FC2ブログ

永田氏の「新体制の規約、聖殿信徒協約について」を読んで

IMG_3562.jpg



永田氏の「新体制の規約、聖殿信徒協約について」を読んで


あくまで個人の意見です。

2018年11月1日に聖殿信徒協約が制定されました。
そのことに対しての永田氏の記事がありました。
各論の中に疑問点を感じましたので書くことにしました。


①リーダーシップについて
私たちが求めるのは三代王権のリーダーシップのみです。天一国を理想とする者たちは祝福された家庭が三代王権に完全に相対することで、そのリーダーシップを相続することができます。本部や教会という機関は、各家庭がリーダーシップをもてるように援助し、擁護する立場であると考えます。
もし、本部やその体制をしてリーダーシップを求めるならば、天一国の理想とは逆な道をいくことになり、家庭連合の失敗を繰り返すこととなります。


②江利川会長について
この協約が制定会議にかけられる前の10月15日のズーム会議のときに作成委員の松本氏の発言した内容に耳を疑いました。
「最近の日本サンクチュアリの混乱と低迷の根本原因、それは一番の問題点ということで考えるのは、会長に対しての信頼、会長に対する求心力というのが薄れていて、会長に対しての信仰が立ってないことです」。とはっきりと言っていたことです。
協約作成の動機が天一国主人を守ることではなく、会長の立場、本部の体制をはっきりさせるという動機であることがそのポイントであると理解しました。

江利川会長が二代王様が任命されておられる方であることは、百も承知していることで、それは他の韓国やアメリカも同じことです。
ところが協約には「二代王様が任命された本協会会長を中心として」という表現が随所にでてきます。これでは三代王権を絶対中心として、天一国主人の家庭がその絶対対象として立って天一国理想を追求する姿ではなくなってきます。


③組織創建について
本部の事務局はあってもいいと思います。
それは全国の教会、家庭教会を助けるもので、最小限の内容になると思います。全国の教会からの10分の1でしか、運用することはできませんので、当然ながら、小さな本部となると思います。


④王の権限について
当然のことだと思います。


⑤王を裁くことについて
二代王様が任命された方をすぐに、任を解かれるかどうかは神様の原理から判断しなければならないと思います。
家庭連合のとき、真のお父様は韓国幹部の不正をすべて、ご存知でした。しかし裁くということはなされませんでした。
それは人間の責任分担という原理があるからでした。韓氏オモニのこともそれで、すぐに処置することなく、蕩減することを待たれてこられました。二代王様が直接任命された方が絶対に、間違うことがないと単純に信じることはどうかと考えます。それは
江利川会長を不信するわけではなく、三代王権の方向性に対して、正しく支えて全体勝利の方向を目指す必要があるからです。


⑥天一国憲法と法律・ルールについて
天一国憲法の前文において明確に記されていることは
「天国、天一国の国民はすべて、全能なる神、また肉身を持って来られ、計り知れない恩恵により、我々を神の生命、神の愛、神の血統へ接木してくださったキリストの、主権を有する子女である。これにより、天国の全ての人々に、彼らの創造主神様ご自身から、キリストが真の父、文鮮明として再臨し、実体的に確立したキリストの王権を通して、不変にして奪うことのできない権利が与えられる。」
天一国国民のためにある天一国憲法であることがよくわかります。
ところが、聖殿協約では本部の体制や評議会の権限を強調しており、意見したり、反対して行動するものを排除する項目も入っています。
永田氏も「悪を裁くには法が必要です」。と書いていますがサンクチュアリ食口を悪と呼び、裁くための協約はいかがなものかと思います。
そして、
制定会議で私は会長以外のスタッフは天一国憲法では上院、下院は選挙で選ぶようになっているので選挙で選ぶべきと主張しましたが、立候補するものがいない、時間がかかるなどとその意見に対して、まったく応ずることはありませんでした。


⑦二代王の組織論
真のお父様は家庭教会と教会との関係において、1982年神の日みことばで「先生が霊界に逝って戻ってくるところは家庭であり、教会は事務所です」。とはっきり語られています。
それは家庭から摂理が始まるからです。堕落はアダムの家庭からであるので、復帰摂理は家庭から始まるということになり、真のお父様が働かれ、戻ってこられるところが家庭教会ということになります。教会はそれを援助し、擁護するための位置でしかありません。地方教会と本部との関係も同じです。それで二代王様は真のお父様の原則をご存知であられてそのことを講義されておられると思います。
主体と対象は各位が違います。主体は縦的であり、対象は横的な立場です。
それで回転運動を起こすときに球形運動となり、有機体となります。
家庭連合ではそれを逆にしてきました。従って、天の理想は程遠くなり、天一国は破壊されました。
本部が企画や方向性のリーダーの役割とするやり方は、明らかに本部を主体とする体制なので、家庭連合と同じ運命になりはしないかと危惧します。


⑧将来、二代王様がつくられるルールと、聖殿信徒協約について
すでに、二代王様と国進様による天一国憲法が2015年10月11日に発布されています。
それがルールであり、それ以上はないと考えます。


⑨サンクチュアリ・スピリッツについて
聖殿食口は真のお父様とみことばを絶対的に信じ、人間信仰、組織信仰に対して断固戦ってきた勇士です。
それで今、三代王権に完全に侍り、ひとつとなって、天一国の理想を成し遂げるために生命をかけている闘士です。そして、それは自主性が重んじられ、三代王権とひとつになって自分の使命を悟り、実践する能力が問われます。
その中で、聖殿食口同士の議論があることは当然のこととして生じてきます。どちらが正しいかどうかは時間とともに、判断することとなりますので、そこに無駄な労力を使うことはありません。あえて、融和とか統一とか言う必要はないと考えます。


⑩「防御と創建」摂理勝利のため、サンクチュアリ食口は一致団結を。について
この「聖殿信徒協約」が制定されたのは2018年11月1日となっています。
11月1日の第7回改革案制定会議でそれが賛成多数で可決されました。
そして第一回評議会が開かれたのは11月3日でそれが承認され、11月5日の旧救命ボート会議(全国信徒会にあたる)のときには、その説明でしかありませんでした。
私は11月5日のズーム会議で制定のための採決をすると思っていましたが、すでに評議会でそれは確定していて、ただ説明するだけのものであったことに唖然としました。
もし、それが日本サンクチュアリ全体の協約であるならば、当然のことながら、全体の信徒会で採決するのが普通だと思うからです。
これほど重要なことを「評議会」で決定していることだけをみても、中央集権だといわれても仕方のないことだと思います。
まったく、この聖殿協約を中心とすれば、天一国の理想成就は難しい内容を多く含んでいます。




よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

「あくまで個人の意見です。」の断り書きから始まる記事ですが、多くの点で共感を覚えます。

私は、今回制定された聖殿信徒協約に対しても、阿南さんの意見に対しても、100%支持する立場でも、100%否定する立場でもありません。

ただ、十分に議論を尽くして制定されたとは思えず、期限に追われるように慌てて制定したように感じました。そして、阿南さんの記事を読んで、なぜか心の片隅で、ホッとした感覚を持ったことも事実でした。

by ロード

No title

聖殿信徒協約の何条何項がどの様におかしいのか、具体的に示していただけないとサッパリ分かりません。全部おかしいと思われるのであれば、全部書き直してあなたの考える協約案を見せて下さい。そうでないと、判断のしようがありません。

聖殿信徒協約

それってどこを見れば書いてありますか?

No title

日本サンクチュアリのホームページに取り寄せる方法が書いてあります。

s.i殿へ
威圧的なコメントを読み驚きました。
s.iさんの読解力にも疑問を感じます。
私のコメントを読めば、まず、制定プロセスの妥当性に納得していないことが分かると思います。
そして、阿南さんの記事は、永田氏の意見書に対する記事です。
いずれにしても、s.iさんのコメントでの「聖殿信徒協約の何条何項がどの様におかしいのか・・」は、的外れな要求です。
それから、「全部書き直して・・」と挑発的に一般信徒を見下すような横柄な言い回しは、いかがなものでしょうか。
てんちゃんさんの疑問は、決して珍しくはないと思います。十分に周知徹底せぬまま、前のめりに制定に向かう姿勢で、聖殿信徒のコンセンサスが得られるとお考えなのでしょうか?
by ロード

No title

私は、プロセスは問題ないと思います。多分、あなたには、自分の思っている改革案は作れないと思います。誰でも良いですから、相談して作ってみて下さい。批判は、誰でもできます。

No title

阿南教会長の考える氏族メシア活動でよければ、互いの協力や教会のサポートで可能でしょう。そもそも氏族に対する伝道の主体は、氏族メシア本人ですから。

しかし、氏族メシア活動と共に、天一国の建国(宣教や救国救世)という役割も考えるといかがでしょうか。

かつてのような教会と勝共運動を分けるほどの人数もいませんし、それを一緒にやらざるをえない事情もあります。

No title

信徒協約については、私は阿南教会長ほどにも係わっておりませんが。
信徒協約を読んだ印象として、普通の生活や信仰をしている限り、影響はないと思います。

信徒協約においてだれが中心かとの文章は、二代王が直に任命した会長を【活動】の中心とするというだけの話です。

どこまでも【信仰】の中心は、神様であり、再臨主お父様であり、三代王権であり、二代王である点は、信徒協約の前文で先に明らかにしていますね。

例えるなら、会長を活動の中心にするとは、「〇〇株式会社の社長を、会社の【活動】の中心とする」と当然の秩序を言っているようなものです。そんな当然の秩序を、混乱ゆえに明確にせざるを得なかったということでしょう。

そして、社長が会社活動の中心であっても、普通に生活や仕事をする範囲では自由責任での行動が可能であり、特に問題は生じません。

同じように、阿南教会長やそのもとにいる方々も、普通に自由責任での氏族メシアを中心とした行動が可能でしょう。その上で皆さんできる範囲で全体目的もしましょう。(全体目的まで不要とすると原理から外れるのでそれはしょうがありません。)

私は阿南教会長を尊敬しております。どうか、信徒協約の言葉や表現にとらわれずに、阿南教会長の心の目で理解していただければ幸いです。

No title

あなたが進める氏族メシア活動中心の信徒協約とやらを作ったら如何ですか。そんな協約、できるわけないと思いますけどね。代案を出さずに反対、反対と叫ぶ野党と同じです。

聖殿信徒協約公開

s.iさん教えて頂きありがとうございます。
日本サンクチュアリィのホームページ見ました。…このように載っています。
公開方法
1. 公認教会教会長、開拓教会信徒代表の皆様にはメールで送信します。
  各教会所属の聖殿信徒の皆様に配付をお願いします。
2.上記以外の旧救命ボート代表の皆様にメールで送信します。
3.本部事務局にメールで請求のあった方に「聖殿信徒協約(初版)」をメールで
  送付します。
  ①尚、聖殿信徒協約は本協会信徒にのみ開示します。第三者開示は厳禁と致します。
  ②メール請求本文に、氏名、住所、電話番号(携帯可)を記していただき、電話で本人
   確認のとれた方にのみ、「聖殿信徒協約(初版) 」をメール送付します。
  ③「改革案」請求メールアドレス:administrator@sanctuary-jp.org
上記メールアドレスで届かない場合: crown8simon@gmail.com



日本サンクチュアリィ所属の方しか見れない様です。こういう事に疎いのですが一般的に協約というものは公開されないそういうものなのでしょうか?それとも何か公開したくない理由があるのか?ちょっと勘ぐってしまいました。
天一国憲法に照らし合わせて間違いなくアメリカ サンクチュアリィ聖殿本部二代王様の承認と許可を受けておられるのでしたら問題無いと思います。もしそうでないとしたらサンクチュアリィ聖殿と関係ない組織になると思います。

No title

協会ホームページには、
>評議会で可決されるまで、 「聖殿信徒協約」は本協会信徒のみに公開いたします。
とありますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まるで、大企業の幹部が下請けを威嚇する様なs.i殿の物言いを残念に感じます。
私は、プロセスを問題視しているので、「代案を出さない野党」に例えられても、議論が噛み合いません。
もし、「氏族メシア活動中心の信徒協約」を、既に実績を築いている阿南さんに向けて発言されたなら、見当外れな非難となります。
てんちゃんさんのように意識の高い信徒ですら、知らない内に制定される方法で、「プロセスは問題ない」と言えるのでしょうか?


せっかくですので、持論を述べさせていただきます。私は、統一教会時代に、お父様が任命された指揮官を頂点とする軍隊式のピラミッド組織を効率的と感じ、むしろ是認していました。今回の組織改革案の策定に関しても、亨進二代王様から任命を受けた江利川会長が陣頭指揮を執り、改革案の策定を牽引されたなら、これほど違和感を感じなかったでしょう。まだ時は満ちておらず、理想の姿は先だと割り切れたと思います。ところが、江利川会長が一歩下り、改革委員会を中心とする信徒の自主性に委ねました。そして、全信徒への周知徹底は不十分で、到底、議論を尽くしたとは言えぬまま、評議会での可決直前まで事態は推移しました。ここで確定されると既成事実となります。微修正はできても、大きな改正は事実上不可能となります。

この状態で本当に、「プロセスは問題ない」と言えるのでしょうか?

by ロード

一歩前進と捉えて参りましょう

中央集権の連合から独立して天一国を目指す今の組織は発展途上の中途段階である事は事実でしょう。しかし祝福家庭が主体的にルールを決めて中央を運営管理する今回の成り行きは肯定的に受け止めれば革命的です。末端から自主的主体的に提案して中央を変えた今回の組織改革は不完全でありながらも一歩前進と見ています。その主体性が今必要とする聖殿聖徒の一番不足している課題だと思います。細かいルール(協約)にとらわれずに主体的に氏族メシア天一国創建に向けて活動する時です。時を奪われない様にしましょう。

No title

誤解しないでくださいロードさん、あなたに言っているのではありません。阿南さんに言っているのですよ。ロードって誰ですか。阿南さんの何。僕か。阿南さんが答えているような書きっぷりで、阿南さんに頼まれて書いているの?紛らわしい。

聖書(御言)に戻りましょう。

 キリストは彼に答えて言われた。「…だれでもわたしを愛するならば、わたしの言葉を守るであろう。…わたしを愛さない者は、わたしの言葉を守らない。」(ヨハネによる福音書14章23~24節)。
 御言を守らない者は、キリストを愛さない者である。韓オモニとその幹部は、御言を守らない罪を犯しました。サンクチュアリの成約食口・クリスチャンであるなら、その是非を言うべきと思います。

No title

miyaさん、「その是非を言うべきと思います。」これはどういう意味ですか。具体的に説明してください。私には理解不能。その是非の「その」とは何のことですか。

No title

主イエスキリストを信ずればあなたの罪は許されます
十字架を置いて主イエスによって生まれ変わって下さい

No title

またもや意味不明。

No title

主に委ねる事が出来ればあなたは安らぎを得るでしょう…
だから心配しないでください。アーメン

私が言っていない言葉

あまりに極端な間違いなので、指摘させていただきます。阿南教会長は、「永田氏も〈悪を裁くには法が必要です〉と書いていますがサンクチュアリ食口を悪と呼び、裁くための協約はいかがなものかと思います」と述べました。
そんなこと言うと思いますか?私は、「天一国憲法には、法律、英米法、最高裁判所、大陪審、司法権、刑事訴訟など、法律関係の用語が多数あらわれます。また、二代王は天一国が建国されても悪は存在すると仰っています。悪を裁くには「法」が必要です。すなわち、将来建国される天一国でも「刑法」」が制定されると予想されます。天一国独自の民法、商法もつくられると思います」と書きました。この文は、天一国でも刑法があるだろうという文脈で語ったもので、一般論を述べています。どうして、それが、「永田氏も〈悪を裁くには法が必要です〉と書いていますが、サンクチュアリ食口を悪と呼び、裁くための協約はいかがなものかと思います」となるのでしょうか?理解に苦しみます。かなり、ひどい間違いですね。



もう一度、私の文章をお読みください。

阿南教会長は、この文章で、「絶対」を4度、「完全」を2度使われています。このような用語は、通常、慎重に使います。「三代王権に完全に相対することで、そのリーダーシップを相続できます」、「三代王権を絶対中心として、天一国主人の家庭がその絶対対象として立って天一国理想を追求する姿ではなくなる」と述べておられます。
このように「絶対」や「完全」という言葉を使われては、議論が進まず、思考は停止するのではないでしょうか。そうなっておらず、知恵を絞って、改善し、前に進めるためにどうするかと考えなければならないと思います。こんな、後がない言葉を使えば、議論は硬直し、柔軟な判断はできないのではないでしょうか。
阿南教会長は、会長に対し、「二代王様が直接任命された方が絶対に、間違うことがないと単純に信じることはどうかと考えます」と指摘しておられますが、私の文章のどこにそんな内容がありますか?私たちは、会長が「絶対に」間違わないと単純に信じてなどいません。会長も間違えます。これは、「絶対」というものを重んじる阿南教会長の思想が反映しているのではないでしょうか。「絶対」や「完全」を使われるのは自由ですが、事実に反することは書かないでください。もういちど、私の文章をお読みください。


同感です

同感です。永田さんに提案した会計報告もあまりオープンな感じではないし、最終的には、阿南さんが言われる信徒総会なるもので決定すべきだと思います。家庭連合の体質と全く同じですね。

No title

文鮮明氏は日本の在日支配体制を目指していた。岸信介笹川良一小泉安倍みな在日疑惑がある。江利川氏もそうだ。文鮮明氏の背後にはロックフェラーがいたのだから日本が良くなるはずがない。安倍小泉により日本は完全にグローバリストが支配する国になってしまった。今まで信仰してきたことが売国行為だったことに気付き信仰してきたことを後悔しています。
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR