FC2ブログ

シックを奴隷化している家庭連合とそうでないサンクチュアリ

亨進様笑顔


シックを奴隷化している家庭連合とそうでないサンクチュアリ



亨進二代王様のみことば   2015年8月18日

 シックたちを奴隷として、その奴隷を動物のように使い、金を出せ出せと言い、皆にYesを強要する、悪なる悪魔たちです。このヒトラーのような暴君たちが、皆さんの主となってしまいました。偽りの主人です。

 ですが、この暴君たちが神様のみ言葉を抑圧すればするほど、今や全世界的に、より多くの人々が悟るようになり、目を覚まし、お父様の権限と、自由と平和と統一の世界に戻ってくるようになるのです。

 この愚か者が知っていることは、抑圧と、市民たちを奴隷化することだけです。自分たちが小さい神となり、「あなたたちは神様と直接的な関係を持つことはできず、私たちが許可する清平の詐欺師や、家庭連合の詐欺師を通してのみ、お父様と会うことができる」 という、偽りのサタン悪魔たちになってしまったのです。神様の息子娘たちを相手に事業をしているのです。そのような者たちに唾を吐き、追放することのできる、真なる神の息子娘となりますよう願っています。

 神様の摂理路程をみるときに、彼らは恐れるしかありません。なぜなら、神様の摂理は法主義の摂理ではありません。神様の摂理は良心と真の愛の摂理です。ですが、それは、臆病者たちが言うような、真の愛ではありません。全てを愛する真の愛ではありません。

 善悪を分離する真の愛です。神様が真の愛の神だからといって、全てを愛せよということではありません。もし、そうだとすれば、神様は悪なる存在です。真の愛は善と悪を分離しなければなりません。真の愛は悪を愛することはできないのです。私が妻を真の愛で愛するならば、不倫、姦通を憎まなければなりません。分離しなければならないのです。そうでしょう?神様が下さった妻を愛するならば、姦通を真の愛で愛することはできないのです。真の愛で愛するならば、悪を、真の愛を滅ぼすものを憎まなければならないのです。

 臆病者の詐欺師たちが、皆さんに、「私たちは真の愛で全てを愛さなければなりません」と、そのように言うでしょう。そのように言っておきながら、私がお父様の代身者相続者として、神様のみ言葉を語るとき、彼らは私を彼らの言う真の愛で愛していますか?偽善者、毒蛇です!自らが語る真の愛も実践できていません。なぜか。彼らは“真の愛”という単語で、シックたちを奴隷としたいだけなのです。

 私たちがお父様から責任を任されたとき、皆さん、動画で直接ご覧になったでしょう。私たちがいろいろな組織的な層を作り、それをしましたか?私たちはその政治的なラインを全て切ってしまいました。牧会者たちは個人評価を受けるようにしました。シックたちの目から見れるようにしました。このライン、あのライン、このラインにのれば出世できると、このような偽りの内容ではなく。

 私たちがどうしましたか?全ての牧会者たちが、シックたちをどれほどケアしているのか、教会がどれほど発展しているのか、それを評価しながら、昇進するようにしました。それは平等な内容です。全ての教会が、シックたちを透明管理しながら、献金をどう使うのか、全て報告するようにしました。皆さん、直接ご覧になりましたね。

 10分の1献金をする、また、摂理に投資する全ての一般シックたちが、自分たちの指導者、牧会者を選ぶことのできる権限。協会長だから自分が選ぶのではなく、シックたち、市民たちが選ぶことのできる権限。それをあげました。皆さん、ご覧になったでしょう。シックたちが自分の教会長を選ぶことのできる投票権。皆さん、よく考えてください。それは180度、過去のそれとは異なるものです。
 
 皆さんの教会長たちはどうでしたか?皆、小さな暴君たちだったでしょう。皆さんに投票権をくれましたか?皆さんに透明管理で教会を運営してくれましたか?牧会者たちが、皆さんのケアの良し悪しによって昇進することのできる、そのようなシステムを作りましたか?
 
 一度たりともそのようなことは起きなかったのです。ですが、皆さんは見たでしょう。お父様が私たちに責任を与えられたとき、私たちは暴君たちのモデルとは正反対のことをしました。私たちは詐欺師ではありません。私たちはシックたちを奴隷として見ていません!



よろしければクリックを

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

背信のイスラエルよ!―

 一人の責任者の一存ですべてが決定されるサタン教会とは「180度異なる」もの、すなわち「十分の一献金をする一般食口に権限を与えて、自分たちの指導者、牧会者を選び」、「透明管理で教会を運営する」のが、キリストお父様の代身者亨進様が描くサンクチュアリ教会の姿でした。しかし、3年が経過しても、その実体を見ることができない。すでに、手遅れの状況にあり、普通ならさじを投げたくなるであろうに、位置と責任を放棄せず、アボニムの御言と2代王の言葉(のみ)をもってその道を示し、訴える阿南さんは、背信のイスラエルの前に立つ預言者であると見ます。神はバビロンの淫女韓オモニと家庭連合食口に対し、アボニムの代身者2代王の口を通してその悲痛な思いを吐露されました。今また、サンクチュアリ内において、同様の状況が展開されるとは、誰か予想したであろうか。アボニムが警告を込めて語られた「7年の大艱難」の御言が思い起こされます。「天の悲しい曲折が聖徒にぶつかる時です。…信じて従った指導者が揺れる時です」。

miyaさんへ

>すでに、手遅れの状況にあり、

miyaさん、いつもありがとうございます。

私は手遅れではないと思います。

サタンや悪の勢力は、私達の本質ではない一部のみを讒訴し、全部が手遅れと思わせることが頻繁にあります。

しかし、讒訴される一部は、全部ではないのです。

親として創造された神様との縁までは何があろうと神様は見捨てませんから、私達の全部が手遅れになることはありません。

そもそも、手遅れという観念は、神様やお父様のご心情の中にはありません。

手遅れでなく、失敗する前に復帰する【やり直し】という観念が、神様やお父様のご心情の中にあるのではないでしょうか。

お父様は、『馬鹿は死ななきゃなおらない』と私達に言われても、その翌日には『あなたたちは尊い』と言われます。

miyaさんの信仰路程は完全であったのかも知れません。
それ故に、厳しい見方をされるのかも知れません。

しかし、多くの方は失敗の道を歩んでいます。その失敗の脇道も試練や修行の道となれば幸いです。

手遅れという観念は、完全主義という妄執や不自由から生み出されるように感じています。

阿南教会長は素晴らしい指導者ですが、完全主義で持ち上げておいて小さな失敗で落とすのもサタンや悪の勢力がよく使う戦略になります。

足りない私ですが、miyaさんと研鑽していきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

中央が設定されると許しがない

 堕落人間に[完全」ということはないでしょう。わたしが、「転んで」堕ちて、死ぬほど苦しんで、…キリストお父様が垂れてくださった一本の綱をたよりに崖を這い上がって来たことは(恐らく)誰も知らないはずです。
 信仰の道は、神とキリストお父様の「完全」(=御言)に合わせようと、努力して行く道だと心得ます。キン斗雲さんは、「多くの方たちは失敗の道を歩んでいます」と書かれましたが、自分たちが「失敗の道を歩んで」いるという自覚が、本当におありでしょうか?
 たしかにキリストが生きておられるうちは許しがありました。しかし、「いつでもそうできますか?いつでも。着地して中央が設定されるならばありません。その時は打ってしまうのです。」とお父様は言われました。(1991年7月1日神様祝福永遠宣布式の御言)。それゆえに「手遅れかも―」と言ったまでです。
 しかし、わずかの時間が残されています。

預言者???

まずは、薄利多売でもかまいませんので 二世はアメリカに送らなければなりません。
 王様の教育を通して 教育された二世によってしか 
日本人の意識は代わりません。
過去罪を犯してきた者は どうしても家庭連合時代の堕落性を保持し
 時々その堕落性が噴出します。
上野婦人たちが 自立しなければならないとき 王様ではなく
 佐藤健さんがそうしたように 主管され 守られる 奴隷の方向性を選択した訳ですので 考えは奴隷のまま3年半が経過しました。
 手遅れかもーーーというのは 正論で 選択したのは皆さんです。
王様の御言葉を読んではいますが 王様の下に子女を送り
子供が決意し 選択した過程は 竹内家だけであると感じます。
 王様の御言葉を読み 子供は グローバリストが推し進める 九州大学と言う 馬鹿婦人まで存在します。
 そのように 子供は少々馬鹿でも良いから 中心者の訓練を受けさせる 最低2年は しなければ 何も学べないでしょうが、、、、
 みやさん 堕落人間から学ぶ時代は終りました。
 自立しましょう!”!!

soreto

阿南さんも そろそろ毒がたまって来た顔をサレテイマス
 死に神博士を連れて 王様に会いに行きましょう!!!
過去の狂った統一教会のように 個人完成より実績追及に走る時点で 同じことが繰り返されていると見ます。
 江利川会長の名声を利用し 自立することを拒絶した阿南さんですが 出るなら出る 残るなら残るで死に物狂いで 江利川会長を支えるべきだと思います。
 福沢諭吉と同じで 本山のお兄さんや 阿南さん ワコムだった江藤社長 倉原講師など 中途半端な人生は阿南さんで終止符を打ちましょう!!!
 
 

q

アメリカの二代王様の元で訓練を受けている青年たちは、
私達が考えている青年達ではありません。
私達と違う遺伝子の変革がなされているのです。
彼等はお互いを尊重し大切にする生活を送り新しい時代を迎えようとしています。
二代王様の元彼等は祝福を受けようとしています。
二代王様に直接訓練を受けた人どうしを希望しています。
父母達は心からがそのことを望んでいるからです。
青年の皆様、明日の生活を思い煩いますか。神の国と義とを求めますか。
青年達の未来のつまずきの石である者達よ、私はつまずきの石です。
告白します。私はつまずきの石であると、、、。
プロフィール

阿南信義

Author:阿南信義
大分サンクチュアリ教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
おそれ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR