イエス様の十字架の蕩減と二代王文亨進様追放の責任

P1040746.jpg


イエス様の十字架の蕩減と二代王文亨進様追放の責任

私たちがイエス様の十字架を蕩減することができる立場になったのは真のお父様の苦難の路程があり、勝利されたことによってその恩恵を与えられました。
家庭教会摂理は単に氏族を救うという次元ではなく、歴史的なイエス様の解放を私が蕩減することができるという内容でした。

真のお父様のみことば
家庭教会がなぜ必要になったのでしょうか。それは堕落した父母ができたためです。その父母を復帰するためにイエス様が来られましたが、ザカリヤの家庭とヨセフの家庭が一つにならなかったために、イエス様が十字架につけられました。

それを蕩減しなくてはならないのです。ではイエス様を誰が殺したのでしょうか。私たちが殺したのです。そのために、その罪を蕩減しなくては天の国に入ることができないのです。
1982.1.1 「家庭教会勝利」

家庭教会摂理・氏族メシヤがまだできてないということはその蕩減がまだ残っている状態です。

1992年3月に真のお父様を日本にお迎えして、二回目三次7年路程の最後の7年路程が出発しました。その間日本女性16万は直接に真のお父様からの愛を受けながら、氏族メシヤの勝利をなす使命を帯びていました。天の計画として1999年において真のお父様の祝福3億6千万双の行事を日本で挙行するはずの摂理が、結局失敗することになってしまいました。

二回目三次7年路程における子女の責任分担であった家庭教会・氏族メシヤの摂理を反故することになってしまいました。

二代王様は33歳のとき、アメリカに追放されました。イエス様の十字架の歳と同じです。

訪米して直接亨進様のみことばを伺うときがありました。その中で「私がペンシルベニアの山の中で真のお父様を慕いながら涙の祈祷をしていた時に、あなたたちは偽りの国歌を歌いながら・・・」と涙で語られながら、私たちを叱責されたのがとても印象的に残っています。

二代王様を追放した責任が私にあるということは上記の真のお父様のみことばからも納得出来ることです。そして家庭教会摂理を勝利してない結果がそのような方向になってしまったと教えられました。

今や、完全にアジアを中心とする摂理がサタンに奪われる形になって、韓国は容共的な文在寅政権がますます、北や中国に近づき、また今回の都議戦の結果からも日本もどうなるかわからない情勢となってきました。

この危機を打開するために、早急に家庭教会・氏族メシヤ摂理を展開して、二代王様を中心とする勢力を拡大しなければ、悲惨な未来となりはしないかと考えます。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

イエス様を殺した罪を蕩減して天国に入る―

 「イエス様を誰が殺したのでしょうか。私たちが殺したのです。」と再臨主お父様が言われた御言―阿南さん、ありがとうございます。いま改めてこの御言に接しながら、ハッと気付かされるものがあります。
 2000年前にユダヤ人によって殺されたイエス様の十字架死の責任が「私にある」と言うのは、いまクリスチャンとして召命された私たち第三イスラエルの立場が、第二イスラエルと同じようにその罪の連帯責任を負う立場にあるということ(原理講論185~6頁)。引いては、イエス様の再臨者としての真のお父様を(キリスト教が不信して)十字架の道に追いやった罪が、それに追随した者としての私たちにある、と言うことでしょう。なかでも日本民族は、再臨主を直接、拷問した罪があり、連帯罪が加重された立場にもあります。そのように、イエス様と再臨主お父様を十字架死に追いやった罪が私にはある―にもかかわらず、もしその自覚がないとしたらどうだろう。キリストお父様との関係を持った生きた信仰の道を歩むことはないでしょう。
 それだけではない。2代王亨進様を荒野に蹴落とした罪も同じことであった!との、このたびの阿南さんの指摘は、卓越しています。その意味するところは、イエス様、再臨主に対する罪と同じように「その罪の責任は私にはない。韓マザーと幹部たちの堕落にある。」と言って責任のがれをするような偽りの信仰に私たちが留まっているのではないだろうか、との問いかけであり指摘であろう(―このことを指して亨進様は「愚かな馬鹿者たち」と言われます)。もしそうであるならイエス様、再臨主、2代王の恨を解く「氏族メシヤ摂理」が分からない、と言うのは当然なのかもしれない。
「氏族メシヤ摂理」は、お父様の御言によれば「天国をつくる摂理」、「祝福家庭が天国に入る摂理」であり、それは「イエス様を殺した罪を蕩減しなければ」「できない」ことです。「氏族の王と王妃」の王冠をかぶるサンクチュアリ人であるなら、この摂理を理解する努力をすべきではないか、と思います。 

Miyamoto様

ありがとうございます。
家庭教会・氏族メシヤ摂理の内容を今こそ理解して、実践する必要があると痛感しています。イエス様の十字架を蕩減し、解放することができるという家庭教会摂理を勝利していきたいと思います。そのためには反省と悔い改めから出発することが必要と思います。
言い切れてない部分を補足していただき、感謝致します。
プロフィール

阿南信義 Nob..Anan

Author:阿南信義 Nob..Anan
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR