永遠に流浪のジプシーの行脚の路程としないために

IMG_5535_20161112102340338.jpg


家庭教会摂理の重要性を家庭連合(旧統一教会)では今まで、無視してきました。その根本原因は責任者たちの保身です。例えば、韓国では還故郷の摂理に反対する公職者たちが本部にデモを行い、自分たちの生活が破壊されると訴えていたといいます。

本来の、天の摂理、真のお父様の内情を悟り、行動することをしないどころか、自分たちがその摂理を破壊して、シックにもその道を閉ざしたのです。

今の、日本もそうです。
「アベルは父母の代身だから、私の言うことに従いなさい」という中央集権体制を維持するために、必死です。決して、家庭教会・氏族メシヤの摂理を重要視することはありません。徳野さんをはじめとした公職者たちの保身、利権を守るためにその体制を変えることは絶対にありません。
家庭連合では永遠に家庭教会・氏族メシヤを勝利することはできないでしょう。
韓国はそのことによって、国が消滅する事態となり、日本もまたもしこのまま行くならば、同じ運命となってしまいます。

真のお父様のみことば
昨年の年頭標語は「家庭教会勝利」でしたが、皆さんはどれだけ勝利しましたか。勝利すべきホーム・チャーチを、私の天国をどれだけ愛しましたか。その前の年は「家庭教会は私の天国」でしたが、皆さんは自分の天国建設をどれだけしましたか。

結局、誰もできませんでした。今年こそは成し遂げなければなりません。そのために、先生はここにいるすべての責任者、祝福家庭全体を動員するようにしようと思います。韓国においては、先生がアメリカに来る時にそのようにしました。いずれ、日本もそのようにするでしょう。

これができなかった場合には、皆さんの全員が永遠に流浪のジプシーの行脚の路程を歩み続けるでしょう。これができなければ定着地を定めることができないからです。そればかりか霊界に行っても皆さんは先生を訪ねることができないのです。
1983年1月1日 家庭教会は我々の定着地

私たちは何をなすべきか。残りの人生、限られた時間をどこに投入すべきかはみことばから明らかです。
それに反対し、阻止しようとする勢力と闘わなければなりません。それは内的な自分の心と外的な体制がありますが、突破するためにはみことばが必要です。みことばを熟読熟知することを通して、愛と力を与えられます。

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭教会を勝利していく方法

DSC00981_2017011005070314a.jpg


家庭教会を勝利していく方法

今年の2月以降、あまり伝道が進んでいない現状があります。なぜなのかを分析してみると、外的な情勢に振り回されて、心が焦って、外的な活動家になっている自分がありました。
今一度、伝道対象者、氏族の関係、更に内部のシックに対しての心情関係を真のお父様のみことばから改善し、内的革命をおこさねばならないと思わされています。

真のお父様のみことば
人間は本来、互いに親しく思い合うようになっているのです。しかし私たちの人生においてはとても醜い人がいて、その人と顔を合わせなければならないというようなこともあります。しかしそれは大きな負担となるものです。

そこで神は、恋人というものを創造されました。愛し合えば醜いということなど問題ではなくなってしまうからです。しかしその場合、重要な法則があります。即ちここでいう愛は、秩序ある公的な愛でなければならないということです。

公的な愛は、霊界を開くことができます。ですから、真の愛は公的な愛のことであり、真の愛は霊界を開くことのできるものなのです。分かりましたか。真実の愛が霊界を開くのです。だから人間は一人でいることはできないようになっています。愛する相手が必要なのです。

先生は訪ねてくる人を自分の恋人のように思って見ております。それが人生の奥義なのです。

そこには何の障壁もありません。もしあなたがホーム・チャーチの人々に対して自分の恋人のように思うような気持ちをもっていれば、皆さんに「ホーム・チャーチに行きなさい」などということは言わなくとも済むようになります。

あなた方は毎朝起床すると自分からホーム・チャーチに飛んで行くようになるでしょう。あなたの恋人がホーム・チャーチで待っているのですから。もしどこかにあなたの恋人がいれば、あなたの足は自然とその方向に向かうでしょう。それが本心なのです。

けさはもう一つの奥義について話しています。ホーム・チャーチのやり方についてです。それは簡単なことです。ホーム・チャーチを自分の恋人のように思うのです。その恋人は自分の婚約者やまたは夫や子供以上のものです。

だからあなたの足は必然的にホーム・チャーチに向かうのです。そうしていくうちに霊界が開かれていくのです。それがホーム・チャーチを勝利していく方法です。
 1982年6月27日 祝福の前後


最近、家庭連合からこちらにこられた方で夢をみてこられた方がいます。その方はサンクチュアリのシックが夢に出てきて、何かを感じて訪ねてきました。こちらのサンクチュアリのシックはその方を強く意識して、真の愛を投入していました。

霊界が開かれる方法でなければ、伝道は進まないことは明らかです。「家庭教会を勝利していく方法」を実践することを徹底しようと思います。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

サタンの攻撃がある前に神様の試練を受けていく

P1040803.jpg


サタンの攻撃がある前に神様の試練を受けていく

真のお父様のみことば
きょう私は、本部教会においてホーム・チャーチの話をしましたけれども、ホーム・チャーチは統一教会として行くべき最後の関門です。最初でなく最後の関門ですから、これを通さずしては統一教会の使命も完成できないのであります。このような重要な基点にいることを知らなければなりません。777双祝福八周年記念のみことば 1978年10月22日

早朝の高速バスに乗って、名古屋につき、そこから新幹線に乗って、九州大分に戻っている車中の中にあります。

既に家庭連合を中心とする神様の摂理は失敗して、韓民族は選民としての資格を喪失、悲惨な運命が予想される韓半島の情勢です。深刻な事態となっています。

家庭連合(統一教会)の使命は完成されないまま、終了してしまいました。その後、その摂理を相続し、代身しているのは間違いなく、二代王様を中心とするサンクチュアリです。

神様の復帰の戦略は打たれて奪ってくるという戦法であることをみことばを通して、知っています。
私たちが伝道活動や救国活動を通して、先に迫害や試練を神様の名によって、受けるときにサタンは手を出すことができないというのが、神様の復帰の摂理であり、救国の方策であると思います。

ですので、
特に、真のお父様がかくも重要視された「家庭教会摂理」を踏みにじってしまった家庭連合の失敗を蕩減することが急務であり、そのために命懸けで実践することを通して、神様と真のお父様、善なる霊界の援助があると確信するものです。

サタンからの試練を受ける前に、神様の摂理を中心とした試練を受け、勝利することが今この時ほど願われている時はないと思います。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

真のお父様のみことばは愛と生命と力の源泉です

DSC00967.jpg


真のお父様のみことばは愛と生命と力の源泉です

1976年10月4日に天勝日を宣布された以降、天の摂理は大きく転換されました。それは、真のお父様が世界的カイン復帰の蕩減路程を勝利されたので、その勝利圏を受け継ぎ、天国の基地をつくり、定着するということでした。それが家庭教会です。

ちょうど、モーセの時、イスラエル民族がカナンまでの荒野路程を終えて、神様の理想をカナンの地に定着することと同じように、天宙的なカナン復帰の定着の時を迎えていたことをみことばから知ることができます。

真のお父様のみことば
皆さんは、今までどれだけホーム・チャーチを熱心にしてきましたか。先生は四年間、毎日、ホーム・チャーチ運動をするように言いましたが、どれだけ熱心に働いてきましたか。神が行くことのできる自由の基地を造れないということは、どれだけ悲惨なことでしょうか。

より高い立場におられる神は自由の基地を欲しています。それがホーム・チャーチをつくる意味です。ホーム・チャーチはこのように重要な場所なのです。どれだけ皆さんは、ホーム・チャーチに行きたいと思っていますか。私たちは本当に反省しなければなりません。先生の言うことを絶対に信じて行いますか。
1982年5月1日 自分を守ろう

今、時は、あれから4年どころか40年をこえています。
しかしみことばは永遠です。真のお父様のみことばは明確に残されていて、記録されています。
それで、もし勝利できないままとしたら、どれほど悲惨なことになるのかを考えました。
子孫がどれだけ嘆き、自分も永遠の後悔をすることになるかを思えば、今しかありません。

それでまず、
自分が今まで蓄積してきた家庭教会に関するみことばを整理しました。そしてその内容をこちらの教会のシックの学習資料として作成することをみんなに相談しました。それでみんなの合意を得て、その費用も調達できて資料が出来上がってきました。

みことばを何度も読み返すことを通して、真のお父様の内情を知ることができます。そうすると力が与えられ、神様の知恵を与えられ、その如く行動することを通して、実績を与えられるようになります。
真剣にみことばを学ぶことを通して、真のお父様が働いてくださいますし、霊界の援助体制が整い、その方向に導かれることは間違いありません。

よろしければ、その資料を希望される方がおられましたら、下記のアドレスまでメールを下さればそれをお送りできるかと思います。A5版の印刷資料です。
              sanc16ooita@yahoo.co.jp


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

伝道と救国活動をどうすべきか

095841.jpg


伝道と救国活動をどうすべきか

私は以前、20代の頃10年ほど勝共を担当しその活動をしていました。最近また、救国活動をするようになって、その時の教訓を思い返しています。

今年の2月の救命ボート全国会議の時に、私は「勝共活動のトラウマ」ということに触れたのですが、詳しく説明することはしませんでした。

それは活動家と伝道師の違いに悩んでいたことでした。実際、その当時は共産勢力の活動が激しくなされていた時で情勢分析を毎日しながら街宣や渉外をやっていました。

そうしていると、いつしか外的な思考が自分の中に留まるようになって、「ソ連が、中国が」といった情報に意識が行く事になって、神様や霊界を意識する感覚が段々と薄くなっていく姿を自分の中に発見するようになっていました。結局、活動家になっていました。

それで、渉外対象者に対しても相対的関係で終わり、友人の段階に留まって、みことばを伝えることができた方はわずかでした。そのことが私の勝共活動におけるトラウマです。

今、救国活動する上で自分として納得していることは、「自由を守る活動」であるということです。「自由」とは何か。それは「原理を離れた自由はない」という観点から、みことばを伝えることが「自由を守る」ことですので、そのことを意識し、街宣、渉外をしなければならないと考えました。それで過去のトラウマから解放され、納得して救国運動にも投入しています。

真のお父様のみことば
父母の心情でホームチャーチの人に対し、子供を愛するように愛して祈るのです。人々は地獄で苦しんでいます。あなた方の心はそのことに対して、どれだけ心配し、嘆いているでしょうか。

もし、あなた方が彼らに対して親としての心情をもっていないとするならば、それは大きな問題です。あなた方は心を開いて、ホームチャーチの人々に対して父母の心情をもたなければなりません。

もしあなた方が彼らに対して、本当の愛をもっていないとするならば、あなた方は自分自身を押し出して自分の心の中にそういう父母の心情が満ちるようにしなければなりません。それは、あなたの第二の性格となります。父母は誰に教えられなくても子供を愛します。

それと同じように、あなた方も誰にも教えられなくても彼らを愛するようにならなければなりません。たとえば、小学校を卒業するのにも、六年間毎日学校へ行きます。ホームチャーチはメシヤの学校です。であれば、どれほど重要な学校かわかるでしょう。あなた方はその心と魂のすべてを、その生涯を、ホームチャーチに注がなければなりません。
1979年4月15日 祈祷の重要性

父母の心情でなければ、伝道はできません。真のお父様からの家庭教会摂理をしていけば爆発的な伝道体制ができます。そのために絶えず、みことばと一体となることが一層重要であると思います。


よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

みことばによる革命をおこさねば国難となる

P1030748_20160618193231ee7.jpg


また例によって、夜行バスで大分から名古屋、そして高速バスで長野に来ています。小倉から名古屋までは10時間の車中です。名古屋から長野は3時間ちょっと、その中で考え、祈ることが多く出来てありがたい時間となっています。考えることは、どうすれば真のお父様の願われる基盤が出来るかです。その方法はじめからわかっているのですが、自分の中でややもすれば躊躇してしまう心が働いてきます。しかし、心を決めることにしました。

最近特に感じているのは、内部からの革命がなければ、外的迫害を受けて試練が加重されるという原則となるのではないかということです。
北朝鮮や中国の脅威が日増しに増大している状況の中で、内部の革命を急がなければ取り返しのつかないこととなってしまいます。

内部の革命とは何かと言うと、地獄を天国に変えるための神様の摂理です。それは真のお父様の家庭教会プログラムの完成です。そのことを強烈に推し進めない限り、国は滅びて、世界は地獄と化してしまいます。

真のお父様のみことば
昨夜、各部門の責任者たちにホームチャーチの真の意味について話しました。ホームチャーチは、神と真の父母が人類に与えた最高の贈り物です。それは過去において未来においても、けっして存在しない最初のものであり最後のものです。

あなた方はホームチャーチの贈り物を受けました。それを果たすことによって、あなた方は真の息子・娘になるのです。ホームチャーチは、あなた方自身を真の息子・娘にする容器なのです。私は、この贈り物があなた方に与えられるためには、六十年の全生涯を準備してきました。あなた方は、それを相続し、完成しなければなりません。ゆえに、ホームチャーチに対して、真剣に祈らなければならないのです。

祈祷の重要性 1979年4月15日

神様からの最高の贈り物を頂いている私たちですが、その内容を明確に理解することがまず必要です。そのために個人の責任においてみことばをまとめることとしました。その内容を繰り返し学習することを通して、天国成就の革命は自動的に展開できると確信しています。

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

どうすれば聖殿の発展拡大はなされるか

a108_20161224074036383.jpg


どうすれば聖殿の発展、拡大はなされるか

真のお父様のみことば
聖書歴史の中で、リベカ、タマル、マリアのような人々は神に仕えるために、自分たちの生命を捧げました。先生もそうしたと思いますか(はい)。ですから、あなたたちもその伝統を受け継がなければなりません。この時から、神はあなたたちとともにあるでしょう。ともにあるのです。ですから、ホーム・チャーチはあなたたちの生命をかけた使命です。

あなたたちは生命がけで、ホーム・チャーチを勝利しなければなりません。それは作戦でなく、中途半端なものでもないのです。あなたたちは生死の試練を、ホーム・チャーチで決する運命なのです。ホーム・チャーチなしに、天上天国に入る道はありません。

1979年10月4日第四回天勝日のみことば

まさに、真のお父様が生死の試練を超えて勝利された世界的歴史的勝利の恩恵を与えんがためにくださった「家庭教会摂理」でした。

ところが
家庭連合において「家庭教会摂理」が疎外され、勝利できないようになった背景をみると
1. 中央集権で本部や教会を中心とする体制を構築していた。
2. 責任者が「家庭教会摂理」のみことばを軽んじて重要視することをしなかった。
3. 責任者から「家庭教会摂理」を実践しなかった。

ことが挙げられます。

特に、真のお父様が「家庭教会摂理」を語られてこられた内容が膨大にあるのにかかわらず、その書物が余りにも乏しいと感じていました。
私は以前、あちらで牧会者をやったいた事もあって、そのみことばの資料をまとめて、パワーポイントにして講義などを行うこともしばしばありました。

そして二代王様のみことばやその方針を伺う時に、今一度、真のお父様のみことばを成就しなければならない時がきていることを痛感しました。
求めに応じて、聖殿の幾人かのシックの方にその資料を提供しました。そうしていると、ある一人の方がそのみことばを自分で全部コピーされて、綺麗に製本しているではありませんか。それを拝見した時に、感動し熱く胸に響くものがありました。
新しい戦いの始まりです。

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

神様からの贈り物と農作業

P1040889.jpg


昨日は、夏野菜の植え付け準備のために朝から夕方まで、投入することになりました。
ナスの苗は購入し、既に準備しているので、それを植え付ければ、自然の力、原理の力によって成長してくれます。
畑は昨年の収穫を終えて、その片付けもしていない状態であったので、その時に使用した支柱パイプの片付けとトラクターでの耕うんを行い、色々と考えていました。

これから植え付けするのは一般的には遅れていますが、秋まで長く収穫できるようにするために少し遅めに植え付けするようにしています。本当は殆ど自分の都合で遅くなってしまいました。昨年も遅くなりすぎて何本かの苗をダメにしてしまいました。

当たり前のことですが、
雑草は何もしなくとも、一面に繁殖して、大きな背丈になっていきます。こちらが必要とする野菜は植え付けしない限り、また手を加えて、世話をしない限り成長し実をつけることはしません。

神様から見ると同じ姿だなあと思わされました。
私たちは神様から天国を作るためのプログラムをいただいています。天国の農園に植える苗をもらっている状態です。それを早く植え付けなければ枯れてダメにしてしまいます。

真のお父様が渾身の力を投入して勝利された世界的勝利の恩恵である「家庭教会・氏族メシヤ摂理」を頂いているにも関わらず、何もしないで放っておくことはとてつもない損害を自分に与えることになります。

苗を植えない限り、絶対に実を収穫できることはありません。
行動を起こさない限り、実績を得ることはできません。
農業をしながら、あらためて神様から教えられました。

真のお父様のみことば
それで、天勝日があなたたちにもたらした贈り物は何でしたか(ホーム・チャーチです)。では、ホーム・チャーチはあなたたちに何をもたらすのでしょうか。神が天上で勝利されていることが、地上においてそうなるのです。

言い換えれば、重要さが霊界から地上の実体世界へ転換したのです。あなたたちは霊界をホーム・チャーチへ引き下ろし、結びつけたのです。それで新時代の夜明けがきたのです。なぜ私たちは新時代の到来を告げることができるのでしょうか。世界の転換があり、古い歴史は終結し、新しい歴史が胎動しはじめたのです。

1979年10月4日 第四回天勝日のみことば

神様からの贈り物をどうするのか。
悔いを残すことのない日々としたいと思わされました。

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

家庭聖殿拡大委員会の必要性


P1040746.jpg


家庭聖殿拡大委員会の必要性

今年の3月、日本サンクチュアリの全国会議の方針の中で、あらたな段階として、各委員会が発表されました。祝福委員会、教育委員会、聖和委員会、青年委員会、救国救アジア委員会がそれです。

各ブロックに担当委員が決められて出発することになり、それはそれで良いのですが、私個人として考えていることは、もう一つ委員会が必要ではないかということです。

それは家庭聖殿(家庭教会)拡大委員会です。

神様は地上にメシヤを送られるために長い復帰摂理を諦めることなく、進めてこられたことを原理から学んで理解しています。
再臨されたメシヤは神様の代理としてその血統を地上に立てんがために人類に祝福を与えられます。そして特権として「天国の鍵」を祝福家庭に与えられました。

祝福を受けた家庭はその「天国の鍵」を通して、天国の門を地上で開くことによって、地上に天国の実現をなすことが神様の摂理であることを私たちは知っています。

天国の鍵とは「家庭教会プログラム」です。そのことを重要視することが根本的な私たちの絶対責任ですので、家庭教会拡大を推進する委員会が必要ではないかと思うのです。

真のお父様のみことば
あなたたちは万物の主人、人格の主人、人々の主人と三つの主人となるでしょう。それらのすべてが、ホーム・チャーチにおいて一つになって実現するのです。あなたたちのホーム・チャーチは全世界を象徴していますから、先生は再三「ホーム・チャーチは世界の縮小体なので、あなたたちがホーム・チャーチに勝利すれば、世界中のどこへでも行けます。そこには国家的、人種的、文化的壁はないのですから」と言っています。

ホーム・チャーチはあなたたちが最善を尽くすところです。あなたたちが統一教会のメンバーとして、素晴らしい実績をあげているのを、先生は知っています。しかし、一番大切なことは、先生がホーム・チャーチの摂理に頼っているということを認識することなのです。

あなたたちが一つになれば、反対の声は静まるのです。徐々にですが、確実にです。分裂が続く限り、反対運動も続くでしょう。なぜなら、神は共産主義勢力を使って自由世界に圧力をかけ、自由世界が目覚めて一つになるようにさせるためです。
第四回天勝日のみことば 1979年10月4日

共産勢力の拡大によって、アジアの危機が到来している現状を考えると、それはまた、神様の摂理であるとも言えます。私たちが目覚め、アベル革命を起こすために、神様が押し出しているのではないかと思っています。
真のお父様の一番の願いは何であるか。それは家庭教会摂理の勝利であることに違いありません。そのことに焦点を当てた革命的な行動が今、必要と思います。

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

この危機を克服するための天から見た方策は

152818 (2)



私は18歳の時、原理をはじめて聞いたのですが、特にメシヤ論のところでイエス様の路程を聞いた内容を今でも鮮明に覚えています。
イエス様を求めてきた多くの聖徒たちがいたけれども、病気を治して欲しいとか自分たちの利益のために集ってきたがゆえに、最後には不信していく民となった。イエス様の心中深く通ずるものはおらず、イエス様と心情をともにすることができなかったからイエス様は十字架に行かざるを得なかったという講義を聞いて、「そうなんだあ」とえらく感心したのを記憶しています。

自分は決して、そのような不信の民となりはしないと思いながら信仰生活を送ってきたものの、今になって、再臨主の前に2000年前と同じような方向になっている自分の姿にはたと気付くものです。

それは何かと言うと子女の責任分担を勝利していないということです。

第四回天勝日の真のお父様のみことば 
 天の基準からみて勝利が決定した時、神は天勝日を宣言しました。それは多くの話題になった一九七六年のワシントン大会の勝利後にきました。一九七六年十月四日、神は真の父母の御名において、天勝日を宣言しました。六千年の全聖書歴史の勝利が、その時決定したのです。わかりますか。

そして、この勝利の基台の上に、先生は一九七七年に天国の新しい暦第一年を歴史に対して宣言できたのです。その時点から、防御の戦いは終わりました。私たちのなすすべてが前進です。私たちのなすすべてが勝利の記念碑となるでしょう。

その時以来、私たちの戦場はホーム・チャーチになったのです。ホーム・チャーチが私たちの前線なのです。ホーム・チャーチを通して、私たちは社会の中に浸透していくのです。もしあなたたちがホーム・チャーチで勝利するなら、あなたたちは家庭的、民族的、国家的、世界的基準で勝利しているのです。ホーム・チャーチの勝利はすべての勝利を表わしています。

 ホーム・チャーチはあなたたちが自分を生きた供え物として、神に捧げるための神聖な祭壇です。これは天宙的な祭壇となることでしょう。もし、あなたたちがそこで正しく一つの供え物を捧げたとしたら、全天国を継承しながら、全世界を捧げていることになるのです。それがホーム・チャーチの基準であり、あなたたちの責任分担の試練なのです。
1979年10月4日

家庭連合(旧統一教会)では中央集権体制の中であくまでも教会中心の体制をつくり、経済ノルマを与えるための組織となってしまいました。
それゆえ家庭教会摂理を重要視することはなく、協会本部では正確なみことばもまとめることをしません。真のお父様の心情からその使命を自覚し出発することのできるような状況をつくる体制としませんでした。

ともかく今は、核戦争も起こりうる緊迫したアジアの情勢です。その根本原因がどこにあるのかを理解し、自覚することが必要であります。
そして、いつどうなるかわからない今日ですが、私たちは自分の使命と責任を完成するために行動することが必要と思います。

行動を起こし、その子女の責任分担を勝利するためには、まず真のお父様のみことばを探す必要があります。そのみことばとひとつになることが勝利の原則、方策であると考えます。

よろしければクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
プロフィール

sanctuaryooita

Author:sanctuaryooita
日本サンクチュアリ協会大分教会
 阿南信義  080-8375-0337
大分の山奥で農夫をしています

       sanc16ooita@yahoo.co.jp
お気軽に連絡ください。お待ちしています。

ランキング参加中
恐れ入りますが、 同感の方はクリックをお願いします
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR