけ攻撃をしている方もいますが、韓氏オモニの堕落の原因は自分の責任を果たしてないことによるものと考えると、攻撃することよりも、氏族的メシヤの実践をすすめるべきと思っています。


家庭連合の失敗を蕩減するために。

長子権復帰の目的成就は私たちの氏族的メシヤの勝利以外にありません。

外的な抗議活動や街頭活動だけに気を奪われていれば、肝心な氏族的メシヤは勝利できず、真のお父様の願われる長子権、父母権、王権、皇族権復帰の主流責任は全うできないことになります。



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭連合の蕩減を復帰するための日本のサンクチュアリ

DSC00974_201701100505588e8.jpg


家庭連合の蕩減を復帰するための日本のサンクチュアリ


日本の家庭連合の失敗は長子権復帰ができなかったこと。それは氏族的メシヤの摂理を勝利せしめることができずに、母としての立場を国家的に復帰することができなかった点が蕩減として大きく残されています。

真のお父様は世界的二次21年路程を1980年から出発されました。それは人間の責任分担による期間であり、世界的メシヤの立場を勝利された真のお父様の立場を弟子たちが相続し完成するための氏族的メシヤの摂理でありました。

真のお父様は1960年から世界路程の21年路程を7年の区切りで家庭的、民族的、世界的路程を歩まれ勝利されてこられました。そしてイエス様が成せなかった実体的世界的メシヤとしての長子権を1976年までに勝利されました。
アメリカでのワシントン大会でそれが決定されました。

その勝利圏を相続させるために、出発したのが家庭教会摂理でした。そして氏族的メシヤ摂理となります。1991年7月には氏族的メシヤ出発の申請書を神様に報告して出発しました。

それで、神様の摂理はあくまでも人間が責任を果たさなければなりません。

1980年から真のお父様が勝利された路程を受け継ぎ、弟子たち(人間)による長子権復帰の路程が開始されました。それが二次21年路程です。
2000年を迎える前に、人間の責任分担としての長子権、父母権、王権復帰の摂理が国家的段階で決定しなければならない期間でした。
その最後の期間は日本を中心としたエバの時代で1992年から1999年までです。

その最後の期間において、日本はエバ国として国家的長子権復帰を通して、エバ国としての立場を復帰する目的がありました。1999年のとき、国家的父母権復帰のときを迎えましたけれども、それを果たすことができませんでした。

1999年のとき、日本に真のお父様をお迎えして3億6千万双祝福式をやることができなかったことがそのことを意味しています。
それは国家的父母権復帰を失敗したことになりました。

お父様のみことばから長子権復帰からエバ復帰、アダム復帰、王権復帰となります。
日本の16万女性の摂理の根幹は氏族的メシヤの勝利による国家的長子権復帰のたたかいでありましたが、それができずに母国としての立場を喪失し、サタン侵入の条件が残ったと思います。


救援摂理史の主流責任
 この御言は、一九九三年六月四日、アラスカにおいてお父様が、日本の教会幹部に日本語で語られた内容です。

 堕落した人間が救われていく道
 救援摂理史の主流責任について、いつも考えなければなりません。堕落した人間が救われていくべき道があります。個人から家庭、氏族と八段階の道です。その主流の第一は長子権、第二は父母権、第三は王権、第四は皇族権です。このことをいつも考えなければなりません。

 宗教は全て否定の道を行くようになっています。人類を救う道は元に帰る道であり、それが宗教です。カイン・アベルが完全に一つになって、ここに長子権が復帰されるのです。長子権が復帰されるには母が必要です。神様を中心としてこれが一つになって、父です。エバ、アダムそれから神様、これが復帰です。原則に従っていけば天国に入るはずであったのに、反対になってしまったので、逆に皆復帰していかなくてはならないのです。この基準が長子権です。

いくらカインとアベルが一つになったとしても母がいなければなりません。エバを中心としてカイン・アベルが堕落してしまったので、復帰も母が必要です。第二次世界大戦がそうなっています。日本と連合国家、サタン側と神側、蕩減しながら反対に切替えさなければなりません。これが再臨主、真の父と一つになることによって父母権です。父と神様が一つになることによって王権です。長子権・父母権・王権です。神様を中心としているから、本来の王権です。

 この道を、みんな何時も記憶しておかなければなりません。個人の生活やあらゆる方面において、堕落世界はこの条件の過程を通過しながら越えて行くのです。

 あなたたち日本人の一人に信仰の基準が立ったとするならば、その前に日本全体がカインとなり、更に世界がカインの立場です。それが個人、家庭、氏族と八段階における長子権復帰の過程です。アダム家庭でカイン・アベルが逆になり、イエス様を中心として解決すべきであったカイン・アベル問題をイエス様は解決できませんでした。それゆえ、カイン・アベルを統一して、母親を中心に一つになって再臨主を迎えなければなりません。いくらその父母が一つになっても、神様が入って来なければならないのです。ここまでが長子権、父母権で、これからが王権です。 1993.6.4



日本のカインアベル観を真のお父様の思想と理念と逆の思想を植えつけたのはサタンです。そのサタンの思想をもって、日本の幹部は氏族的メシヤの摂理を破壊し、長子権復帰の国家的使命を成就できないようにしてしまいました。


ですので、正しい真のお父様のみことばをもって、氏族的メシヤの使命を成就しなければならないのがそれを蕩減をする、日本のサンクチュアリの使命であると思います。




よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

恩讐を愛する氏族的メシヤのたたかい

P1040952.jpg


恩讐を愛する氏族的メシヤのたたかい


今日は午後から教会(聖殿)で原理講義をすることになっているので、昼前に家を車で出発しました。どういうわけか車の中にアブが入ってきています。私を狙って血を吸おうときたのでしょう。アブから血を吸われるととても痛く、赤くはれ上がります。

車の窓にはうアブを殺そうと思いましたが。
真のお父様が牢屋の中でハエと友達となって、話をしながら、孤独を耐えておられたということをそのアブを見ながら思い起こしました。
それで殺すことをせず、窓をあけて外に出してやりました。

まったく小さなことですが、恩讐を愛することの体験はうれしく感じるものです。

真のお父様がどれほどの恩讐を愛する戦いをなされてこられたか計り知れません。その心情にたって、自分の使命を成就することが必要と思います。




真のお父様のみことば

 そしてまた、次に一。サタンも人類救援再起処理! サタンも滅亡へ追い込まず、救ってやるという心をもてというのです。ですから、自分に反対しても「あの奴、罰を受けろ」と呪うなというのです。分かりますか? 

神様が悪なる人に対して自然処理してきたのと同じく自分自ら独特な立場に立って、「あれ、罰を受けたら良い」と思うなというのです。神様が後におき、自然に処理するのと同じ立場でとっていくことができなければならないというのです。そうではありませんか? 

その人たちが悪い行動をしたのに、そのような行動をされた人が自分を怨讐視せず、同じように対するようになる時、その人たちの骨が溶け出るというのです。サタンも人類救援を、サタンも人類救援と再起処理、サタンまでも協助しなければならないというのです。協助しなければならないのです。

 今まで反対しませんでしたか? 救援摂理まで反対したというのです。今からは反対したとてサタンの権限が立つことのできる時にならないということをサタンが知っています。よく知っているのです。心の姿勢をそのようにしなさいというのです。

「お前もお前の一族たちが神様のみ旨の前に背反し得ることをしたけれども、そうせずにお前が案内者になって苦労してくれ」ということです。それによって再起することができる基準が立つ時だというのです。

サタンも人類救援と再起処理。処理は、サタンができません。私たちがしてやらなければならないのですね。処理は、サタンができないのですね。私たちがそのような心の姿勢をもっていくことのできる環境をつくってやれというのです。   1991.7.1 神様祝福永遠宣布式



やるべきことの核心は氏族的メシヤの使命完遂であり、それも期限があると思わされています。色々な枝葉末節なことがらに迷わされることなく、目的に向かい前進です。




よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

季節の中にある神様の心情

IMG_1823.jpg


季節の中にある神様の心情


6月のある日にサンクチュアリ通信の編集責任者の方から連絡があり、その7月号への投稿を依頼されました。梅雨の季節でもあり、私の家の近くのあじさいがきれいなこともあって、下記のようなエッセイを寄稿しました。

今は、記録的な暑さが続く中ですが、その季節の中で感じる神様の心情をたずねてみたいと思います。

IMG_2786_20180502041455639.jpg


「雨の日のあじさいの花と伝道」


田舎の田んぼの中で農夫が雨にぬれながら、稲作の作業をしています。
そんな傍らで、あじさいの花が雨の中に美しく咲いています。

今はあじさいの季節です。
それを眺めながら、想いにふけっています。

太陽の光が差し込むことはないのに、雨が降るのにおかまいなしできれいな花を見せてくれます。

ふと、迫害の中でたえてこられたキリシタンの方々を連想しました。
どんな、雨の中でも、嵐の中でも信仰の炎を燃やしてこられたキリシタンの方々はまさに
雨の日のあじさいの花のようです。

成約時代、真のお父様は神様の涙をぬぐわれてこられました。
雨の日は、神様の涙を感じます。

新約のときは、神様の涙を知ることができなかったけれども、私はそれを知ることのできる恩恵を受けています。

多くのキリシタンは迫害と試練の雨しか知ることができませんでしたが、私は神様の滂沱の涙の雨を知ることができます。

だから、代わって、今の時代に花を咲かそうと思います。
雨の日に咲き誇るあじさいの花のごとくに。


家庭連合の友人たちはどうしているのだろうかと考えます。そしてともに涙し、闘った日々を思い起こします。

どんな試練があろうとも、勝利された真のお父様がおられたがゆえに、その苦労を超えてきた多くの友人たちです。成約時代の責任を担ってきた尊い神様の子女たちです。


今、アジアに冬の嵐の時代が来ようとしています。悲劇の幕開けがされようとしています。
北による、赤化統一の時が近づいてきました。その責任はどこにあるのか。あそこにあるというのは簡単です。


ひとつ言える事は私も神様のみ声を聞きながら、聞かない振りをしてきた責任があります。それは氏族的メシヤの使命を成就していないことです。その大きな罪が残されています。


今、アジアと国家の危機を克服するためにはその罪を蕩減することをまず、やるべきだと思います。
なぜなら、それが国家的エバの罪の蕩減としてあるからです。


あじさいの花を眺めると、小さな花が多く集まっていて、それがまたあちらこちらに色を変えながら咲き誇っています。


その姿は家庭教会のようです。
天国は家庭教会から始まるというのが天の原則です。それ以外はありません。氏族的メシヤの勝利がなくして、神様の王国はできないのが鉄則です。

人類にその道を与えんが為に、神様と真のお父様は血のにじむ熾烈な闘いを成されてこられました。そのために旧約、新約の時代において神様はもっとも愛するものたちを犠牲としていきました。
家庭連合の友人たちもそのことを忘れないでほしいと思います。


今のとき、アジアを中心として艱難の雨が降りそそぐ前に、成すべきことを勝利せねば永遠の悔いを残すことになりはしないかと案じています。

それゆえ歴史をかけた、氏族的メシヤ摂理の一刻も早い勝利を天は切に願っておられることを知る者として、完全燃焼していきたいと思います。


人類の悲しみ以上にそれを見ておられる神様の涙があることを知って、今、伝道実践することを徹底せねばと思います。




よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

蕩減復帰の道は地獄から天国へ辿る道

DSC00983.jpg


蕩減復帰の道は地獄から天国へ辿る道


お盆が近づいていることもあって、今日の日曜は早朝から道の脇や、集会所の周りに茂って伸びている、草刈です。そこに蜂の巣があって、その一匹から手をさされてしまいました。
草刈をしているときに、よくあることです。

今年は自治会の役員を引き受けていることもあって、草刈や会議などで、今までとちがった世界の時間を通過しています。

そんなこともあって、今日は11時から礼拝を捧げました。こちらでは基本的に家庭礼拝を重要視していますが、希望するところにネットでzoomをつかっての礼拝を行っています。

また、それを録画して、ユーチューブにアップして他の日でも見れるようにしています。
個人的な感情としては出たくはないのですが、二代王様の圧倒的な発信力をすこしでも、真似をして発信することも必要と思い挑戦しているところです。


今日の礼拝 「地獄から天国へ」
みことば訓読  天聖経 81ページ

神様が御自身だけを思ったとするならば、天地創造をしたでしょうか。創造とは力の投入を意味します。芸術家は最高の作品を作ることが願いです。芸術家は傑作品を作るために、ありとあらゆる精誠を投入します。すべてを投入したところからのみ完全な傑作品が出てきます。これ以上できないというときに初めて傑作品が生まれるのです。
            
 創造は自分を投入するところから始まります。力を投入してこそ創造が可能です。力を投入せずしては、いかなるものも生じません。完全に投入するところに完全な対象が成立するという原則を考えると、神様は主体として対象を造るために完全に投入しました。神様自身が、御自身のためではなく対象のために存在しようと運動を始めたのが創造です。






よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

中国の膨張政策をどう考え、どう行動するべきか

P1040911.jpg


中国の膨張政策をどう考え、どう行動するべきか


今日の中国の軍備拡張、とくに南シナ海や東シナ海における中国海軍の動きには目を見張るものがあります。その動向は日本にとって脅威となっています。
そして、アメリカとの貿易戦争の本格的闘いが開始されてきており、今後さらに米中の対立は深まることになると思います。


真のお父様のみことば   済州島研修院で日本女性に
 
日本がエバ国家になった場合には、韓国と日本の国境はすぐなくなってしまうのです。そして、天使長国家は中国です。中国をアダムとエバが抱擁するようになるのです。分かりますか?

 そうしたら、天使長は何も持っていません。今そういうような一番最低の位置に立っておる中国を援助して、子供のように抱擁しないといけないのです。

そうすれば全世界が、東洋文明と西洋文明が、カイン・アベルが、アベルはアジアの精神的文明であり、カインは物質文明であり、体を象徴するのだから、自動的に中心にアベルが立場に立った場合には、カイン圏西洋文明圏は自動的に東洋で一体になるのです。分かりましたか。
 1993年12月20日


1992年から1999年までの期間、第二次21年路程の最後の7年間においては女性時代を迎えて、とくに日本の果たすべき重大な責任の期間でした。

みことばではエバ国が勝利して韓国をアダム国として、ひとつとなり、天使長国家の中国を援助して抱擁するという神様の摂理が展開されるはずでしたが、1999年までのエバ国の摂理は勝利することができませんでした。それは氏族的メシヤの摂理をなすことができなかったからでした。


その結果どうなったか。今の現実世界では逆に動いています。中国が韓半島と日本を抱擁しようとしています。それは愛ではなく、軍事的力によってです。その国は共産主義というサタンの思想を持った国家です。


真のお父様のみことば   日本食口特別集会のとき

参加国は、ちょうど百六十か国でした。十六か国の十倍で百六十か国です。ここにおいて、カイン・アベルの内的基準が立てられたので蕩減されたのです。ですから、百六十か国の先生の勝利圏を百六十軒の家庭につなぐことによって、梯子が架けられるのです。

 氏族メシヤの基準である百六十軒を絶対的に復帰しなければ、未来に行くべき道がなくなります。子供たちが親を讒訴します。できなければ、みんな待たなければなりません。これから、世界的に氏族メシヤの入籍時代に入ります。アフリカで一所懸命やっている五色人種や、アフリカ人が本郷に大移動してきて、先に入籍してしまいます。
  1995年10月12日


先生が百六十国家をなし得た、その基準に合うような器を準備しなければいけません。百六十の方向を連結するには、世界百六十か国をつなげればいいのです。家庭から民族、国家という段階を踏まえたうえで、民族型の百六十軒を立たせることによって、初めて勝利した真の父母の権限を、地上家庭から世界まで伝授する資格を得るのです。

 それゆえ、絶対的に氏族的メシヤの使命を果たさなければなりません。そのようにしなければ、すべてがゼロになってしまいます。先生は国家的メシヤで兄さんです。皆さんが求めるのは家庭的メシヤです。そうすることによって、平面的堕落圏をきれいに消化してしまいます。 
 1995年10月12日


この世の一般の外交評論家は中国の拡張問題をとりあげ、日本の危機を伝えていますが、その根本原因については理解することも説明することもできません。

すべては神の摂理の展開であることを私たちは知っています。なぜそうなったのかを。

ではどうすればいいのか。

みことばで「先生は、氏族的メシヤを中心として、救国運動をしようとしています」と真のお父様は語られています。氏族的メシヤの戦いがサタンを克服することのできる唯一の道ですので、そこに集中することが中国のサタン的覇権から国を守ることになると思います。


ですので、遅くはなっていますが、取り返しのつかない状態になる前に、氏族的メシヤ160軒伝道に生命を懸けて出発し、結果をそなえるべきと考えます。



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

来年10月14日生命の書祝福式と氏族的メシヤの任務

P1040783_20170110045139eaf.jpg


来年の10月14日生命の書祝福式と氏族的メシヤの任務


来年の10月14日における生命の書祝福式の意義と私の使命という観点からあくまで、個人的見解ですが想う事を述べてみます。


その日の40日前に二代王様の40歳の誕生日をお迎えします。
真のお父様の代身であられる二代王様の使命は、それを相続され、成就することであると思うとその日は人類歴史上、極めて重要な日となります。


イエス様は33歳で十字架にいかれることなく、本来は40歳で神様の王権を地上で勝利され、王の王としてたたれる神様の願いがありました。


2000年の期間を経て、
真のお父様はイエス様の蕩減をすべく、40歳で王権復帰をされる準備が神様によってなされていました。ところが・・・。


40年間の延長路程となりました。
真のお父様は興南収容所において、地獄の苦痛の中から勝利され、再出発されました。そして1985年からあらたな体制を確立されて、80歳のとき、再び絶好のチャンスを迎えましたが、エバ国の不信仰の前にそれを失ってしまいました。


二代王様が40歳となられるときは、神様の摂理からみて人類歴史において最も貴重な重大なときを迎えます。


その日を迎えるために、なすべきは人間の責任分担である氏族的メシヤの任務を全うすることであることを知る者です。そしてさらにみことばからその意義と使命を確信し実行しなければならないと思います。







よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

サタンの罠にはまったのはー?

入宮式テープカット


サタンの罠にはまったのはー?

久方ぶりに更新した私の7月31日の「サタンの罠にはまった家庭連合」の記事に対して貴重なコメントをいただきました。
最近のサンクチュアリ協会のことで、私自身も色々と考えておりましたが、ご指摘がありましたので掘り下げてみようかと思います。


Miyaさんからのコメント

「サタンの罠にはまったのはー?」

ご紹介の御言によると、サタン侵入事件は「日本で」のことだった。「教会を離れた者が、サタンの戦略で(再度)入ってきて、…引っ張って反対の基準をつくった」のだ。「反対の基準」というのは、別の御言によると「先生(メシヤ)の言うことを、日本式に解釈して、でたらめにして」しまうことであるらしい(1993年12月19日、済州研修院での御言「真の自分を探しましょう」)。わかり易く言うと、御言を守ること、その真意を悟ろうとはせず、日本人(異邦人)なりの人間的「解釈」でやってしまう、ということだろう。

 韓氏オモニ・家庭連合の御言改竄と、それに伴うサタン進入については幾度も耳にしてきたが、同じような体質は日本人サンクチュアリ人にも潜んでいる。誤ったアベル・カイン観、組織信仰、そして祝福家庭の責任としての「氏族メシヤ」摂理の軽視、公金報告をしないこと等々、原理原則を踏まないことである。

 たとえば、このたびの澤田氏除名処分が、サタン教会(家庭連合)の申し入れ「監督不行届」をそのまま受け入れる格好でなされたのは、日本サンクチュアリがサタンの言うなりになっていることの証明―すなわち「サタンがすでに進入している」ことではないだろうか?

 どうしてそうなるのか?真のお父様のご指摘によると、「先生の言うこと(御言)を日本式に解釈して」いるからである。90年代に指摘されながら、それを「訂正」することができなかった過去があるとするならば、過ちは日本のサンクチュアリにおいても繰り返される可能性がある。阿南さんが仰りたいのは、「サタンの罠にはまった日本サンクチュアリ協会」ではないでしょうか。

以上

その記事のときの真のお父様のみことばは

先祖の道は後孫にとって恐ろしい道です。すべてアベルのせいです。日本の責任者たち、イエス様の先頭に立った兄さんの使命を行っていますか。アベル圏だから兄さんでしょう。上の幹部たちが下の弟たちを犠牲にするのですか。それは反対です。あなたたち考えてみなさい。今まで勝手なことをやって来ました。日本から、エバ国からこれを訂正しなければなりません。そうしないと将来大変なことになります。

 日本で統一教会から離れた者が、サタンの戦略で入って来て、サタンも統一教会に入れさせて、引っ張って反対の基準を作るのです。これは怨讐の怨讐です。そうなれば、一家族、一族全体まで、後孫まで引っ掛かります。恐ろしいことです。売国者の後孫は、国、歴史が批判するのです。自分の先祖が引っ掛かり、自分の後孫が引っ掛かります。霊界に行ってみなさい。
  1993年6月4日 「救援摂理史の主流責任」アラスカ


このみことばの中で、特にはっとしたのは「日本で統一教会から離れた者が、サタンの戦略で入って来て、サタンも統一教会に入れさせて、引っ張って反対の基準を作るのです。」という箇所です。

統一教会にサタンの戦略で入ってきて、サタンの手先となって真のお父様が教えない反対の基準をつくったというところです。その反対の基準というのが、アベルカインの問題で、「アベルにカインは従え、アベルが正しく神様に近い存在である」という日本特有のアベル観をつくってきました。それがサタンを中心とした人間的組織の中央集権体制です。そのことに対して、今までも幾度も真のお父様がその間違いを忠告して来られました。


真のお父様は「救援摂理史の主流責任」のみことばの中で次のように、神様の戦法を語られておられます。

堕落した人間が救われていく道

 救援摂理史の主流責任について、いつも考えなければなりません。堕落した人間が救われていくべき道があります。個人から家庭、氏族と八段階の道です。その主流の第一は長子権、第二は父母権、第三は王権、第四は皇族権です。このことをいつも考えなければなりません。

 宗教は全て否定の道を行くようになっています。人類を救う道は元に帰る道であり、それが宗教です。カイン・アベルが完全に一つになって、ここに長子権が復帰されるのです。長子権が復帰されるには母が必要です。神様を中心としてこれが一つになって、父です。エバ、アダムそれから神様、これが復帰です。

原則に従っていけば天国に入るはずであったのに、反対になってしまったので、逆に皆復帰していかなくてはならないのです。この基準が長子権です。いくらカインとアベルが一つになったとしても母がいなければなりません。エバを中心としてカイン・アベルが堕落してしまったので、復帰も母が必要です。第二次世界大戦がそうなっています。日本と連合国家、サタン側と神側、蕩減しながら反対に切替えさなければなりません。これが再臨主、真の父と一つになることによって父母権です。父と神様が一つになることによって王権です。長子権・父母権・王権です。神様を中心としているから、本来の王権です。

 この道を、みんな何時も記憶しておかなければなりません。個人の生活やあらゆる方面において、堕落世界はこの条件の過程を通過しながら越えて行くのです。

 あなたたち日本人の一人に信仰の基準が立ったとするならば、その前に日本全体がカインとなり、更に世界がカインの立場です。それが個人、家庭、氏族と八段階における長子権復帰の過程です。アダム家庭でカイン・アベルが逆になり、イエス様を中心として解決すべきであったカイン・アベル問題をイエス様は解決できませんでした。それゆえ、カイン・アベルを統一して、母親を中心に一つになって再臨主を迎えなければなりません。いくらその父母が一つになっても、神様が入って来なければならないのです。ここまでが長子権、父母権で、これからが王権です。 
 1993年6月4日 「救援摂理史の主流責任」アメリカ


韓氏オモニの2012年の堕落によって、完全に統一教会、家庭連合にサタンが侵入し、主管するようになってしまいましたが、それまでに着々とサタンが日本のアベル観を逆に指導して、真のお父様の体制を崩してきた背景があります。

しかし、人間の堕落は人間に責任があるのであって、天使長にはありません。真のお父様のみことばを軽んじて、救援摂理史の主流責任の氏族的メシヤの摂理を破壊した責任が我々自体にあります。

家庭連合の失敗を蕩減する立場にあるサンクチュアリ協会であり、王道を辿らなければなりません。間違ったカインアベルを訂正する必要があります。「我々はアベルであるので、言うことを聞きなさい」というのはサタンの戦略にまんまと乗ってしまっていることを意味します。


miyaさん、ご指摘のようにいつでもサタンは機会を狙っています。サンクチュアリ協会もサタンの罠にはまっているかもしれません。

その罠にはまらないようにするには、みことばしかありません。みことばを守り、氏族的メシヤを成就することをとおして、本来の真のお父様の戦略を展開することができ、神様の王国を勝利できる道が開けてきます。それ以外に道はありません。

王権復帰の為に、まず長子権を復帰しなければなりません。アベルとしての長子権をどのようにすれば勝利できるのかは真のお父様が実体で示してくださっています。


真のお父様のみことば

先生は、氏族的メシヤを中心として、救国運動をしようとしています。堕落した人間を救うためには、涙を流さなければなりません。そして、悔い改めなければなりません。過去の自分、体の思うままになってしまった自分、自分中心に動いてしまった自分を悔い改めて、天的な涙を流すことによって、天的生命が生まれてくるのです。 1994年2月16日 「氏族的メシヤと伝道」


最近こちらの大分サンクチュアリに重要な婦人が復帰され戻ってきました。その方は夢で真のお父様が出てこられ、直接指示をうけ、「サンクチュアリのあの婦人の話を聞きなさい」と具体的に語られました。そして二代王様のもとに戻ってこられました。

実は、お父様から名前をあげられ話を聞くようにいわれた婦人はその方の為に夫婦で一年以上毎日、名前をあげて祈っておられ、他の会員も基台をつくって意識をしていました。その条件があって、霊界がうごき、お父様が指示されたと思います。


長子権復帰の基盤ができなければ、王権を立てることができません。そのために伝道で実体的基盤を拡大することが今、一番願われていることだと思います。



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

集中し焦点を当てるべき2019年10月14日

P1040789-001.jpg

集中し焦点を当てるべき2019年10月14日

二代王様によって、2019年10月14日に生命の書入籍祝福式の開催が発表されています。そのことに対する神様の摂理を重要性を感じてなりません。

2019年9月4日(陰暦8月6日)に亨進二代王様は40歳となられます。その日から40日で10月14日を迎えるというのも神様の役事だと思います。


真のお父様のみことば 2004年10月14日
 
第二次世界大戦後に、枢軸国と連合国が闘い、勝利した基盤の上に先生が上がっていき、半分の所で核の内容をさっと植えておけば、世界は1952年以降に完全に定着し、7年後の先生が40歳になる日には、王権をもって治めることができたのです。



神様は本来、再臨のメシヤを地上に送られ40歳になる日には王の王として立てるよう摂理を成されておられました。それはイエス様が40歳の時には王の王となられる神様の摂理を蕩減する立場でした。

ところがキリスト教圏の不信によって、真のお父様は牢獄へと行かれ、40年の荒野路程の中で、キリスト教圏に代わる選民圏として、統一教会(家庭連合)を準備されるために再び蕩減の路程を辿られました。


真のお父様のみことば  1994年2月16日

 3月から、5万名の新しい日本人メンバーを教育します。日本は複雑な宗教的背景がある国なので、今年中に70万人の基盤をつくります。キリスト教の背景を持った、エバ国家として立つためには、70万人が神主義によって教育されなければならないのです。そうすることによって、キリスト教文化圏に入ることができるのです。

 日本の6000万の女性をキリスト教文化圏のカラーにしなければ、エバ国家になりません。日本は雑教ですから、いろいろな色になっています。6000万人に同じカラーをつけるために、5万名の修練会があるのです。

 女性は、二人の男性を連れてくることができるというのが原理観です。母がアベルとカインを連れてくるのが原理観ですから、必ずそのようにできるようになっています。そうなれば、70万人は簡単です。



真のお父様が40年の荒野路程を通過されての40年目の80歳のときが再びチャンスでした。王権を実体化する神様の摂理でした。

その最後の期間の重要な使命を担ったのが、当時エバの国として選ばれた日本の女性を中心とする摂理でしたが、結局それも失敗する結果となりました。

来年の10月14日はまさに世界的天宙的な生命の書入籍祝福式です。二代王様が40歳を超えられてのその天的行事に神様は何を願っておられるかは明らかです。

では、私は何をなすべきであるのか。

たえず、神様の摂理は人間の責任分担の失敗によって、延長されてきました。
人間の責任分担は氏族的メシヤです。その勝利以外に神様の摂理の勝利はないことを自覚して、来年の10月14日までに絶対的に勝利せねばと思っています。


真のお父様のみことば  1994年2月16日

先生は、氏族的メシヤを中心として、救国運動をしようとしています。堕落した人間を救うためには、涙を流さなければなりません。そして、悔い改めなければなりません。過去の自分、体の思うままになってしまった自分、自分中心に動いてしまった自分を悔い改めて、天的な涙を流すことによって、天的生命が生まれてくるのです。



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

サタンの罠にはまった家庭連合

146_201805280838542a5.jpg

サタンの罠にはまった家庭連合


1945年からのキリスト教を中心とする摂理が失敗して、それを蕩減すべき使命をもって統一教会が出発しました。

そして、1992年からエバの時代を迎え、日本がエバ国として摂理の中心的立場に立ちました。その前からサタンはそれを破壊するための戦略をたて、神様の復帰摂理を担当する日本の体制の中に浸透してきました。

真のお父様の重要なみことばが1993年にアラスカで「救援摂理史の主流責任」というかたちで語られています。
その中で以下のようにの日本の家庭連合の失敗の根本原因を指摘されておられたみことばがあります。


真のお父様のみことば 1993年6月4日 アラスカ

 先祖の道は後孫にとって恐ろしい道です。すべてアベルのせいです。日本の責任者たち、イエス様の先頭に立った兄さんの使命を行っていますか。アベル圏だから兄さんでしょう。上の幹部たちが下の弟たちを犠牲にするのですか。それは反対です。あなたたち考えてみなさい。今まで勝手なことをやって来ました。日本から、エバ国からこれを訂正しなければなりません。そうしないと将来大変なことになります。

 日本で統一教会から離れた者が、サタンの戦略で入って来て、サタンも統一教会に入れさせて、引っ張って反対の基準を作るのです。これは怨讐の怨讐です。そうなれば、一家族、一族全体まで、後孫まで引っ掛かります。恐ろしいことです。売国者の後孫は、国、歴史が批判するのです。自分の先祖が引っ掛かり、自分の後孫が引っ掛かります。霊界に行ってみなさい。

以上


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

氏族的メシヤと10分の1条

IMG_2587_20180426021806c0d.jpg


氏族的メシヤと10分の1条

真のお父様のみことば  1999年6月13日

残ったものは、死んだ骸骨のようなものが残ったのであり、神様の愛される人間たちは、すべて地獄にのみ込まれ、水の上に浮かんでいるのは、すべて万物であるというのです。
 それで、橋を架けるのですが、それは何でしょうか? 万物を愛することです。そうして再び神様が、万物を愛することのできる位置に来られるのです。それゆえに、「十分の一条」という言葉が出てくるのです。

 九数はサタン数です。賭博場に入れば、九数が一番良い数なのです。九数はサタンが好むようになっており、十数のうち最後に一つ残ったこの部分、万物の標題であるこの一つが、神様の愛で対されることのできる糸口として残ったというのです。

 このことから、神様が万物の創造を始められたときの、その本性的な心である愛自体についても、同じことが言えるのです。つまり神様は、万物全体に対して“わたしがつくった”という概念を持たれることができないのです。それは、どれほど悲惨でしょうか?
 天宙を創造された主人の中の主人であり、愛の王であられ、王圏を立てられようとする、そのような主人自体が、完全に逆さまに打ち込まれてしまったのです。

 そうして万物の十分の一という条件を見詰め、自分の所有の基準を中心として、血を流す役事を通して万物を犠牲にさせ、今まで血を流させてきたのです。しかし、それはそうなのです。すべての草木はもちろん、動物たち、すべてを祭物の犠牲としてささげるのです。

 それでは、神様はどのような主人となられたのでしょうか? ご自身が創造された被造世界の前に、十分の一の主人の立場に立たれたというのです。神様がそのような立場に立たれたという、無念で痛憤なる事実を、皆さん、考えてみてください。

以上。



神様の堕落人間に対する復帰摂理は10分の1条をとおして展開されてきました。成約時代になって、はじめてその内的意味を真のお父様が明らかにしてくださいました。

今までの歴史はアベルを犠牲として、カインを復帰する摂理でした。旧約のとき、新約のときと多くの万物と善なる人々がアベルとして供え物になってきた背景があります。


氏族的メシヤの立場はアベルですので、その認識を神様の心情から出発することで方向性が与えられ、そのことによって、カイン圏の様々な試練を克服して栄光の勝利の基準を立てることができる道が開かれることを感じます。






よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

悔い改めの必要性

027.jpg


悔い改めの必要性

2000年前イエス様が十字架に行かざるを得なかった背景に、ユダヤ民族がそれまでの歴史の中において、神様からの摂理を失敗してきた罪の悔い改めがなかったことがあげられます。

選民であるという自覚はあるものの、その一方で、神様の摂理を守り、勝利することができなかったことに対する反省、悔い改めはありませんでした。

それゆえ、洗礼ヨハネ、イエス様も「悔い改めよ、天国は近づいた」といわれました。

結局、再臨のときを迎えた、キリスト教も同じような失敗をすることとなりました。過去の先祖の問題を自分のこととして、反省し、悔い改めて、神様の心情圏に立つことができなかったことが、再臨主を牢獄へと追いやり、摂理を振り出しにもどしました。


真のお父様のみことば 1994年2月16日

 皆さんは、神の愛を体験して、一週間泣き続けたことがありますか。細胞がちぎれるほど神様の愛を感じたことがありますか。今までの皆さんは、体の欲望のままに生きてきました。これを悔い改めて、心(良心)の欲するままに生きるべきです。
 そのような生活をすれば、未来に何が起こるかを感ずることができます。心の欲するごとく行い、また未来を予知するためには、徹夜祈祷や朝晩、慟哭して祈らなければなりません。

 七〇歳、八〇歳になれば、体は弱くなりますが、涙の世界が深くなり大きくなっていきます。そのようにならなければ、神様の心情に通じないのです。

 今、私たちは過去を悔い改めるべきです。涙で悔い改めることにより、勝利者になることができるのです。イエス様は荒野で、「悔い改めよ、天国は近づいた」と語りました。この悔い改めが重要です。

 神様は長い期間、人間が心を変えることを待ち望んできました。皆さんが、心を変えれば、その時、神様が皆さんの心に臨むことでしょう。悔い改めなくして、神様は皆さんに臨むことはできないのです。先生は、誰かが先生の心情にタッチするような言葉を一言語れば泣き出してしまいます。私たちはエデンの園を失いました。その失ったエデンの園を復帰するために、どれほど涙を流してきたことでしょうか。

 先生は、今の時がどのような時かをよく知っています。時を知っているから、常に真剣なのです。私たちのみ旨はこれからです。これから神に仕えていかなければならないのです。

 私たちは氏族的メシヤとして、家庭、氏族、社会、国家、世界を復帰しなければなりません。その氏族的メシヤとは、国家や世界を復帰していく事始めなのです。氏族的メシヤになることが、先生の勝利を相続する唯一の道なのです。

 もしイエス様に従った弟子が、イエス様の親戚であったとすれば、彼らは逃げたでしょうか。イエス様は、自分の手のひらに、長い釘を打ちつけられました。その釘を打ちつけられたイエス様の心情でみ旨をやってきましたか。人類の救いのためにイエス様は死んだのです。自分の手のひらに釘を打ちつけられることによって、世界を救うことができるならば、そのような道を行こうと決意しなければならない時です。

以上。


キリスト教の失敗を蕩減する立場の家庭連合でしたが、こともあろうか、真のお父様を中心とする三代王権を追放するという形で、神様の摂理を破壊してしまいました。

とくに、家庭教会氏族メシヤ摂理を勝利させることをしてこなかった家庭連合の罪は大きく残されています。私たちはそのことを蕩減すべき責任があり、そのための悔い改めの心情と行動が今、願われていることを感じています。

そうしなければアジアの救いが遠のいて、しまいます。



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

雨の日のあじさい

IMG_3022.jpg


雨の日のあじさい

田舎の田んぼの中で農夫が雨にぬれながら、稲作の作業をしています。
そんな傍らで、あじさいの花が雨の中に美しく咲いています。

今はあじさいの季節です。
それを眺めながら、想いにふけっています。

太陽の光が差し込むことはないのに、雨が降るのにおかまいなしできれいな花を見せてくれます。

ふと、迫害の中でたえてこられたキリシタンの方々を連想しました。
どんな、雨の中でも、嵐の中でも信仰の炎を燃やしてこられたキリシタンの方々はまさに
雨の日のあじさいの花のようです。


成約時代、真のお父様は神様の涙をぬぐわれてこられました。
雨の日は、神様の涙を感じます。


新約のときは、神様の涙を知ることができなかったけれども、私はそれを知ることのできる恩恵を受けています。

多くのキリシタンは迫害と試練の雨しか知ることができませんでしたが、私は神様の滂沱の涙の雨を知ることができます。


だから、代わって、今の時代に花を咲かそうと思います。
雨の日に咲き誇るあじさいの花のごとくに。




よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

氏族的メシヤと伝道のすすめ

003.jpg


氏族的メシヤと伝道のすすめ

今年、2月28日の天宙天地人真の父母様天一国入籍生命の書入籍祝福式を終えて、もうすぐ100日(6月8日で)になります。

その2月28日の恩恵を受けたあと、こちらのサンクチュアリ大分で新しく入会された方が28家庭、増えました。そして今回の真の万物の日のあと、16日に行われる先祖解怨祝福を申請された方はいまのところ、38名となっています。

一人の祝福家庭で先祖の210代1670名が解怨祝福を受けられますので、合計で6万3千460名の方々が新しく、祝福を受けられることになります。

地上で祝福を受けられること自体奇跡的なことですが、霊界の先祖210代が同時に受けることのできることは、本当に恵みであり、霊界でどれほど喜んで待っておられるかを思うと、神様、真のお父様、二代王様に感謝にたえません。

そして、16日の先祖解怨祝福を受けられた先祖の方々が大きな天軍となって地上に働かれることを考えただけでうれしくなります。

真のお父様の勝利によって、地上天国、天上天国の実現の為の設計図がすでに、明確に示されています。それが氏族的メシヤであり、その勝利完遂で天一国がなされることになります。

氏族メシヤ伝道を展開することを通して、すべての歴史的蕩減が解消されていきます。それはまた、救国活動の根本となり、国家世界の平和へと連結されていきます。



真のお父様のみことば   1994年2月16日

ところで皆さんは、何人の魂を救いましたか。伝道の記録を残さなければなりません。死んだ時、何をもって霊界に行くのですか。お金でも権力でも、また物質でもありません。残るものは、真の愛を中心として、どれほど多くの人を救ったかということです。これだけが霊界に持っていくことができるのです。

 ですから私たちは、真の愛を持たなければなりません。投入して投入して忘れるという真の愛がなければならないのです。真の愛でどれほど多くの人を救ったかが重要です。そのためには、一か月に一人が一人伝道するという責任を果たさなければなりません。

 イエス様の復活体として、八十四人の霊の子女を最低持たなければならないのです。一か月に一人が一人伝道すれば、一年間で一二人、七年間で八十四人を復帰することができます。先生が今まで迫害を受けてきたので、伝道は難しかったのですが、先生が勝利したので、今後は、一か月に一人が一人伝道の目的を果たさなければなりません。

 先生は世界的な勝利基盤を成したので、故郷に帰って真理を語ることができますが氏族はいません。ですから皆さんに、先生の代わりに自分の氏族を伝道する特権を与えたのです。


先生は、氏族的メシヤを中心として、救国運動をしようとしています。堕落した人間を救うためには、涙を流さなければなりません。そして、悔い改めなければなりません。過去の自分、体の思うままになってしまった自分、自分中心に動いてしまった自分を悔い改めて、天的な涙を流すことによって、天的生命が生まれてくるのです。

 日本の六〇〇〇万の女性をキリスト教文化圏のカラーにしなければ、エバ国家になりません。日本は雑教ですから、いろいろな色になっています。六〇〇〇万人に同じカラーをつけるために、五万名の修練会があるのです。
 女性は、二人の男性を連れてくることができるというのが原理観です。母がアベルとカインを連れてくるのが原理観ですから、必ずそのようにできるようになっています。そうなれば、七〇万人は簡単です。

 イエス様も、マリヤを中心にカインとアベルが一つになるべきでした。そうなれば、ユダヤ教とイスラエル民族が一つになったのです。母がいれば、イエス様も十字架にかかることはありませんでした。ですから母の立場が問題です。

以上。



一ヶ月に一人伝道することのできる背景を真のお父様がすでに、準備してくださっていることを確信して、挑戦したいと思います。氏族的メシヤ84数、160数をすでに、霊界は予定してくださっていることを信じて、あらゆる行動の中心において、思考し実践したいと思います。



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

今日の礼拝・日本の蕩減と私

a176_2016111705083726d.jpg


今日の礼拝・日本の蕩減と私

1999年において、日本に真のお父様をお迎えすることができなかった蕩減という問題が私たちに残されています。
南米ウルグアイで1999年の神の日の式典に参加していてそのときの様子を、目撃していたひとりとして、そのことを伝える責任と義務があることを感じて記しています。

92年からエバの時代を迎え、妾として愛された日本の16万女性の摂理がありましたが、結果として、本妻の位置に立つことができませんでした。
真のお父様をお迎えるすることできないことは、新婦として成り立たず、自らその位置を拒否したことになります。そして離婚となります。夫婦としての縁を切るということを意味しています。
本来正妻として、真のお父様をお迎えする神様の摂理でありながら、日本は失敗してきています。

その原因は氏族的メシヤ摂理に対する無知と、そのことをすることのできないようにする、間違ったカインアベルの思想をもった日本の統一教会のリーダーたちがいたからであると思います。


真のお父様のみことば  み旨と世界702p

日本の責任者たちは、「教会長だからアベルであり、君たちはカインだから、カインはアベルに屈服するのが原理だから従え」と先生が教えない原理の教えをしているのではありませんか?

 そういう原理はありません。愛の力でもって、自動的に自然に頭を下げるような、そういう使命を果たさない者はアベルではありません。アベルの立つ基盤がありません。勝利し得なかったのですから、神は認めません。それは個人的、家庭的、氏族的、民族的においても同じことです。ですから統一教会が世界的なアベルの教会であるとするならば、世界的に血を流して蕩減条件を勝利して、勝利の領収書にサインをサタンにしてもらって、そこで初めて世界的なアベルになれるのです。そのようになっています。

以上。



1978年神川村で語られたこのみことばを知って、正しい原理観をもって、家庭教会摂理を主流として摂理を展開していたならば、真のお父様をお迎えできないというようなことはあり得なかったと思います。

日本の蕩減をはらすためには正しい原理観で氏族メシヤ摂理を理解し、行動することが切に願われていることを痛感しています。






よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

粘り強い国進様

IMG_5930_2016111606153556c.jpg


粘り強い国進様


真のお父様のみことば  1992年5月10日

先生は粘り強い男です。私はそのことをうちの国進から習いました。国進が一度、「ある計画があるのですが許可してください」と言うので、「それはだめだ」と言ったら、一か月後に再びやって来て、じっとようすをうかがっていて、私が気分良さそうだと分かると、「お父さん、私の願いを一つ聞いていただけませんか」と言いながら、前に話した計画を別の角度から持ち出すのです。最初は上から話して、その次には横から話して、さらには左から話して、下から話して、ほんとうに粘り強いのです。それが二年、三年と続くのです。それを見ていて、[ああ、自分もああだったんだなあ]と思ったのです。

 ですから、私も父母にどれほど面倒をかけたことでしょうか。私が一度何か決心すると、必ず最後までやり遂げるまでやめないのです。その間、夜も寝ません。もしできないとなると、近所中を痛哭しながら歩き回り、牛を売り払い、米を売り払ったのです。それは、自分のためにしたのではありません。近所に飢えている人がいたり、子供を生んだ婦人が食事もできずに寝ているといううわさを聞くと、私は夜も眠れないのです。

以上。


国進様の粘り強い執念の姿勢にあらためて、感動する者です。
与えられている氏族メシヤの摂理の勝利をどうすればいいか悩みますが、神様からの方向性と目標を確信して、執念と粘り強い姿勢がもっていけば必ず勝利することができると思わされました。



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

過去のすべての国家的蕩減をこえるために

028.jpg


過去のすべての国家的蕩減をこえるために

日本は国家的権力者たちがキリスト教を迫害してきた歴史があります。

1549年にザビエルによって、キリスト教が伝来されました。ちょうどメシヤ再降臨準備時代となったときです。神様はメシヤを迎えるためにその新婦圏をアジアに連結されようとして、イエス様のみことばを伝えるために、宣教師を送ってくださいました。

ところが、そのみこころを知ることのできない日本の権力者はことごとく、迫害します。1587年の豊臣秀吉による禁教令(バテレン追放令)、1612年徳川幕府によるキリスト教禁止令の名の下に、神様が一番愛するものたちを、まさに、サタンの手先となって、拷問と迫害のかぎりをつくします。

1637年におきた島原の乱(3万7千名の殉教者)の悲惨極まりない、状況は想像を絶する内容で、その姿を見ておられた、イエス様、神様の心情はいかばかり、悲しい心情であったかわかりません。

イエス様をもとめ、神様の王国を地上に創ろうとする者たちを虫けらにように扱ってきた日本の国家の過去があります。それは国家的民族的蕩減として残されています。

1945年までの大戦ときにおいても、サタン側のエバ国としてアジア圏のキリスト教徒を迫害してきました。


真のお父様のみことば  1993年12月19日

だから、英米諸国が失敗することによって、日本が祝福を得たのです。もしも、このように先生が選抜しなかったとすれば、日本は戦争犯罪として、賠償のために四か国に分割されて、今の女、娘たちは涙で月を眺めながら故郷を思いつつ、胸が裂けるような痛みに嘆くことを逃れることができなかったのです。先生がエバ国家として指定したので、日本はこうなったのです。日本が偉いからこうなったのではありません。

 ドイツも、みんな焼け野原になってしまった。そのような日本が、アメリカの助けによってこうなったのです。それから蒋介石の保護によって、日本は弁償を要求されていないのです。それなのに、ある総理は、蒋介石の功労どころではなく、台湾を切って中共と結んだ、その姿勢がよくないのです。

以上。


これほどまでに、キリスト教を迫害し、新婦圏となることを拒否し、神様の摂理を妨害してきた日本を、神様は愛してくださいました。
第二次大戦のときに、米英仏のキリスト教圏が再臨主の新婦圏に立つことに失敗した結果、もっともサタンが愛するものを神は奪うことができるという原理から、真のお父様は日本を愛して、祝福を与えてくださる道を、神様の心情から選んでくださいました。

選んだだけではなく、みことばを与え、神様の祝福をあたえ、神様の摂理を細かにおしえて、勝利する方策のすべてを授けてくださいました。

今の私たちは、神様が選ぶことを拒否せざるを得ない、悪辣な日本の過去を知っている神様を説得して選んでいただいた真のお父様に感謝しながら、その使命と責任を成就せねばならないことを感じます。
それは氏族メシヤの勝利で成されることとなります。


真お父様のみことば  1993年12月20日

だからこういうふうにして平面的に全部同じ立場に立って、家庭的祝福だけを受ければ、家庭出発を神を中心としてつないでおけば、アダムの家庭がサタンを中心に出発したことを、全世界で蕩減復帰して、先生は蘇生、個人復帰、家庭、氏族、民族、八段階のすべてを平定して、垣根を崩してしまったので、ずーっと通じるようになっているのです。先生に連れられて、どこでも神様は往来するようになりました。だから、五十二億の家庭の前に、真の父母の家庭ができて平面的に接ぎ木していくのです。それが祝福です。

 それで新しい国に入る時には、サタンの血統的系列の先祖入籍ではなく、天的入籍をして新しくなるのだから、それには必ず氏族メシヤの一六〇軒の家庭を収拾して、イエス様が一二〇を失敗したことの蕩減をして、世界基準において国家が生まれてくるのです。

 今から、その国家に入籍するには一六〇軒の者を収拾して登録するようになっているのです。その一氏族を中心として、何千、何万の家庭、何十の氏族メシヤが生まれてくるのだけども、それらはみな後孫になっていくのです。

以上。


神様の愛をもって、救いを拡大すること、神様の王国を地上に実現する、その方策である氏族メシヤにすべての過去の罪の清算をすることができるという恩恵です。
無念な思いをもっていかれた殉教者の方々を慰め、解放することができることを思えば、感謝でしかありません。

その氏族メシヤ摂理を勝利することによって、国家、世界へと連結されます。その世界の天国化のために、1992年からエバの時代を迎え、特別な愛の因縁を真のお父様は日本に結んでくださいました。

そのことの目的は氏族メシヤ摂理の勝利でした。




よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

日本の蕩減

083.jpg


日本の蕩減

キリスト教2000年の目的はイエス様の新婦圏を世界的に確立するためでした。そのために2000年の間、キリシタンの歴史は悲惨な想像絶する迫害の中でも、イエス様の新婦の立場を求めて、世界的に拡大してきました。1945年の連合軍の勝利は英米仏のキリスト教連合の世界的勝利を完全なる形として、再臨の主の前に、世界的な新婦圏を確立して、神様の摂理に応えていました。

そのときから、7年を経過した1952年にはキリスト教を当時信奉していた8億人からの信者を祝福する予定であったと真のお父様のみことばにあります。ところが、2000年前にイエス様のときにおきたように、キリスト教と国家は再臨主を否定し、牢獄へと追いやりました。

真のお父様はキリスト教に代わる新婦圏をつくるために、世界基督教統一神霊協会を創立されました。キリスト教に代わる再臨主のための新婦圏を立てるためでした。1960年に堕落圏からエバを復帰して、真の父母の立場を勝利され、33年をこえた、1992年にエバの時代を迎えることとなりました。

33年の期間をとおして、イエス様が新婦を迎えることのできなかった恨を完全に真の父母の立場で勝利することを通じて、世界基督教統一神霊協会の基台の中で、新婦圏を確立され、再臨主の新婦圏として、エバ国、日本の女性16万名を完全に世界的新婦圏として、愛の限りを投入してくださいました。


真のお父様のみことば  1991年11月3日

先生が全て責任を持たなければなりません。アダムが過ちを犯して、主管性が逆になったので、その責任から脱するためには、死ぬほどの苦労をしなければならなかったのです。悔しい道であり、打たれ、嘲笑を受けました。何故でしょうか。女性のためなのです。

先生が捜して行く女性は、そのような堕落した女性であるので、その堕落した女性の飾りものを外して、堕落しなかった王女の位置に立たせるということは、たやすいことでしょうか。何十回もお嫁に行ったり来たりした者を、神様の愛を中心として、お嫁に行かなかった乙女のような立場に立てて、天の国の王宮に迎えなければならないのです。

 これが心情的に可能なことでしょうか。神様が、百、千、万倍の辛い涙を堪えて、忘れようとする心から捜し求めてきたということを知らなければなりません。そうしなければ生きる道がないし、生かす道がないために、悔しさを覚悟した上でやっているということを、女性達は忘れてはいけません。


真のお父様のみことば  1994年1月2日

今度女性たちは、先生のいるところに来て非常に祝福されて行きました。お母様は正妻であり、あなたたちは霊的に妾の立場です。復帰は妾を通してなします。だから仕方なしに、先生は本妻を残して、カイン圏の女性たちを中心としてなしているのです。これはアベルの立場に立っている、復帰されたアベルのエバです。二番目です。お母様の分身です。復帰は二人のエバが必要なのです。堕落した立場から復帰したエバと、新しく決めたエバです。これが二人いるのです。こちらが正妻だったら、妾の立場です。

 原理からすれば、一人の男が二人の女とつきあうことはできないから、妾の旦那さんを、アダムを、接ぎ木して、ハンダ付けしてつくってあげるのです。先生は完成された旦那さんの立場ですから、弟の立場、第二番目のアダムをつくるのです。あなたたちの旦那さんたち、天使長を連れて来て、昔十六歳の時に堕落した、その堕落前の基準が残っているから、そこに完成されたアダムの勝利の実体を接ぎ木するのです。偽りの実体から生まれたものを皆接ぎ木して、ハンダ付けして、サタンの讒訴圏を逃れるような解放圏に立たせて、真の父母様が、これは自分のものということを認定してあげれば、第二のアダムとして立って、自分の前の奥さんと共に結婚することができるのです。だから、天使長は昔のアダムに、世界に忠誠を尽くすより以上、先生に忠誠を尽くさなければ相対圏を迎えることができません。原理がそうなっています。

以上。


昨日の当ブログで、レアとラケルのこと、本妻と妾のことの原理的意味をみことばから探りました。


日本女性16万名は妾として、真のお父様から多くの愛を直接受け、深い心情的因縁をつないでいただきました。
その妾の日本女性の代表がE会長でした。




真のお父様は33年をかけて、イエス様の新婦を迎えることのできなかった恨を解放すると同時に、本然のエバの位置として復帰されたエバ、正妻の位置を第三の韓オモニに与えられました。その背後に真のお父様のどれだけの十字架があったか、計り知れません。

正妻の前に、妾が立つことで神様の摂理が世界的に本格化します。
妾は再臨主の愛とその心情因縁を受けることだけでは、神様の摂理は勝利できません。
正妻が妾を愛すること、レアがラケルを愛することで、サタンは分立されます。神様が喜ばれる愛の姿です。

イエス様のとき、エリサベツとマリヤはレアとラケルの関係でした。その次の段階はエリサベツは復帰された母の立場となり、今度はマリヤと洗礼ヨハネの妹がレアとラケルの立場となって、マリヤは洗礼ヨハネの妹を愛する戦いを勝利しなければ、サタンを分立することのできず、イエス様の新婦を実体として迎えることはできないという原理でした。

結局、エリサベツとマリヤがそのような神様のみこころと摂理を知ることができず、人間的判断の中で、失敗することとなり、イエス様の十字架の根本原因となりました。


真のお父様から愛された妾の16万日本女性は、今度はレアの立場でラケルを愛さなければなりません。16万の日本女性が正妻の立場から、今後、妾となり世界的基盤の新婦圏となる予定の日本国民の全女性を愛さなければなりませんでした。

そのときの真のお父様のみことばは16万女性が160名を立てる氏族メシヤの摂理でした。一人が160名のラケルである氏族圏を妾として愛する戦いを通して、神様が愛することのできるサタンが分立された、世界的、天宙的新婦圏を確立することができるという、摂理的頂点の最重要な課題でした。それが7年の期間、1999年までに完了しなければならない天の願いでした。

16万名の各自が160名伝道すれば2560万人となります。ほぼ日本全体の成人女性ということになります。
その勝利は世界的天宙的新婦圏の女性連合と国家が真の父母様とひとつとなることになります。そのカインアベルが確立することによって、2000年、真のお父様80歳のとき、天一国の実体的時代を迎える神様の目的がありました。


1999年1月ウルグアイで神の日の式典が行われましたが、そのときに真のお父様から、この年の3億6千万双祝福を日本で行うことが指示されました。ところが、日本は真のお父様をお迎えすることができない事情がありました。それは日本の法律でした。米国で刑を受けた人物を日本国家は受け入れないというものです。
そのことを率直に、報告されたのが当時、日本の統一教会歴史の中で初めて女性の協会長として立たれておられたE会長でした。

真のお父様の激しい怒りと嘆きのみことばが数時間続きました。真昼で明るいはずが真っ暗闇になった時間でした。「日本でやることは先生が決めたのではない、神様が決めて準備していたのだ。3万双、36万双は韓国で、4000万双はアメリカで、そして、3億6千万双を日本でやることをとおして、摂理国家が連結されて、エバから子女が繁殖するように、エバ国から世界に祝福の子女が繁殖するようになるのに失敗した。日本は堕落した。先生は縁を切らざるを得ない。先生は日本と離婚することになった」といまだかってない最悪の雰囲気となりました。


結局、マリヤが洗礼ヨハネの妹を立てることができず、失敗してイエス様の十字架の原因となったように、日本の16万女性を中心とする摂理は真のお父様の愛を独り占めして終わってしまい、氏族メシヤとして真のお父様の愛を連結させて、世界的天宙的新婦圏の基盤を創ることができなかったことが蕩減として残されています。
すなわち、レアがラケルを愛することができず、サタンの侵入を受ける状態となっています。


私は真のお父様と二代王様がE会長を日本のサンクチュアリの総会長として立てられた背景にその「日本の蕩減」を回復させるために任命されたと、ユーチューブでそれを見たときから思わされました。その背後に神様の愛を感じました。


レアがラケルを愛する戦いは簡単ではありませんが、神様が一番喜ばれる心情です。本妻が妾を愛する闘いが伝道の根本思想ですので、難しいけれども突破するしかありません。

真のお父様をお迎えすることのできなかった日本の蕩減を晴らす必要があります。それは氏族メシヤの勝利を通してなされて、真のお父様をお迎えできることとなります。

あのときから、来年で20年となります。なんとかしなければと思っています。


よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

本妻と妾の関係


066_20180528083739c4c.jpg



本妻と妾の関係


日本の摂理の勝利を考えたときに、神様の摂理において展開されてこられた、天の秘密の摂理を理解しなければならないと思います。
1992年からエバの時代を迎えて、その奥義を日本女性たちに語ってくださいました。そのことを今一度原理的、摂理的に理解することを通して、その使命を蕩減し、勝利する道が開かれることを感じます。


真のお父様のみことば  1993年2月14日 成約時代と私

 そのような一時を復帰しなければならないために、天は難しい役事をしなければならないのです。愛の問題ゆえに、レアとラケルが苦痛を受けた歴史時代の解決しなければならない問題が残っているので、男性たちは浮気をして、女性たちはその苦痛を受けるという歴史が継続されてきたのです。

ですから今日でも、特に出世した人の妻は、夫が浮気をするので涙を流して生きなければならないのです。出世した男性に侍る女性たちは、男性が浮気をするたびにその目にたくさんの涙を流さなければならないのです。また、本妻は妾を愛することのできる心を持たなくては天国に行けない論理があるので、仕方なく今までやってきましたが、これからは、これが深刻な問題になるのです。

 神様の心情を知るためには、本妻は自分以上に妾を愛することのできる心を持つために努力しなければなりません。そうしなければ、来られる真の父母様の心情も知ることができないし、神様も分からないのです。また、その反対に女性が浮気をして二人の男性と関係を持ったならば、本来の男性は二番目の男性を自分以上に愛する立場に立つために努力しなくては神様の心情が分からないのです。すべてに同じ道理なのです。



 その当時のことを考えると、洗礼ヨハネとイエス様は母親同士が姉妹関係なのです。イエス様がアベルならばカインは誰ですか? (洗礼ヨハネです)。洗礼ヨハネですね。では、アダムの妻を誰が奪っていきましたか? カイン、サタンが奪っていったのですね。それで、イエス様は女性を連れて来られたのでしょうか、一人で来られたのでしょうか? ですから、地上で新婦を準備しなければならないのです。地上で奪われたのですから、地上で見つけなければなりません。そうして、その王妃を中心とした王権が成立するためにはカイン・アベルとして、国と教会が、体と心のようにならなければなりません。

 そのように、すべてが一つになることによって王に侍って、王権を立てなければならないのです。エバは、アダムの妹だったでしょうか、アダムの姉だったでしょうか? (妹です)。サタンがアダムの妹を奪っていったのです……。洗礼ヨハネの母のエリサベツとマリヤが協助しなければならなかったのです。レアとその母親が一つになってラケルを助けるようにです。

 マリヤはレアの立場に立ち、エリサベツは母親を代身した立場で蕩減復帰しなければなりません。そうして一つとなって、来られるイエス様の世界的な新婦を迎えるのです。これがラケルと同じ立場になるのです。このように、ラケルに協助することによって蕩減復帰できるのですが、母親たちがその責任を果たせなかったのです。もしエリサベツとマリヤが一つになっていたならば、イエス様の相対が立ったとしたならば、すべてが一つになっていたはずです。自然に一つになれるのです。何の話か分かりますか?

以上。



私たちは原理で、カインがアベルを愛することは、「堕落性を脱ぐための蕩減条件」を立てることとなり、サタンを分別し、メシヤを迎えることができると知っています。しかし、そのことがいかに難しいことであったかは復帰歴史の内容から判断できます。

アブラハムのときになって、リベカ、レア、ラケルの話が聖書の中に展開されます。その内容は真のお父様のみことばによって、その秘密があきらかにされています。
レアとラケルが、本妻と妾の関係となって、女性版のカイン、アベルの摂理となっています。それで聖書の中に、いくつかの妾が神様の摂理上において、重要な意味をもつ内容となっています。


本妻が妾を愛することは極めて、難しいことですが、「本妻は妾を愛する心を持たなければ天国に行けない」という真のお父様のみことばから、その真意を探り、使命を成就することが今の摂理において、願われていることではないかと思います。



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR